深谷 達史

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/01 21:09
 
アバター
研究者氏名
深谷 達史
ハンドル
fukaya
eメール
fuka1026gmail.com
URL
https://fukayatatsushi.web.fc2.com/index.html
所属
広島大学
部署
教育学研究科
職名
准教授
学位
博士(教育学)(東京大学)
科研費研究者番号
70724227
ORCID ID
0000-0002-8426-3187

プロフィール

1982年茨城県⽣まれ。博⼠(教育学)。専⾨は認知⼼理学・教育⼼理学(教授・学習に関する領域)。特にメタ認知,学習⽅略,教師教育など。本ページでは第一筆者および研究代表者としての業績・実績を記載しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
広島大学 大学院 教育学研究科 准教授
 
2017年6月
 - 
2018年3月
群⾺⼤学 ⼤学院 教育学研究科 准教授
 
2014年4月
 - 
2017年5月
群⾺⼤学 ⼤学院 教育学研究科 講師
 
2013年4月
 - 
2014年3月
⽇本学術振興会 法政⼤学 特別研究員PD
 
2012年9月
 - 
2013年3月
東京⼤学 先端科学技術研究センター 特任研究員
 
2011年4月
 - 
2012年8月
⽇本学術振興会 東京⼤学 特別研究員DC2
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年8月
東京⼤学 ⼤学院 教育学研究科 博士課程
 
2007年4月
 - 
2009年3月
東京⼤学 ⼤学院 教育学研究科 修⼠課程
 
2002年4月
 - 
2007年3月
立命館大学 文学部 心理学科
 

委員歴

 
2017年3月
 - 
現在
⽇本教育⼯学会  編集委員
 
2017年1月
 - 
現在
日本教育心理学会  編集委員
 

受賞

 
2012年11月
⽇本教育⼼理学会 城⼾奨励賞
 

論文

 
深谷 達史
教育心理学年報   58 30-46   2019年   [査読有り][招待有り]
T. Fukaya, Y. Uesaka, & S. Ichikawa
Educational Technology Research   41 1-11   2018年12月   [査読有り]
T. Fukaya & Y. Uesaka
Journal of Education for Teaching   44(4) 431-445   2018年9月   [査読有り]
深谷達史・植阪友理・太田裕子・小泉一弘・市川伸一
教育心理学研究   65 512-525   2017年12月   [査読有り]
深谷達史・植阪友理
日本教育工学会論文誌   41(2) 157-168   2017年4月   [査読有り]
深谷達史・戸部栄子・立見康彦
教育心理学研究   65(3) 414-428   2017年   [査読有り]
一斉授業におけるデジタル教科書の活用を通じた読み困難を支援する指導法の検討―小学3・4年生を対象として―
深谷達史・武長龍樹・巖淵 守・中邑賢龍
LD研究   25(2) 256-271   2016年5月   [査読有り]
深谷達史・植阪友理・ 田中瑛津子・篠ヶ谷圭太・西尾信一・市川伸一
教育心理学研究   64(1) 88-104   2016年1月   [査読有り]
深谷達史・福田麻莉・植阪友理
日本教育工学会論文誌   39(Suppl.) 21-24   2015年   [査読有り]
深谷達史
心理学研究   85(3) 266-275   2014年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Deeper Learning, Dialogic Learning, and Critical Thinking: Research-based Strategies for the Classroom
Tatsushi Fukaya & Yuri Uesaka (担当:共著, 範囲:Cultivating Pre-Service and In-Service Teachers' Abilities to Deepen Understanding and Promote Learning Strategy use in Pupils)
Routledge   2019年9月   ISBN:0367262258
教師のための説明実践の心理学
深谷 達史 (担当:共著, 範囲:第11章 相互説明の力)
ナカニシヤ出版   2019年9月   ISBN:4779514118
Promoting Spontaneous Use of Learning and Reasoning Strategies: Theory, Research, and Practice for Effective Transfer (E. Manalo, Y. Uesaka, & C. A. Chinn (Eds.))
Tatsushi Fukaya (担当:共著, 範囲:Applying metacognition theory to the classroom: Decreasing illusion of knowing to promote learning strategy use)
Routledge   2017年   ISBN:113868063X
教育心理学の実践ベース・アプローチ―実践しつつ研究を創出する―
深谷達史・田中瑛津子 (担当:共著, 範囲:教えあいを促す高校の学習法講座)
東京大学出版会   2019年3月   ISBN:4130513451
その他,第7章「小学校と研究者が連携した授業改善の取り組みとその分析」(pp.99-112),第8章「教師の失敗は近接する授業の改善にどう活かされるか」(pp.113-126)を分担執筆
深谷 達史
北大路書房   2016年4月   ISBN:4762829250

競争的資金等の研究課題

 
コンピテンシーを育てる教師の力量を測定・育成する方法の開発と評価
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2019年7月 - 2022年3月    代表者: 深谷 達史
認知的スキルと社会情動的スキルの統合的介入方策の開発と評価
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月    代表者: 深谷 達史
「教えて考えさせる授業」の効果検討―学力差の克服と学習方略の獲得に着目して―
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 深谷 達史
説明への介入を通した授業理解の改善と学習方略としての使用の促進
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 深谷 達史
説明における学習効果とそのメカニズムの解明
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2011年4月 - 2012年8月    代表者: 深谷 達史