共同研究・競争的資金等の研究課題

2016年4月 - 2018年3月

司法精神看護に携わる看護者のチーム医療に対する認識に関する研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)
  • 福本 優子

課題番号
16K20846
配分額
(総額)
2,730,000円
(直接経費)
2,100,000円
(間接経費)
630,000円

本研究は、司法精神看護の領域において、医療観察法における司法精神看護と矯正医療における看護者のチーム医療に対する看護師の認識に焦点を当て、司法精神看護を実践する看護者のチーム医療における課題を明らかにし、その解決策を見出すことを目的とする。
司法精神看護を実践する看護者について、医療観察法における対象者への看護を実践する看護師に焦点を当てた研究は行われてきているものの、刑法における医療刑務所で精神疾患を有する受刑者に対する看護に携わる者に焦点を当てた研究はなされていない。そこで、本研究では、精神障害を持つ対象者および受刑者の看護に携わる看護者のチーム医療に対する認識を明らかにし、チーム医療を行う上での課題とその解決策を提言する。
研究期間は平成28~30年度の3年間で、今年度はその初年度にあたる。本年度の具体的な活動として、医療観察法病棟の見学、および司法精神領域におけるチーム医療に関する資料収集を行った。施設見学、および資料収集を通して、看護者のチーム医療に対する認識を明らかにためには、司法精神医療に携わる多職種との連携の実際を知ることも必要であり、医療刑務所での多職種連携の実際についての情報収集を行っていく必要があると考えられ、次年度は医療刑務所におけるチーム医療に関する資料収集や視察を行う。また、医療観察法病棟の関係者との意見交換を通して、対象者の社会復帰を見据えた医療の提供について知見を深めることができ、今後の研究協力の可能性についても協力可能であるとの返答を得ている。