福田純也

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/05 16:04
 
アバター
研究者氏名
福田純也
通称等の別名
Junya FUKUTA
eメール
fukutanagoya-u.ac.jp
URL
https://sites.google.com/site/jfukuta/home
所属
静岡県立大学
部署
言語コミュニケーション研究センター
職名
特任助教
学位
博士(学術)(名古屋大学)
Twitter ID
fukutajunya

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
静岡県立大学 言語コミュニケーション研究センター 特任助教
 
2014年5月
 - 
2016年3月
名古屋外国語大学 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2016年3月
名古屋造形大学 非常勤講師
 
2013年4月
 - 
2016年3月
名古屋大学大学院 国際開発研究科 博士後期課程
 
2013年4月
 - 
2016年3月
日本学術振興会 特別研究員 DC1
 
2011年4月
 - 
2013年3月
名古屋大学大学院  国際開発研究科 博士前期課程
 

委員歴

 
2015年
 - 
現在
Language Teaching Research  査読者
 
2015年
 - 
現在
中部地区英語教育学会  紀要査読者
 
2013年10月
 - 
現在
外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会  運営委員
 
2015年
 - 
2015年
日本英語教育学会  外部査読者
 
2014年
 - 
2014年
JALT2013 proceedings  Copy editor
 

受賞

 
2015年
外国語教育メディア学会 新人奨励賞
 

論文

 
Fukuta, J.
Language Teaching Research      2016年5月   [査読有り]
Fukuta, J.
Applied Linguistics   31(1) 121-127   2016年1月   [査読有り]
Fukuta, J., & Yamasita, J.
System   53 1-12   2015年10月   [査読有り]
コミュニケーションタスクを用いた英語授業は英語スピーキングに対する抵抗感を軽減するか:実践報告
福田純也
LET中部支部研究紀要   26 85-94   2015年3月   [査読有り]
学習者のライティングプロセスを記録・可視化・分析する多機能型ソフトウェアの開発: WritingMaetriX
草薙邦広・阿部大輔・福田純也・川口勇作
LET中部支部研究紀要   26 23-34   2015年3月   [査読有り]
Processing efficiency of L2 collocations in sentence comprehension: From a self-paced reading task for Japanese EFL learners
Nishimura, Y., & Fukuta, J.
LET Journal of Central Japan   26 63-74   2015年3月   [査読有り]
Japanese EFL learners’ implicit knowledge and algorithmic processing of dative alternation: Perspective from syntactic priming in reading comprehension
Fukuta, J., Goto, A., Kawaguchi, Y., Murota, D., & Kurita, A.
ARELE: annual review of English language education in Japan   26 221-236   2015年3月   [査読有り]
Foreign language grammatical carefulness scale: Scale development and its initial validation
Kusanagi, K., Fukuta, J., Kawaguchi, Y., Tamura, Y., Goto, A., Kurita, A., & Murota, D.
ARELE: annual review of English language education in Japan   26 77-92   2015年3月   [査読有り]
The notional number attraction in English as a foreign language: A self-paced reading study
Kusanagi, K., Tamura, Y., & Fukuta, J.
Journal of the Japan Society for Speech Sciences   16 77-96   2015年   [査読有り]
Automatization of Japanese EFL learners' writing skill: A corpus study with focus on subjective difficulty rating
Fukuta, J., & Kusanagi, K.
International Journal of Curriculum Development and Practice   17 39-50   2015年3月   [査読有り]
Japanese EFL Learners' Implicit Knowledge of Prenominal Adjective Orders: A Priming Study
Kusanagi, K., & Fukuta, J.
International Journal of Curriculum Development and Practice   17 1-13   2015年   [査読有り]
Accepted for publication
タスクを用いた言語指導における実験心理学的研究と指導法効果研究の接点
福田純也
外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会2013年度報告論集   1    2014年7月
Fukuta, J.
In N. Sonda, & A. Krause (Eds.), JALT2013 Conference Proceedings. Tokyo: JALT.   259-266   2014年   [査読有り]
Fukuta, J.
Reports of 2013 Studies in Japan Association for Language Education and Technology, Kansai Chapter, Methodology Special Interest Groups (SIG)   75-98   2014年3月
The interplays between types of knowledge and linguistic domains: Evidence from detection performance of syntactic/pragmatic anomalies under case alternation condition
Fukuta, J., Kusanagi, K.
LET Journal of Central Japan   26 53-62   2014年3月   [査読有り]
Representation of Japanese Lexical/Syntactic Compound Verbs in L1 Japanese and Chinese learners of Japanese: Evidence from a Lexical Decision Task
Fukuta, J.
第二言語としての日本語の習得研究   16 125-141   2013年12月   [査読有り]
上級日本語学習者による目的を表す「ために」と「ように」の習得―「ために」の過剰般化は中国語話者に特有か―
福田純也・稲垣俊史
日本語教育   156 31-44   2013年12月   [査読有り]
The Effects of Task Demands on Oral Performance and Noticing of EFL learners in Paired Simple and Complex Tasks
Fukuta, J.
JABAET Journal   17 51-71   2013年9月   [査読有り]
L2 Learners' Online Insensitivity to Malformed Collocations: A Study Using Eye-tracking and Self-paced Reading Tasks
Kusanagi, K., Leung, C. Y., Bando, T., Fukuta, J., Sugiura, M.
Kyklos: International Communication   10 49-64   2013年3月   [査読有り]
Effects of Task Demands on Attention toward Linguistic Form in L2 Speech Production
Fukuta, J.
Unpublished Master’s Thesis, Nagoya University      2013年

講演・口頭発表等

 
推敲時の筆記ランゲージングにおける学習者の注意配分とライティングの質の向上―フィードバックの有無に焦点をあてて―
川口勇作・田村祐・福田純也
第41回全国英語教育学会熊本研究大会   2015年8月   
Conceptual plurality in Japanese EFL learners’ online sentence processing: A case of garden-path sentences with reciprocal verbs
Tamura, Y., Fukuta, J., Nishimura, Y., Harada, Y., Hara, K., & Kato, D.
41st Annual Conference of the Japan Society of English Language Education   2015年8月   
インタラクション活動におけるタスク性の逸脱に関する理論的考察とそれに基づく中学教科書の分析
福田純也・田村祐・栗田朱莉
第45回中部地区英語教育学会和歌山大会   2015年6月   
外国語教育におけるアウトプットを促す活動の理論的背景―学習者の認知的処理を促すアウトプット活動を探る― [招待有り]
福田純也
外国語教育メディア学会中部支部第85回支部研究大会(シンポジウム)   2015年5月   
注意の量と焦点はどちらがより言語発達を予測するか
福田純也
外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会第2回年次例会   2015年2月   
英語スピーキングに対する抵抗感を軽減する試み: タスクを用いた英語授業の実践報告
福田純也
外国語教育メディア学会中部支部第84回支部研究大会   2014年11月   
文中におけるコロケーションの処理に対するL1の影響: EFL学習者に対する自己ペース読み課題による検討
西村嘉人・福田純也
外国語教育メディア学会中部支部第84回支部研究大会   2014年11月   
The Notional Number Attraction for Subject-Verb Agreement Errors during L2 Online Sentence Processing: A Preliminary Study
Kusanagi,K., Tamura, Y., & Fukuta, J.
Open forum of Japan Society for Speech Sciences   2014年10月   
Japanese EFL learners’ implicit/explicit knowledge of subject-verb agreement in existential there: A self-paced reading study
Tamura, Y., Fukuta, J., Nishimura, Y., & Kusanagi, K.
The 20th Annual Conference of Japan-Britain Association of English Teaching   2014年9月   
日本語を第一言語とする英語学習者の与格交替に関する暗示的知識と統語的アルゴリズム処理:統語的プライミング付き読解課題による検討
福田純也・後藤亜希・川口勇作・室田大介・栗田朱莉
第20回日英・英語語教育学会研究大会   2014年9月   
Effects of Syntactic Priming on PP-attachment Ambiguity: Perspective for Syntactically-driven Implicit Algorithmic Processing in Second Language Acquisition
Fukuta, J., Goto, A., Kawaguchi, Y., Murota, D., & Kurita, A.
The 19th International Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics (PAAL 2014)   2014年8月   
Development of grammatical carefulness in English as a foreign language: A Comparison among university, high school, and junior high school students in Japan
Kusanagi, K., Fukuta, J., Kawaguchi, Y., Tamura, Y., Goto, A., Kurita, A., & Murota, D.
The 19th International Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics (PAAL 2014)   2014年8月   
Interplay of Two Types of Cognitive Demands and Attention Orientation in L2 Oral Production
Fukuta, J., & Yamashita, J.
17th World Congress of the International Association of Applied Linguistics (AILA)   2014年8月   
外国語における文法的慎重性尺度の開発
草薙邦広・福田純也・川口勇作・田村祐・後藤亜希・栗田朱莉・室田大介
第40回全国英語教育学会徳島研究大会   2014年8月   
ライティング・プロダクトからライティング・プロセスへ―WritingMaetriX Corpus Project―
石井雄隆・石井卓巳・草薙邦広・阿部大輔・福田純也・川口勇作
外国語教育メディア学会 第54回全国研究大会 公募シンポジウム   2014年8月   
中国語を第一言語とする日本語学習者の作文に対する日本語教師の評価―一般化可能性理論を用いた検討―
福田純也・石井雄隆
日本語教育学会春季大会   2014年6月   
福田純也・後藤亜希・川口勇作・室田大介・栗田朱莉
日本第二言語習得学会第14回年次大会   2014年5月   
ライティング・プロセス可視化コーパスのタスクデザイン
石井雄隆・石井卓巳・草薙邦広・阿部大輔・福田純也・川口勇作
第83回外国語教育メディア学会中部支部春季研究大会   2014年5月   
タスクを用いた言語指導における実験心理学的研究と指導法効果研究の接点
福田純也
外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会第一回(2013年度)年次例会   2014年2月22日   
Effects of Simple versus Complex Tasks on L2 Learners’ Attention to Form in Oral Production
Fukuta, J. & Yamashita, J.
The annual conference of the Second Language Research Forum (SLRF) 2013   2013年11月   
Triggering factors of learners' attention shifts
Fukuta, J.
39th Annual International Conference on Language Teaching and Learning & Educational Materials Exhibition (JALT 2013)   2013年10月   
言語形式への注意を測定する―先行研究における手法の概観と実証研究への提言
福田純也
外国語教育メディア学会関西支部メソドロジー研究部会2013年度第2回研究会   2013年10月   
Effects of Task Repetition on Learners' Attention Shifts in L2 Speech Production
Fukuta, J.
39th Annual Conference of Japan Society of English Language Education (JASELE 2013)   2013年8月   
Developmental Processes of L2 Production Skills: A Quantitative Analysis of Learner Corpus Focusing on Task Difficulty Ratings and Cognitive Demands
Fukuta, J., Kusanagi, K.
43rd Annual Conference of the Chubu English Language Education Society (CELES)   2013年6月   
キー入力記録システムを援用したライティングプロセスの可視化:自律的学習を促すフィードバック環境構築に向けて
草薙邦広・阿部大輔・福田純也・川口勇作
外国語教育メディア学会中部支部第81回支部研究大会   2013年3月   
タスク遂行の主観的困難度が学習者の言語産出に与える影響-学習者コーパスNICEを用いた産出指標の計量的分析を通して-
福田純也
シンポジウム:第二言語習得研究のための学習者コーパス   2013年3月   
統語的及び語用論的逸脱への注意における干渉負荷の影響:大文字・小文字混合提示条件の判断課題を用いて
福田純也・草薙邦広
外国語教育メディア学会中部支部第80回支部研究大会   2012年12月   
視線計測装置を用いた暗示的文法知識の習得困難性の測定 —処理の「即時性」に着目して
坂東貴夫・梁志鋭・草薙邦広・福田純也・杉浦正利
外国語教育メディア学会 第52回全国研究大会   2012年8月   
第二言語学習者の文法知識の統合に関する調査―動詞下位範疇化情報に注目して―
坂東貴夫・梁志鋭・草薙邦広・福田純也・杉浦正利
言語科学会第14回年次国際大会   2012年7月   
学習者が産出した不自然なコロケーションのオンライン処理―視線計測と自己ペース読み課題を用いて―
草薙邦広・梁志鋭・坂東貴夫・福田純也・杉浦正利
言語科学会第14回年次国際大会   2012年7月   
統語的・語彙的複合動詞に関する統計的情報-コーパス解析から複合動詞の習得研究に向けて-
福田純也
日本第二言語習得学会第12回年次大会   2012年6月   
上級日本語学習者による目的を表す「ために」と「ように」の習得―「ために」の過剰般化は中国語話者に特有か―
福田純也・稲垣俊史
日本第二言語習得学会第12回年次大会   2012年6月   
文法性判断課題における第2言語の文法形式の誤りに対する注意の測定—瞳孔径計測を用いて
梁志鋭・草薙邦広・坂東貴夫・福田純也・杉浦正利
外国語教育メディア学会中部支部第79回支部研究大会   2012年5月   
学習者は意味理解を目的とした読解課題中に文法形式の誤りを検出できるか-視線計測を用いて-
草薙邦広・坂東貴夫・梁志鋭・福田純也・杉浦正利
外国語教育メディア学会中部支部第79回支部研究大会   2012年5月   
日本語母語英語学習者は動詞下位範疇化情報の処理が自動化されているか―視線計測装置を用いた実験の報告―
坂東貴夫・梁志鋭・草薙邦広・福田純也・杉浦正利
外国語教育メディア学会中部支部第78回支部研究大会   2011年10月   
タスク複雑性の操作が外国語学習者の文法形式への意識に与える影響
福田純也
全国英語教育学会山形大会   2011年8月   

Misc

 
Effects of Syntactic Priming on PP-attachment Ambiguity: Perspective for Syntactically-driven Implicit Algorithmic Processing in Second Language Acquisition
Fukuta, J., Goto, A., Kawaguchi, Y., Murota, D., & Kurita, A.
Proceedings of the 19th International Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics   46-47   2014年8月
Development of grammatical carefulness in English as a foreign language: A Comparison among university, high school, and junior high school students in Japan
Kusanagi, K., Fukuta, J., Kawaguchi, Y., Tamura, Y., Goto, A., Kurita, A., & Murota, D.
Proceedings of the 19th International Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics   61-62   2014年8月
中国語を第一言語とする日本語学習者の作文に対する日本語教師の評価―一般化可能性理論を用いた検討―
福田純也・石井雄隆
2014年度日本語教育学会春季大会予稿集   175-180   2014年
Effects of task repetition on learners' attention shifts in L2 speech production
Fukuta, J
第39回全国英語教育学会北海道大会発表予稿集   268-269   2013年
視線計測装置を用いた暗示的文法知識の習得困難性の測定 —処理の「即時性」に着目して
坂東貴夫,梁志鋭,草薙邦広,福田純也,杉浦正利
外国語教育メディア学会 第52回全国研究大会予稿集   80-81   2012年

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
学習者のスピーキング中における文法形式への注意と文法知識との有機的関連性の解明
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 福田純也