藤山 文乃

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/16 15:23
 
アバター
研究者氏名
藤山 文乃
 
フジヤマ フミノ
所属
同志社大学
部署
脳科学研究科
職名
一貫制博士課程教授
学位
博士(医学)(佐賀医科大学(現佐賀大学))

プロフィール

佐賀医科大学医学研究科卒。神経内科専門医、内科専門医としてパーキンソン病等大脳基底核疾患の医療に携わった後、解剖学教室の助手を務める。オックスフォード大学MRC文科省在外派遣研究員、その後同ポスドク、テネシー大学医学部assistant professor、京都大学医学部高次脳形態学教室助手、講師、助教授、准教授を経て現職。

研究分野

 
 

経歴

 
 
 - 
現在
同志社大学システム神経科学センター センター長
 
 
 - 
現在
日本内科学会 専門医 (認定番号2014)
 
 
 - 
現在
日本神経学会 専門医 (認定番号1712)
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
International Basal Ganglia Society  Council
 
2016年4月
 - 
現在
日本解剖学会  理事
 
2016年4月
 - 
現在
日本解剖学会  男女共同参画委員
 
2011年4月
 - 
2016年3月
日本解剖学会  教育・若手育成委員
 
2011年4月
 - 
2016年3月
日本解剖学会  編集委員
 

論文

 
Fujiyama F, Unzai T, Karube F
Neurochemistry international   125 67-73   2019年1月   [査読有り]
Matsuda W, Noguchi S, Fujiyama F
eNeurologicalSci   13 18-20   2018年12月   [査読有り]
Hashimotodani Y, Karube F, Yanagawa Y, Fujiyama F, Kano M
Cell reports   25(10) 2704-2715   2018年12月   [査読有り]
Matsuda W, Sonomura T, Honma S, Ohno S, Goto T, Hirai S, Itoh M, Honda Y, Fujieda H, Udagawa J, Takano S, Fujiyama F, Ueda S
Anatomical science international   93(4) 464-468   2018年9月   [査読有り]
Hirono M, Watanabe S, Karube F, Fujiyama F, Kawahara S, Nagao S, Yanagawa Y, Misonou H
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   38(27) 6130-6144   2018年7月   [査読有り]
Nakano Y, Karube F, Hirai Y, Kobayashi K, Hioki H, Okamoto S, Kameda H, Fujiyama F
Journal of neuroscience research   96(7) 1186-1207   2018年7月   [査読有り]
Mizutani K, Takahashi S, Okamoto S, Karube F, Fujiyama F
Brain structure & function   222(9) 4089-4110   2017年12月   [査読有り]
Nonomura S, Fujiwara-Tsukamoto Y, Kajihara T, Fujiyama F, Isomura Y
Neuroscience research   120 53-59   2017年7月   [査読有り]
Oh YM, Karube F, Takahashi S, Kobayashi K, Takada M, Uchigashima M, Watanabe M, Nishizawa K, Kobayashi K, Fujiyama F
Brain structure & function   222(5) 2359-2378   2017年7月   [査読有り]
Unzai T, Kuramoto E, Kaneko T, Fujiyama F
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   27(2) 1164-1181   2017年2月   [査読有り]
Fujiyama F, Nakano T, Matsuda W, Furuta T, Udagawa J, Kaneko T
Brain structure & function   221(9) 4733-4740   2016年12月   [査読有り]
Yamada K, Takahashi S, Karube F, Fujiyama F, Kobayashi K, Nishi A, Momiyama T
The journal of physiological sciences : JPS   66(6) 435-446   2016年11月   [査読有り]
Fujiyama F
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   68(7) 861-864   2016年7月   [査読有り]
Fujiyama F, Takahashi S, Karube F
Frontiers in neuroscience   9(6) 1-9   2015年   [査読有り]
Miyazaki H, Oyama F, Inoue R, Aosaki T, Abe T, Kiyonari H, Kino Y, Kurosawa M, Shimizu J, Ogiwara I, Yamakawa K, Koshimizu Y, Fujiyama F, Kaneko T, Shimizu H, Nagatomo K, Yamada K, Shimogori T, Hattori N, Miura M, Nukina N
Nature communications   5 5525   2014年11月   [査読有り]
Oyama K, Ohara S, Sato S, Karube F, Fujiyama F, Isomura Y, Mushiake H, Iijima T, Tsutsui K
Journal of neuroscience methods   218(2) 139-147   2013年9月   [査読有り]
Koshimizu Y, Fujiyama F, Nakamura KC, Furuta T, Kaneko T
The Journal of comparative neurology   521(9) 2125-2146   2013年6月   [査読有り]
Hioki H, Okamoto S, Konno M, Kameda H, Sohn J, Kuramoto E, Fujiyama F, Kaneko T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   33(2) 544-555   2013年1月   [査読有り]
Ohno S, Kuramoto E, Furuta T, Hioki H, Tanaka YR, Fujiyama F, Sonomura T, Uemura M, Sugiyama K, Kaneko T
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   22(12) 2840-2857   2012年12月   [査読有り]
Kameda H, Hioki H, Tanaka YH, Tanaka T, Sohn J, Sonomura T, Furuta T, Fujiyama F, Kaneko T
The European journal of neuroscience   35(6) 838-854   2012年3月   [査読有り]
Tanaka YR, Tanaka YH, Konno M, Fujiyama F, Sonomura T, Okamoto-Furuta K, Kameda H, Hioki H, Furuta T, Nakamura KC, Kaneko T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   31(50) 18223-18236   2011年12月   [査読有り]
Fujiyama F, Sohn J, Nakano T, Furuta T, Nakamura KC, Matsuda W, Kaneko T
The European journal of neuroscience   33(4) 668-677   2011年2月   [査読有り]
Kuramoto E, Fujiyama F, Nakamura KC, Tanaka Y, Hioki H, Kaneko T
The European journal of neuroscience   33(1) 95-109   2011年1月   [査読有り]
Tanaka YH, Tanaka YR, Fujiyama F, Furuta T, Yanagawa Y, Kaneko T
Frontiers in neural circuits   5 12   2011年   [査読有り]
Hioki H, Nakamura H, Ma YF, Konno M, Hayakawa T, Nakamura KC, Fujiyama F, Kaneko T
The Journal of comparative neurology   518(5) 668-686   2010年3月   [査読有り]
Nakamura KC, Fujiyama F, Furuta T, Hioki H, Kaneko T
Neuroreport   20(6) 584-588   2009年4月   [査読有り]
[Anatomical connections of the basal ganglia].
Fujiyama F
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   61 341-349   2009年4月   [査読有り]
Matsuda W, Furuta T, Nakamura KC, Hioki H, Fujiyama F, Arai R, Kaneko T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   29(2) 444-453   2009年1月   [査読有り]
Ide Y, Fujiyama F, Okamoto-Furuta K, Tamamaki N, Kaneko T, Hisatsune T
The European journal of neuroscience   28(12) 2381-2392   2008年12月   [査読有り]
Matsumoto M, Nakagawa T, Kojima K, Sakamoto T, Fujiyama F, Ito J
Journal of neuroscience research   86(14) 3075-3085   2008年11月   [査読有り]
Koshimizu Y, Wu SX, Unzai T, Hioki H, Sonomura T, Nakamura KC, Fujiyama F, Kaneko T
The European journal of neuroscience   28(10) 2053-2064   2008年11月   [査読有り]
May CA, Nakamura K, Fujiyama F, Yanagawa Y
Acta ophthalmologica   86(4) 395-400   2008年6月   [査読有り]
Nakamura K, Watakabe A, Hioki H, Fujiyama F, Tanaka Y, Yamamori T, Kaneko T
The European journal of neuroscience   26(11) 3054-3067   2007年12月   [査読有り]
Kuramoto E, Fujiyama F, Unzai T, Nakamura K, Hioki H, Furuta T, Shigemoto R, Ferraguti F, Kaneko T
The Journal of comparative neurology   500(5) 908-922   2007年2月   [査読有り]
May CA, Nakamura K, Fujiyama F, Komatsu Y, Yanagawa Y
Acta neuropathologica   113(1) 101-103   2007年1月   [査読有り]
Wallén-Mackenzie A, Gezelius H, Thoby-Brisson M, Nygård A, Enjin A, Fujiyama F, Fortin G, Kullander K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   26(47) 12294-12307   2006年11月   [査読有り]
Fujiyama F, Unzai T, Nakamura K, Nomura S, Kaneko T
The European journal of neuroscience   24(10) 2813-2824   2006年11月   [査読有り]
Nakamura K, Hioki H, Fujiyama F, Kaneko T
The Journal of comparative neurology   492(3) 263-288   2005年11月   [査読有り]
Tomioka R, Okamoto K, Furuta T, Fujiyama F, Iwasato T, Yanagawa Y, Obata K, Kaneko T, Tamamaki N
The European journal of neuroscience   21(6) 1587-1600   2005年3月   [査読有り]
Fujiyama F, Kuramoto E, Okamoto K, Hioki H, Furuta T, Zhou L, Nomura S, Kaneko T
The European journal of neuroscience   20(12) 3322-3330   2004年12月   [査読有り]
Hioki H, Fujiyama F, Nakamura K, Wu SX, Matsuda W, Kaneko T
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   14(11) 1266-1275   2004年11月   [査読有り]
Wu SX, Koshimizu Y, Feng YP, Okamoto K, Fujiyama F, Hioki H, Li YQ, Kaneko T, Mizuno N
Brain research   1011(2) 247-251   2004年6月   [査読有り]
Nakamura K, Matsumura K, Hübschle T, Nakamura Y, Hioki H, Fujiyama F, Boldogköi Z, König M, Thiel HJ, Gerstberger R, Kobayashi S, Kaneko T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   24(23) 5370-5380   2004年6月   [査読有り]
Nakamura K, Wu SX, Fujiyama F, Okamoto K, Hioki H, Kaneko T
Neuroreport   15(3) 431-436   2004年3月   [査読有り]
Liu YY, Wong-Riley MT, Liu JP, Wei XY, Jia Y, Liu HL, Fujiyama F, Ju G
The European journal of neuroscience   19(1) 65-75   2004年1月   [査読有り]
Localization of vesicular glutamate transporters and neuronal nitric oxide synthase in rat nucleus tractus solitarii
Lin LH, Edwards RH, Fremeau RT, Fujiyama F, Kaneko T, Talman WT
Neuroscience   123(1) 247-255   2004年   [査読有り]
Oliveira AL, Hydling F, Olsson E, Shi T, Edwards RH, Fujiyama F, Kaneko T, Hökfelt T, Cullheim S, Meister B
Synapse (New York, N.Y.)   50(2) 117-129   2003年11月   [査読有り]
Fujiyama F, Hioki H, Tomioka R, Taki K, Tamamaki N, Nomura S, Okamoto K, Kaneko T
The Journal of comparative neurology   465(2) 234-249   2003年10月   [査読有り]
Collin M, Bäckberg M, Ovesjö ML, Fisone G, Edwards RH, Fujiyama F, Meister B
The European journal of neuroscience   18(5) 1265-1278   2003年9月   [査読有り]
Li JL, Xiong KH, Dong YL, Fujiyama F, Kaneko T, Mizuno N
The Journal of comparative neurology   463(2) 212-220   2003年8月   [査読有り]
Lin LH, Agassandian K, Fujiyama F, Kaneko T, Talman WT
Journal of chemical neuroanatomy   25(4) 261-268   2003年7月   [査読有り]
Honeycomb-like mosaic at the border of layers 1 and 2 in the cerebral cortex.
Ichinohe N, Fujiyama F, Kaneko T, Rockland KS
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   23(4) 1372-1382   2003年2月   [査読有り]
Liu YY, Wong-Riley MT, Liu JP, Jia Y, Liu HL, Fujiyama F, Ju G
The European journal of neuroscience   17(1) 41-48   2003年1月   [査読有り]
Differential distribution of vesicular glutamate transporters in the rat cerebellar cortex
Hioki H, Fujiyama F, Taki K, Tomioka R, Furuta T, Tamamaki N, Kaneko T
Neuroscience   117(1) 1-6   2003年   [査読有り]
Fujiyama F, Stephenson FA, Bolam JP
The European journal of neuroscience   15(12) 1961-1975   2002年6月   [査読有り]
Kaneko T, Fujiyama F
Neuroscience research   42(4) 243-250   2002年4月   [査読有り]
Kaneko T, Fujiyama F, Hioki H
The Journal of comparative neurology   444(1) 39-62   2002年2月   [査読有り]
Immunocytochemical localization of candidates for vesicular glutamate transporters in the rat cerebral cortex.
Fujiyama F, Furuta T, Kaneko T
J Comp Neurol   435(3) 379-387   2001年   [査読有り]
Synaptic localization of GABA (A) receptor subunits in the striatum of the rat.
Fujiyama F, Fritschy JM, Stephenson FA, Bolam JP
J Comp Neurol   416(2) 158-172   2000年   [査読有り]
Association of dopaminergic terminals and neurons releasing nitric oxide in the rat striatum: an electron microscopic study using NADPH-diaphorase histochemistry and tyrosine hydroxylase immunohistochemistry.
Fujiyama F, Masuko S
Brain Res Bull   40(2) 121-127   1996年   [査読有り]
Eicosanoids are produced by microglia, not by astrocytes, in rat glial cell cultures.
Matsuo M, Hamasaki Y, Fujiyama F, Miyazaki S
Brain Res   685(1-2) 201-204   1995年   [査読有り]
Autopsy report of primary CNS B-cell lymphoma indistinguishable from multiple sclerosis: diagnosis with the immunoglobulin gene rearrangements analysis.
Kuroda Y, Kawasaki T, Haraoka S, Fujiyama F, Kakigi R, Abe M, Tabuchi K, Kuroiwa T, Kishikawa T, Sugihara H.
J Neurol Sci   111(2) 173-179   1992年   [査読有り]
Systemic interferon-alpha in the treatment of HTLV-I-associated myelopathy.
Kuroda Y, Kurohara K, Fujiyama F, Takashima H, Endo C, Matsui M, Neshige R, Kakigi R
Acta Neurol Scand   86(1) 82-86   1992年   [査読有り]
Analysis of factors of relevance to rapid clinical progression in HTLV-I-associated myelopathy.
Kuroda Y, Fujiyama F, Nagumo F
J Neurol Sci   105(1) 61-66   1991年   [査読有り]
Event-related brain potentials as indicators of visual recognition and detection of criminals by their use.
Neshige R, Kuroda Y, Kakigi R, Fujiyama F, Matoba R, Yarita M, Luders H, Shibasaki H
Forensic Sci. Int   51(1) 95-103   1991年   [査読有り]

Misc

 
八木沼 洋行, 松村 讓兒, 藤山 文乃, 中村 桂一郎, 網塚 憲生, 一條 裕之, 瀬藤 光利, 柴田 昌宏, 渡辺 雅彦
解剖学雑誌 = Acta anatomica Nipponica   92 2-8   2017年9月
黒宮 光平, 塚元 葉子, 酒井 裕, 礒村 宜和, 藤山 文乃, 佐村 俊和
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(424) 49-52   2017年1月
大脳基底核の構造と機能
藤山文乃, 高橋晋, 苅部冬紀
Clinical Neuroscience   35 268-270   2017年   [依頼有り]
藤山文乃
月刊神経内科   85(5) 460‐463   2016年11月
八木沼 洋行, 松村 讓兒, 佐藤 洋一, 飯野 哲, 鶴尾 吉宏, 大和田 祐二, 藤山 文乃, 網塚 憲生
解剖学雑誌 = Acta anatomica Nipponica   91(4) 33-40   2016年9月
藤山文乃
Brain and Nerve   68(7) 0861‐0864   2016年7月
藤山文乃
臨床神経生理学   43(5) 300   2015年10月
高橋晋, 藤山文乃
Clin Neurosci   33(7) 767-771   2015年7月
藤山文乃
日本神経回路学会誌   21(3) 132-135   2014年9月
大脳基底核を病変の主座とするパーキンソン病やハンチントン病の主症状として,随意運動の障害や不随意運動が認められることから,大脳基底核が運動の実行や調節に関わっていることは明らかであろう.また,近年では黒質-線条体のドーパミン系を中心に強化学習などの新たな機能的側面も注目されている.運動と学習,この二つを大脳基底核はいかにして同時に手がけているのであろうか.筆者は大脳基底核を形態学的のみ観察してきたため,この疑問に直接答えることはできない.しかし解析を進める中で,大脳基底核には大脳皮質や小脳...
藤山文乃
Front Parkinson Dis   7(3) 148-151   2014年8月
藤山 文乃
Frontiers in Parkinson disease   7(3) 148-151   2014年8月
藤山文乃
パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集   8th 49   2014年
倉本恵梨子, 藩世秀, 大野幸, 田中康裕, 雲財知, 古田貴寛, 日置寛之, 中村公一, 藤山文乃, 金子武嗣
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   118th 79   2013年
松田和郎, 古田貴寛, 薗村貴弘, 大原信司, 布施郁子, 武内重二, 山上達人, 安田宗義, 本間智, 中村公一, 日置寛之, 藤山文乃, 金子武嗣, 宇田川潤
機能的脳神経外科   51 60-66   2012年12月
倉本 恵梨子, 古田 貴寛, 日置 寛之, 藤山 文乃, 金子 武嗣
顕微鏡 = Microscopy   46(2) 125-131   2011年6月
大野幸, 倉本恵梨子, 藤山文乃, 古田貴實, 日置寛之, 田中康裕, 薗村貴弘, 椙山加綱, 金子武嗣
解剖学雑誌   86(2) 61   2011年6月
藤山文乃
Clin Neurosci   28(12) 1352-1354   2010年12月
越水義登, 古田貴寛, 中村公一, 藤山文乃, 金子武嗣
解剖学雑誌   85(2) 77   2010年6月
越水義登, 古田貴寛, 中村公一, 藤山文乃, 金子武嗣
解剖学雑誌   85(Supplement) 167   2010年3月
藤山文乃
脳の高次機能システム 平成16-21年度 No.16068101   110-111   2010年
雲財知, 藤山文乃, 倉本恵梨子, 金子武嗣
解剖学雑誌   83(2) 67   2008年6月
藤山文乃, 孫在隣, 中野隆, 雲財知, 金子武嗣
解剖学雑誌   83(Supplement) 133   2008年3月
中村公一, 藤山文乃, 古田貴寛, 金子武嗣
解剖学雑誌   83(Supplement) 214   2008年3月
中野隆, 藤山文乃, 雲財知, 野村嶬, 金子武嗣
形態・機能   6(1) 62   2007年9月
藤山文乃, 金子武嗣
Clin Neurosci   25(1) 22-24   2007年1月
藤山 文乃
日本生理学会大会発表要旨集   2007(0) 7-7   2007年
The neostriatum, which possesses a mosaic organization consisting of patch and matrix compartments, receives glutamatergic excitatory afferents from the cerebral cortex and thalamus. Differences in the synaptic organization of these striatopetal a...
藤山 文乃
顕微鏡   41(2) 90-94   2006年7月
藤山 文乃
顕微鏡   41(2) 90-94   2006年7月
藤山文乃
ブレインサイエンス・レビュー   2005 219-233   2005年3月
中村 和弘, 小林 茂夫, 金子 武嗣, 松村 潔, Huebschle Thomas, 中村 佳子, 武 勝昔, 岡本 Keiko, 藤山 文乃, 日置 寛之, Gerstberger Ruediger
日本生理学会大会発表要旨集   2004(0) S196-S196   2004年
The rostral ventromedial medulla (RVMM) sympathetically regulates thermogenesis in brown adipose tissue (BAT) and constriction of skin blood vessels. However, the sympathetic-related neurons in the RVMM remain to be identified. First, we found tha...
藤山文乃, 岡本敬子, 古田貴寛, 玉巻伸章, 金子武嗣
解剖学雑誌   78(Supplement) 266   2003年4月
藤山文乃, 古田貴弘, 重本隆一, 金子武嗣
脳研究の総合的推進に関する研究 平成13年度採択公募班員   45   2003年
藤山 文乃, 日置 寛之, 金子 武嗣
日本解剖学会 総会・全国学術集会 抄録号   107(0) 80-80   2002年7月
日置 寛之, 藤山 文乃, 岡本 敬子, 金子 武嗣
日本解剖学会 総会・全国学術集会 抄録号   107(0) 76-76   2002年
日置寛之, 藤山文乃, 金子武嗣
日本神経科学大会プログラム・抄録集   24th 249   2001年9月
金子武嗣, 藤山文乃, 日置寛之
日本神経科学大会プログラム・抄録集   24th 247   2001年9月
藤山文乃, 古田貴寛, 金子武嗣
日本神経科学大会プログラム・抄録集   24th 247   2001年9月
金子武嗣, 藤山文乃, 日置寛之
神経化学   40(2/3) 303   2001年9月
日置寛之, 藤山文乃, 金子武嗣
神経化学   40(2/3) 305   2001年9月
藤山文乃, 黒田康夫, 柴崎浩
月刊臨床と研究   68(4) 981-986   1991年4月
藤山文乃, 松崎美和子, 嶋本義範, 野口輝夫, 倉田好人, 黒田康夫, 山口雅也
臨床血液   32(2) 152-155   1991年2月
Numb chin syndromeを初発としたBurkitt's type ALLの1例を報告する。57歳の男性が1989年11月14日に複視と眼瞼下垂を伴う下顎と下口唇のしびれ感のため当院に入院した。神経学的には右動眼神経麻痺および下顎,下口唇,口腔粘膜に感覚障害を認めた。血液検査所見上,白血球の上昇を認めた。骨髄は過形成で92.3%の白血病細胞で占められ,その細胞質内には空胞を認め,表面マーカーはIgM, κ型であった。染色体異常としては8; 14転座が認められた。患者は化学療法,放...
多発性硬化症.
藤山文乃, 黒田康夫, 柴崎浩
月刊 臨床と研究, 別冊   68(4) 37-42   1991年
斉鹿 稔, 渡辺 英夫, 松下 いく子, 浅見 豊子, 小田 健一郎, 藤山 文乃
整形外科と災害外科   37(4) 1770-1773   1989年2月
A case of PEP syndrome (Crow-Fukase syndrome) was reported.The patient was a 30 years old female. She had polyneuropathy, edema, pigmentation and hypertrichosis of bilateral lower limbs. Roentogenograms of 8th thoracic spine and left femur showed ...

書籍等出版物

 
脳神経外科医が知っておくべきニューロサイエンスの知識
監修 橋本信夫, 編集 三國信啓, 深谷親 (担当:分担執筆)
2015年   
中枢神経系の構造. カンデル神経科学
日本語監修 金澤一郎, 宮下保司 (担当:共訳)
2014年   
線条体. 脳神経科学イラストレイテッド 改訂第三版
羊土社   2012年   
大脳基底核の構造(細胞構築と神経回路) Brain and Nerve
医学書院   2009年   
藤山 文乃, 京都大学大学院医学研究科
[藤山文乃]   2008年   
脳神経科学イラストレイテッド 改訂第2版
編集 森寿 他 (担当:分担執筆)
2006年   
電子顕微鏡でみるミクロの世界
社団法人日本電子顕微鏡学会 (担当:分担執筆)
1995年   
電子顕微鏡でみるミクロの世界 生物編
増子貞彦, 藤山文乃, 編集 社団法人日本電子顕微鏡学会 (担当:共著, 範囲:黒質分離培養神経シナプス.)
学際企画   1995年   

講演・口頭発表等

 
Basal Ganglia Circuits for Motor and Behavioral, Emotional Performances. [招待有り]
藤山 文乃
4th Taiwan International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders   2018年11月   
Basal Ganglia Circuits for Motor and Behavioral, Emotional Performances [招待有り]
藤山 文乃
21st International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders   2017年6月   
Using a novel PV-Cre rat model to characterize pallidonigral cells and their terminations [招待有り]
藤山 文乃
12th International Basal Ganglia Society Meeting   2017年3月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2018年    代表者: 藤山 文乃
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 藤山 文乃
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 藤山 文乃
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 藤山 文乃
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 松田 和郎
黒質線条体路においては、単一のドーパミン細胞の軸索は線条体以外にほとんど投射せず、線条体のみに広範囲かつ高密度に分布していることが分かった。また、μオピオイド受容体との二重染色により、多少の指向性はあるものの、単一ドーパミン細胞の軸索は線条体のストリオソーム(パッチ)とマトリックスのコンパートメントに同時に送られることも明らかにされた。以上のことは、パーキンソン病における黒質ドーパミン細胞の脆弱性と予備力という二面性が説明される。すなわち、パーキンソン病ではドーパミン細胞の7割以上が脱落し...

その他

 
日本神経学会専門医 (認定番号1712)
日本内科学会専門医 (認定番号2014)
同志社大学システム神経科学センター センター長
JST「世界に誇る地域発研究開発・実証拠点 (リサーチコンプレックス) 推進プログラム」脳科学基礎講座 講師