船橋 亜希子

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/12 11:00
 
アバター
研究者氏名
船橋 亜希子
所属
東京大学
職名
特任研究員

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
立正大学 法学部 非常勤講師
 
2017年4月
 - 
現在
東京大学 医科学研究所公共政策研究分野 特任研究員
 
2017年4月
 - 
現在
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 非常勤講師
 
2017年4月
 - 
現在
東京医科歯科大学 教養部 非常勤講師
 
2016年9月
 - 
現在
茨城キリスト教大学 看護学部 特別講師
 
2015年6月
 - 
現在
明治大学 ELM(法・医・倫理の資料館) 客員研究員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
明治大学 法学部 専任助手
 
2012年5月
 - 
2015年3月
明治大学 法制研究所 特別指導員(刑法)
 
2011年4月
 - 
2015年3月
明治大学法科大学院 専門法曹養成研究教育センター RA(医事法)
 

受賞

 
2017年
山田準次郎奨学基金論文 「過失犯における予見可能性の対象について―具体的予見可能性説と危惧感説の対立構造を中心として―」
 

論文

 
プロトコルの規範性ー愛知県がんセンター事案
船橋 亜希子
医学研究・臨床試験の倫理ー我が国の事例に学ぶ   36-51   2018年9月   [招待有り]
過失犯における行為者個人の能力の取扱いに関する序論的考察
船橋 亜希子
法学研究論集   (49) 1-18   2018年9月   [査読有り]
治験・臨床研究に関する補償の現状と問題
船橋 亜希子
『人身損害賠償法の理論と実際ー法体系と補償・保険の実務ー』   490-508   2018年1月   [招待有り]
船橋 亜希子
法学研究論集   (43) 1-25   2015年9月   [査読有り]
船橋 亜希子
法学研究論集   (41) 35-56   2014年9月   [査読有り]
船橋 亜希子
法学研究論集   (38) 99-117   2013年2月   [査読有り]

Misc

 
【コラム】医療と法
船橋 亜希子
法学入門   106   2018年3月   [依頼有り]
犯罪と法
船橋 亜希子
法学入門   97-105   2018年3月   [依頼有り]
【書評】大谷實『新いのちの法律学—生命の誕生から死まで』
船橋 亜希子
年報医事法学   (28) 184-188   2013年8月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
井上 悠輔, 一家 綱邦 (担当:分担執筆, 範囲:プロトコルの規範性-愛知県がんセンター事案)
日本評論社   2018年9月   ISBN:4535984530
奥田進一ほか編 (担当:分担執筆, 範囲:犯罪と法、医療と法)
成文堂   2018年3月   ISBN:4792306256
伊藤文夫編集代表 (担当:分担執筆, 範囲:治験・臨床研究に関する補償の現状と問題)
保険毎日新聞社   2018年1月   ISBN:4892932906

講演・口頭発表等

 
データサイエンスのELSI研究を目指して
船橋亜希子、井上悠輔、吉田幸恵、高島響子、東島仁、丸祐一、中田はる佳、武藤香織
第3回 研究倫理を語る会   2018年2月10日   
医事法と法哲学から東北メディカル・メガバンク機構を俯瞰するー医事法学の立場からー [招待有り]
船橋 亜希子
東北メディカル・メガバンク機構「倫理・法令・社会連続セミナー」   2015年1月26日   

担当経験のある科目

 
 

その他

 
2017年8月   東京大学フューチャーファカルティプログラム(FFP)第9期 修了
大学教員としてのキャリアを進むにあたり不可欠となる教育力の向上を目指すプログラム