船守美穂

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/04 17:51
 
アバター
研究者氏名
船守美穂
 
フナモリ ミホ
eメール
funamorinii.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/70377141
所属
国立情報学研究所
部署
情報社会相関研究系
職名
准教授

プロフィール

 グローバル化が進み、大学が国内ではなくグローバルに競争するようになったとき、また、競争が研究面や人材面だけでなく大学の運営資源面にまで及んだとき、研究型大学の性格はどのように変わるのでしょう。インターネットとそれに付随するIT技術の普及によって大学はどのような可能性を広げるのでしょう。大学は社会や産業構造の変化とどのように関わっていくのでしょう。
 こうしたことを興味・関心にもちながら、国内外の大学を教育面・研究面・大学運営体制面から研究しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
国立情報学研究所 オープンサイエンス基盤研究センター 准教授 (政策・連携担当)
 
2016年4月
 - 
現在
国立情報学研究所 情報社会相関研究系 准教授
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東京大学 教育企画室 特任准教授
 
2010年4月
 - 
2013年3月
東京大学評価支援室 インスティテューショナル・リサーチ担当特任准教授
 
2005年9月
 - 
2010年3月
東京大学国際連携本部国際企画部 特任准教授、国際企画副部長
 
2004年1月
 - 
2005年8月
政策研究大学院大学国際開発戦略研究センター 助教授
 
2001年12月
 - 
2003年12月
文部科学省大臣官房国際課国際協力政策室 調査員
 
1993年4月
 - 
2001年11月
(株) 三菱総合研究所 研究員
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1993年3月
東京大学 理学系研究科 地球惑星物理学専攻修士課程
 
1989年4月
 - 
1991年3月
東京大学 理学部 地球物理学科
 
1987年4月
 - 
1989年3月
東京大学 教養学部 理科Ⅰ類
 
1984年4月
 - 
1987年3月
東京学芸大学附属高等学校  
 
1979年9月
 - 
1983年12月
Elisabethen Schule (ドイツ・ギムナジウム)  
 

委員歴

 
2019年1月
 - 
現在
FORCE11  Board Director
 
2019年1月
 - 
現在
国立大学協会教育・研究委員会  専門委員
 
2018年11月
 - 
現在
国立大学図書館協会  学術資料整備委員会電子ジャーナルWG アドバイザー
 
2018年4月
 - 
現在
科学技術・学術政策研究所  専門調査員
 
2015年7月
 - 
現在
主体的学び研究所  客員フェロー
 
2010年4月
 - 
2012年3月
国立教育政策研究所  「大学等におけるグローバル人材の育成に関する調査研究」委員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
国立大学財務・経営センター  「国立大学法人経営ハンドブック編集委員会」委員
 

受賞

 
2017年7月
International Institute of Applied Informatics Honorable Mention Award Open Science and the Academy: A Theoretical Discussion
 
2016年7月
International Institute of Applied Informatics Honorable Mention Award The Impact of Digital Age on Higher Education―Beyond Transformation from Physical to Digital Sphere
 

論文

 
Requirements Analysis of System for Research Data Management to Prevent Scientific Misconduct
船守美穂
2018 IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics (IIAIAAI)      2018年7月   [査読有り]
Nakatoh Tetsuya, Hirokawa Sachio, Minami Toshiro, Nanri Takeshi, Funamori Miho
ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS   23(2) 235-240   2018年6月   [査読有り]
船守美穂
大学ICT推進協議会2017年度年次大会 論文集      2017年12月   [査読有り]
船守美穂
情報知識学会誌   27(4) 309-322   2017年12月   [招待有り]
船守美穂
2017 IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics (IIAIAAI)   109-115   2017年7月   [査読有り]
船守美穂
International Journal of Institutional Research and Management   1(1) 37-51   2017年4月   [査読有り][招待有り]
船守美穂
2016 IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics (IIAIAAI)   456-461   2016年7月   [査読有り]
米国大学教科書問題の論点のターニングポイント―価格高騰問題から高等教育マス化時代の学習支援へ
船守美穂
大学ICT推進協議会2016年度年次大会 論文集      2016年12月
Miho Funamori
2016 IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics (IIAIAAI)   486-491   2016年7月   [査読有り]
オンライン教育のメッカ、フェニックス―営利大学と非営利大学の攻防
船守美穂
主体的学び   (4) 125-144   2016年5月   [招待有り]
協働学習との今日的付き合い方
船守美穂
主体的学び   (4) 18-45   2016年5月   [招待有り]
Miho Funamori
Special issue on Data Impact in Institutional Research, Information Engineering Express   2(1) 23-32   2016年4月   [査読有り][招待有り]
Miho Funamori
2015 IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics (IIAIAAI)   413-418   2015年6月   [査読有り]
船守美穂
情報の科学と技術   65(6) 258-263   2015年6月   [招待有り]
船守美穂
情報知識学会誌   24(4) 424-436   2014年12月   [招待有り]
船守美穂
外国語教育メディア学会関東支部第133回研究大会 発表要項   46-51   2014年11月   [招待有り]
船守美穂
主体的学び   (2) 3-23   2014年11月   [招待有り]
船守美穂
大学マネジメント   10(7) 11-21   2014年10月   [招待有り]
Miho Funamori
2013 IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics (IIAIAAI)   229-234   2013年8月   [査読有り]

Misc

 
船守美穂(インタビュー記事)
日経サイエンス   15-15   2019年2月   [依頼有り]
ブルームバーグ氏、ジョンズホプキンズ大学に18億ドルの寄付―同大学が永遠に学資援助を出せるようにする
船守美穂
学校法人   41(10) 34-37   2019年1月   [依頼有り]
スウェーデンのISP、エルゼビア社のサイトをブロックすることで同社のサイトブロックの要請に抗議
船守美穂
学校法人   41(9) 33-35   2018年12月   [依頼有り]
MIT、新しいコンピューティング・カレッジに10億ドル投資―未来に向けて自らを変革
船守美穂
学校法人   41(8) 46-48   2018年11月   [依頼有り]
デジタル時代の学術枠組み「オープンサイエンス」―研究データの利活用をイノベーションに繋げる
船守美穂
化学と工業   71(11) 928-989   2018年11月   [依頼有り]
高等教育無償化を掲げる民主党員が米国で拡大
船守美穂
学校法人   41(7) 52-57   2018年10月   [依頼有り]
ドイツの研究者5,000名以上がハゲタカ雑誌に論文出版
船守美穂
学校法人   41(6) 52-56   2018年9月   [依頼有り]
イタリア研究者の論文自己引用率増大
船守美穂
学校法人   41(5) 15-16   2018年8月   [依頼有り]
ワシントンDCの8つのエリート私立高校、APコース取りやめを発表
船守美穂
学校法人   41(4) 28-30   2018年7月   [依頼有り]
英・ラッセルグループ大学における学生レポートの不正件数、2年で40%増大
船守美穂
学校法人   41(3) 40-41   2018年6月   [依頼有り]
船守美穂
日経新聞 教育面      2018年6月   [依頼有り]
船守美穂
情報の科学と技術   68(3) 92-98   2018年3月   [依頼有り]
<p>近年,大学図書館業界においても,「大学IR」という言葉を耳にするようになったため,本小論では,大学IRの成り立ちや概要,大学IRが抱える課題を紹介しつつ,これからの大学図書館と大学IRの関わりの可能性について考察する。日本の大学図書館については,大学IRのための基礎データ収集の観点から,1)教学IRに資する,学生の図書館利用状況,2)研究IRに資する,学内で輩出される学術成果の把握などが期待される。大学業務システムや研究情報管理システムの整備,相互連携が進んでいる欧米の大学では,これ...
船守美穂
大学マネジメント   11(10) 42-44   2016年1月   [依頼有り]
船守美穂
カレッジマネジメント   33(2) 42-47   2015年3月   [依頼有り]
船守美穂
カレッジマネジメント   32(6) 40-45   2014年11月   [依頼有り]
船守美穂
大学マネジメント   10(6) 38-44   2014年9月   [依頼有り]
船守美穂
LISN : Library & information science news   160 1-6   2014年7月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
J.J.セリンゴ (担当:単訳)
東信堂   2018年9月   ISBN:4798915009
船守美穂 (担当:分担執筆, 範囲:「教育課程の共同設置」、「教職員の国際交流」、「大学間連携(共同)カリキュラム」、「モジュール」)
平凡社   2018年6月   ISBN:4582121020
データ活用社会を支えるインフラ:科学技術に関する調査プロジェクト報告書
船守美穂 (担当:分担執筆, 範囲:第3部 Ⅰ.学術研究の在り方の変革触媒としての「オープンサイエンス」、Ⅱ.21 世紀国際学術競争の要となる「e- 研究インフラ」)
国立国会図書館   2018年3月   ISBN:N 978-4-87582-815-0
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_11065226_po_20180435.pdf?contentNo=1
大学教育開発研究シリーズNo.26:「育てる」アクティブ・ラーニング―学生とつくる大規模授業
船守美穂 (担当:分担執筆, 範囲:第1部:大学教育のスタイルは変わる必要あるのか?―協働学習の時流との付き合い方を考える)
立教大学大学教育開発・支援センター   2017年10月   
関東地区IR研究会監修 (担当:分担執筆, 範囲:①外国人留学生受入、②大学間連携、③教育課程の共同設置、④海外拠点、⑤世界大学ランキング、⑥機関リポジトリ、⑦電子ジャーナル、⑧変化する研究評価と大学評価)
玉川大学出版部   2017年3月   ISBN:4472405393
主体的学び研究所 (担当:分担執筆, 範囲:[協働学習との今日的付き合い方], [オンライン教育のメッカ、フェニックス―営利大学と非営利大学の攻防])
主体的学び研究所   2016年6月   ISBN:4798913650
研究開発の俯瞰報告書
船守美穂 (担当:分担執筆, 範囲:情報科学技術分野「教育とビッグデータ」(p545-560))
科学技術振興機構   2015年   
http://www.jst.go.jp/crds/pdf/2015/FR/CRDS-FY2015-FR-04/CRDS-FY2015-FR-04_16.pdf
主体的学び研究所 (担当:分担執筆, 範囲:反転授業へのアンチテーゼ)
主体的学び研究所   2014年12月   ISBN:4798912727
フィリップ・G.アルトバック ホルヘ・バラン編 (担当:共訳, 範囲:第4章 中国における旗艦大学と経済改革 (馬万華))
東信堂   2013年6月   ISBN:4798901342
有本 章, 北垣 郁雄 (担当:分担執筆, 範囲:第8章40 大学による国際協力プロジェクトの受託を考察する)
ミネルヴァ書房   2006年10月   ISBN:4623046303

講演・口頭発表等

 
電子ジャーナル問題の新局面―Subscription から Submission への対応 [招待有り]
船守美穂
国立大学協会研究小委員会   2019年1月17日   
Scholarly Communication Models in Flux! [招待有り]
船守美穂
GRIPS Seminar: Policy for Higher Education and University-Industry Cooperation   2018年12月26日   
日本における大学IRの現状と課題―現場のデータを大学の意志決定に活かす難しさ― [招待有り]
船守美穂
CAUAシンポジウム   2018年12月13日   
NII Research Data Cloud and RDM Training Course [招待有り]
船守美穂
JST-DFG exchange meeting   2018年12月6日   
電子ジャーナル問題の最新動向と求められる対応 [招待有り]
船守美穂
国立大学協会 教育・研究委員会   2018年12月3日   
学術機関における研究データ管理に関わる動向と課題
船守美穂
ROIS未来投資型プロジェクト「オープンサイエンス時代の研究データの機関管理に関する研究」   2018年11月30日   
学術機関における研究データ管理環境構築の動向と課題
船守美穂
AXIES-RDM部会   2018年11月21日   
学術成果は誰のものか?―オープンサイエンスの意味するもの [招待有り]
船守美穂
豊橋技術科学大学特別講演会   2018年11月6日   
Engaging Academia with Japan-wide Data Platforms and RDM Charter [招待有り]
船守美穂
FORCE2018   2018年10月12日   
オープンサイエンスと研究公正の国内外動向 [招待有り]
船守美穂
RA協議会2018   2018年9月20日   
国内社会科学系データアーカイブの横断検索に向けての試行と検討
船守美穂, 林正治, 加藤文彦, 三輪哲, 朝岡誠, 高橋かおり, 前田豊
第91回 日本社会学会大会   2018年9月16日   
電子ジャーナルと論文OA問題の国際動向と論点整理 [招待有り]
船守美穂
国立大学協会(意見交換)   2018年9月10日   
日本の大学における研究データ管理体制の整備―複数部署の連携体制をどのように実現するか? [招待有り]
船守美穂
高等教育活性化シリーズ 370, 地域科学研究会   2018年8月21日   
世界と日本のオープンサイエンスと研究データ管理の動向―日本は研究データ管理にどのように向き合えば良いか? [招待有り]
船守美穂
高等教育活性化シリーズ 370, 地域科学研究会   2018年8月21日   
オープンサイエンスとIR
船守美穂
第7回大学情報・機関調査研究集会(MJIR)   2018年8月19日   
電子ジャーナル契約で今、なにが起こっているか?―商用出版社との攻防と、OAへの道 [招待有り]
船守美穂
マネ研サロン   2018年7月24日   
Requirements Analysis of System for Research Data Management to Prevent Scientific Misconduct
船守美穂
2018 IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics (IIAIAAI)   2018年7月9日   
世界のオープンサイエンスの動向と研究データ管理への示唆
船守美穂
NII オープンフォーラム「アイデアソン」   2018年6月20日   
ドイツにおける研究データ管理とe-研究インフラ構築の動向
船守美穂
NIIコンテンツ戦略会議   2018年6月12日   
オープンサイエンスを高等教育のマス化から理解する
船守美穂
日本高等教育学会第21回大会   2018年6月3日   
Enabling Cross-Search across Social Science Data Archives in Japan—Initiative as part of National Endeavor to Establish Open Science Infrastructure
船守美穂
IASSIST2018   2018年5月31日   
The Open Science Trend and the Role of University Libraries [招待有り]
船守美穂
Workshop on Next Generation Repositories, Malaysia   2018年4月12日   
ドイツにおける社会科学データの整備・提供状況と連携可能性―RatSWD, GESIS, ベルリン自由大学
船守美穂
NIIコンテンツ戦略会議   2018年3月27日   
Strategic Partnership in the Digitally-Networked World [招待有り]
船守美穂
UTokyo - TUM Workshop for Excellence, Diversity and Mobility   2018年2月15日   
The Impact of Digital Age on Higher Education―Beyond Transformation from Physical to Digital Sphere [招待有り]
船守美穂
GRIPS Seminar: Policy for Higher Education and University-Industry Cooperation   2017年12月20日   
e-研究インフラの海外動向―これからの科学技術の国際競争の分け目か?
船守美穂
大学ICT推進協議会2017年度年次大会   2017年12月15日   
EDUCAUSE 2017: 研究データ管理(RDM)セッション開催報告 [招待有り]
船守美穂
大学ICT推進協議会2017年度年次大会   2017年12月15日   
EU e-インフラ整備の動き:①2nd EOSCpilot Governance Devellopment Forum WS, ②e-IRG WS
船守美穂
NIIコンテンツ戦略会議   2017年12月12日   
The 7th Japan-China-Korea SciTec Information Joint Seminar (JCK会合) 参加報告
船守美穂
NIIコンテンツ戦略会議   2017年12月12日   
The Open Science Trend and the Role of University Libraries [招待有り]
船守美穂
Asia OA Meeting - Kathmandu, Nepal   2017年12月4日   
オープンサイエンス推進に関わる学術機関の役割と課題 [招待有り]
船守美穂
第22回情報知識学フォーラム「オープンサイエンスの障壁への挑戦」   2017年12月2日   
FORCE11参加報告:学術情報流通とe-サイエンスの未来
船守美穂
NIIコンテンツ戦略会議   2017年11月28日   
Institutional Repository Cloud Service JAIRO Cloud [招待有り]
船守美穂
7th Japan-China-Korea SciTec Information Joint Seminar   2017年11月23日   
Setting the Agenda: Research Data Management--International and Institutional Intersections
船守美穂
EDUCAUSE 2017   2017年11月1日   
船守美穂
e-IRG (e-Infrastructure Reflection Group) Workshop   2017年10月3日   
Is the Research Performance Metrics Going to Change?―A Push from the Open Science Movement
船守美穂
14th International Workshop on Higher Education Reform   2017年9月27日   
「大学基本情報」のBIツール利用の可能性と課題―複合的統計表のデータベース化とデータ解析に向けて
船守美穂
第6回大学情報・機関調査研究集会(MJIR)   2017年8月19日   
カールスルーエ工科大学訪問報告―Helmholtz Data Federation, DARIAH
船守美穂
RCOS定例会議   2017年7月27日   
PLOS訪問報告―APERTA、データポリシー
船守美穂
NIIコンテンツ戦略会議   2017年7月25日   
Open Science and the Academy: A Theoretical Discussion
船守美穂
6th International Conference on Data Science and Institutional Research (DSIR 2017), IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics (IIAI AAI 2017)   2017年7月12日   
大学教育のスタイルは変わる必要あるのか?―協働学習の時流との付き合い方を考える [招待有り]
船守美穂
立教大学シンポジウム:「育てる」アクティブ・ラーニング—学生とつくる大規模授業—   2017年7月6日   
国内社会科学系データアーカイブとNII-研究データ基盤との連携可能性の検討
船守美穂
RCOS定例会議   2017年6月22日   
IASSIST2017参加報告:参加の勧め
船守美穂
NIIコンテンツ戦略会議   2017年5月30日   
米国巨大財団の高等教育政策へのインパクト評価―初期的報告
船守美穂
第20回日本高等教育学会   2017年5月28日   
デジタルに移行する米国の大学教育―MOOCのその後、大学教科書事情、高等教育のアンバンドル化 [招待有り]
船守美穂
AXIES通常総会   2017年5月18日   
RDA2017参加報告:これからの展開可能性
船守美穂
NIIコンテンツ戦略会議   2017年4月25日   
Open Science Era: New Challenges and Institutional Strategies
船守美穂
Higher Education Planning in Asia Forum 2017   2017年3月21日   
米国大学教科書問題の論点のターニングポイント―価格高騰問題から高等教育マス化時代の学習支援へ
船守美穂
大学ICT推進協議会2016年度年次大会   2016年12月14日   
DI4R参加報告 [招待有り]
船守美穂
JALC 研究データ利活用協議会第1回研究会   2016年10月4日   
全国版大学IR支援システムの構想検討―大学の多様な発展に期待して
船守美穂
第5回大学情報・機関調査研究集会(MJIR)   2016年7月13日   

Works

 
船守美穂   その他   2017年4月
東京大学の全学的教育課題(調査報告)
東京大学教育企画室   その他    - 2011年3月
東京大学国際連携本部   その他    - 2010年3月
東京大学国際連携本部   その他    - 2010年1月
東京大学国際連携本部   その他    - 2009年3月
東京大学国際連携本部   その他    - 2007年11月

競争的資金等の研究課題

 
オープンサイエンス時代の研究データの機関管理に関する研究
情報・システム研究機構: ROIS未来投資型プロジェクト-FS
研究期間: 2018年9月 - 2019年3月    代表者: 船守美穂
学術情報ディープ・テキスト・マイニング
九州大学情報基盤研究開発センター: JHPCN萌芽研究(JHPCN-Q)
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 船守美穂
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 船守 美穂
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 船守 美穂
研究初年度であったため、大規模公開オンライン講座(MOOC)の全般的動きに関する動向調査(文献調査、WEB調査、国際会議等への参加)、MOOCの試用調査、MOOC実施大学調査を行った。MOOCは2012年初頭に米国有力大学により開始され、その後瞬く間に世界の大学を席巻した。米国ではMOOCが同国内の高等教育財政逼迫に対する解決策として州や連邦政府により追求されたという経緯もあり、2013年頭にはMOOCの法制化の動きにもつながった。他方、2013年後半になると、MOOCが主に既学位取得者に...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 船守美穂
高度研究型大学における学術経営のあり方を検討した。国内では一般に学長のリーダーシップに基づく中央集権的な学術経営が想定されている。しかし研究を通じて、定期的な教員・部局評価を通じて、緊張感が絶えずある学内競争環境を形成する方が一般的であることが確認された。評価指標についても、成果指標以上に、これを支える教員・資金リソースなどの経営基盤指標が、学内マネジメントの観点からは重視される。同時に、外部機会の誘致も執行部の重要な役割とみなされている。国内でも多様なマネジメントが模索されることが期待される。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 米澤彰純
日本の大学教員に占める外国人の比率は欧米主要諸国に比較して極端に少なく、国際的に魅力ある大学の形成が、日本の直面する主要な政策課題となってきた。本研究は、従来その実態が明らかでなかった日本の外国人教員についての実態を量的に把握・分析し、専門分野や出身国・地域によってその意識・行動に違いがあり、同時に、彼らが日本の大学の国際的魅力形成のための重要なインフォーマットとして機能していることを示した。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 船守美穂
開発援助の分野を中心として、実務経験者による大学教育のあり方について検討した。この分野の大学教育には、開発援助において実践力を有する実務家を育成するということが求められる。一方、大学で教育にあたる大学教員は実践力や実務経験に欠ける場合が多いため、実務経験者を大学教育の現場に登用するケースが増えてきている。しかし、実務経験者を大学に登用する場合、いくつかの問題がある。一つは、これら実務家が学術的なバックグランドを有しないことに起因する、教育の質の確保の問題である。もう一つの問題は、実務家を登...
政府開発援助(ODA)において生じる産業財産権の帰属に関する研究
公益信託マイクロソフト知的財産研究助成基金: 第2回助成事業(平成17年度)
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 船守美穂
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2004年 - 2004年    代表者: 小山内優
国立大学の法人化とともに、大学による契約の自由度が高まり、国公私立大学全般において、これまでのようなJICA(国際協力機構)からの教員個人への委嘱を受けた「専門家」や「委員」としての活動だけでなく、内外の開発援助機関や開発コンサルタントとの契約による自主的な途上国協力活動の事例が出てきている。このような契約に基づく開発途上国への国際協力プロジェクトにおいては、契約の方式が大学における従来からの受託研究とは異なる委託契約の形式をとり、経理処理や著作権等の扱いが異なる。また、これらの受託事業に...