舩冨卓哉

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/01 16:16
 
アバター
研究者氏名
舩冨卓哉
 
フナトミ タクヤ
URL
http://omilab.naist.jp/~funatomi/index-j.html
所属
奈良先端科学技術大学院大学
部署
先端科学技術研究科
職名
准教授
学位
博士(情報学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
2015年2月
京都大学 学術情報メディアセンター 助教
 

論文

 
Kajihara Takehiro, Funatomi Takuya, Makishima Haruyuki, Aoto Takahito, Kubo Hiroyuki, Yamada Shigehito, Mukaigawa Yasuhiro
PATTERN RECOGNITION   96    2019年12月   [査読有り]
Kubo H, Jayasuriya S, Iwaguchi T, Funatomi T, Mukaigawa Y, Narasimhan SG
IEEE transactions on visualization and computer graphics      2019年10月   [査読有り]
Muraji Takeshi, Tanaka Kenichiro, Funatomi Takuya, Mukaigawa Yasuhiro
OPTICS EXPRESS   27(13) 18858-18868   2019年6月   [査読有り]
Kuniyoshi Fusataka, Funatomi Takuya, Kubo Hiroyuki, Sawada Yoshihide, Kato Yumiko O., Mukaigawa Yasuhiro
INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER VISION   127(8) 1162-1174   2019年8月   [査読有り]
Asada Shigenobu, Kubo Hiroyuki, Funatomi Takuya, Mukaigawa Yasuhiro
IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS   E102D(4) 691-701   2019年4月   [査読有り]
Akinobu Maejima,Hiroyuki Kubo,Takuya Funatomi,Tatsuo Yotsukura,Satoshi Nakamura 0001,Yasuhiro Mukaigawa
Special Interest Group on Computer Graphics and Interactive Techniques Conference, SIGGRAPH 2019, Posters, Los Angeles, California, USA, July 28 - August 1, 2019.   13:1-13:2   2019年   [査読有り]
Array,Array,Haruyuki Makishima,Takahito Aoto 0002,Hiroyuki Kubo,Array,Yasuhiro Mukaigawa
Pattern Recognition   96    2019年   [査読有り]
Takahiro Kushida,Kenichiro Tanaka,Takahito Aoto 0002,Takuya Funatomi,Yasuhiro Mukaigawa
2019 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTATIONAL PHOTOGRAPHY (ICCP)   1-7   2019年   [査読有り]
Fusataka Kuniyoshi,Array,Hiroyuki Kubo,Yoshihide Sawada,Yumiko O. Kato,Yasuhiro Mukaigawa
International Journal of Computer Vision   127(8) 1162-1174   2019年   [査読有り]
Tomoki Ueda,Hiroyuki Kubo,Suren Jayasuriya,Takuya Funatomi,Yasuhiro Mukaigawa
2019 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTATIONAL PHOTOGRAPHY (ICCP)   1-9   2019年   [査読有り]
Shigenobu Asada,Hiroyuki Kubo,Takuya Funatomi,Yasuhiro Mukaigawa
IEICE Transactions   102-D(4) 691-701   2019年   [査読有り]
Hiroyuki Kubo,Suren Jayasuriya,Takafumi Iwaguchi,Takuya Funatomi,Yasuhiro Mukaigawa,Srinivasa G. Narasimhan
2018 IEEE International Conference on Computational Photography, ICCP 2018, Pittsburgh, PA, USA, May 4-6, 2018   1-10   2018年5月   [査読有り]
© 2018 IEEE. Separation of light transport into direct and indirect paths has enabled new visualizations of light in everyday scenes. However, indirect light itself contains a variety of components from subsurface scattering to diffuse and specula...
Tsuyoshi Takatani, Koki Fujita, Kenichiro Tanaka, Takuya Funatomi, Yasuhiro Mukaigawa
IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications   10    2018年12月
© 2018, The Author(s). UV printer, a digital fabrication tool, can print 2D patterns on 3D objects consisting of various materials by using UV inks which immediately dry through being exposed to ultraviolet light. In general use, the translucency ...
Tanaka K, Mukaigawa Y, Funatomi T, Kubo H, Matsushita Y, Yagi Y
IEEE transactions on pattern analysis and machine intelligence      2018年9月   [査読有り]
Sophie Ramassamy,Hiroyuki Kubo,Takuya Funatomi,Daichi Ishii,Akinobu Maejima,Satoshi Nakamura 0001,Yasuhiro Mukaigawa
SIGGRAPH Asia 2018 Posters, Tokyo, Japan, December 04-07, 2018   70:1-70:2   2018年   [査読有り]
Tsuyoshi Takatani,Takahito Aoto 0002,Kenichiro Tanaka,Takuya Funatomi,Yasuhiro Mukaigawa
SA'18: SIGGRAPH ASIA 2018 TECHNICAL BRIEFS   19:1-19:4   2018年   [査読有り]
Iwaguchi Takafumi, Kubo Hiroyuki, Funatomi Takuya, Mukaigawa Yasuhiro, Narasimhan Srinivasa
24TH ACM SYMPOSIUM ON VIRTUAL REALITY SOFTWARE AND TECHNOLOGY (VRST 2018)   67:1-67:2   2018年   [査読有り]
Array,Array,Array,Yasuhiro Mukaigawa
IEEE Robotics and Automation Letters   3(4) 3561-3568   2018年   [査読有り]
Nakanishi Yukiko, Kubo Hiroyuki, Funatomi Takuya, Mukaigawa Yasuhiro
24TH ACM SYMPOSIUM ON VIRTUAL REALITY SOFTWARE AND TECHNOLOGY (VRST 2018)   105:1-105:2   2018年   [査読有り]
Takafumi Iwaguchi,Takuya Funatomi,Takahito Aoto 0002,Hiroyuki Kubo,Yasuhiro Mukaigawa
IPSJ Trans. Computer Vision and Applications   10 15   2018年   [査読有り]
Array,Koki Fujita,Kenichiro Tanaka,Takuya Funatomi,Yasuhiro Mukaigawa
IPSJ Trans. Computer Vision and Applications   10 7   2018年   [査読有り]
Yuki Minetomo,Hiroyuki Kubo,Takuya Funatomi,Mikio Shinya,Yasuhiro Mukaigawa
Computational Visual Media   4(4) 323-331   2018年   [査読有り]
Yuki Minetomo, Hiroyuki Kubo, Takuya Funatomi, Mikio Shinya, Mikio Shinya, Yasuhiro Mukaigawa
Computational Visual Media      2018年1月
© 2018, The Author(s). Acquiring accurate scattering properties is important for rendering translucent materials. In particular, the phase function, which determines the distribution of scattering directions, plays a significant role in the appear...
Hayase Gen, Funatomi Takuya, Kumagai Kota
ACS APPLIED NANO MATERIALS   1(1) 26-30   2018年1月   [査読有り]
Yuki Minetomo,Hiroyuki Kubo,Takuya Funatomi,Mikio Shinya,Yasuhiro Mukaigawa
SIGGRAPH Asia 2017 Technical Briefs, Bangkok, Thailand, November 27 - 30, 2017   21:1-21:4   2017年11月   [査読有り]
© 2017 Copyright held by the owner/author(s). Acquiring accurate scattering properties is critical for rendering translucent materials such as participating media. In particular, the phase function, which determines the distribution of scattering ...
Taishi Ono,Hiroyuki Kubo,Takuya Funatomi,Yasuhiro Mukaigawa
SIGGRAPH Asia 2017 Technical Briefs, Bangkok, Thailand, November 27 - 30, 2017   8:1-8:4   2017年11月   [査読有り]
© 2017 Copyright held by the owner/author(s). In this paper, we present an effective approach to reconstruct the bidirectional reflectance distribution function (BRDF) from a real object without any special devices and complex setups. Multi-view i...
Blind Watermarking for 3-D Printed Objects using Surface Norm Distribution
2018 JOINT 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATICS, ELECTRONICS & VISION (ICIEV) AND 2018 2ND INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGING, VISION & PATTERN RECOGNITION (ICIVPR)   282-288   2018年   [査読有り]
Motoharu Sonogashira,Takuya Funatomi,Masaaki Iiyama,Michihiko Minoh
IEEE Trans. Image Processing   26(5) 2163-2178   2017年5月   [査読有り]
2018 IEEE/CVF CONFERENCE ON COMPUTER VISION AND PATTERN RECOGNITION (CVPR)   4804-4813   2018年   [査読有り]
Xingji Zeng, Takafumi Iwaguchi, Hiroyuki Kubo, Takuya Funatomi, Yasuhiro Mukaigawa
Proceedings - 2017 NICOGRAPH International, NICOInt 2017   41-48   2017年9月   [査読有り]
© 2017 IEEE. Acquisition of parameters for the Bidirectional Scattering Surface Reflectance Distribution Function (BSSRDF) has significant meanings in the study of computer graphics and vision research field. In this paper, we present an inverse r...
巻島美幸, 上部千賀子, 梶原武紘, 舩冨卓哉, 久保尋之, 向川康博, 山田重人, 山田重人
日本先天異常学会学術集会プログラム・抄録集   57th 78   2017年8月
宮田明裕, 舩冨卓哉, 久保尋之, 向川康博
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム予稿集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.13   2017年6月
Kazuya Kitano,Takanori Okamoto,Kenichiro Tanaka,Takahito Aoto 0002,Hiroyuki Kubo,Takuya Funatomi,Yasuhiro Mukaigawa
IPSJ Trans. Computer Vision and Applications   9(15) 15   2017年6月   [査読有り]
櫻井俊, 青砥隆仁, 舩冨卓哉, 久保尋之, 向川康博
情報処理学会研究報告(Web)   2017(CVIM-206) Vol.2017‐CVIM‐206,No.16,1‐8 (WEB ONLY)   2017年3月
Takuya Funatomi,Masaaki Iiyama,Koh Kakusho,Michihiko Minoh
2017 IEEE International Conference on Robotics and Automation, ICRA 2017, Singapore, Singapore, May 29 - June 3, 2017   6412-6419   2017年   [査読有り]
國吉房貴, 舩冨卓哉, 久保尋之, 澤田好秀, 加藤弓子, 向川康博
情報処理学会研究報告(Web)   2017(CVIM-206) Vol.2017‐CVIM‐206,No.11,1‐8 (WEB ONLY)   2017年3月
Takehiro Kajihara,Takuya Funatomi,Hiroyuki Kubo,Takahito Aoto 0002,Haruyuki Makishima,Shigehito Yamada,Yasuhiro Mukaigawa
PROCEEDINGS 2017 4TH IAPR ASIAN CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION (ACPR)   858-863   2017年   [査読有り]
佐藤大夢, 久保尋之, 舩冨卓哉, 高柳亜紀, 中村芳知, 瀬口慎人, 松岡均, 向川康博
映像情報メディア学会技術報告   41(12(AIT2017 45-149)) 9‐12   2017年3月
Kenichiro Tanaka,Yasuhiro Mukaigawa,Takuya Funatomi,Hiroyuki Kubo,Yasuyuki Matsushita,Yasushi Yagi
2017 IEEE Conference on Computer Vision and Pattern Recognition, CVPR 2017, Honolulu, HI, USA, July 21-26, 2017   2740-2749   2017年   [査読有り]
伏下晋, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博
映像情報メディア学会技術報告   41(12(AIT2017 45-149)) 45‐48   2017年3月
宮田明裕, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博
情報処理学会全国大会講演論文集   79th(2) 2.321‐2.322   2017年3月
梶原武紘, 舩冨卓哉, 巻島美幸, 青砥隆仁, 久保尋之, 山田重人, 向川康博
電子情報通信学会技術研究報告   116(393(MI2016 71-121)) 1‐6   2017年1月
佐藤大夢, 久保尋之, 舩冨卓哉, 高柳亜紀, 中村芳知, 瀬口慎人, 松岡均, 向川康博
電子情報通信学会技術研究報告   116(411(PRMU2016 127-151)) 221‐225   2017年1月
Hajime Mihara,Takuya Funatomi,Kenichiro Tanaka,Hiroyuki Kubo,Yasuhiro Mukaigawa,Hajime Nagahara
2016 IEEE International Conference on Computational Photography, ICCP 2016, Evanston, IL, USA, May 13-15, 2016   1-8   2016年   [査読有り]
Takafumi Iwaguchi, Takafumi Iwaguchi, Takuya Funatomi, Hiroyuki Kubo, Yasuhiro Mukaigawa
IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications   8    2016年12月
© 2016 The Author(s). We aim to estimate internal slice of the scattering material by Computed Tomography (CT). In the scattering material, the light path is disturbed and is spread. Conventional CT cannot measure the scattering material because t...
Atsushi Hashimoto,Jin Inoue,Takuya Funatomi,Michihiko Minoh
Int. J. Hum. Comput. Interaction   32(9) 722-733   2016年   [査読有り]
書画の質感再現を目的とした反射率と透過率を同時に再現するレプリカの作成
浅田 繁伸, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博
電子情報通信学会論文誌 D   J99-D(8)    2016年8月   [査読有り]
Kazuaki Nakamura,Takuya Funatomi,Atsushi Hashimoto,Mayumi Ueda,Michihiko Minoh
IEICE Transactions   98-D(12) 2229-2241   2015年12月   [査読有り]
Takafumi Iwaguchi,Takuya Funatomi,Hiroyuki Kubo,Yasuhiro Mukaigawa
IPSJ Trans. Computer Vision and Applications   8 2   2016年8月   [査読有り]
多重スクリーンへの個別情報提示のための輝度勾配を考慮した4次元光線空間の生成
石原 葵, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博
画像電子学会誌 ビジュアルコンピューティング論文特集号   45(3) 287-295   2016年7月   [査読有り]
Tsutomu Sakuyama,Takuya Funatomi,Masaaki Iiyama,Michihiko Minoh
IEEE Trans. Industrial Informatics   11(3) 782-789   2015年6月   [査読有り]
フローグラフからの手順書の生成
山崎 健史, 吉野 幸一郎, 前田 浩邦, 笹田 鉄郎, 橋本 敦史, 舩冨 卓哉, 山肩 洋子, 森 信介
情報処理学会論文誌   57(3) 849-862   2016年3月   [査読有り]
Aoi Ishihara, Hiroyuki Kubo, Takuya Funatomi, Yasuhiro Mukaigawa
Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan   45 287-295   2016年1月
In this paper, we propose a novel method to generate the 4D light field, which enables to project different images onto layered multiple screens with projector array. When the light rays emitted from the projectors pass through the layered screens...
Francois Johannes Louw,Masaaki Iiyama,Takuya Funatomi,Michihiko Minoh
14th IAPR International Conference on Machine Vision Applications, MVA 2015, Miraikan, Tokyo, Japan, 18-22 May, 2015   218-221   2015年   [査読有り]
Shinsuke Mori,Hirokuni Maeta,Tetsuro Sasada,Koichiro Yoshino,Atsushi Hashimoto,Takuya Funatomi,Yoko Yamakata
INLG 2014 - Proceedings of the Eighth International Natural Language Generation Conference, Including Proceedings of the INLG and SIGDIAL 2014 Joint Session, 19-21 June 2014, Philadelphia, PA, USA   118-122   2014年   [査読有り]
Yoko Yamakata,Takuya Funatomi,Asuka Miyazawa,Michihiko Minoh,Atsushi Hashimoto
The 2014 ACM Conference on Ubiquitous Computing, UbiComp '14 Adjunct, Seattle, WA, USA - September 13 - 17, 2014   577-582   2014年   [査読有り]
Atsushi Hashimoto,Jin Inoue,Takuya Funatomi,Michihiko Minoh
Cross-Cultural Design - 6th International Conference, CCD 2014, Held as Part of HCI International 2014, Heraklion, Crete, Greece, June 22-27, 2014. Proceedings   150-161   2014年   [査読有り]
食材認識のための画像と食材切断時の振動音及び荷重の利用
井上 仁, 橋本 敦史, 中村 和晃, 舩冨 卓哉, 山肩 洋子, 上田 真由美, 美濃 導彦
電子情報通信学会論文誌 D   97-D(9) 1490-1502   2015年9月   [査読有り]
Naoyuki Yasuda,Koh Kakusho,Takeshi Okadome,Takuya Funatomi,Masaaki Iiyama
2014 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, SMC 2014, San Diego, CA, USA, October 5-8, 2014   544-550   2014年   [査読有り]
Masaaki Iiyama,Shohei Miki,Takuya Funatomi,Michihiko Minoh
22nd International Conference on Pattern Recognition, ICPR 2014, Stockholm, Sweden, August 24-28, 2014   2095-2100   2014年   [査読有り]
小野 晃弘, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 岡留 剛
画像電子学会誌   44(1) 106-112   2015年1月   [査読有り]
© 2017 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. Previous work on virtual object manipulation by a real object in an augmented reality (AR) environment mainly focuses on a rigid object as the real object. If a human ha...
Yuki Hirofuji,Masaaki Iiyama,Takuya Funatomi,Michihiko Minoh
Computer Vision - ACCV 2014 - 12th Asian Conference on Computer Vision, Singapore, Singapore, November 1-5, 2014, Revised Selected Papers, Part IV   9006 630-641   2014年   [査読有り]
Kiyoharu Aizawa,Yoko Yamakata,Takuya Funatomi
ACM Multimedia Conference, MM '13, Barcelona, Spain, October 21-25, 2013   1087-1088   2013年   [査読有り]
Ryuta Yasuoka,Atsushi Hashimoto,Takuya Funatomi,Michihiko Minoh
Proceedings of the 5th international workshop on Multimedia for cooking & eating activities, CEA@ACM Multimedia 2013, Barcelona, Spain, October 21, 2013   51-56   2013年   [査読有り]
Akihiro Ono,Koh Kakusho,Takuya Funatomi,Masaaki Iiyama
2013 International Conference on Cyberworlds, Yokohama, Japan, October 21-23, 2013   116-119   2013年   [査読有り]
Deniz Evrenci,Masaaki Iiyama,Takuya Funatomi,Michihiko Minoh
2013 International Conference on 3D Vision, 3DV 2013, Seattle, Washington, USA, June 29 - July 1, 2013   183-190   2013年   [査読有り]
Takuya Funatomi,Takuya Yamane,Hirotane Ouchida,Masaaki Iiyama,Michihiko Minoh
2013 International Conference on 3D Vision, 3DV 2013, Seattle, Washington, USA, June 29 - July 1, 2013   95-102   2013年   [査読有り]
机上物体検出を対象とした接触理由付けによる誤検出棄却
橋本敦史;舩冨卓哉;中村和晃;美濃導彦
電子情報通信学会論文誌 D   J95-D(12) 2113-2123   2012年12月   [査読有り]
レシピテキストと調理映像からの実世界理解に向けて
森 信介, 舩冨 卓哉
テキストアノテーションワークショップ      2012年8月
TexCutとパッチ型背景モデルの組み合わせによる机上物体検出システム
橋本 敦史, 中村 和晃, 舩冨 卓哉, 美濃 導彦
画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012)      2012年8月
Atsushi Hashimoto,Jin Inoue,Kazuaki Nakamura,Takuya Funatomi,Mayumi Ueda,Yoko Yamakata,Michihiko Minoh
Proceedings of the ACM multimedia 2012 workshop on Multimedia for cooking and eating activities, CEA@ACM Multimedia 2012, Nara, Japan, November 2, 2012   13-18   2012年   [査読有り]
ワンショットスキャン法による獲得形状を利用した様々な姿勢を表現可能な手形状モデルの構築
阿久澤 陽菜, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦
第15回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012)      2012年8月   [査読有り]
Tomohiko Fujita,Takuya Funatomi,Yoshitaka Morimura,Michihiko Minoh
Advances in Computational Intelligence - 14th International Conference on Information Processing and Management of Uncertainty in Knowledge-Based Systems, IPMU 2012, Catania, Italy, July 9-13, 2012, Proceedings, Part IV   490-498   2012年   [査読有り]
調理者の手と容器の位置関係を利用した「かき混ぜる」行動の認識
宮澤飛鳥;中村和晃;橋本敦史;舩冨卓哉;美濃導彦
電子情報通信学会技術研究報告   112(75(DE2012 1-15)) 25-30   2012年5月
Hidenori Tsuji,Yoko Yamakata,Takuya Funatomi,Hiromi Hiramatsu,Shinsuke Mori
JMPT   3(1) 85-101   2012年   [査読有り]
IwaCamを用いたメディア処理による遠隔コミュニケーションの支援  同時調理を題材とした映像と音声の役割に関する考察
山肩洋子;橋本敦史;舩冨卓哉;平松紘実;辻秀典;辻秀典;森信介
電子情報通信学会技術研究報告   112(75(DE2012 1-15)) 7-12   2012年5月
画像・振動音・荷重データを統合的に用いた食材認識
井上仁;中村和晃;舩冨卓哉;橋本敦史;上田真由美;山肩洋子;美濃導彦
電子情報通信学会技術研究報告   111(478(IE2011 133-175)) 37-42   2012年3月
Yuki Kizumi,Koh Kakusho,Takeshi Okadome,Takuya Funatomi,Masaaki Iiyama
First International Conference on Future Generation Communication Technologies (FGST 2012), London, United Kingdom, December 12-14, 2012   162-167   2012年   [査読有り]
食材管理のための荷重特徴を用いた食材同定
加茂田玲奈;上田真由美;舩冨卓哉;飯山将晃;美濃導彦
電子情報通信学会技術研究報告   111(478(IE2011 133-175)) 181-186   2012年3月
Takuya Funatomi,Haruna Akuzawa,Masaaki Iiyama,Michihiko Minoh
2012 Second International Conference on 3D Imaging, Modeling, Processing, Visualization & Transmission, Zurich, Switzerland, October 13-15, 2012   254-261   2012年   [査読有り]
角所考;喜住祐紀;加古千草;岡留剛;舩冨卓哉;飯山将晃
システム/制御/情報   56(1) 8-13   2012年1月   [査読有り]
2012 INTERNATIONAL CONFERENCE ON FUTURE GENERATION COMMUNICATION TECHNOLOGY (FGCT)   109-116   2012年   [査読有り]
データグローブのセンサデータに基づく各指節の位置・向きの推定手法の検討
山根卓也;舩冨卓哉;飯山将晃;美濃導彦
電子情報通信学会技術研究報告   111(353(PRMU2011 124-146)) 77-82   2011年12月
局所的な照明条件の変化に頑健な背景差分  作業中の人物周辺に生じる影などに頑健な物体領域摘出を目指して
橋本敦史;舩冨卓哉;中村和晃;椋木雅之;美濃導彦
画像ラボ   22(10) 1-7   2011年10月   [査読有り]
顔画像検索システムにおける暗号鍵生成に適した顔特徴の量子化
藤田智彦;舩冨卓哉;森村吉貴;美濃導彦
電気学会通信研究会資料   CMN-11(20-29.31-42) 35-40   2011年9月
加古 千草, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃
ファジィシステムシンポジウム講演論文集   27 543-548   2011年9月
喜住 祐紀, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃
第27回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, PP.583-588      2011年9月
Mayumi Ueda,Takuya Funatomi,Atsushi Hashimoto,Takahiro Watanabe,Michihiko Minoh
2011 IEEE International Symposium on Multimedia, ISM 2011, Dana Point, CA, USA, December 5-7, 2011   393-398   2011年   [査読有り]
把持の順序と外見の変化モデルを利用した調理作業における食材追跡
橋本敦史;森直幸;舩冨卓哉;山肩洋子;椋木雅之;角所考;美濃導彦
電子情報通信学会論文誌 A   J94-A(7) 509-518   2011年7月   [査読有り]
Yoko Yamakata,Yoshiki Tsuchimoto,Atsushi Hashimoto,Takuya Funatomi,Mayumi Ueda,Michihiko Minoh
2011 IEEE International Symposium on Multimedia, ISM 2011, Dana Point, CA, USA, December 5-7, 2011   381-386   2011年   [査読有り]
チンダル現象を用いた三次元形状及び反射特性推定
小山 亮, 飯山 将晃, 舩冨 卓哉, 美濃 導彦
第14回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011), No.IS3-29      2011年7月   [査読有り]
Yang Wu 0001,Masayuki Mukunoki,Takuya Funatomi,Michihiko Minoh,Shihong Lao
8th IEEE International Conference on Advanced Video and Signal-Based Surveillance, AVSS 2011, Klagenfurt, Austria, August 30 - September 2, 2011   408-413   2011年   [査読有り]
TexCut:GraphCutを用いたテクスチャの比較による背景差分
橋本敦史;舩冨卓哉;中村和晃;椋木雅之;美濃導彦
電子情報通信学会論文誌 D   J94-D(6) 1007-1016   2011年6月   [査読有り]
京都コレクションを用いたヒト胚子画像データベースの構築
山田 重人, 亀田 知美, 元木 環, 高橋 三紀子, 舩冨 卓哉, 水田 忍, 松田 善正, 拝師 智之, 巨瀬 勝美, 松田 哲也, 美濃 導彦, 上部 千賀子, 塩田 浩平
第116回日本解剖学会      2011年3月
調理における切断加工時の荷重特徴を用いた食材認識
土本良樹;橋本敦史;舩冨卓哉;山肩洋子;上田真由美;美濃導彦
電子情報通信学会技術研究報告   110(457(MVE2010 133-174)) 55-60   2011年2月
一般オフィス空間内のカメラ映像に基づく多者間インタラクション状況の認識
喜住祐紀;角所考;舩冨卓哉;飯山将晃
電子情報通信学会大会講演論文集   2011 246   2011年2月
物体表面反射特性推定のためのチンダル現象を用いたレーザ光反射シミュレーション
小山亮;舩冨卓哉;飯山将晃;椋木雅之;美濃導彦
電子情報通信学会技術研究報告   110(296(PRMU2010 113-125)) 73-77   2010年11月
New Region Growing Segmentation Technique for MR Images with Weak Boundaries
AYMAN Ahmed;AYMAN Ahmed;FUNATOMI Takuya;MINOH Michihiko;ELNOMERY Zanaty;OKADA Tomohisa;TOGASHI Kaori;SAKAI Tomoko;YAMADA Shigehito
電子情報通信学会技術研究報告   110(280(MI2010 66-80)) 71-76   2010年11月
TexCut: GraphCutを用いたテクスチャの比較による背景差分の検討
橋本 敦史, 中村 和晃, 舩冨  卓哉, 椋木 雅之, 美濃 導彦
電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)      2010年11月

Misc

 
鈴木 大介, 田中 賢一郎, 北野 和哉, 舩冨 卓哉, 向川 康博
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(392) 293-300   2018年1月
池谷 信寛, 田中 賢一郎, 高谷 剛志, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(392) 29-36   2018年1月
鈴木 大介, 田中 賢一郎, 北野 和哉, 舩冨 卓哉, 向川 康博
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(391) 293-300   2018年1月
池谷 信寛, 田中 賢一郎, 高谷 剛志, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(391) 29-36   2018年1月
小野 晃弘, 角所 考, 岡留 剛, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃
画像ラボ   29(1) 49-54   2018年1月
中澤 篤志, 山崎 俊彦, 松下 康之, 安倍 満, 舩冨 卓哉, 木村 昭悟, 内田 誠一, 前田 栄作
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(362) 41-43   2017年12月
佐藤 大夢, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 高柳 亜紀, 中村 芳知, 瀬口 慎人, 松岡 均, 向川 康博
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   41(12) 9-12   2017年3月
伏下 晋, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   41(12) 45-48   2017年3月
佐藤 大夢, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 高柳 亜紀, 中村 芳知, 瀬口 慎人, 松岡 均, 向川 康博
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(411) 221-225   2017年1月
舩冨 卓哉, 石井 雅人, 井上 中順, 金崎 朝子, 高橋 康輔, 道満 恵介, 吉岡 隆宏
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(411) 283-290   2017年1月
佐藤 大夢, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 高柳 亜紀, 中村 芳知, 瀬口 慎人, 松岡 均, 向川 康博
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(412) 221-225   2017年1月
舩冨 卓哉, 石井 雅人, 井上 中順, 金崎 朝子, 高橋 康輔, 道満 恵介, 吉岡 隆宏
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(412) 283-290   2017年1月
梶原 武紘, 舩冨 卓哉, 巻島 美幸, 青砥 隆仁, 久保 尋之, 山田 重人, 向川 康博
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(393) 1-6   2017年1月
舩冨 卓哉, 石井 雅人, 井上 中順, 金崎 朝子, 高橋 康輔, 道満 恵介, 吉岡 隆宏, 浦西 友樹
情報・システムソサイエティ誌   21(4) 16-22   2017年
浅田 繁伸, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博
情報・システムソサイエティ誌   22(3) 12-12   2017年
舩冨 卓哉
横幹連合コンファレンス予稿集   2017(0) C-1-1   2017年
Regression analysis is one of the popular statistical tools to construct a predictive model of ascalar variable. For constructing a predictive model of an event in 2D/3D space, a 2D/3D vector is used torepresent the event and the predictive models...
舩冨卓哉
電子情報通信学会技術研究報告   116(366(PRMU2016 110-126)) 9   2016年12月
岩口 優也, 田中 賢一郎, 青砥 隆仁, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(208) 67-73   2016年9月
岩口 優也, 田中 賢一郎, 青砥 隆仁, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(209) 67-73   2016年9月
松村 優樹, 橋本 敦史, 森 信介, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(493) 37-42   2016年3月
松村 優樹, 橋本 敦史, 森 信介, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(494) 37-42   2016年3月
松村 優樹, 橋本 敦史, 森 信介, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(495) 37-42   2016年3月
藤村 友貴, 飯山 将晃, 舩冨 卓哉, 橋本 敦史, 美濃 導彦
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016(2)    2016年3月
森村 吉貴, 舩冨 卓哉, 上原 哲太郎, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(511) 125-129   2015年3月
我々はこれまでの研究で,顔画像検索システム上のプライバシ保護を実現するため暗号化の鍵を顔特徴量から生成する手法を提案してきた.その研究においては,提案手法の理論的実現性は示したが,実計算機上での計算性能や機械的な顔画像一致判定と人間の一致判断や誤判定の許容度との関係性という,実応用上重要な要素の評価が課題であった.本研究では提案手法のシステム実装を行い、計算時間の計測による計算性能の評価と、被験者アンケートによる人間の一致判断や誤判定の許容度の分析を行い、その結果を示す。
舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦, 角所 考
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   114(454) 93-94   2015年2月
舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦, 角所 考
電子情報通信学会技術研究報告. CNR, クラウドネットワークロボット   114(455) 93-94   2015年2月
安田 修幸, 角所 考, 舩冨 卓哉
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   58    2014年5月
Kiyoharu Aizawa,Takuya Funatomi,Yoko Yamakata
The 2014 ACM Conference on Ubiquitous Computing, UbiComp '14 Adjunct, Seattle, WA, USA - September 13 - 17, 2014   479-485   2014年1月   [査読有り]
This paper summarizes the Workshop on Smart Technology for Cooking and Eating Activities (CEA'14) that was held in Seattle, Washington, U.S.A on 14th July 2014. Six full papers which were presented in the oral session are introduced in this paper....
島田 敬士, 出口 大輔, 近藤 一晃, 舩冨 卓哉
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014(1)    2014年3月
梅澤孝太郎, 舩冨卓哉, 飯山将晃, 美濃導彦
研究報告グラフィクスとCAD(CG)   2014(14) 1-7   2014年2月
本報告では,手の姿勢変化による非剛体変形の再現を目的として,姿勢と非剛体変形量の関係について分析を行う.どんな姿勢の手形状も概ね剛体の組み合わせで近似できるとみなし,まず三次元形状計測技術を用いて様々な姿勢での手形状を計測し,手を剛体の集合体とみなして各剛体の形状を復元する.しかしこれだけでは,実際の手の形状変化を精度よく表現できていないと考えられるため,計測で得られた各姿勢での観測形状と構築したモデルとの比較を行い,この差異を非剛体変形量とした.ここでは,非剛体変形は姿勢によって決まると...
山本 拓人, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦
研究報告グラフィクスとCAD(CG)   2014(16) 1-8   2014年2月
人の顔は表情の変化に伴い,形状を複雑に変化させる.本研究では,容易な操作によって様々な表情に制御可能な,実在の人物の 3 次元顔形状変化モデルを構築することを目指す.これまで提案されてきたモデルでは,多数かつ直観的でない制御点によって変形操作を実現していたため,変形操作が容易でなかった.これに対し,モデルを制御する制御点をできるだけ少なくし,また Action Unit に基づいて制御点を定義すれば,直観的で容易な操作が可能になる.提案手法では,ワンショットスキャン法によってさまざまな表情...
島田 敬士, 出口 大輔, 近藤 一晃, 舩冨 卓哉
電子情報通信学会技術研究報告. CNR, クラウドネットワークロボット   113(432) 107-108   2014年2月
本稿では,ユーザを実世界の状況・情景に関する情報を収集するヒューマンセンサと見立て,実世界の「今」の情報を検索する新たなサービスモデル「ヒューマンクラウドセンシング」を提案する.実世界の状況理解処理すべてをカメラなどの物理センサと認識処理技術を使って行う代わりに,ユーザを状況理解の系に巻き込むことでより効果的な情報検索サービスの実現を目指している.
出口 大輔, 近藤 一晃, 舩冨 卓哉, 島田 敬士
電子情報通信学会技術研究報告. CNR, クラウドネットワークロボット   113(432) 109-110   2014年2月
本稿では,ヒューマンクラウドセンシングによる実世界の「今」の情報の検索を目指し,その予備調査として行ったヒューマンセンサの負荷測定結果を報告する.実験の結果,項目選択もしくは写真を情報モダリティとして採用することの妥当性を確認した.
近藤 一晃, 舩冨 卓哉, 島田 敬士, 出口 大輔
電子情報通信学会技術研究報告. CNR, クラウドネットワークロボット   113(432) 111-112   2014年2月
本稿ではHCSモデルにおける伝達モダリティや状況データの提示量と「状況の分かりやすさ」との関係について調査した結果を報告する.種々の「状況データ」を被験者に提示してアンケート調査を行ったところ,写真を用いることで状況の分かりやすさが大きく増すこと,写真とテキストの組み合わせが最もよい伝達モダリティであること,提示する状況データ数の増加とともに多く人が同等の理解度となること,などが明らかとなった.
島田 敬士, 出口 大輔, 近藤 一晃, 舩冨 卓哉
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   113(431) 107-108   2014年2月
本稿では,ユーザを実世界の状況・情景に関する情報を収集するヒューマンセンサと見立て,実世界の「今」の情報を検索する新たなサービスモデル「ヒューマンクラウドセンシング」を提案する.実世界の状況理解処理すべてをカメラなどの物理センサと認識処理技術を使って行う代わりに,ユーザを状況理解の系に巻き込むことでより効果的な情報検索サービスの実現を目指している.
出口 大輔, 近藤 一晃, 舩冨 卓哉, 島田 敬士
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   113(431) 109-110   2014年2月
本稿では,ヒューマンクラウドセンシングによる実世界の「今」の情報の検索を目指し,その予備調査として行ったヒューマンセンサの負荷測定結果を報告する.実験の結果,項目選択もしくは写真を情報モダリティとして採用することの妥当性を確認した.
近藤 一晃, 舩冨 卓哉, 島田 敬士, 出口 大輔
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   113(431) 111-112   2014年2月
本稿ではHCSモデルにおける伝達モダリティや状況データの提示量と「状況の分かりやすさ」との関係について調査した結果を報告する.種々の「状況データ」を被験者に提示してアンケート調査を行ったところ,写真を用いることで状況の分かりやすさが大きく増すこと,写真とテキストの組み合わせが最もよい伝達モダリティであること,提示する状況データ数の増加とともに多く人が同等の理解度となること,などが明らかとなった.
舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦
光アライアンス   24(12) 19-23   2013年12月
喜住 祐紀, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 岡留 剛
電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界   96(10) 705-720   2013年10月
本論文では,オープンスペース内の複数人物間に偶発的に生じる対面インタラクションの参与者グループを,その身体配置に基づいて認識するための手法について議論する.このような参与者グループには,"F陣形"と呼ばれる円陣形の身体配置をはじめ,互いの相対配置や距離等に特徴的な関係が見られることが社会心理学の分野で知られており,これに着目した参与者グループ認識の手法が従来から提案されている.しかし,これらの手法では,ある複数人が同一グループかどうかを判断する際に,それらの身体配置のみを考慮し,参与者グル...
作山 努, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦
研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM)   2013(50) 1-8   2013年5月
逆畳み込みによる合焦画像の推定は,符号化開口を実装することで,精度よく行える.先行研究で提案されている符号化開口は,自然画像のパワースペクトルモデルを評価式に導入し,その式によって最適化されていた.しかし,位置あわせ用画像を撮影する産業用装置にその先行研究の符号化開口を適用しても,そのパワースペクトルは自然画像と異なるため,十分な精度で合焦画像の推定ができない場合がある.そこで本研究では,位置合わせ用画像のパワースペクトルを符号化開口の評価式に導入することで,その復元に適した符号化開口の最...
小野 晃弘, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112(483) 45-50   2013年3月
ARでは現実空間映像に重畳される仮想物体の位置姿勢がそれに直接関わっている現実物体の位置姿勢の変化に対応する必要かおる.従来の研究では剛体である現実物体の位置姿勢をARマーカなどで計測しているが,仮想物体を手で直接操作するには手の位置姿勢を計測する必要がある.手の位置姿勢の計測にはグローブ型装着デバイスやステレオカメラによる観測などが行われているが,いずれの場合も計測誤差のため手と仮想物体の間に位置ずれが生じる.そこで,本研究では,現実空間映像中の手をリアルな仮想手モデルに置き換え,仮想手...
安岡 竜太, 橋本 敦史, 舩冨 卓哉, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112(472) 69-74   2013年3月
本稿では,調理支援システムへの応用を想定して,机上の各物体に対するハンドリングの開始・終了をリアルタイムで検出することを目指す.画像を用いた手法では対象物体が遮蔽された際に物体が観測できなくなるため,リアルタイムでハンドリングの開始・終了を検出できない.また,荷重を用いた手法では,物体が複数同時に移動した際に何か取られて何か置かれたのかを判定することが困難になる.本稿では画像と荷重を併用したモデルを用いることで遮蔽,複数同時移動の問題に対処する.実験では調理作業の一部に対して提案モデルを適...
中村 和晃, 舩冨 卓哉, 橋本 敦史, 上田 真由美, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112(472) 75-80   2013年3月
日々の調理における調味活動や健康管理を支援する目的で調味料の使用量を計測・記録することは有益と考えられる.本研究では,調味料使用量を自動的かつリアルタイムに計測するシステムを提案する.提案システムの構成は,一台の秤の上に全ての調味料を置き,その秤の上面をカメラで観測するというものである.カメラの映像に基づいて各調味料に対する調理者の把持・返却行動を検出するとともに,把持・返却行動の前後で秤の計量値がどのように変化したかを求め,その変化量から調味料の残量を推定する.これにより,各調味料の使用...
安岡 竜太, 橋本 敦史, 舩冨 卓哉, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112(475) 69-74   2013年3月
本稿では,調理支援システムへの応用を想定して,机上の各物体に対するハンドリングの開始・終了をリアルタイムで検出することを目指す.画像を用いた手法では対象物体が遮蔽された際に物体が観測できなくなるため,リアルタイムでハンドリングの開始・終了を検出できない.また,荷重を用いた手法では,物体が複数同時に移動した際に何か取られて何か置かれたのかを判定することが困難になる.本稿では画像と荷重を併用したモデルを用いることで遮蔽,複数同時移動の問題に対処する.実験では調理作業の一部に対して提案モデルを適...
中村 和晃, 舩冨 卓哉, 橋本 敦史, 上田 真由美, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112(475) 75-80   2013年3月
日々の調理における調味活動や健康管理を支援する目的で調味料の使用量を計測・記録することは有益と考えられる.本研究では,調味料使用量を自動的かつリアルタイムに計測するシステムを提案する.提案システムの構成は,一台の秤の上に全ての調味料を置き,その秤の上面をカメラで観測するというものである.カメラの映像に基づいて各調味料に対する調理者の把持・返却行動を検出するとともに,把持・返却行動の前後で秤の計量値がどのように変化したかを求め,その変化量から調味料の残量を推定する.これにより,各調味料の使用...
安岡 竜太, 橋本 敦史, 舩冨 卓哉, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112(473) 69-74   2013年3月
本稿では,調理支援システムへの応用を想定して,机上の各物体に対するハンドリングの開始・終了をリアルタイムで検出することを目指す.画像を用いた手法では対象物体が遮蔽された際に物体が観測できなくなるため,リアルタイムでハンドリングの開始・終了を検出できない.また,荷重を用いた手法では,物体が複数同時に移動した際に何か取られて何か置かれたのかを判定することが困難になる.本稿では画像と荷重を併用したモデルを用いることで遮蔽,複数同時移動の問題に対処する.実験では調理作業の一部に対して提案モデルを適...
中村 和晃, 舩冨 卓哉, 橋本 敦史, 上田 真由美, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112(473) 75-80   2013年3月
日々の調理における調味活動や健康管理を支援する目的で調味料の使用量を計測・記録することは有益と考えられる.本研究では,調味料使用量を自動的かつリアルタイムに計測するシステムを提案する.提案システムの構成は,一台の秤の上に全ての調味料を置き,その秤の上面をカメラで観測するというものである.カメラの映像に基づいて各調味料に対する調理者の把持・返却行動を検出するとともに,把持・返却行動の前後で秤の計量値がどのように変化したかを求め,その変化量から調味料の残量を推定する.これにより,各調味料の使用...
安岡 竜太, 橋本 敦史, 舩冨 卓哉, 美濃 導彦
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112(474) 69-74   2013年3月
本稿では,調理支援システムへの応用を想定して,机上の各物体に対するハンドリングの開始・終了をリアルタイムで検出することを目指す.画像を用いた手法では対象物体が遮蔽された際に物体が観測できなくなるため,リアルタイムでハンドリングの開始・終了を検出できない.また,荷重を用いた手法では,物体が複数同時に移動した際に何か取られて何か置かれたのかを判定することが困難になる.本稿では画像と荷重を併用したモデルを用いることで遮蔽,複数同時移動の問題に対処する.実験では調理作業の一部に対して提案モデルを適...

講演・口頭発表等

 
Time-of-Flight計測における複数の変調周波数を用いた霧による距離計測歪みの補正
連 孟, 田中 賢一郎, 舩冨 卓哉, 向川 康博
情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM)   2018年11月   
プロジェクタカメラシステムの同期遅延と走査速度の制御にもとづく光伝播の計測と応用
上田 朝己, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博
情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM)   2018年11月   
クロマデプスを用いた人の知覚する奥行き感に関する実験と考察
中西 由希子, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博
質感のつどい 第4回公開フォーラム   2018年10月   
Plane-to-Rayライトトランスポートの計測に基づく半透明物体内部のリアルタイムイメージング
久保 尋之, Suren Jayasuriya, 岩口 尭史, 舩冨 卓哉, 向川 康博, Srinivasa G. Narasimhan
画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2018)   2018年8月   
反射率ごとのTime-of-Flight計測の変化に着目した霧の影響除去
鈴木 大介, 北野 和哉, 田中 賢一郎, 舩冨 卓哉, 向川 康博
画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2018)   2018年8月   

競争的資金等の研究課題

 
多元光情報の符号化計測と高次元化処理の協調設計
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業(CREST)「計測技術と高度情報処理の融合によるインテリジェント計測・解析手法の開発と応用」
研究期間: 2017年10月 - 2019年3月    代表者: 向川康博
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 舩冨 卓哉
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 舩冨 卓哉
本研究では,さまざまな姿勢において手の三次元形状計測を行い,関節角度を指定することで姿勢操作が可能な,写実性の高い三次元モデルを構築することを目的とする.姿勢変化による手の形状変形を表現できるよう,手が複数の節から構成されているとみなし,各指節の三次元形状を獲得する.これらの各指節の形状モデルをそれぞれ適切に配置することによって,さまざまな姿勢における手の形状を表現することが可能となる.姿勢操作を実現するため,平成23年度はデータグローブを装着して計測された関節角度に応じて,各指節の適切な...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 舩冨 卓哉
どのような表面特性を持つ物体に対しても, その三次元形状を精度良く計測できる手法の研究を行った. 本研究では照射した光が光源から物体表面に到達するまでの様子を観測できるようになるチンダル現象を利用し, 複数台のカメラによってこの現象を観測することで, 形状計測を行う手法を提案した. 提案手法を用いれば, これまでは計測が困難であった黒色物体や金属物体を含め, さまざまな物体に対して平均で1mm程度の誤差で形状を計測できることを実験により示した.

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
京都大学 情報学研究科 
 
2002年4月
 - 
2004年3月
京都大学 情報学研究科 
 
1998年4月
 - 
2002年3月
京都大学 工学部 情報学科
 

特許

 
特開特開2007-017364 : シルエット抽出装置及び該方法並びに3次元形状データ作成装置及び該方法
豊浦正広,飯山将晃,舩冨卓哉,角所考,美濃導彦
特願特願2011-163049 : 画像管理装置、画像管理プログラム、および画像管理方法
藤田 智彦, 舩冨 卓哉, 森村 吉貴, 美濃 導彦, 労 世紅, 倉田 剛