古川聖

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/24 16:55
 
アバター
研究者氏名
古川聖
eメール
furukawafa.geidai.ac.jp
所属
東京藝術大学
部署
美術学部 先端芸術表現科
科研費研究者番号
40323761

研究分野

 

委員歴

 
2016年4月
 - 
2017年3月
産業競争力懇談会 2016年度 プロジェクト  プロジェクトメンバー
 

論文

 
人工知能と音楽 ─音/音楽自動生成システム:サウンドロイドの開発を通して─
古川 聖, 大村 英史, 濵野 峻行, 川村 剛, 柴山 拓郎
人工知能学会誌 33(6) 735-743   33(6) 735-743   2018年11月   [招待有り]
A Tentative Assumption of The Electroacoustic Music As An Enjoyable Music for Diverse People
Shibayama, T., Ohmura, H., Takahashi, T., Furukawa, K.
Proceedings of 14th International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology   (20) 139-152   2017年12月   [査読有り]
Music evokes vicarious emotions in listeners
Kawakami, A., Furukawa, K., Okanoya, K.
Frontiers in Psychology   5(431) 1-7   2014年   [査読有り]
音楽の時間的構造と情動の関係〜心理実験を通した検討〜
二藤宏美, 大村英史, 古川聖, 岡ノ谷一夫
秋草学園短期大学紀要   (31) 97-116   2014年   [査読有り]
創造への新しいダイナミズム
古川聖
心理学ワールド 63/ 特集/創造性   (63) 17-20   2013年10月   [招待有り]

Misc

 
電子音響ピープル・スペシャルライブ / SPECIAL LIVE@SuperDeluxe
   2016年2月
MUCCAワークショップ:濵野峻行++川村剛+古川聖
SMFアート寺子屋2015 -アートプラットフォーム形成のためのメタデザインIII-
   2015年11月
Vol.2 「ヘンテコ音楽の社会化~音の脱衣~」
http://www.artplatform.jp/
埼玉県立近代美術館講堂
パネリスト:古川聖(作曲家・東京芸術大学先端芸術表現科教授)

講演・口頭発表等

 
“Embodiment and Interaction as Common Ground for Emotional Experience in Music.” [招待有り]
寺澤洋子、柴(星)玲子、古川聖
the 14th International Symposium on Computer Music Multidisciplinary Research   2019年10月1日   
“MUCCA”: an Integrated Educational Platform for Generative Artwork and Collaborative Workshops [招待有り]
T. Hamano, T. Kawamura, R. Nakagawa and K Furukawa
International Computer Music Conference   2016年9月   
音楽創作アプリMUCCAの開発と活用
濵野 峻行, 川村 剛, 古川 聖
先端芸術音楽創作学会   2015年   
Creating a place as a medium for musical communication using multiple electroencephalography
T. Hamano, H. Ohmura, R. Nakagawa, H. Terasawa, R. Hoshi-Shiba, K. Okanoya, and K. Furukawa
Joint 40th International Computer Music Conference (ICMC) and 11th Sound and Music Computing (SMC),   2014年9月   
エントロピーに基づいた音の構造化による音楽生成システムの開発
大村英史, 柴山拓郎, 高橋達二, 澁谷智志, 二藤宏美, 古川聖
第28回人工知能学会全国大会   2014年5月   

Works

 
it’s almost a song…’ an audio-visual installation for using three EEG systems and Clarinet
K. Furukawa, T. Hamano, H. Ohmura, R. Nakagawa, R. Hoshi-Shiba, and H. Terasawa   芸術活動   2014年9月 - 2014年9月
40th International Computer Music Conference (ICMC) and 11th Sound and Music Computing (SMC), Athens, Greece
Music performance with ‘imagery instrument’ by real-time categorization of brain activities
K.Furukawa, T. M. Rutkowski, T. Hamano, H. Ohmura, R. Hoshi-Shiba, H. Terasawa, and, K. Okanoya   芸術活動   2011年11月
2nd International Conference of Music and Emotion (ICME), pp.45-46, Perth, Australia, 2011, Dec

競争的資金等の研究課題

 
響き合う空間、励起される美意識
JST 科学技術振興機構: 課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業 領域開拓プログラム
研究期間: 2017年10月 - 2020年9月    代表者: 古川聖
複合現実における空間音描手法の開拓
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 中川 隆
徳島県: とくしま回帰」加速強化交付金(泊まって創作「民泊インスタレーション」部門)
研究期間: 2018年9月 - 2019年3月    代表者: 古川研究室/濱野峻行
本事業では、マルチメディアを活用した参加型インスタレーションの制作および創作ワークショップイベントを阿南市新野の民泊施設に滞在して実施した。期間中前半は地域を巡回して素材撮影・録音や広報などの準備活動を行い、2日〜4日に阿南市新野公民館でワークショップを開催した。ワークショップでは住民の方々にとって地域の再発見やまちづくりを考えるきっかけの場を提供するという目的のもと、現地で収集した素材をマルチメディアシステムを用いて再構成し架空の町を制作するという内容で実施した。
芸術表現に適した脳波計と脳波分析方法の開発
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 寺澤洋子
振動する建築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 (萌芽)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 古川聖

その他

 
自作アプリ Muccaによるワークショップ
2015年7月   【企画展】音の宇宙 〜つくる、みせる、あわせる〜 by .pf
ワークショップ実施・作品展示(共同), みんなのアート,ぎふメディアコスモス,ワークショップ開催期間: 2015年7月19, 20日, 作品展示期間:2015年7月21日–8月16日