加藤 総夫

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/21 21:27
 
アバター
研究者氏名
加藤 総夫
 
カトウフサオ
URL
http://www.jikei-neuroscience.com/website
所属
東京慈恵会医科大学
部署
医学部
職名
教授
学位
医学博士(慈恵医大), 薬学博士(東京大学)
その他の所属
東京慈恵会医科大学痛み脳科学センター
科研費研究者番号
20169519

研究分野

 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
東京慈恵会医科大学 痛み脳科学センター センター長
 
2013年4月
 - 
現在
東京慈恵会医科大学 神経科学研究部 部長
 
2005年
 - 
現在
東京慈恵会医科大学 医学部 教授
 
2001年10月
 - 
2013年3月
東京慈恵会医科大学 神経生理学研究室 室長
 
2001年
 - 
2005年
東京慈恵会医科大学 医学部 助教授
 
2001年4月
 - 
2001年8月
シェフィールド大学分子生理学研究所 招聘研究員
 
1998年3月
 - 
1998年7月
ストラスブール大学生理学生物化学研究所 招聘教授
 
1997年
 - 
2001年
東京慈恵会医科大学 医学部 講師
 
1996年
 - 
1997年
東京慈恵会医科大学 医学部 助手
 
1995年
 - 
1996年
ストラスブール大学生理学生物化学研究所 外国人教授
 
1993年
 - 
1995年
フランス国立科学研究センター神経生物学研究所 外国人研究員
 
1984年
 - 
1995年
東京慈恵会医科大学 第2薬理学教室 助手
 
1982年4月
 - 
1984年3月
東京大学大学院 薬学系研究科生命薬学専門課程
 
 
 - 
1982年3月
東京大学 薬学部薬学科
 

受賞

 
2014年7月
Molecular Pain Award Molecular Pain Award
 

論文

 
Primary role of the amygdala in spontaneous inflammatory pain-associated activation of pain networks – a chemogenetic manganese-enhanced MRI approach
Frontiers in Neural Circuits      2019年8月   [査読有り]
Soma S, Yoshida J, Kato S, Takahashi Y, Nonomura S, Sugimura YK, Ríos A, Kawabata M, Kobayashi K, Kato F, Sakai Y, Isomura Y
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience      2018年11月   [査読有り]
Yamauchi N, Takahashi D, Sugimura YK, Kato F, Amano T, Minami M
The European journal of neuroscience   48(9) 3052-3061   2018年11月   [査読有り]
Igarashi H, Ikeda K, Onimaru H, Kaneko R, Koizumi K, Beppu K, Nishizawa K, Takahashi Y, Kato F, Matsui K, Kobayashi K, Yanagawa Y, Muramatsu SI, Ishizuka T, Yawo H
Scientific reports   8(1) 5435   2018年4月   [査読有り]
Gu JG, Zhuo M, Tominaga M, Zhang X, Kato F, Oh SB, Shyu BC
Molecular pain   14 1744806917753999   2018年1月   [査読有り]
Kato F, Sugimura YK, Takahashi Y
Advances in experimental medicine and biology   1099 157-166   2018年   [査読有り]
Shinohara K, Watabe AM, Nagase M, Okutsu Y, Takahashi Y, Kurihara H, Kato F
The European journal of neuroscience   46(6) 2149-2160   2017年9月   [査読有り]
Takagi S, Kono Y, Nagase M, Mochio S, Kato F
Experimental neurology   290 95-105   2017年4月   [査読有り]
Okutsu Y, Takahashi Y, Nagase M, Shinohara K, Ikeda R, Kato F
Molecular pain   13 1744806917709201   2017年1月   [査読有り]
Yokose J, Okubo-Suzuki R, Nomoto M, Ohkawa N, Nishizono H, Suzuki A, Matsuo M, Tsujimura S, Takahashi Y, Nagase M, Watabe AM, Sasahara M, Kato F, Inokuchi K
Science (New York, N.Y.)   355(6323) 398-403   2017年1月   [査読有り]
Tsurugizawa T, Takahashi Y, Kato F
Scientific reports   6 38977   2016年12月   [査読有り]
Nomoto M, Ohkawa N, Nishizono H, Yokose J, Suzuki A, Matsuo M, Tsujimura S, Takahashi Y, Nagase M, Watabe AM, Kato F, Inokuchi K
Nature communications   7 12319   2016年8月   [査読有り]
Sugimura YK, Takahashi Y, Watabe AM, Kato F
Journal of neurophysiology   115(6) 2721-2739   2016年6月   [査読有り]
Tsuji M, Takahashi Y, Watabe AM, Kato F
Epilepsia   57(3) 495-505   2016年3月   [査読有り]
Takeda K, Yamaguchi Y, Hino M, Kato F
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   356(2) 445-455   2016年2月   [査読有り]
Watabe AM, Nagase M, Hagiwara A, Hida Y, Tsuji M, Ochiai T, Kato F, Ohtsuka T
Journal of neurochemistry   136(1) 36-47   2016年1月   [査読有り]
Nagano Y, Kaneda K, Maruyama C, Ide S, Kato F, Minami M
Neuroscience letters   600 56-61   2015年7月   [査読有り]
Ohkawa N, Saitoh Y, Suzuki A, Tsujimura S, Murayama E, Kosugi S, Nishizono H, Matsuo M, Takahashi Y, Nagase M, Sugimura YK, Watabe AM, Kato F, Inokuchi K
Cell reports   11(2) 261-269   2015年4月   [査読有り]
Sato M, Ito M, Nagase M, Sugimura YK, Takahashi Y, Watabe AM, Kato F
Molecular brain   8 22   2015年3月   [査読有り]
Nagase M, Takahashi Y, Watabe AM, Kubo Y, Kato F
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   34(7) 2605-2617   2014年2月   [査読有り]
Kinoshita J, Takahashi Y, Watabe AM, Utsunomiya K, Kato F
Molecular pain   9 59   2013年11月   [査読有り]
Chin Y, Kishi M, Sekino M, Nakajo F, Abe Y, Terazono Y, Hiroyuki O, Kato F, Koizumi S, Gachet C, Hisatsune T
Journal of neuroinflammation   10 95   2013年7月   [査読有り]
Watabe AM, Ochiai T, Nagase M, Takahashi Y, Sato M, Kato F
Molecular brain   6 11   2013年3月   [査読有り]
Nakao A, Takahashi Y, Nagase M, Ikeda R, Kato F
Molecular pain   8 51   2012年7月   [査読有り]
Yasui Y, Masaki E, Kato F
BMC anesthesiology   11 15   2011年9月   [査読有り]
Aoyama R, Okada Y, Yokota S, Yasui Y, Fukuda K, Shinozaki Y, Yoshida H, Nakamura M, Chiba K, Yasui Y, Kato F, Toyama Y
Pain   152(9) 2085-2097   2011年9月   [査読有り]
Ono K, Tsukamoto-Yasui M, Hara-Kimura Y, Inoue N, Nogusa Y, Okabe Y, Nagashima K, Kato F
Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985)   110(3) 789-798   2011年3月   [査読有り]
Yamamoto K, Noguchi J, Yamada C, Watabe AM, Kato F
BMC neuroscience   11 134   2010年10月   [査読有り]
[Possible role of nucleus parabrachialis in autonomic nervous system].
Arata A, Kato F
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   135(6) 261-262   2010年6月   [査読有り]
The modulation of synaptic transmission by glial purinergic system
Inoue K, Kato F, Tsuda M
Open Neuroscience Journal   4 84-92   2010年   [査読有り][招待有り]
シナプス伝達とアストロサイト
加藤 総夫
クリニカル・ニューロサイエンス   28(8) 876-881   2010年   [招待有り]
痛み誘発負情動から考える“心”の起源
加藤 総夫
医学のあゆみ   232(1) 14-20   2010年   [査読有り][招待有り]
Sumiyama K, Tajiri H, Kato F, Imura T, Ono K, Ikeda K, Imazu H, Gostout CJ
Gastrointestinal endoscopy   69(6) 1129-1134   2009年5月   [査読有り]
高橋由香里, 池田 亮, 加藤総夫
Pain Research   24(3) 137-146   2009年   [査読有り]
Okada T, Tashiro Y, Kato F, Yanagawa Y, Obata K, Kawai Y
Journal of chemical neuroanatomy   35(3) 275-284   2008年5月   [査読有り]
Yasui Y, Masaki E, Kato F
Anesthesiology   107(6) 992-1002   2007年12月   [査読有り]
Kono Y, Shigetomi E, Inoue K, Kato F
The European journal of neuroscience   25(6) 1748-1756   2007年3月   [査読有り]
Ikeda R, Takahashi Y, Inoue K, Kato F
Pain   127(1-2) 161-172   2007年1月   [査読有り]
Yamazaki K, Shigetomi E, Ikeda R, Nishida M, Kiyonaka S, Mori Y, Kato F
Brain research   1104(1) 103-113   2006年8月   [査読有り]
Kawamura M, Gachet C, Inoue K, Kato F
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   24(48) 10835-10845   2004年12月   [査読有り]
Shigetomi E, Kato F
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   24(12) 3125-3135   2004年3月   [査読有り]
Attenuation of gap-junction-mediated signaling facilitated anesthetic effect of sevoflurane in the central nervous system of rats.
Masaki E, Kawamura M, Kato F
Anesthesia and analgesia   98(3) 647-52, table of contents   2004年3月   [査読有り]
ATP- and adenosine-mediated signaling in the central nervous system: synaptic purinoceptors: the stage for ATP to play its "dual-role".
Kato F, Kawamura M, Shigetomi E, Tanaka J, Inoue K
Journal of pharmacological sciences   94(2) 107-111   2004年2月   [査読有り]
A dual-role played by extracellular ATP in frequency-filtering of the nucleus Tractus solitarii network.
Kato F, Shigetomi E, Yamazaki K, Tsuji N, Takano K
Advances in experimental medicine and biology   551 151-156   2004年   [査読有り]
Two distinct subpopulations of nestin-positive cells in adult mouse dentate gyrus.
Fukuda S, Kato F, Tozuka Y, Yamaguchi M, Miyamoto Y, Hisatsune T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   23(28) 9357-9366   2003年10月   [査読有り]
Takano K, Kato F
The Journal of physiology   550(Pt 3) 973-983   2003年8月   [査読有り]
Differential increases in P2X receptor levels in rat vagal efferent neurones following a vagal nerve section.
Atkinson L, Shigetomi E, Kato F, Deuchars J
Brain research   977(1) 112-118   2003年7月   [査読有り]
Nishi H, Kato F, Masaki E, Kawamura M
British journal of pharmacology   137(2) 177-184   2002年9月   [査読有り]

Misc

 
痛みと情動・自律反応 痛み情動の生物学的意味を考え直す
加藤 総夫
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   71回 86-86   2018年10月
炎症性疼痛慢性化過程におけるマウス自発脳活動可視化
有村 大吾, 篠原 恵, 釣木澤 朋和, 高橋 由香里, 奥津 裕也, 池田 亮, 加藤 総夫, 丸毛 啓史
日本整形外科学会雑誌   92(8) S1751-S1751   2018年8月
慢性痛成立時の自発的脳活動におけるCGRPの関与 マンガン造影MRIを用いた解析
篠原 恵, 有村 大吾, 奥津 裕也, 池田 亮, 高橋 由香里, 加藤 総夫, 丸毛 啓史
日本整形外科学会雑誌   92(8) S1751-S1751   2018年8月
時間依存的神経可塑性障害としての慢性の痛み
加藤 総夫
日本ペインクリニック学会誌   25(3) np99-np99   2018年6月
光遺伝学・化学遺伝学を用いた痛み関連ネットワークの機能解析
加藤 総夫
PAIN RESEARCH   33(2) 85-85   2018年6月
整形トピックス マンガン造影MRIを用いた小動物自発脳活動可視化
有村 大吾, 篠原 恵, 丸毛 啓史, 釣木澤 朋和, 高橋 由香里, 加藤 総夫
整形外科   69(7) 738-738   2018年6月
神経障害の病態と治療 痛みを科学する 有痛性糖尿病神経障害における痛覚過敏の中枢メカニズム
加藤 総夫, 高橋 由香里, 木下 淳, 落合 敏平, 杉本 真理子
糖尿病   61(Suppl.1) S-73   2018年4月
痛みの記憶と神経可塑性障害としての慢性痛
加藤 総夫
Journal of Spine Research   9(3) 239-239   2018年3月
【がん疼痛マネジメント】 (第VII章)ステップアップ 痛みはどこにあるんだろう?
加藤 総夫
がん看護   23(2) 278-280   2018年2月
最新基礎科学 知っておきたい 運動器慢性痛に関与する脳内メカニズム
加藤 総夫
臨床整形外科   53(2) 166-170   2018年2月
侵害受容性扁桃体中心核における高速・広域カルシウム動態制御機構の解明
永瀬 将志, 鈴木 二郎, 加藤 総夫
東京慈恵会医科大学雑誌   132(6) 139-139   2017年11月
rAAVベクター脊髄液内投与によるファブリー病モデルマウス末梢神経症状の遺伝子治療
樋口 孝, 嶋田 洋太, 小林 博司, 福田 隆浩, 加藤 総夫, 大橋 十也
日本先天代謝異常学会雑誌   33 230-230   2017年9月
慢性痛と情動 痛み-情動連関における扁桃体中心核の役割 光遺伝学と化学遺伝学によるシナプス・行動解析(Chronic pain and Emotion Optogenetic and chemogenetic demonstration of the essential role of the central amygdala in the nociception-emotion link)
加藤 総夫
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   39回・47回 90-90   2017年9月
頭部固定法と新規MRI撮像法を用いた覚醒マウス脳機能画像の描出
篠原 恵, 有村 大吾, 釣木澤 朋和, 高橋 由香里, 奥津 裕也, 池田 亮, 加藤 総夫, 丸毛 啓史
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1739-S1739   2017年8月
慢性疼痛発症のメカニズムと治療 炎症性疼痛慢性化過程におけるマウス自発脳活動可視化
有村 大吾, 篠原 恵, 釣木澤 朋和, 高橋 由香里, 奥津 裕也, 池田 亮, 加藤 総夫, 丸毛 啓史
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1685-S1685   2017年8月
【痛みに関する脳機能研究アーカイブズ】 扁桃体と痛み
高橋 由香里, 加藤 総夫
ペインクリニック   38(7) 965-972   2017年7月
扁桃体は不安や恐怖などと連関した負の情動の生成において最も中心的な役割を担う。扁桃体には、視床・皮質を介した間接的な入力に加え、脊髄/三叉神経脊髄路核-腕傍核-扁桃体路を介した直接的侵害受容情報が入力するとともに、下行性疼痛制御系の主要神経核への直接的投射がある。侵害受容情報処理とそれに基づく行動や内環境の制御における扁桃体の役割を概説する。(著者抄録)
遷延性術後痛に対する医療者の認識 乳がん看護認定看護師へのアンケート調査から
小島 圭子, 恩田 優子, 北村 俊平, 浜口 孝幸, 北原 雅樹, 平林 万紀彦, 大友 博之, 加藤 総夫
日本ペインクリニック学会誌   24(3) 335-335   2017年6月
そして、脳は痛みを変える
加藤 総夫
Palliative Care Research   12(Suppl.) S123-S123   2017年6月
アロディニア成立と維持における扁桃体中心核の役割
杉本 真理子, 高橋 由香里, 加藤 総夫
PAIN RESEARCH   32(2) 151-151   2017年6月
マンガン造影MRIを用いた口唇部炎症痛モデルの脳機能画像解析
有村 大吾, 篠原 恵, 高橋 由香里, 釣木澤 朋和, 丸毛 啓史, 加藤 総夫
PAIN RESEARCH   32(2) 122-122   2017年6月
慢性の痛みと脳内情動神経回路の可塑性
加藤 総夫
PAIN RESEARCH   32(2) 107-107   2017年6月
【痛みと精神医学】 痛みと情動の生物学的基盤
加藤 総夫
最新精神医学   22(2) 93-102   2017年3月
痛み脳科学に基づく痛みの制御を目指して
加藤 総夫
医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス   48(3) 154-162   2017年3月
痛みの生物学的意味、痛みのマトリクス、痛みの可塑性、さらに痛み脳科学に基づく新しい痛みの治療戦略などについて概説した。痛みは個体の生存のために多様な意味において有益であり、苦しくなければその役割を担うことはできない。その役割を実現するために、脳内の広範な位置に局在する情動に関係する多層的な神経回路が動員される。非臨床と臨床のデータをトランスレートして、新しい痛みの治療戦略を打ち立てていくには、このような視点に立ったパラダイム・シフトの確立が必須である。多元的な脳機能画像評価や連合記憶を利用...
慢性痛モデル動物における自発痛の新規長期客観的評価法の開発
沼賀 由佳, 大藤 洋介, 杉本 真理子, 高橋 由香里, 渡部 文子, 加藤 総夫
東京慈恵会医科大学雑誌   131(6) 159-160   2016年11月
炎症性疼痛モデル持続性異所性痛覚過敏の成立における扁桃体中心核の役割
杉本 真理子, 杉村 弥恵, 宮沢 祐太, 高橋 由香里, 渡部 文子, 加藤 総夫
Journal of Musculoskeletal Pain Research   8(3) S105-S105   2016年10月
マンガン造影MRIを用いた口唇部炎症痛モデルの脳機能画像解析
有村 大吾, 篠原 恵, 高橋 由香里, 釣木澤 朋和, 丸毛 啓史, 加藤 総夫
Journal of Musculoskeletal Pain Research   8(3) S84-S84   2016年10月
情動と行動を軸とした慢性痛治療の新しい方向性 マンガン造影MRI法を用いた炎症性疼痛モデルにおける慢性痛成立過程の脳機能画像化
篠原 恵, 高橋 由香里, 釣木澤 朋和, 有村 大吾, 池田 亮, 丸毛 啓史, 加藤 総夫
Journal of Musculoskeletal Pain Research   8(3) S39-S39   2016年10月
マンガン造影小動物MRIによる炎症性疼痛モデルの自発的脳活動の可視化
篠原 恵, 奥津 裕也, 池田 亮, 高橋 由香里, 加藤 総夫, 丸毛 啓史
日本整形外科学会雑誌   90(8) S1519-S1519   2016年8月
運動器慢性痛に関与する脳内メカニズム 痛みの慢性化に伴う脳内情動疼痛回路のアロスタシス的障害
加藤 総夫
日本整形外科学会雑誌   90(8) S1453-S1453   2016年8月
疼痛と情動の脳内機構
加藤 総夫
脳科学とリハビリテーション   16 43-43   2016年8月
乳癌術後慢性痛は予測できるのか
小島 圭子, 北原 雅樹, 野木 裕子, 神尾 麻紀子, 加藤 久美子, 鳥海 弥寿雄, 武山 浩, 加藤 総夫, 坂本 正明, 福間 英祐
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回 350-350   2016年6月
【痛みと情動-基礎研究の最前線研究と臨床への応用-】 痛みと情動 基礎医学 扁桃体と痛み
高橋 由香里, 加藤 総夫
ペインクリニック   37(6) 723-730   2016年6月
扁桃体は不安や恐怖などと連関した負の情動の生成において最も中心的な役割を担う。扁桃体には、視床・皮質を介した間接的な入力に加え、脊髄/三叉神経脊髄路核-腕傍核-扁桃体路を介した直接的侵害受容情報が入力するとともに、下行性疼痛制御系の主要神経核への直接的投射がある。侵害受容情報処理とそれに基づく行動や内環境の制御における扁桃体の役割を概説する。(著者抄録)
痛みのネットワークを探る 光遺伝学から超高磁場MRI画像解析まで
加藤 総夫
日本生理学雑誌   78(3) 60-60   2016年5月
痛みを生みだす脳機構 痛みの進化生理学試論
加藤 総夫
理学療法学   42(8) 665-666   2015年12月
新たな自律神経研究への生理学的アプローチ 自律神経機能を担う分子の生理的役割の同定
加藤 総夫
自律神経   52(4) 266-269   2015年12月
新たな自律神経研究への生理学的アプローチ 自律神経機能を担う分子の生理的役割の同定
加藤 総夫
自律神経   52(4) 266-269   2015年12月
痛みを生みだす脳機構 痛みの進化生理学試論
加藤 総夫
理学療法学   42(8) 665-666   2015年12月
マンガン造影小動物MRIによる炎症性疼痛発症過程の脳機能画像化
篠原 恵, 高橋 由香里, 奥津 裕也, 池田 亮, 丸尾 啓史, 加藤 総夫
東京慈恵会医科大学雑誌   130(6) 177-178   2015年11月
東京慈恵会医科大学における小型霊長類マーモセットを用いた医科学研究の推進
岡野 ジェイムス洋尚, 太田 裕貴, 栗原 渉, 松本 啓, 櫻井 達也, 小泉 誠, 横尾 隆, 加藤 総夫, 嘉糠 洋陸
東京慈恵会医科大学雑誌   130(6) 167-167   2015年11月
痛みの慢性化 基礎医学的視点
加藤 総夫
Practice of Pain Management   6(3) 144-147   2015年11月
West症候群の病歴がある成熟ラットにおけるシナプス特性の変化(Altered synaptic properties in mature rats with a history of cryptogenic infantile spasms)
辻 恵, 高橋 由香里, 渡部 文子, 加藤 総夫
てんかん研究   33(2) 567-567   2015年9月
CRFによる分界条床核III型神経細胞での抑制性シナプス伝達促進
長野 雄介, 金田 勝幸, 圓山 智嘉史, 井手 聡一郎, 加藤 総夫, 南 雅文
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   37回・45回 173-173   2015年9月
マンガン造影MRI法を用いた炎症性疼痛モデルの脳機能画像解析
篠原 恵, 奥津 裕也, 池田 亮, 高橋 由香里, 加藤 総夫, 丸毛 啓史
日本整形外科学会雑誌   89(8) S1790-S1790   2015年9月
オプトジェネティクスを用いた侵害受容-情動回路の解析
杉村 弥恵, 高橋 由香里, 渡部 文子, 加藤 総夫
PAIN RESEARCH   30(2) 82-82   2015年7月
痛みと情動 痛み情動と扁桃体
加藤 総夫
PAIN RESEARCH   30(2) 68-68   2015年7月
痛みと扁桃体
加藤 総夫
日本ペインクリニック学会誌   22(3) 252-253   2015年6月
生理学と理学療法の接点 痛みを生み出す脳機構
加藤 総夫, 杉山 弥恵, 高橋 由香里
理学療法学   42(Suppl.1) 136-136   2015年6月
感覚と自律機能の調節機構 橋結合腕傍核の機能と役割 痛みと腕傍核
加藤 総夫
日本生理学雑誌   77(2) 35-35   2015年3月
成熟期脳機能に及ぼす幼若期けいれん性疾患の影響果
辻 恵, 高橋 由香里, 渡部 文子, 加藤 総夫
東京慈恵会医科大学雑誌   129(6) 211-211   2014年11月
【脳内環境-維持機構と破綻がもたらす疾患研究】 (第2章)神経・非神経細胞ネットワークと脳内環境 シナプス伝達維持におけるアストロサイト・ニューロン間エネルギー共生
永瀬 将志, 加藤 総夫
遺伝子医学MOOK   (26) 163-168   2014年11月
ニューロンの高エネルギー消費は,高効率のATP産生システムによって支えられている。ニューロンの活動の中で最もエネルギーを消費する活動は興奮性シナプス伝達であり,シナプス前後にはミトコンドリアが豊富に局在する。そこで供給される主なエネルギー源は,シナプスを取り囲むアストロサイト微細突起からのラクテートである可能性が示されてきた。アストロサイトがラクテートの輸送を介してどのようにニューロンの機能,特に興奮性シナプス伝達を支えているのか,最近の知見を紹介する。(著者抄録)
ニューロサイエンスの最新情報 興奮性シナプス伝達のエネルギーはどのように供給されているか
永瀬 将志, 加藤 総夫
Clinical Neuroscience   32(11) 1310-1311   2014年11月
新たな自律神経研究への生理学的アプローチ 内臓情報を伝えるシナプス機構の分子生理学的解析
加藤 総夫
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   67回 45-45   2014年10月
痛みの慢性化におけるCGRPの役割 遺伝子欠損マウスを用いた扁桃体興奮性シナプス伝達の解析
篠原 恵, 奥津 裕也, 池田 亮, 高橋 由香里, 栗原 裕基, 加藤 総夫, 丸毛 啓史
日本整形外科学会雑誌   88(8) S1642-S1642   2014年8月
痛みの慢性化と扁桃体神経可塑性
加藤 総夫
日本整形外科学会雑誌   88(8) S1356-S1356   2014年8月
加藤総夫
日本医師会雑誌   143 S44-S45   2014年6月
加藤総夫
Clin Neurosci   32(6) 637-639   2014年6月
【痛みのマネジメントupdate 基礎知識から緩和ケアまで】 痛みの基礎知識 痛みの発生のメカニズム 非視床性疼痛機構
加藤 総夫
日本医師会雑誌   143(特別1) S44-S45   2014年6月
加藤総夫
日本運動器疼痛学会誌   6(1) 52-57   2014年4月
痛みの脳内メカニズム 脳はどのように痛みの慢性化を知るのか 慢性痛の生物学的理解を目指して
加藤 総夫
Journal of Musculoskeletal Pain Research   6(1) 52-57   2014年4月
佐藤優, 渡部文子, 高橋由香里, 加藤総夫
東京慈恵会医科大学雑誌   128(6) 196-196   2013年11月
加藤総夫, 池田亮, 篠原恵, 奥津裕也, 高橋由香里, 丸毛啓史
日本運動器疼痛学会誌   5(3) S19   2013年11月
痛みの脳内メカニズム 脳はどのように痛みの慢性化を知るのか?
加藤 総夫, 池田 亮, 篠原 恵, 奥津 裕也, 高橋 由香里, 丸毛 啓史
Journal of Musculoskeletal Pain Research   5(3) S19-S19   2013年11月
加藤総夫
日本ペインクリニック学会誌   20(4) 515-515   2013年10月
加藤総夫
ペインクリニック   34(8) 1059-1067   2013年8月
なぜ痛みは苦しいのか、という問題は、本質的でありながら、まだ答えがまったく見い出されていない。組織損傷や炎症の情報を高い優先度を持って処理し、適切な応答を引き起こすことによって個体の生命維持に貢献する神経回路は、進化の比較的早い段階で成立したと想像される。おそらくはこれが痛みの苦痛の起源であり、この機構を理解することから新たな痛みの苦痛の解消法が生み出されることが期待される。この問題に向けた理論的な考察と最近の知見を紹介する。(著者抄録)
加藤総夫, 落合敏平, 安井豊, 池田亮, 宮沢祐太, 杉本真理子, 杉村弥恵, 渡部文子, 高橋由香里
Pain Res   28(2) 96-96   2013年7月
点頭てんかん動物モデルにおける成熟後海馬可塑性
辻 恵, 加藤 総夫
脳と発達   45(Suppl.) S378-S378   2013年5月
木下淳, 高橋由香里, 渡部文子, 的場圭一郎, 石澤将, 金澤康, 川浪大治, 横田太持, 加藤総夫, 宇都宮一典
糖尿病   56(Supplement 1) S.248-248   2013年4月
糖尿病神経障害性痛覚過敏は下行性ノルアドレナリン作動性制御系の機能不全を伴う
木下 淳, 高橋 由香里, 渡部 文子, 横田 太持, 宇都宮 一典, 加藤 総夫
東京慈恵会医科大学雑誌   127(6) 258-258   2012年11月
ゴーシェ病及びポンペ病患者皮膚細胞由来iPS様細胞の樹立
樋口 孝, 河越 しほ, 大津 真, 加藤 総夫, 南沢 享, 松本 朱里, 井田 博幸, 大橋 十也, 中内 啓光, 衞藤 義勝
日本先天代謝異常学会雑誌   28 167-167   2012年10月
有痛性糖尿病神経障害におけるノルアドレナリン下行性疼痛制御系の機能不全
木下 淳, 高橋 由香里, 的場 圭一郎, 石澤 将, 金澤 康, 川浪 大治, 横田 太持, 宇都宮 一典, 加藤 総夫
糖尿病合併症   26(Suppl.1) 131-131   2012年10月
情動と自律神経 情動と自律神経 痛みを切り口とした情動研究の新潮流
加藤 総夫
日本自律神経学会総会プログラム・抄録集   65回 75-75   2012年10月
マウス扁桃体興奮性シナプス伝達に及ぼすカルシトニン遺伝子関連ペプチドの促進作用
奥津 裕也, 池田 亮, 高橋 由香里, 加藤 総夫, 丸尾 啓史
日本整形外科学会雑誌   86(8) S1116-S1116   2012年8月
【慢性疼痛のup to date】 慢性疼痛治療のポイントと今後の展望
加藤 総夫, 眞下 節, 牛田 享宏, 三木 健司, 中塚 映政
Bone Joint Nerve   2(2) 339-355   2012年4月
【慢性疼痛のup to date】 (Part1)慢性疼痛の基礎的研究 非視床性疼痛機構における慢性疼痛関連可塑性 慢性疼痛と扁桃体
高橋 由香里, 加藤 総夫
Bone Joint Nerve   2(2) 249-252   2012年4月
【慢性疼痛のup to date】 (Part1)慢性疼痛の基礎的研究 序説:慢性疼痛の形成機序に関する最新の研究動向
池田 亮, 加藤 総夫
Bone Joint Nerve   2(2) 209-215   2012年4月
本能・情動行動の統合・調節メカニズム 神経生理学研究の挑戦 動物の情動行動の謎をとく 侵害受容による有害性警告機構の生物学的基盤
加藤 総夫
日本獣医学会学術集会講演要旨集   153回 152-152   2012年3月
痛みと負情動 「有害事象に対する応答システムとしての痛み情動」試論
加藤 総夫, 高橋 由香里
ペインクリニック   33(3) 387-394   2012年3月
脊髄浅層投射ニューロンの主たる脳内標的が橋腕傍核であること、さらに、腕傍核から情動の座である扁桃体、特に扁桃体中心核に投射があることが、近年明らかにされた。この経路は、視床-体性感覚野をバイパスして侵害受容情報を扁桃体に伝える経路であり、「有害事象に対する優先的応答システム」である痛み情動の最も根幹をなす、進化的に古い経路である可能性がある。われわれは、この経路の最終段である腕傍核-扁桃体中心核シナプス伝達が、慢性痛モデルにおいて増強する事実を見い出した。「痛み情動」におけるその意義に関す...
運動ニューロンの選択的脆弱性に関与するシナプス機構
高木 聡, 河野 優, 加藤 総夫, 持尾 聰一郎
臨床神経学   51(12) 1361-1361   2011年12月
マウス侵害受容性扁桃体におけるNMDA受容体シナプス伝達のCGRPによる増強
奥津 裕也, 高橋 由香里, 池田 亮, 渡部 文子, 丸毛 啓史, 加藤 総夫
東京慈恵会医科大学雑誌   126(6) 231-232   2011年11月
加藤 総夫, 繁冨 英治
日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica   138(4) 161-165   2011年10月
星の光のような放射状の突起を持つ細胞群を1893年にvon Lenhossekが「アストロサイト」(星状膠細胞)と名づけてから,その生理機能の本格的解明が始まるまでに,およそ100年が必要であった.光学顕微鏡観察からは,極めて小さい細胞体(径6~11 μm),長く伸びた20~60本もの突起,および,血管やニューロンと接触する突起先端部(終足)などの特徴が見いだされ,電子顕微鏡観察からは,シナプスを密接に取り囲む姿が認められた.それらに基づき,血液脳関門,神経細胞への栄養供給,...
マウス侵害受容性扁桃体におけるNMDA受容体シナプス伝達のCGRPによる増強
奥津 裕也, 池田 亮, 高橋 由香里, 加藤 総夫, 丸毛 啓史
日本整形外科学会雑誌   85(8) S1194-S1194   2011年8月
痛みのありか 異分野から見た痛みに対する考え方 慢性疼痛と情動 神経障害性疼痛による扁桃体内シナプス可塑的変化
池田 亮, 高橋 由香里, 加藤 総夫, 丸毛 啓史
PAIN RESEARCH   26(2) 75-75   2011年7月
痛みはなぜ苦痛なのか? 慢性痛による扁桃体シナプス可塑性から考える
加藤 総夫, 高橋 由香里
Journal of Neurosciences for Pain Research   13 1-7   2011年5月
神経生理学研究の挑戦 動物の情動行動の謎をとく 痛み情動を生み出すシナプス機構の可塑性
加藤 総夫
日本獣医学会学術集会講演要旨集   151回 155-155   2011年3月
原始感覚と心を結ぶ扁桃体神経回路
加藤 総夫
不安障害研究   3(1) 80-84   2011年2月
運動ニューロンの選択的脆弱性に関与するシナプス機構
高木 聡, 河野 優, 持尾 聰一郎, 加藤 総夫
東京慈恵会医科大学雑誌   125(6) 197-197   2010年11月
ラット神経因性疼痛モデル扁桃体中心核シナプスにおけるグルタミン酸受容体構成の変化(Altered glutamate receptor-mediated currents at the central amygdala synapses in the rat with neuropathic pain)
高橋 由香里, 三角 香世, 加藤 総夫
神経化学   49(2-3) 558-558   2010年8月
舌下神経運動ニューロン活動におけるモノカルボン酸輸送の役割(Physiological role of monocarboxylate transport in maintenance of hypoglossal motor neuron activity)
高木 聡, 永瀬 将志, 河野 優, 加藤 総夫
神経化学   49(2-3) 532-532   2010年8月
シナプス活動の維持におけるモノカルボン酸トランスポーターによる乳酸輸送の役割(Functional role of lactate transport through monocarboxylate transporter in maintenance of synaptic activity in the nucleus of the solitary tract)
永瀬 将志, 加藤 総夫
神経化学   49(2-3) 531-531   2010年8月
マウス侵害受容性扁桃体シナプス伝達に及ぼすCGRPの特異的増強作用
奥津 裕也, 池田 亮, 高橋 由香里, 加藤 総夫, 丸毛 啓史
日本整形外科学会雑誌   84(8) S1257-S1257   2010年8月
慢性痛における扁桃体内シナプス伝達連合性増強
池田 亮, 奥津 裕也, 高橋 由香里, 三角 香世, 加藤 総夫, 丸毛 啓史
日本整形外科学会雑誌   84(8) S1256-S1256   2010年8月
【シナプス 形態・機能・病態】 シナプスの機能 シナプス伝達とアストロサイト
加藤 総夫
Clinical Neuroscience   28(8) 876-881   2010年8月
荒田 晶子, 加藤 総夫
日本薬理学雑誌   135(6) 261-262   2010年6月
キーワード解説 QOLに影響を及ぼす諸感覚情報を統合するNPB
荒田 晶子, 加藤 総夫
日本薬理学雑誌   135(6) 261-262   2010年6月
グリア創薬の最前線と可能性 モノカルボン酸トランスポーターを介したアストロサイトによるシナプス伝達の維持
加藤 総夫, 永瀬 昌志
日本薬学会年会要旨集   130年会(1) 141-141   2010年3月
【原始感覚と情動 生体防御系としての情動機構とその破綻】 痛み誘発負情動から考える"心"の起源
加藤 総夫
医学のあゆみ   232(1) 14-20   2010年1月
"痛み"の生物学的本質を理解するためには、侵害受容情報からどのような脳内機構によって"苦痛"が生み出されるのかを理解する必要がある。近年の研究によって、侵害受容情報が情動にかかわる扁桃体などの領域に直接送られ、そこでのシナプス伝達を活性化しシナプス伝達を促進する事実が明らかにされてきた。驚くべきことにこれらの神経経路は、味覚、内臓感覚、嗅覚などの他の原始感覚による情動の形成にも大きくかかわっており、個体に及ぶ危険を知らせる回路として進化の過程で獲得されたものと想像される。さらにこれらの神経...
ラット神経因性疼痛モデル扁桃体中心核シナプスにおけるNMDA受容体成分の増強
三角 香世, 高橋 由香里, 加藤 総夫
東京慈恵会医科大学雑誌   124(6) 261-261   2009年11月

書籍等出版物

 
Kandel Eric R., Schwartz James H. (James Harris), Jessell Thomas M., Siegelbaum Steven, Hudspeth A. James, Mack Sarah, 金澤 一郎, 宮下 保司, 岡野 栄之, 和田 圭司, 加藤 総夫(医学), 入來 篤史, 藤田 一郎, 伊佐 正, 定藤 規弘, 大隅 典子, 笠井 清登
メディカル・サイエンス・インターナショナル   2014年   ISBN:9784895927710
尼崎中央病院 三木 健司, 東京大学医学部付属病院 住谷 昌彦, 愛知医科大学病院 牛田 享宏, 昭和大学 増田 豊, 藤田保健衛生大学 河西 稔, 兵庫医科大学 三好 歓, 東京慈恵会医科大学 加藤 総夫, 群馬大学大学院 斎藤 繁, 獨協医科大学 山口 重樹, 奈良県立医科大学 小畠 康宣 他70名
技術情報協会   2010年   ISBN:4861043344
藤吉 好則, 大谷 悟 (担当:共訳)
京都大学学術出版会   2009年3月   ISBN:4876987734
久住 昌之, 加藤 総夫 (担当:共著)
扶桑社   1996年12月   ISBN:4594021336

講演・口頭発表等

 
The central amygdala regulates widespread mechanical sensitivity
Fusao Kato
Sympoisum at SfN2018: The Emerging Role of the Amygdala in Modulating the Somatosensory and Emotional Components of Pain and Itch   2018年11月7日   
What is this thing called “pain”? – functional consequences of synaptic plasticity in the nociception-emotion link in the amygdala [招待有り]
Fusao Kato
Riken CBS Summer Program 2018   2018年7月13日   
Chronic pain-associated plasticity in the emotional circuits - modulation by purines [招待有り]
Fusao Kato
urines 2018 International Congress- Basic and Translational Science on Purinergic Signaling and its Components for a Healthy and Better World   2018年6月20日   
The active role of the central amygdala in the widespread hypersensitivity [招待有り]
Fusao Kato
Pain Mechanisms and Therapeutics Conference   2018年6月3日   
The role of the amygdala in central control of pain - optogenetic and chemogenetic approaches [招待有り]
Fusao Kato
The 23th Iranian Physiological Pharmacological Societies Meeting   2018年2月15日   
Plasticity in the parabrachial-amygdala circuit and its consequence in pain chronification [招待有り]
Fusao Kato
Brain and New Pain Mechanisms   2017年9月25日   
Early chronification process in inflammatory pain; involvement of amygdala plasticity [招待有り]
Early chronification process in inflammatory pain;involvement of amygdala plasticity
Pain Mechanisms and Therapeutics Conference   2016年1月8日   

競争的資金等の研究課題

 
痛みの苦痛緩和を目指した集学的脳医科学研究拠点
文部科学省: 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
研究期間: 2013年4月 - 2019年3月    代表者: 加藤 総夫
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 加藤 総夫
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 加藤 総夫
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 加藤 総夫
光遺伝学を基盤とした機能コネクトミクスの確立を目的として研究を進めた。本手法の最も重要な要素は、シナプス前終末にチャネルロドプシン(ChR2)を発現させ、投射元ニューロンから遠く離れた部位でその終末を活性化して特定の部位に由来する入力を選択的に活性化する技術である。この2年間の研究技術の進歩によってこの技術そのものは別段「挑戦的」ではなくなりつつある。また、ChR2そのものにも多くの分子修飾が加えられて高光感受性・高電流・低脱感作の特性を持つものが開発されてきた。さらに、脳内の発現手法とし...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 加藤 総夫
痛み入力と情動応答を媒介する扁桃体中心核内の神経回路が、慢性痛において示す可塑的変化とその成立機構の解明を目的として、脊髄神経結紮および有痛性高血糖モデルから脳スライスを作成し、腕傍核由来上行線維刺激によって誘発されるシナプス後電流を扁桃体中心核外側外包核ニューロンから記録し、その増強機構を解析した。その結果から、慢性痛によってシナプスの形態変化を含む放出機構および後シナプス応答機構の可塑的変化とその固定化が生じ、侵害受容情報による情動応答の亢進の基礎過程をなす事実を解明した。
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 加藤 総夫
痛み入力と情動応答を媒介する扁桃体中心核内の神経回路が慢性痛において示す可塑的変化とその成立機構の解明を目的とした。麻酔下にWistarラット左腰髄第5脊髄神経を結紮した後、脳スライスを作成し、腕傍核由来上行線維刺激によって誘発されるシナプス後電流(EPSC)を扁桃体中心核外側外包核CeCニューロンから記録した。(1)慢性神経障害性疼痛患側対側CeCで特異的に形成される興奮性シナプス伝達の増強は、単線維終末から1活動電位によって同期的に放出される小胞数の著明な増大に起因する事実を明らかにし...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 加藤 総夫
In vivo神経節gene silencing法の方法を昨年度までに確立した。同方法を応用し、内臓由来一次求心線維の脳内終末に発現すると予想されているP2X3サブユニット分子(p2x3r)をノックダウンしたところ、導入11-15日後、孤束核におけるP2X3サブユニットタンパクの発現はsiRNA導入側特異的にほぼ半減した。ATPおよびα,β-methylene ATPの効果を定量的に評価したところ、siRNA導入によってα,β-methylene ATPの作用が約45%まで著明にかつ有意に...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年
疼痛は生態防御のために有用な警告機構ではあるが、慢性化し持続的になると、それ自体が有害な病態となる。この慢性痛成立には、痛みに付随する不安や不快感といった負の情動が主体となっているため、治療が困難になることが多い。昨年までに、脳内情動処理機構の一端を担う扁桃体(CeA)において、脊髄由来の侵害情報を伝達する橋外側脚傍核(PB)由来興奮性シナプス伝達に可塑性が生じることを、神経因性痺痛モデルを用いた実験で報告した。この神経ネットワークの可塑性の経時的変化を検討することは、慢性痛成立過程で生じ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 加藤 総夫
延髄孤束複合体(dorsal vagal complex, DVC;孤束核NTSおよび迷走神経背側核DMX)の局所神経回路による内臓感覚情報処理のシナプス機構を解明することを目的として1次求心線維から2次ニューロンへの周波数伝達特性を脳スライス標本におけるパッチクランプ法を用いて解析した。Paired-pulse ratio値および頻回刺激に対するシナプス後応答の周波数特性frequency-dependency indexから、各ニューロンのシナプス応答をDMX_<high>型、DMX_...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 加藤 総夫
シナプス前プリン受容体がシナプス近傍のアストロサイトから放出されるATPによって活性化される可能性を延髄孤束核の脳スライス標本を用いて検討した。1.GAFP-GFPマウスを用いて、アストロサイトへの選択的パッチクランプ法によってアストロサイト・ネットワークの空間的広がりと電気生理学的性質を解析したところ、ギャップ・ジャンクションを介したdye-couplingは2〜3個にとどまる一方、突起の伸張が水平方向(吻尾内外側)に多く、背腹側方向には少ないという空間的特徴が見出された。脳幹水平断およ...