福手勤

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/06 15:57
 
アバター
研究者氏名
福手勤
 
フクテ ツトム
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/70366516.ja.html
所属
東洋大学
部署
理工学部
職名
教授
学位
工学博士(名古屋大学)
科研費研究者番号
70366516

プロフィール

旧運輸相時代に軟弱地盤上の空港舗装の開発に取り組んだ。その成果の一部を羽田空港の沖合展開事業、再拡張事業、関西国際空港に活用することができた。その後、港湾構造物の塩害や腐食対策に関する研究を中心に、インフラのメンテナンスに関する研究に取り組んだ。12年前に東洋大学に赴任してからも、それらの研究テーマを継続し、国や自治体などの要請によりそれらの成果を実プロジェクトに反映させている。また同時に、人口減少・少子高齢化時代のインフラ管理、自治体経営を念頭に置いたアセットマネジメントの分野にも興味を拡げ、インフラのメンテナンスにおけるハードとソフトの融合をめざした研究活動・社会貢献に取り組んでいる。

研究分野

 
 

経歴

 
1988年10月
 - 
2010年12月
運輸省港湾技術研究所
 
2004年
 - 
2006年
東洋大学 工学部 教授
 
1974年4月
 - 
1982年12月
運輸省港湾技術研究所
 

学歴

 
 
   
 
名古屋大学工学部土木工学科  
 
 
   
 
名古屋大学大学院工学研究科土木工学専攻  
 

委員歴

 
2013年10月
 - 
現在
新関西国際空港株式会社  大阪国際空港A滑走路舗装技術検討委員会委員長(2013~)
 
 
   
 
羽田空港新滑走路建設工事に係る技術検討委員会 委員
 
 
   
 
東京国際空港国際線地区エプロン等整備等事業 技術検討委員会 委員長
 
 
   
 
NPO社会基盤ライフサイクルマネジメント研究会 理事・技術委員長
 
 
   
 
国土交通省航空局:空港内の施設の維持管理等に係る検討委員会 委員長
 

受賞

 
 
平成5年5月 日本コンクリート工学協会論文賞
 
 
平成7年6月 運輸大臣特殊功績表彰
 
 
平成11年5月 日本コンクリート工学協会技術賞
 
 
平成21年5月 日本コンクリート工学協会功績賞
 
 
平成22年5月 セメント協会論文賞
 

論文

 
表面含浸材の塗布条件の違いが塩化物イオン浸透抑制効果に及ぼす影響
澤田巧、福手勤、内藤英晴、小笠原哲也、酒井貴洋
第13回コンクリート構㐀物の補修,補強,アップグレードシンポジウム   13    2013年10月   [査読有り]
白華の再現方法および画像解析による定量評価方法の検討
福岡 紀枝、酒井田 直樹、齋藤 尚、福手 勤 
コンクリート工学年次論文集35(1)   35(1)    2013年7月   [査読有り]
表面含浸材の海洋・港湾コンクリート構造物への適用性に関する研究
澤田巧、福手勤、藤井雄基、内藤英晴
コンクリート工学年次論文集35(1)   35(1)    2013年7月   [査読有り]
表面含浸材を塗布したコンクリートの塩化物イオン浸透に関する検討
福手 勤、澤田巧、内藤英晴、小笠原哲也、酒井貴洋
日本材料学会・アップグレード論文報告集   第12    2012年10月
干満帯環境下における鉄筋コンクリートの電位制御および防食管理に関する基礎的検討
福手 勤、岡本理沙、山本誠、本田和也
コンクリート工学年次論文集   34(1) 1084-1089   2012年7月

書籍等出版物

 
福手 勤, 佐野 清史, 武田 一久, 内藤 英晴, 佐藤 孝一 (担当:共著)
セメント新聞社   2014年12月   ISBN:490688640X
2014年版コンクリート診断士・試験合格のポイント解説
福手勤、佐藤孝一、佐野清史、武田一久、内藤英晴 (担当:編者)
セメント新聞社   2013年12月   
公民連携白書2013-2014
福手勤 (担当:共著, 範囲:「メンテナンス元年」の今、土木技術者が取り組むべきこと)
2013年11月   
コンクリート診断士・試験合格のポイント解説
福手 勤、佐野歴史、佐藤孝一、武田一久、内藤英晴
セメント新聞社   2012年12月   
サスティナブルコンストラクション辞典
福手 勤、二羽淳一郎 編著
産業調査会   2012年5月   

競争的資金等の研究課題

 
コンクリート構造物の診断技術の高度化に向けた情報収集と分析
奨学寄附金
研究期間: 2008年 - 2015年    代表者: 福手 勤
コンクリート診断技術の啓蒙に活用した
コンクリート用表面含浸材の開発に関する研究
五洋建設株式会社: 受託研究
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 福手 勤
スラグ骨材を用いた水中不分離性コンクリートの開発
奨学寄附金
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 福手 勤
土木学会全国大会で発表
温度分布を考慮した空港舗装の設計法の開発
奨学寄附金
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 福手 勤
土木学会で発表予定
コンクリート二次製品の高性能化に関する研究
奨学寄附金
研究期間: 2008年 - 2013年    代表者: 福手 勤
土木学会、日本コンクリート工学会などで発表した

特許

 
特願2013-157744 : コンクリートの湿潤養生方法
福手 勤 、羽渕貴士、田中亮一(以上、東亜建設工業㈱)、松久保博敬、山岸隆典、宮口克一(以上、電気化学工業㈱)
特願2013-51744 : 水中不分離性コンクリート
福手 勤、審良善和、末岡英二、森田浩史、竹中 寛(以上、東洋建設㈱
特願2008-269543 : 既設コンクリート舗装の付着オーバーレイ工法
福手 勤、西 元央、松本公一、東 滋夫、児玉孝喜、山田泰行

その他

 
2013年
夢ナビライブ(神戸)での講義
高校生向け入試イベントとして「都市の賑わいになくてはならない社会資本」を講義した。
2013年
学生実験用テキストの作成
材料・構造実験用テキストを、非常勤の先生方と共同で作成し、座学と実験に用いている
2013年
川越市役所での講話
川崎市の土木系職員に対し、人口減少化の社会資本マネジメントについて講話した。
2013年
埼玉県宮代町役場での講習会講師
橋梁長寿命化修繕計画における技術の現状と課題について講習会講師を務めた
2012年
埼玉県競争入札参加者審査委員会 委員長
埼玉県が設置した外部有識者委員会