長谷川 輝明

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/14 09:54
 
アバター
研究者氏名
長谷川 輝明
 
ハセガワ テルアキ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/90423566.ja.html
所属
東洋大学
部署
生命科学部
職名
教授
学位
博士(工学)
科研費研究者番号
90423566

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
東洋大学 生命科学部 教授
 
2008年4月
 - 
2015年3月
東洋大学 生命科学部 准教授
 
2006年4月
 - 
2008年3月
東洋大学 生命科学部 専任講師
 
2004年12月
 - 
2006年3月
九州大学特任助手
 
2004年4月
 - 
2004年12月
九州大学学術研究員
 
2001年4月
 - 
2004年3月
日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2001年8月
 - 
2003年2月
ワシントン大学客員研究員
 

学歴

 
 
   
 
名古屋大学大学院・工学研究科・物質制御工学専攻  
 
 
   
 
名古屋大学・工学部・生物機能工学科  
 

論文

 
Hexavalent glycoclusters having tris-bipyridine ferrous complex cores as minimum combinatorial libraries for probing carbohydrate-carbohydrate interactions
長谷川 輝明
Tetrahedron   72 5456-5464   2016年7月   [査読有り]
C6-Modifications on chitosan to develop chitosan-based glycopolymers and their lectin-affinities with sigmoidal binding profiles
Kazuhiro Koshiji, Yuki Nonaka, Maho Iwamura, Fumiko Ryoji Matsuoka, and Teruaki Hasegawa
Carbohydr. Polym.   137 277-286   2015年10月   [査読有り]
High-throughput Evaluation System based on Fluorescence Intensity Distribution Analysis-Polarization to Investigate Carbohydrate-Carbohydrate Interactions
Maho Iwamura, Ryuichi Koyama, Yuki Nonaka, Fumiko Dai, Ryoji Matsuoka, Masaki Nakamura, Haruo Iwabuchi, Takahiro Okada, and T. Hasegawa
Bull. Chem. Soc. Jpn.   89 617-625   2016年2月   [査読有り]
Curdlan as a polymeric starting material to access C6-modified glucose derivatives
Tomoyuki Miyazawa, Haruka Abe, Takayuki Suzuki, Yosuke Togashi, Kazuhiro Koshiji, Yuki Nonaka, Teruaki Hasegawa*
J. Carbohydr. Chem.   33(5) 252-266   2014年5月   [査読有り]
Thermal decomposition behavior and mechanical sensitivity of 6-azido-6-deoxy curdlan
Katsumi Katoh*, Eiko Higashi, Toko Tada, Teruaki Hasegawa, Haruka Abe, Kazumi Izawa, Satoshi Kawata, Katsuyuki Nakano
Sci. Tech. Ener. Mater.   74(6) 153-159   2013年11月   [査読有り]
Inulin-based glycopolymer: its preparation, lectin affinity and gellation property
Kazumi Izawa, Kento Akiyama, Haruka Abe, Yosuke Togashi, Teruaki Hasegawa*
Bioorg. Med. Chem.   21 2895-2902   2013年4月   [査読有り]
Glycosylated tris-bipyridine ferrous complexes to provide dynamic combinatorial libraries for probing carbohydrate-carbohydrate interactions
Motomi Nakamura, Mayuka Tsutsumi, Yoshiaki Ishikawa, Haruka Umemiya, Toki Hasegawa, Kazumi Izawa, Haruka Abe, Yosuke Togashi, Tatsuya Kinone, Sho Sekiguchi, Mihiro Igumi, Kanako Ide, Teruaki Hasegawa*
Tetrahedron   69 3019-3026   2013年2月   [査読有り]
http://dx.doi.org/10.1016/j.tet.2013.01.095
Tosylated and azidated inulins as key substrates for further chemical modifications to access inulin-based advanced materials: an inulin-based glycocluster
Kazumi Izawa, Teruaki Hasegawa*
Bioorg. Med. Chem. Lett.   22(22) 1189-1193   2012年1月   [査読有り]
Cellulose chemistry Meets Click Chemistry: Syntheses and Properties of Cellulose-based Glycoclusters with High Structural Homogeneity
Kaori Negishi, Yoichi Mashiko, Erika Yamashita, Atsushi Otsuka, Teruaki Hasegawa*
Polymers   3 489-508   2011年2月   [査読有り]
Highly C6-selective and Quantitative Modification of Cellulose: Nucleoside-appended Celluloses to Solubilize Single Walled Carbon Nanotubes
Natsumi Kawagoe, Yuki Kasori, Teruaki Hasegawa*
Cellulose   18(1) 83-93   2010年11月   [査読有り]
Intramolecular approach to investigating carbohydrate-carbohydrate interactions
Teruaki Hasegawa*
Trends in Glycosci. Glycotech.   21(122) 345-353   2010年4月   [査読有り]
Convenient Approach to Access Octa-glycosylated Porphyrins via “Click chemistry”
Misako Okada, Yuko Kishibe, Kanako Ide, Toshiyuki Takahashi, Teruaki Hasegawa*
Int. J. Carbohydr. Chem.   2009 Article ID 305276, 9 pages   2009年9月   [査読有り]
Ferrocenes with two carbohydrate appendages at the upper and lower rings are useful for investigating carbohydrate-carbohydrate interactions
Atsushi Otsuka, Kunihiro Sakurai, Teruaki Hasegawa*
Chem. Commun.   5442-5444   2009年7月   [査読有り]
The conformation of ferrocene having two βLac appendages is changed on addition of Ca2+ and Na+. This conformational change can be ascribed to intramolecular βLac-βLac interaction mediated by Ca2+/Na+ and the resultant stabilization of twisted rot...
Regioselective and Quantitative Modification of Cellulose to Access Cellulose-based Advanced Materials: Cellulose-based Glycoclusters
Erika Yamashita, Kiyomi Okubo, Kaori Negishi, Teruaki Hasegawa*
Chem. Lett.   38(2) 122-123   2008年12月   [査読有り]
Regioselective and quant. introduction of multiple β-lactoside modules onto the 6C-position of cellulose was achieved through regioselective bromination/azidation of cellulose and the following Cu+-catalyzed chemoselective coupling with alkyne-fun...
Carbohydrate-appended curdlans as a new family of glycoclusters with binding properties both for a polynucleotide and lectins
Teruaki Hasegawa, Munenori Numata, Shiro Okumura, Taro Kimura, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai
Org. Biomol. Chem.   5(15) 2404-2412   2007年6月   [査読有り]
Instantaneous Inclusion of a Polynucleotide and Hydrophobic Guest Molecules into a Helical Core of Cationic polysaccharide
Masato Ikeda, Teruaki Hasegawa, Munenori Numata, Kouta Sugikawa, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai
J. Am. Chem. Soc.   129(13) 3979-3988   2007年3月   [査読有り]
β-1,3-Glucan Polysaccharide (Schizophyllan) Acting as a One-Dimensional Host for Creating Supramolecular Dye Assemblies
Munenori Numata, Shingo Tamesue, Tomohisa Fujisawa, Shuichi Haraguchi, Teruaki Hasegawa, Ah-Hyun Bae, Chun Li, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai
Org. Lett.   8(24) 5533-5536   2006年11月   [査読有り]
Click chemistry on cardlan: a regioselective and quantitative approach to develop artificial β-1,3-glucans with various functional appendages
Teruaki Hasegawa, Mariko Umeda, Munenori Numata, Tomohisa Fujisawa, Shuichi Haraguchi, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai
Chem. Lett.   35(1) 82-83   2005年12月   [査読有り]
Oligosilane-nanofibers can be prepared through fabrication of permethyldecasilane within a helical superstructure of schizophyllan
Shuichi Haraguchi, Teruaki Hasegawa, Munenori Numata, Michiya Fujiki, Kazuya Uezu, Sakurai Kazuo, Seiji Shinkai
Org. Lett.   7(25) 5605-5608   2005年11月   [査読有り]
"Click chemistry" on polysaccharides: a convenient, general, and monitorable approach to develop β-1,3-glucans with various functional appendages
Teruaki Hasegawa, Mariko Umeda, Munenori Numata, Chun Li, Ah-hyun Bae, Tomohisa Fujisawa, Shuichi Haraguchi, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai
Carbohydr. Res.   341 35-40   2005年11月   [査読有り]
Poly(diacetylene)s-nanofibers can be fabricated through photo-irradiation using natural polysaccharide schizophyllan as a one-dimensional mold
Teruaki Hasegawa, Shuichi Haraguchi, Munenori Numata, Chun Li, Ah-hyun Bae, Tomohisa Fujisawa, Kenji Kaneko, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai
Org. Biomol. Chem.   3 4321-4328   2005年11月   [査読有り]
Water soluble poly(3,4-ethtlenedioxythiophene) nanocomposite created by a templating effect of β-1,3-glucan schizophyllan
Chun Li, Munenori Numata, Teruaki Hasegawa, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai
Chem. Lett.   34 1532-1533   2005年10月   [査読有り]
Galactose-PEG dual conjugation of β-(1-3)-D-glucan schizophyllan for antisense oligonucleotides delivery to enhance the cellular uptake
Ryouji Karinaga, Takahisa Anada, Jusaku Minari, Masami Mizu, Kazuya Koumoto, Junji Fukuda, Kohji Nakazawa, Teruaki Hasegawa, Munenori Numata, Seiji Shinkai, Kazuo Sakurai
Biomaterials   27 1626-1635   2005年9月   [査読有り]
Water-soluble Polythiophene as an Optical Probe for Detection of the Helicity and Conformational Transition in Polysaccharides
Chun Li, Munenori Numata, Teruaki Hasegawa, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai
Chem. Lett.   34 1354-1355   2005年9月   [査読有り]
β-1,3-Glucan polysaccharides as novel one-dimensional hosts for DNA/RNA, conjugate polymers and nanoparticles
Kazuo Sakurai, Kazuya Uezu, Munenori Numata, Teruaki Hasegawa, Chun Li, Kenji Kaneko, Seiji Shinkai
Chem. Commun.   35 4383-4398   2005年8月   [査読有り]
Schizophyllan Acts as a One-Dimensional Host to Accommodate 5,10,15,20-Tetrakis(4-carboxyphenyl)porphyrinatozinc Acetate to Produce its Fibrous Superstructure
Teruaki Hasegawa, Tomohisa Fujisawa, Munenori Numata, Chun Li, Ah-hyun Bae, Shuichi Haraguchi, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai
Chem. Lett.   34 1118-1119   2005年7月   [査読有り]
Colorimetric detection of calcium ion using μ-oxobis-[5,15-meso-diphenylporphynatoiron(III)]
Teruaki Hasegawa, Munenori Numata, Masayoshi Asai, Masayuki Takeuchi, Seiji Shinkai
Tetrahedron   61 7783-7788   2005年6月   [査読有り]
Inclusion of Cut and As-Grown Single-Walled Carbon Nanotubes in the Helical Superstructure of Schizophyllan and Curdlan (β-1,3-Glucans)
Munenori Numata, Masayoshi Asai, Kenji Kaneko, Ah-Hyun Bae, Teruaki Hasegawa, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai
J. Am. Chem. Soc.   127 5875-5884   2005年3月   [査読有り]
Poly(N-substituted-acrylamide)-branched Schizophyllans Are Useful for Selective Recovery of Homopolynucleotides through Convenient and Quick Precipitation Procedures
Takahiro Matsumoto, Mariko Umeda, Munenori Numata, Teruaki Hasegawa, Kazuo Sakurai, Kazuya Koumoto, Seiji Shinkai
Polym. J.   37 177-185   2005年3月   [査読有り]
1D Arrangement of Au Nanoparticles by the Helical Structure of Schizophyllan: A Unique Encounter of a Natural Product with Inorganic Compounds
Ah-Hyun Bae, Munenori Numata, Teruaki Hasegawa, Chun Li, Kenji Kaneko, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai
Angew. Chem. Int. Ed.   44 2030-2033   2005年2月   [査読有り]
Schizophyllan Can Act as a One-dimensional Host to Construct Poly(diacetylene) Nanofibers
Teruaki Hasegawa, Shuichi Haraguchi, Munenori Numata, Tomohisa Fujisawa, Chun Li, Kenji Kaneko, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai
Chem. Lett.   34 40-41   2005年1月   [査読有り]
Schizophyllan-folate conjugate as a new non-cytotoxic and cancer-targeted antisense carrier
Teruaki Hasegawa, Tomohisa Fujisawa, Shuichi Haraguchi, Munenori Numata, Ryouji Karinaga, Taro Kimura, Shiro Okumura, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai
Bioorg. Med. Chem. Lett.   15 327-330   2004年11月   [査読有り]
β-1,3-Glucan (Schizophyllan) Can Act as a One-Dimensional Host for Creation of Novel Poly(aniline) Nanofiber Structures
Munenori Numata, Teruaki Hasegawa, Tomohisa Fujisawa, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai
Org. Lett.   6(24) 4447-4450   2004年11月
Schizophyllans carrying oligosaccharide-appendages as potential candidates for cell-targeted antisense carrier
Teruaki Hasegawa, Tomohisa Fujisawa, Munenori Numata, Takahiro Matsumoto, Mariko Umeda, Ryouji Karinaga, Masami Mizu, Kazuya Koumoto, Taro Kimura, Shiro Okumura, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai
Org. Biomol. Chem.   2 3091-3098   2004年10月   [査読有り]
Single-Walled Carbon Nanotubes Acquire a Specific Lectin-affinity through Supramolecular Wrapping with Lactose-appended Schizophyllan
Teruaki Hasegawa, Tomihisa Fujisawa, Munenori Numata, Mariko Umeda, Takahiro Matsumoto, Taro Kimura, Shiro Okumura, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai
Chem. Commun.   2150-2151   2004年8月   [査読有り]
Lactose-appended schizophyllan is a potential candidate for hepatocyte-targeted antisence carrier
Teruaki Hasegawa, Munenori Numata, Mariko Umeda, Takahiro Matsumoto, Masami Mizu, Kazuya Koumoto, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai
Chem. Commun.   382-383   2004年1月   [査読有り]
Sol-Gel Reaction Using DNA as a Template: An Attempt Toward Transcription of DNA into Inorganic Materials
Munenori Numata, Kazunori Sugiyasu, Teruaki Hasegawa, Seiji Shinkai
Angew. Chem. Int. Ed.   43 3279-3283   2004年1月   [査読有り]
Curdlan and Schizophyllan (β-1,3-Glucans) Can Entrap Single Wall Carbon Nanotubes in Their Helical Superstructure
Munenori Numata, Masayoshi Asai, Keiji Kaneko, Teruaki Hasegawa, Norifumi Fujita, Yumiko Kitada, Kazuo Sakurai, Seiji Shinkai
Chem. Lett.   33 232-233   2004年1月   [査読有り]
Artificial Metalloglycoclusters: Compact Saccharide Shell to Induce High Lectin Affinity as Well as Strong Luminescence
Teruaki Hasegawa, Takahiro Yonemura, Kazunori Matsuura, Kazukiyo Kobayashi
Bioconj. Chem.   14(4) 728-737   2003年5月   [査読有り]
Ruthenium complexes carrying a disialo complex-type oligosaccharide: enzymatic synthesis and its application to a luminescent probe to detect influenza viruses
Shinji Kojima, Teruaki Hasegawa, Takahiro Yonemura, Ken Sasaki, Kenji Yamamoto, Yutaka Makimura, Tadanobu Takahashi, Takashi Suzuki, Yasuo Suzuki, Kazukiyo Kobayashi
Chem. Commun.   1250-1251   2003年4月   [査読有り]
Glyco-Helix: Parallel Lactose-Lactose Interactions Stabilize an a-Helical Structure of Multi-glycosylated Peptide
Teruaki Hasegawa, Tomikazu Sasaki
Chem. Commun.   978-979   2003年3月   [査読有り]
Resolution of Enantiomers Using Sugar-Carrying Polyisocyanides as Chiral Stationary Phases for HPLC
Akiko Tsuchida, Teruaki Hasegawa, Kazukiyo Kobayashi, Chiyo Yamamoto, Yoshio Okamoto
Bull. Chem. Soc. Jpn.   75(12) 2681-2685   2002年12月   [査読有り]
Tris-bipyridine Ruthenium Complex-based Glyco-clusters: Amplified Luminescence and Enhanced Lectin-Affinities
Teruaki Hasegawa, Takahiro Yonemura, Kazunori Matsuura, Kazukiyo Kobayashi
Tetrahedr. Lett.   42(24) 3989-3992   2001年6月   [査読有り]
Glucosylated tris-bipyridine ferrous complexes: Construction of hexavalent saccharide clusters via self-assembly and their recognition by lectin
Teruaki Hasegawa, Kazunori Matsuura, Kazukiyo Kobayashi
Chem. Lett.   29(5) 466-467   2000年5月   [査読有り]
Multilayer Adsorption and Molecular Organization of Rigid Cylindrical Glycoconjugate Poly(phenylisocyanide) on Hydrophilic Surfaces
Teruaki Hasegawa, Kazunori Matsuura, Katsuhiko Ariga, Kazukiyo Kobayashi
Macromolecules   33(7) 2772-2775   2000年3月   [査読有り]
Rigid Helical Poly(glycosyl phenyl isocyanide)s: Synthesis, Conformational Analysis, and Recognition by Lectins
Teruaki Hasegawa, Shunsuke Kondoh, Kazunori Matsuura, Kazukiyo Kobayashi
Macromolecules   32(20) 6595-6603   1999年9月   [査読有り]
C6-Modifications on chitosan to develop chitosan-based glycopolymers and their lectin-affinities with sigmoidal binding profiles
長谷川 輝明
Carbohydr. Polym.      2015年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
エコ・バイオマテリアル創製のためのセルロースの機能化
長谷川 輝明、長谷川輝明
機能性セルロース次元材料の開発と応用   2013年6月   
近藤哲男(監修):シーエムシー出版:全239ページ:ISBN978-4-7813-0807-4
セルロースからの簡単なエコ・バイオマテリアル製造法
長谷川 輝明、長谷川輝明
月刊ケミカルエンジニヤリング(2012)57, 12, 914-920.   2012年12月   
B-1,3-グルカンの不思議とそのバイオ・ナノテクノロジーへの応用
長谷川 輝明、長谷川輝明
工業技術, 2007 (29)   2007年10月   
Glyco-Helix: Specific Calcium-Lactose Interaction Induce a Re-Organization of Lactose-Cluster of the Multi-Glycosylated Peptides
長谷川 輝明、University of Washington, Department of Chemistry, Tomikazu Sasaki
Biomolecular Chemistry -A Bridge for the Future-   2003年9月   

講演・口頭発表等

 
Preparation of organometallic compounds having multiple carbohydrates and their ion-responses to induce dynamic changes in their carbohydrate packings
○Naoto Chigira, Fumiko Dai, Masahito Hagio, Teruaki Hasegawa
日本化学会第97春季年会(神奈川)   2017年3月17日   
Synthesis and molecular properties of gossypol having two-maltoside appendages
○Masaki Nakamura, Yoshitsugu Amano, Teruaki Hasegawa
日本化学会第97春季年会(神奈川)   2017年3月17日   
Preparation and functional analysis of gossypols having two galactosides/maltosides
○Yoshitsugu Amano, Masaki Nakamura, Shoichi Yokoyama, Nobuya Shiozawa, Tomohiro Yano, Masahito Hagio, Teruaki Hasegawa
日本化学会第97春季年会(神奈川)   2017年3月17日   
ゴシポール配糖体の合成とその分光学的特性
○中村真基・天野善継・横山翔一・菅谷萌絵・長谷川輝明
第6回CSJ化学フェスタ2016(東京)   2016年11月14日   
糖修飾ポリフェニルアセチレンによる糖鎖間相互作用解析
○松岡 亮次・本橋 良太・長谷川 輝明
第65回高分子討論会(横浜)   2016年9月16日   
分子内に二つのマルトシド残基を有するゴシポール誘導体の合成とその分光学的特性の評価
○中村真基・天野善継・横山翔一・菅谷萌絵・長谷川輝明
第10回バイオ関連化学シンポジウム(金沢)   2016年9月8日   
糖修飾ポリフェニルアセチレンの合成とそのコンホメーション解析
○松岡亮次・本橋良太・長谷川輝明
第10回バイオ関連化学シンポジウム(金沢)   2016年9月8日   
一分子蛍光システムを用いた糖鎖間相互作用のハイスループット解析
○岩村真帆・三慶良介・長谷川輝明
第10回バイオ関連化学シンポジウム(金沢)   2016年9月7日   
糖修飾トリスフェナントロリン鉄錯体の合成とコンフォメーション変化
○代芙美子・長谷川輝明
第10回バイオ関連化学シンポジウム(金沢)   2016年9月7日   
糖鎖間相互作用のメカニズム解析:糖修飾トリスビピリジン鉄錯体を用いた動的コンビケム的アプローチ
野中祐紀・宇留野龍平・代芙美子・松岡亮次・岩村真帆・中村真基・天野善継・千明脩人・長谷川輝明
第35回日本糖質学会(高知)   2016年9月3日   
分子内に二つのマルトシド残基を有するゴシポール誘導体の合成とその分光学的特性
中村真基・天野善継・長谷川輝明
第35回日本糖質学会(高知)   2016年9月2日   
糖修飾トリスフェナントロリン鉄錯体の合成とコンフォメーション解析
代芙美子・長谷川輝明
第35回日本糖質学会(高知)   2016年9月2日   
ポリフェニルアセチレン型糖鎖高分子による糖鎖間相互作用解析
松岡亮次・本橋良太・長谷川輝明
第35回日本糖質学会(高知)   2016年9月2日   
一分子蛍光システムを用いた糖鎖間相互作用のメカニズム解析
岩村真帆・三慶良介・長谷川輝明
第35回日本糖質学会(高知)   2016年9月2日   
Chemical modification of gossypol to develop glycosylated gossypol
Masaki Nakamura and Teruaki Hasegawa
Canadian Glycomics Symposium, Banff, Canada   2016年5月19日   
Glycosylated tris-bipyridine ferrous complexes offer dynamic combinatorial libraries for probing carbohydrate-carbohydrate interactions
Yuki Nonaka, Ryuhei Uruno and Teruaki Hasegawa
Canadian Glycomics Symposium, Banff, Canada   2016年5月19日   
Hexavalent glycoclusters having tris-bipyridine ferrous complex cores for probing intramolecular carbohydrate-carbohydrate interactions
Yuki Nonaka, Ryuhei Uruno, and Teruaki Hasegawa
Pacifichem2015   2015年12月   
Synthesis and molecular recognition of ferrocene carrying two GlcNAc units
Fumiko Dai and Teruaki Hasegawa
Pacifichem2015   2015年12月   
High throughput evaluations of carbohydrate-carbohydrate interactions by using fluorescence intensity distribution analysis-polarization technique
Maho Iwamura and Teruaki Hasegawa
Pacifichem2015   2015年12月   
Synthesis of helical glyco-polyacetylene for probing cation-induced carbohydrate-carbohydrate interactions
Ryoji Matsuoka and Teruaki Hasegawa
Pacifichem2015   2015年12月   
6つの糖部位を有するトリスビピリジン鉄錯体による分子内糖鎖間相互作用メカニズムの解析
野中祐紀・宇留野龍平・長谷川輝明
第34回日本糖質学会年会(東京)   2015年8月2日   
糖修飾トリスフェナントロリン鉄錯体の合成と機能評価
代芙美子・長谷川輝明
第34回日本糖質学会年会(東京)   2015年8月1日   
一分子蛍光システムを用いた糖鎖間相互作用のハイスループット解析法の確立
岩村真帆・小山僚一・長谷川輝明
第34回日本糖質学会年会(東京)   2015年8月1日   
ポリアセチレン型糖鎖高分子の合成とそのコンホメーションのカチオン応答性
松岡亮次・進元春樹・長谷川輝明
第34回日本糖質学会年会(東京)   2015年8月1日   
オリゴ糖修飾トリスビピリジン鉄錯体による糖鎖間相互作用メカニズムの解析
野中祐紀・宇留野龍平・長谷川輝明
日本化学会第95春季年会(船橋)   2015年3月28日   
イヌリンを主鎖に有する糖鎖高分子
長谷川輝明・伊澤和美・秋山研人
GlycoTokyo2014(松戸)   2014年11月8日   
6-アジド-6-デオキシキトサンの大量合成とこれを鍵中間体としたキチン・キトサン型糖鎖高分子の合成
越路和弘・長谷川輝明
第33回日本糖質学会(名古屋)   2014年8月10日   
6つの糖部位を有するトリスビピリジン鉄錯体による糖鎖間相互作用メカニズムの解析
野中祐紀・宇留野龍平・長谷川輝明
第33回日本糖質学会(名古屋)   2014年8月10日   
糖修飾トリスビピリジンルテニウム錯体を蛍光プローブとして用いた糖鎖間相互作用のメカニズム解析
岩田弘絵・佐々木直・長谷川輝明
第33回日本糖質学会(名古屋)   2014年8月10日   
糖鎖間相互作用のハイスループット解析を指向した蛍光標識オリゴ糖の一分子動的挙動解析
岩村真帆・小山僚一・長谷川輝明
第33回日本糖質学会(名古屋)   2014年8月10日   
糖修飾フェロセンの合成とシクロデキストリンとの包摂によるレクチン親和性制御
代芙美子・奥田拓真・長谷川輝明
第33回日本糖質学会(名古屋)   2014年8月10日   
糖修飾トリスビピリジン鉄錯体を用いた糖鎖間相互作用のメカニズム解析
長谷川輝明・宇留野龍平・堤麻由香・中村もとみ・石川佳明
日本化学会第94春季年会(名古屋)   2014年3月27日   
イヌリン型糖鎖高分子の合成と機能
長谷川輝明・伊澤和美・秋山研人
第7回バイオ関連化学シンポジウム(名古屋)   2013年9月28日   
イヌリンの化学修飾によるβ-2,1-フルクタン型 糖鎖高分子の合成とその機能
長谷川輝明・伊澤和美・秋山研人
第62回高分子討論会(金沢)   2013年9月13日   
糖鎖間相互作用の解明に向けた糖修飾フェロセンの合成と機能解析
冨樫陽介・松林由香理・長谷川輝明
第32回日本糖質学会年会(大阪)   2013年8月7日   
6-アジド-6-デオキシキトサンの効率的合成
長谷川 輝明、越路和弘 長谷川輝明
第32回日本糖質学会年会(大阪)   2013年8月6日   
イヌリン型糖鎖高分子の合成とその機能
長谷川 輝明、長谷川輝明 伊澤和美 秋山研人
第32回日本糖質学会年会(大阪)   2013年8月6日   
General strategy to access an inulin azide and further chemical modifications towards new artificial glycopolymers having b-2,1-fructan scaffolds
伊澤和美・秋山研人・長谷川輝明
BNERC and IJAA Joint International Symposium on Advanced Science and Technology   2012年12月8日   
New synthetic methodology to C6-modified glucose derivatives from b-1,3-glucan as a starting material
Haruka Abe and Teruaki Hasegawa
BNERC and IJAA Joint International Symposium on Advanced Science and Technology   2012年12月8日   
Tris-bipyridine Ferrous Complexes Having Trivalent Glycoclusters Provide Dynamic Combinatorial Libraries to Probe Carbohydrate-Carbohydrate Interactions
Teruaki Hasegawa, Mayuka Tsutsumi, Motomi Nakamura
BNERC and IJAA Joint International Symposium on Advanced Science and Technology   2012年12月8日   
Glycosylated ferrocenes to investigate carbohydrate-carbohydrate interactions
Yosuke Togashi, Yukari Matsubayasi, and Teruaki Hasegawa
BNERC and IJAA Joint International Symposium on Advanced Science and Technology   2012年12月8日   
カードランを合成原料とした6位修飾グルコース誘導体の新規合成法
長谷川 輝明、阿部春香 長谷川輝明
第31回日本糖質学会年会(鹿児島)   2012年9月18日   
イヌリンに対する化学修飾法の開発とβ-2,1-フルクタン骨格を有する新規糖鎖高分子への展開
長谷川 輝明、伊澤和美 秋山研人 長谷川輝明
第31回日本糖質学会年会(鹿児島)   2012年9月18日   
糖鎖間相互作用メカニズムの解明を目的とした糖修飾フェロセンの合成と機能解析
長谷川 輝明、冨樫陽介 長谷川輝明
第31回日本糖質学会年会(鹿児島)   2012年9月18日   
Large-scale synthesis of C6-modified glucose derivatives from cardlan as a starting material
長谷川 輝明、Haruka Abe Teruaki Hasegawa
26th International Carbohydrate Symposium (ICS2012), Madrid, Spain   2012年7月25日   
Chemical modification of inulin to develop advanced biomaterials having β-2,1-fructan scaffolds
長谷川 輝明、Kazumi Izawa Kento Akiyama Teruaki Hasegawa
26th International Carbohydrate Symposium (ICS2012), Madrid, Spain   2012年7月23日   
Bis-glycosylated ferrocenes as tools to investigate carbohydrate-carbohydrate interactions
長谷川 輝明、Teruaki Hasegawa Shin-en Riku Ysuke Togashi
26th International Carbohydrate Symposium (ICS2012), Madrid, Spain   2012年7月23日   
各種6位修飾グルコースの合成原料として多糖であるカードランを用いる利点
長谷川 輝明、阿部春香 長谷川輝明
第61回高分子学会年次大会(横浜)   2012年5月30日   
イヌリンに対する効率的なトシル化およびアジド化法の開発とb-2,1-グルカン骨格を有する新規糖鎖高分子への展開
長谷川 輝明、伊澤和美 秋山研人 長谷川輝明
第61回高分子学会年次大会(横浜)   2012年5月30日   
b-2,1-フルクタンを基本骨格とする新規糖クラスター化合物の開発
長谷川 輝明、伊澤和美 秋山研人 長谷川輝明
日本化学会第92春季年会(横浜)   2012年3月25日   
Large-scale synthesis of C6-modified glycose derivatives from b-1,3-glucan curdlan as a starting material
長谷川 輝明、Haruka Abe Teruaki Hasegawa
9th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology   2011年12月10日   
Artificial glycoclusters as tools to investigate carbohydrate-carbohydrate interactions: glycosylated bipyridines
長谷川 輝明、Tatsuya Kinone Teruaki Hasegawa
9th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology   2011年12月10日   
Tosylated and azidated inulins as key substrates for further chemical modifications to access inulin-based advanced materials: an inulin-based glycocluster
長谷川 輝明、Kazumi Izawa Teruaki Hasegawa
9th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology   2011年12月10日   
Synthesis of glyco-peptide as a key component of biosensors to detect various oligosaccharide binding proteins
長谷川 輝明、Yoichi Mashiko Teruaki Hasegawa
9th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology   2011年12月10日   
Thermal decomposition behavior of azido curdlan
長谷川 輝明、T. Toda K. Katoh E. Hogashi T. Hasegawa H. Abe K. Nakano
The 4th International Symposium on Energetic Materials and their Applications (ISEM2011)   2011年11月16日   
b-1,2-フルクタンを基本骨格とする新規糖クラスター化合物の開発
長谷川 輝明、伊澤和美 長谷川輝明
日本農芸化学会関東支部2011年度大会(群馬)   2011年10月15日   
カードランを原料とするグルコース誘導体の大量合成法
長谷川 輝明、阿部春香 長谷川輝明
日本農芸化学会関東支部2011年度大会(群馬)   2011年10月15日   
b1,3-グルカンを出発原料としたグルコース誘導体大量合成法の開発
長谷川 輝明、阿部春香 長谷川輝明
日本応用糖質化学会平成23年度大会(札幌)   2011年9月29日   
レクチン認識能を有するセルロース被覆型金ナノ粒子の開発
長谷川 輝明、益子陽一 根岸かおり 長谷川輝明
日本応用糖質化学会平成23年度大会(札幌)   2011年9月29日   
b-1,2-フルクタンを主鎖とする新規バイオマテリアルの開発
長谷川 輝明、伊澤和美 長谷川輝明
日本応用糖質化学会平成23年度大会(札幌)   2011年9月29日   
b-1,2-フルクタンを骨格とする新規糖鎖高分子の開発
長谷川 輝明、伊澤和美 長谷川輝明
第5回バイオ関連化学シンポジウム(筑波)   2011年9月12日   
b1,3-グルカンを出発原料とする単糖誘導体の大量合成法
長谷川 輝明、阿部春香 長谷川輝明
第5回バイオ関連化学シンポジウム(筑波)   2011年9月12日   
b-1,2-フルクタンを主鎖とする新規糖鎖高分子の開発
長谷川 輝明、伊澤和美 長谷川輝明
第30回日本糖質学会年会(長岡)   2011年7月13日   
6位修飾カードランの酸加水分解による各種グルコース誘導体の大量合成
長谷川 輝明、阿部春香 長谷川輝明
第30回日本糖質学会年会(長岡)   2011年7月12日   
糖鎖間相互作用のメカニズム解明に向けた糖修飾フェロセンの合成とその機能
長谷川 輝明、桜井邦浩 冨樫陽介 木ノ根達也 長谷川輝明
日本化学会第91春季年会(横浜)   2011年3月27日   
レクチン認識能を有するセルロース被覆型金微粒子の合成と機能
長谷川 輝明、益子陽一 根岸かおり 長谷川輝明
日本化学会第91春季年会(横浜)   2011年3月26日   
β-1,2-フルクタンを主鎖とする新規バイオマテリアルの開発
長谷川 輝明、伊澤和美 佐藤晃世 長谷川輝明
日本化学会第91春季年会(横浜)   2011年3月26日   
6位修飾カードランの酸加水分解による各種グルコース誘導体の大量合成法の開発
長谷川 輝明、阿部春香 長谷川輝明
日本化学会第91春季年会(横浜)   2011年3月26日   
Glycosylated ferrocenes as an artificial model system to investigate carbohydrate-carbohydrate interactions
長谷川 輝明、Kunihiro Sakurai Teruaki Hasegawa
8th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology (Tokyo)   2010年12月17日   
Quantitative and regio-selective approach to develop new artificial glycopolymers having chitosan-scaffold
長谷川 輝明、Kaori Negishi Akiyo Sato Teruaki Hasegawa
8th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology (Tokyo)   2010年12月17日   
Synthesis of glyco-alamethicin as a key component of biosensors to detect various oligosaccharide binding proteins
長谷川 輝明、Yoichi Mashiko Teruaki Hasegawa
8th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology (Tokyo)   2010年12月17日   
Synthesis of a bis-aminoxy-functionalized ferrocene as a useful precursor to constrict bis-glycosylated ferrocenes
長谷川 輝明、Tatsuya Kinone Teruaki Hasegawa
8th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology (Tokyo)   2010年12月17日   
Quantitative and regio-selective approach to develop new artificial glycopolymers having polysaccharide-based scaffold
長谷川 輝明、Teruaki Hasegawa Kaori Negishi
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2010), Honolulu, USA   2010年12月16日   
Tris-bipyridine ferrous complexes having multiple hydrazides to investigate carbohydrate-carbohydrate interactions
長谷川 輝明、Teruaki Hasegawa Sho Sekiguchi
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2010), Honolulu, USA   2010年12月16日   
Bis-glycosylated ferrocenes to investigate carbohydrate-carbohydrate interactions
長谷川 輝明、Teruaki Hasegawa Atsushi Otsuka Kunihiro Sakurai
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2010), Honolulu, USA   2010年12月16日   
レクチン認識能を有するセルロース被覆型金微粒子の開発
長谷川 輝明、益子陽一 根岸かおり 長谷川輝明
第4回バイオ関連化学シンポジウム   2010年9月26日   
Artificial glyco-ferrocenes as tools to investigate carbohydrate-carbohydrate interactions
長谷川 輝明、Teruaki Hasegawa
The 25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010)   2010年8月5日   
セルロースを骨格とする新規糖鎖高分子の開発と機能
長谷川 輝明、根岸かおり 長谷川輝明
日本化学会第90春季年会(大阪)   2010年3月28日   
糖鎖間相互作用の解明に向けた糖修飾フェロセンの合成
長谷川 輝明、桜井邦浩 岡本まなみ 長谷川輝明
日本化学会第90春季年会(大阪)   2010年3月28日   
糖修飾フェロセンを用いた糖鎖間相互作用解析へのアプローチ
長谷川 輝明、長谷川輝明 大塚睦司 桜井邦浩
日本化学会第90春季年会(大阪)   2010年3月26日   
糖鎖間相互作用解明に向けた糖修飾ビピリジンの合成
長谷川 輝明、関口翔 長谷川輝明
日本化学会第90春季年会(大阪)   2010年3月26日   
Intramolecular approach to investigate carbohydrate-carbohydrate interactions
長谷川 輝明、Teruaki Hasegawa
7th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology (Tokyo, Japan))   2009年11月21日   
Artificial glycoclusters as tools to investigate carbohydrate-carbohydrate interactions (1): glycosylated bipyridines
長谷川 輝明、Sho Sekiguchi Teruaki Hasegawa
7th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology (Tokyo, Japan))   2009年11月20日   
Artificial glycoclusters as tools to investigate carbohydrate-carbohydrate interactions (2): glycosylated ferrocenes
長谷川 輝明、Kunihiro Sakurai Teruaki Hasegawa
7th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology (Tokyo, Japan))   2009年11月20日   
Quantitative and regio-selective approach to develop new artificial glycopolymers having cellulose-scaffold
長谷川 輝明、Kaori Negishi Teruaki Hasegawa
7th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology (Tokyo, Japan))   2009年11月20日   
6位選択的かつ定量的な化学修飾による機能性セルロース誘導体の合成と機能
長谷川 輝明、根岸かおり 川越奈津美 長谷川輝明
第29回日本糖質学会年会(高山)   2009年9月11日   
糖鎖間相互作用の解明に向けた糖修飾フェロセンの合成
長谷川 輝明、桜井邦浩 大塚睦司 長谷川輝明
第29回日本糖質学会年会(高山)   2009年9月11日   
セルロースを骨格とする新規糖鎖高分子の開発と機能
長谷川 輝明、根岸かおり 山下恵里佳 長谷川輝明
第29回日本糖質学会年会(高山)   2009年9月11日   
糖鎖間相互作用の解明に向けたラクトース修飾ビピリジンの合成
長谷川 輝明、関口翔 長谷川輝明
第29回日本糖質学会年会(高山)   2009年9月11日   
糖修飾フェロセン誘導体を用いた糖鎖間相互作用メカニズム解明へのアプローチ
長谷川 輝明、桜井邦浩 大塚睦司 長谷川輝明
第29回日本糖質学会年会(高山)   2009年9月9日   
6位選択的かつ定量的な化学修飾による機能性セルロース誘導体の合成と機能
長谷川 輝明、根岸かおり 川越奈津美 長谷川輝明
セルロース学会第16回年次大会(札幌)   2009年7月3日   
部位特異的かつ定量的なセルロース化学修飾によるセルロース型糖鎖高分子の合成
長谷川 輝明、根岸かおり 山下恵里佳 長谷川輝明
日本化学会第89春季年会(船橋)   2009年3月29日   
Quantitative and regio-selective approach to develop new artificial glycopolymers having cellulose-scaffold
長谷川 輝明、Erika Yamashita Kaori Negishi
6th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology (Tokyo)   2008年11月7日   
Artificial glycoclusters as tools to investigate carbohydrate-carbohydrate interactions (2): glycosylated bipyridines
長谷川 輝明、Sho Sekiguchi Teruaki Hasegawa
6th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology (Tokyo)   2008年11月7日   
Artificial glycoclusters as tools to investigate carbohydrate-carbohydrate interactions (1): glycosylated ferrocenes
長谷川 輝明、Atsushi Otsuka
6th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology (Tokyo)   2008年11月7日   
Convenient Synthetic Approach toward glycoclusters based on porphyrin core via “click chemistry” between an Alkyne-tethered Porphyrin and Azide-terminated Glycosides
長谷川 輝明、Misako Okada Kanako Ide
6th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology (Tokyo)   2008年11月7日   
位置特異的化学修飾を利用した新規セルロース型糖質高分子の開発
長谷川 輝明、山下恵里佳 長谷川輝明
第57回高分子討論会(大阪)   2008年9月24日   
セルロースを骨格とする新規糖鎖高分子の合成と機能
長谷川 輝明、山下恵里佳 長谷川輝明
第3回バイオ関連科学合同シンポジウム(横浜)   2008年9月20日   
クリックケミストリーを利用した糖クラスター修飾ポルフィリンの合成と機能
長谷川 輝明、岡田美佐子 井手加奈子 長谷川輝明
第3回バイオ関連科学合同シンポジウム(横浜)   2008年9月20日   
糖鎖間相互作用の解明に向けた糖修飾ビピリジンの合成
長谷川 輝明、関口翔 長谷川輝明
第3回バイオ関連科学合同シンポジウム(横浜)   2008年9月20日   

競争的資金等の研究課題

 
各種遷移錯体コアを有するミニマム糖クラスターを利用した 糖鎖間相互作用の動的ハイスループット解析
東洋大学: 井上円了記念研究助成金(研究の助成)
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 長谷川 輝明
動的コンビケムによるミニマム糖クラスターの構築と糖鎖間相互作用の解明への応用
科学研究費 若手研究(B)
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 長谷川輝明
ミニマム糖クラスターの動的コンビケム的構築
杉山産業化学研究所研究活動助成
研究期間: 2013年 - 2013年    代表者: 長谷川 輝明
動的コンビナトリアルケミストリーを活用した糖鎖間相互作用の解明
井上円了記念研究助成金(研究の助成)
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 長谷川 輝明
有機アジ化物の発火・爆発危険性評価
共同研究
研究期間: 2011年 - 2011年
糖修飾アラメチシンを認識/シグナル素子とした新規バイオセンサーの開発
井上円了記念研究助成金(研究の助成)
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 長谷川 輝明
糖修飾金属錯体をモデル系として用いた糖鎖間相互作用メカニズムの定量的解析
特別研究(個人研究)
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 長谷川 輝明
一分子蛍光分析システムによる糖鎖間相互作用メカニズムの解明
井上円了記念研究助成金(研究の助成)
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 長谷川 輝明
セルロースを骨格とする人工核酸の開発
特別研究(個人研究)
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 長谷川 輝明
糖鎖-糖鎖間相互作用メカニズムの定量的解析に関する研究
特別研究(個人研究)
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 長谷川 輝明
多糖とカーボンナノチューブの超分子融合による新規バイオ・ナノ材料群の創成
科学研究費 若手研究(B)
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 長谷川輝明

特許

 
特願2011-45595 : イヌリン誘導体およびその製造方法
長谷川輝明、長谷川輝明・伊澤和美・佐藤晃世
特願2011-45588 : 6位修飾デオキシグルコースの製造方法
長谷川輝明、長谷川輝明・阿部春香
特願2009-288235 : 親水性基とπ平面性構造を有する分子の残基が導入されたセルロース誘導体
長谷川輝明・川越奈津美
特願2008-169306 : ポルフィリン誘導体
長谷川輝明、長谷川輝明・岡田美佐子
特願2008-162015 : セルロース誘導体
長谷川輝明、長谷川輝明・山下恵里佳

その他

 
2009年
図書運営委員
2007年
体育評議会委員