清田 佳美

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/31 23:55
 
アバター
研究者氏名
清田 佳美
 
セイダ ヨシミ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/60216504.ja.html
所属
東洋大学
職名
教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)
その他の所属
自然科学研究室

プロフィール

新潟市出身

研究分野

 
 

経歴

 
2011年
   
 
東洋大学 経済学部 教授
 
 
   
 
(財)産業創造研究所
 
 
   
 
東京工業大学大学院
 

学歴

 
 
   
 
東北大学工学部  
 
 
   
 
東北大学大学院・工学研究科  
 
 
   
 
東京工業大学大学院・総合理工学研究科(中退)  
 

委員歴

 
 
   
 
化学工学会 材料界面部会幹事、分科会代表
 
 
   
 
日本吸着学会評議員
 
 
   
 
分離技術会企画委員
 

受賞

 
2001年
日本吸着学会奨励賞
 

論文

 
キャスト高分子膜の乾燥プロセスにおける粘弾性およびサーモグラフ
清田 佳美
東洋大学紀要 自然科学篇   61    2017年3月
Demonstration of QCM Measurement of Water During its Freezing-Thawing Process
清田 佳美
Journal of Chemical Engineering Japan   50(3) 195-200   2017年3月   [査読有り]
Adsorption properties of stearyl acrylate-gel for VOC observed by QCM-A
清田 佳美
Macromolecular Symposia      2017年   [査読有り]
Determination of intraparticle diffusivity and fluid-to-solid mass transfer coefficient from single concentration histrory curve in circulated-type fised bed reactor
清田 佳美
Adsorption Science and Technology      2017年   [査読有り]
3. A simplified technique to determine intraparticle diffusivity of macro-reticular resins
清田 佳美
Sustainable Environment Research   26(6) 249-254   2016年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
水の科学〜水の自然誌と生命、環境、未来
清田 佳美
オーム社   2015年3月   ISBN:978-4-274-21719-7
QCMを用いたハイドロゲルの局所粘弾性観察
清田 佳美、他
ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発、第3章、ゲルの測定・評価・解析、第3節、㈱技術情報協会、東京   2013年12月   
QCMを用いたゲル体の物性評価技術を解説
超音波反応場における刺激応答型高分子ゲルの合成
清田 佳美、他
マイクロ・ナノバブルとソノプロセス, 第4章、第2節、株式会社TIC、東京   2010年5月   

講演・口頭発表等

 
Effect of solution composition on the thermoresponsie CO2 adsorption/desorption properties of poly(N-isopropylacrylamide)-polyamine copolymer gel
Pacifichem 2015   2015年12月17日   
親水基を導入したアクリレートゲルの有機溶媒収着
清田 佳美
日本吸着学会研究発表会   2015年11月19日   
QCM Observation of Soft Material under Cryo-condition
清田 佳美
第23回日本MRS年次大会、横浜市開港記念会館、横浜   2013年12月11日   
クライオ条件におけるソフトマテリアルの特性評価手法(QCM-A)を開発
クライオQCMによるゲル体の粘弾性測定
清田 佳美、若本悟
化学工学会第45回秋季大会   2013年9月   
クライオ条件で測定可能なQCM-Aを開発
不均質場の拡散試験に供する最少基本試料サイズに関するモデル検討
清田 佳美、高瀬博康
第26回日本吸着学会研究発表会、産業総合研究所(つくば)   2012年11月15日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
ゲル化溶液を用いる極微量物質の吸着特性簡易評価手法の開発
科学研究費 基盤研究(C): 
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 清田 佳美
高分子ゲル複合QCMを用いた簡易砒素モニタリングシステムの開発
科学研究費 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 清田佳美
溶融塩を用いた廃家電からのインジウム分離・精製一括処理
科学研究費 萌芽研究
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 清田佳美
高分子ゲル複合水晶振動子を用いた生体分子認識・情報化デバイスの開発
科研費 基盤研究(C): 
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 清田 佳美
有機高分子ゲルを反応場とした無機ネットワーク構造体の作製
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 清田 佳美

特許

 
特開公開番号 2001-233619 : 鉄系複水酸化物の製造方法及び該複水酸化物を用いた水処理材
清田 佳美、中野義夫、中村康雄

その他

 
2015年10月   分離技術基礎講習, 実力養成吸着技術研修コース, 吸着技術の基礎マスター
2012年
実力要請基礎研修コース~やさしい分離技術「吸着編」
テキストpp.7-28
2010年
分離技術会主催 吸着技術セミナー
12/6~7