Takahashi Gaku

J-GLOBAL         Last updated: Oct 5, 2018 at 11:04
 
Avatar
Name
Takahashi Gaku
E-mail
gakutiwate-med.ac.jp
Affiliation
Iwate Medical University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Ishibe Y, Shibata S, Takahashi G, Suzuki Y, Inoue Y, Endo S
Journal of clinical apheresis   32(5) 302-310   Oct 2017   [Refereed]
Tsuji S, Kitatoube A, Kikuchi-Taura A, Oguro E, Shigesaka M, Okita Y, Shimizu T, Nii T, Teshigawara S, Tanaka E, Harada Y, Matsushita M, Hashimoto J, Ohshima S, Takahashi G, Endo S, Saeki Y
Modern rheumatology   27(4) 718-720   Jul 2017   [Refereed]
Takahashi G, Shibata S, Fukui Y, Okamura Y, Inoue Y
Diagnostic microbiology and infectious disease   86(2) 205-210   Oct 2016   [Refereed]
Takahashi G, Shibata S, Kan S, Inada K, Endo S
Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   89(4) 452-457   Jul 2015   [Refereed]
Nakae H, Takahashi G, Sato R, Shibata S, Endo S
Acute medicine & surgery   2(2) 77-81   Apr 2015   [Refereed]
Takahashi G, Shibata S, Ishikura H, Miura M, Fukui Y, Inoue Y, Endo S
European journal of anaesthesiology   32(3) 199-206   Mar 2015   [Refereed]
Sato R, Suzuki Y, Takahashi G, Kojika M, Inoue Y, Endo S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   21(3) 165-169   Mar 2015   [Refereed]
Endo S, Suzuki Y, Takahashi G, Shozushima T, Ishikura H, Murai A, Nishida T, Irie Y, Miura M, Iguchi H, Fukui Y, Tanaka K, Nojima T, Okamura Y
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   20(1) 30-34   Jan 2014   [Refereed]
Matsumoto N, Takahashi G, Kojika M, Suzuki Y, Inoue Y, Inada K, Endo S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   19(5) 825-832   Oct 2013   [Refereed]
Inoue Y, Fujino Y, Onodera M, Kikuchi S, Takahashi G, Kojika M, Endo S
Clinical journal of gastroenterology   6(5) 390-394   Oct 2013   [Refereed]
Inoue Y, Fujino Y, Onodera M, Kikuchi S, Sato M, Takahashi G, Kojika M, Endo S
Clinical journal of gastroenterology   6(5) 398   Oct 2013   [Refereed]
Kan S, Takahashi G, Onodera C, Shouzushima T, Matsumoto N, Inada K, Endo S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   19(2) 299-304   Apr 2013   [Refereed]
Endo S, Suzuki Y, Takahashi G, Shozushima T, Ishikura H, Murai A, Nishida T, Irie Y, Miura M, Iguchi H, Fukui Y, Tanaka K, Nojima T, Okamura Y
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   18(6) 891-897   Dec 2012   [Refereed]
[Study on the leukocyte-rich plasma as the specimen for the measurement of endotoxin].
Kan S, Takahashi G, Onodera C, Masuda T, Matsumoto N, Inada K, Endo S
Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology   60(11) 1045-1052   Nov 2012   [Refereed]
Makabe H, Kojika M, Takahashi G, Matsumoto N, Shibata S, Suzuki Y, Inoue Y, Endo S
Journal of anesthesia   26(5) 658-663   Oct 2012   [Refereed]
Onodera C, Takahashi G, Kan S, Shozushima T, Matsumoto N, Inada K, Endo S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   18(3) 370-377   Jun 2012   [Refereed]
Shioya N, Ishibe Y, Kan S, Masuda T, Matsumoto N, Takahashi G, Makabe H, Yamada Y, Endo S
BMC emergency medicine   12 7   Jun 2012   [Refereed]
Shozushima T, Takahashi G, Matsumoto N, Kojika M, Okamura Y, Endo S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   17(6) 764-769   Dec 2011   [Refereed]
Takahashi G, Matsumoto N, Shozushima T, Onodera C, Kan S, Akitomi S, Hoshikawa K, Kikkawa T, Kojika M, Inoue Y, Suzuki K, Wakabayashi G, Endo S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   17(6) 812-820   Dec 2011   [Refereed]
Shioya N, Ishibe Y, Shibata S, Makabe H, Kan S, Matsumoto N, Takahashi G, Yamada Y, Endo S
Case reports in emergency medicine   2011 242514   2011   [Refereed]
Shibata S, Takahashi G, Shioya N, Inada K, Endo S
Journal of anesthesia   24(6) 901-907   Dec 2010   [Refereed]
Takahashi G, Sato N, Yaegashi Y, Kojika M, Matsumoto N, Kikkawa T, Shozushima T, Akitomi S, Aoki K, Ito N, Hoshikawa K, Suzuki Y, Inoue Y, Wakabayashi G, Endo S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   16(2) 94-99   Apr 2010   [Refereed]
Kikkawa T, Sato N, Kojika M, Takahashi G, Aoki K, Hoshikawa K, Akitomi S, Shozushima T, Suzuki K, Wakabayashi G, Endo S
Digestive surgery   27(4) 307-312   2010   [Refereed]
Yaegashi Y, Shirakawa K, Sato N, Suzuki Y, Kojika M, Imai S, Takahashi G, Miyata M, Furusako S, Endo S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   11(5) 234-238   Oct 2005   [Refereed]
Relationship of the serum procalcitonin level with the severity of acute pancreatitis.
Sato N, Endo S, Kasai T, Inoue Y, Fujino Y, Onodera M, Imai S, Takahashi G, Miyata M, Kitamura M, Wakabayashi G
Research communications in molecular pathology and pharmacology   115-116 243-249   2004   [Refereed]

Misc

 
「若手整形外科医による整形外科関連外傷治療への取り組み:外傷治療の標準化とネットワーク構築」 重症・多発外傷に対する救命センターでの整形外傷治療 救急外傷医の立場から
菅 重典, 高橋 学, 増田 卓之, 石部 頼子, 秋丸 理世, 山田 裕彦, 菅原 敦, 及川 伸也, 土井田 稔
東北整形災害外科学会雑誌   61(1) 152-152   Jun 2018
仙骨骨盤輪骨折におけるDual SPRing Fix後方固定の紹介と検討
菅 重典, 高橋 学, 山部 大輔, 村上 秀樹, 土井田 稔
東北整形災害外科学会雑誌   61(1) 240-241   Jun 2018
抗がん剤による化学療法施行中に発症した劇症型溶連菌感染症の1例
高橋 学, 鈴木 泰
Shock: 日本Shock学会雑誌   33(1) 68-68   Jun 2018
敗血症性ショックを来した急性細菌性前立腺炎の1例
鈴木 泰, 高橋 学, 山田 裕彦, 井上 義博, 遠藤 重厚
Shock: 日本Shock学会雑誌   33(1) 70-70   Jun 2018
敗血症性ショックに伴うdisseminated intravascular coagulation症例における可溶性接着分子の推移
高橋 学, 鈴木 泰, 井上 義博, 柴田 繁啓, 遠藤 重厚
Shock: 日本Shock学会雑誌   33(1) 75-75   Jun 2018
増田 卓之, 高橋 学, 菅 重典, 石部 頼子, 井上 義博, 村上 秀樹
整形・災害外科   61(4) 455-457   Apr 2018
<文献概要>脊髄硬膜外膿瘍患者に対してプレセプシンを測定した。症例は71歳男性。腰痛と両下肢の脱力,膀胱直腸障害のため精査目的に当院へ紹介となった。確定診断後,緊急手術を行い両下肢麻痺の改善を認めたが膀胱直腸障害は残存した。白血球とCRPは手術翌日に一過性の上昇を認めたのに対し,プレセプシンは手術翌日より低下し第6病日に正常値となった。プレセプシンは整形外科領域でも細菌感染症診断の一助となる可能性が示唆された。
救急センター感染制御推進チームによる多職種へのアプローチ効果
近藤 郁子, 照井 善貴, 白椛 由貴, 細川 幸子, 高橋 弘江, 近藤 啓子, 山田 裕彦, 高橋 学
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   33回 240-240   Feb 2018
中心静脈留置型経皮的体温調整システムを使用し積極的平温療法を行った敗血症合併重症頭部外傷の1例
小野寺 ちあき, 高橋 学, 菅 重典, 増田 卓之, 秋丸 理世, 野々口 マリア, 井上 義博, 遠藤 重厚
岩手医学雑誌   69(5) 289-293   Dec 2017
2014年に中心静脈留置型経皮的体温調節装置システム(IVTMTMサーモガードシステム)が本邦で保険収載された。今回、体温管理に苦慮した敗血症合併重症頭部外傷患者に対し同システムを用いて積極的平温療法を施行した1例を経験した。症例は80歳男性。交通事故にて重症頭部外傷と頸髄損傷を受傷した。経過中に肺炎による敗血症を併発し38〜40℃の発熱が継続、体温管理が困難となり受傷後5日よりサーモガードシステムを導入した。設定体温は36.8℃とし24時間の体温は36.91℃±0.18℃で推移し、その後...
ドクターヘリで対応した熱傷症例の現場処置に関する検討
山田 裕彦, 高橋 学, 菅 重典
熱傷   43(4) 223-223   Nov 2017
搬入時心停止を来すも救命し得た非クロストリジウム性ガス壊疽症の1例
秋丸 理世, 高橋 学, 菅 重典, 石部 頼子, 増田 卓之, 野々口 マリア, 井上 義博
日本救急医学会雑誌   28(10) 805-811   Oct 2017
近年糖尿病に合併したガス壊疽が散見される。今回糖尿病に非クロストリジウム性ガス壊疽を合併し、敗血症性ショックから心停止を来すも救命し得た症例を経験したので報告する。症例は44歳の男性。既往歴は高血圧症、糖尿病(週3回維持透析)。約1ヵ月半前より右第5趾壊疽のため近医形成外科に入院中であったが、壊疽および感染が進行し敗血症性ショックを呈したため当院搬送となった。右下肢ガス壊疽による敗血症性ショックと診断し、大量輸液とともに昇圧剤、抗菌薬、γ-グロブリン製剤を投与した。外来処置中に一時心停止と...
臨床試験から視た救急手術 敗血症合併患者に対するIVIGの可能性
鈴木 泰, 小鹿 雅博, 佐藤 寿穂, 石田 馨, 佐々木 秀策, 高橋 学, 遠藤 重厚
日本臨床外科学会雑誌   78(増刊) 328-328   Oct 2017
高橋 学, 後藤 文, 松本 尚也, 菅 重典, 秋丸 理世, 増田 卓之, 石部 頼子, 山田 裕彦, 細谷 優子, 櫻庭 実
日本外傷学会雑誌   31(4) 442-447   Oct 2017
岩手県高度救命救急センターに搬送されたクマ外傷50症例について後方視的に検討した。平均年齢は69±5歳で男性に多く、時期としては5月、時間帯としてはam8:00〜11:59に、山菜取りの際中に被害に遭う例が目立っていた。90%の症例が顔面に被害を受け、明らかな左右差は認めず、68%の症例で全身麻酔による緊急手術が必要であった。全例に予防的抗菌薬が投与され、創部感染発生率は20%であった。検出された菌は通性嫌気性菌が7菌種、嫌気性菌が4菌種の計11菌種で、βラクタマーゼ阻害薬はその内9菌種に...
敗血症患者における免疫グロブリン製剤使用時のプレセプシンおよび他の液性因子の比較検討
高橋 学
日本外科感染症学会雑誌   14(5) 562-562   Oct 2017
敗血症性ショックに対するPMX-DHP施行時のエイコサノイドと肺酸素化能を検討した1例
星川 浩一, 高橋 学, 秋丸 理世, 菅 重典, 増田 卓之, 佐藤 正幸, 石部 頼子, 丹保 亜希仁, 鈴木 泰, 柴田 繁啓, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   21(1) 130-135   Oct 2017
敗血症性DICを併発した敗血症性ショックに対するPMX-DHP施行時の可溶性接着分子の検討
秋丸 理世, 高橋 学, 菅 重典, 小早川 ちあき, 増田 卓之, 佐藤 正幸, 野々口 マリア, 石部 頼子, 丹保 亜希仁, 石田 馨, 佐藤 寿穂, 小鹿 雅博, 鈴木 泰, 井上 義博, 小豆島 立頼, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   21(1) 138-143   Oct 2017
敗血症性ショックに対するPMX-DHP施行時のII型PLA2およびPAF-AHと肺酸素化能の検討
柴田 繁啓, 高橋 学, 菅 重典, 秋丸 理世, 野々口 マリア, 佐藤 正幸, 増田 卓之, 石部 頼子, 丹保 亜希仁, 鈴木 泰, 中館 俊英, 井上 義博, 志賀 光二郎, 小豆嶋 立頼, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   21(1) 175-180   Oct 2017
ARDSを合併した敗血症性ショックに対するPMX-DHP施行時のα-トコフェロールおよび好中球エラスターゼと肺酸素化能の検討
増田 卓之, 高橋 学, 秋丸 理世, 野々口 マリア, 佐藤 正幸, 菅 重典, 菊池 哲, 石部 頼子, 丹保 亜希仁, 小野寺 誠, 藤野 靖久, 鈴木 泰, 柴田 繁啓, 中館 俊英, 井上 義博, 小豆島 立頼, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   21(1) 185-192   Oct 2017
敗血症性ショック症例に対する PMX-DHP施行時のnucler matrix proteinの検討
佐藤 正幸, 高橋 学, 菅 重典, 秋丸 理世, 野々口 マリア, 増田 卓之, 石部 頼子, 丹保 亜希仁, 佐藤 寿穂, 小鹿 雅博, 高橋 智弘, 照井 克俊, 鈴木 泰, 柴田 繁啓, 井上 義博, 小豆嶋 立頼, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   21(1) 208-214   Oct 2017
敗血症性ショック患者に対するPMX-DHP施行時のII型phospholipase A2およびsurfactant proteinDの肺酸素化能と関わりについての検討
石部 頼子, 高橋 学, 菅 重典, 増田 卓之, 佐藤 正幸, 秋丸 理世, 野々口 マリア, 佐藤 寿穂, 菊池 哲, 小鹿 雅博, 小野寺 誠, 藤野 靖久, 鈴木 泰, 井上 義博, 小豆嶋 立頼, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   21(1) 220-220   Oct 2017
敗血症新定義による敗血症診断数の変化
高橋 学, 遠藤 重厚
日本救急医学会雑誌   28(9) 447-447   Sep 2017
深在性真菌症における多血小板血漿を用いたWako法の新規測定法
下山 賢, 菅 重典, 高橋 学, 森野 豪太, 秋丸 理世, 増田 卓之, 石部 頼子, 山田 裕彦, 井上 義博
日本救急医学会雑誌   28(9) 494-494   Sep 2017
劇症型溶連菌感染症の感染部および試験切開部にNPWTを施行し奏功したTSLSの1例
森野 豪太, 菅 重典, 高橋 学, 下山 賢, 秋丸 理世, 増田 卓之, 石部 頼子, 野々口 マリア, 山田 裕彦, 井上 義博
日本救急医学会雑誌   28(9) 528-528   Sep 2017
バクテリアルトランスロケーションは健常人で起こり得るのか?
高橋 学
日本救急医学会雑誌   28(9) 615-615   Sep 2017
大腸穿孔症例に対するPMX-DHP施行効果の検討
佐藤 寿穂, 小鹿 雅博, 石田 馨, 高橋 学, 鈴木 泰, 菊池 哲, 小野寺 誠, 藤野 靖久, 井上 義博, 遠藤 重厚
日本救急医学会雑誌   28(9) 616-616   Sep 2017
重症下腿開放骨折に対してMuscle transferテクニックを用いて創閉鎖した1例
増田 卓之, 菅 重典, 高橋 学, 秋丸 理世, 石部 頼子, 山田 裕彦, 井上 義博
日本救急医学会雑誌   28(9) 702-702   Sep 2017
台風10号による岩泉の災害に対する活動について
山田 裕彦, 菅 重典, 秋丸 理世, 増田 卓之, 高橋 学, 石部 頼子, 井上 義博
日本救急医学会雑誌   28(9) 712-712   Sep 2017
PMX-DHPの功罪 敗血症性ショックに対するPMX-DHPの有用性
鈴木 泰, 菅 重典, 高橋 学, 佐藤 寿穂, 小鹿 雅博, 井上 義博, 遠藤 重厚
日本急性血液浄化学会雑誌   8(Suppl.) 64-64   Aug 2017
不安定型骨盤輪骨折におけるDual Ara Iliac Screwによる後方固定術の検討
菅 重典, 高橋 学, 遠藤 寛興, 山部 大輔, 村上 秀樹, 土井田 稔
骨折   39(Suppl.) S120-S120   Jul 2017
岩手県高度救命救急センターにおけるクマ外傷50例の検討
高橋 学
日本外傷学会雑誌   31(2) 319-319   May 2017
ドクターヘリによる病院前診断の限界 胸部大動脈損傷の1例
山田 裕彦, 高橋 学, 小鹿 雅博, 菅 重典
日本外傷学会雑誌   31(2) 331-331   May 2017
感染マーカーの経時的測定を行った腹部刺創による小腸穿孔と重症熱傷を合併した複合自殺の1例
高橋 学, 菅 重典, 増田 卓之, 石部 頼子, 秋丸 理世, 野々口 マリア, 山田 裕彦, 井上 義博
ICUとCCU   41(4) 271-275   Apr 2017
症例は51歳男性。自殺目的に腹部を刺した後、灯油をかぶり全身60%熱傷を受傷した。腹部のIII度熱傷部位に小腸の脱出を伴う約10cmの刺創を認め、小腸には穿孔を伴っていた。刺創を延長し、腹腔内を精査。穿孔した小腸を20cm切除し、端々吻合を施行後、腹膜および脂肪層を縫合した。表皮はIII度熱傷部位を含めステープラーにて縫合した。同日よりBaxter formulaによる大量輸液を施行したが、急性腎障害を併発し第3病日より血液透析を施行した。第8病日よりグラム陰性桿菌による敗血症を併発したが...
【敗血症におけるバイオマーカーの意義】 敗血症診断としてのプレセプシンの有用性
高橋 学, 菅 重典, 増田 卓之, 秋丸 理世, 井上 義博, 小豆嶋 立頼, 遠藤 重厚
日本外科感染症学会雑誌   14(2) 95-100   Apr 2017
2014年、敗血症診断バイオマーカー「プレセプシン(以下、PSEP)」が保険収載された。これまでCRPやプロカルシトニン、IL-6など従来のバイオマーカーに比べ敗血症診断能の他、敗血症重症度の評価や予後予測能にも優れていることが報告されている。また従来のバイオマーカーの多くは炎症性サイトカインの刺激により産生が促進されることから、全身麻酔手術や外傷、重症熱傷といった侵襲時に敗血症が併発していなくてもその値が上昇するという問題点があった。しかしPSEPは炎症性サイトカインの影響を受けにくく、...
高橋 学, 菅 重典, 野々口 マリア, 増田 卓之, 秋丸 理世, 井上 義博
整形・災害外科   60(3) 349-351   Mar 2017
39歳男。交通外傷にて左胸部を打撲し、呼吸苦を認め救急搬送された。X線・CTで左第2〜11肋骨骨折、左外傷性血気胸を認め、第4肋間より胸腔ドレーンを挿入した。ドレーンより活動性の出血があり、造影CTで肋間動脈から造影剤の漏出を認めたため、動脈塞栓術を施行した。また、骨折部の疼痛が強く、呼吸状態も不安定であったため、気管挿管の上、人工呼吸器管理とした。エアリークが継続し、左第7〜9肋骨断端による肺実質の損傷が疑われ、第3病日に全身麻酔右片肺換気下にvideo-assisted thoraco...
プレセプシンを測定した発熱性好中球減少症の1例
増田 卓之, 高橋 学, 菅 重典, 秋丸 理世, 井上 義博, 遠藤 重厚, 小宅 達郎, 石田 陽治
ICUとCCU   41(2) 133-136   Feb 2017
好中球減少症患者では、細菌感染合併時に白血球が上昇せず、診断が遅れて重症化することがある。今回、発熱性好中球減少症の1例に対してプレセプシンを測定したので報告する。症例は63歳男性、急性リンパ性白血病で入院中、臍帯血移植前の大量化学療法施行中に発熱を認めたため、同日を0病日としてプレセプシンの測定を開始した。0病日は体温37.6℃、白血球数30個/μL、CRP 5.81mg/dL、PCT 0.13ng/mL、プレセプシン447pg/mL、血液培養は分離菌陰性であった。後日尿よりBK Vir...
【周術期感染管理up-to-date】 敗血症の早期診断・重症度評価法 バイオマーカーの有用性について
高橋 学, 小鹿 雅博, 菅 重典, 野々口 マリア, 井上 義博, 遠藤 重厚
消化器外科   39(13) 1745-1751   Dec 2016
骨・腱露出熱傷潰瘍に対する植皮術の工夫
山田 裕彦, 高橋 学, 菅 重典
熱傷   42(4) 196-197   Nov 2016
Sepsisの新たな治療戦略 sepsisの新しい定義を踏まえて 新規Sepsis定義における感染症マーカーの診断能評価
高橋 学, 石倉 宏恭, 三浦 政直, 福井 康雄, 大島 匠平, 遠藤 重厚
日本外科感染症学会雑誌   13(5) 459-459   Oct 2016
Polymyxin-B immobilized fiber-direct hemoperfusion施行回数とnitrite/nitrate値およびtumor necrosis factor α値の検討
秋丸 理世, 高橋 学, 小野寺 ちあき, 小鹿 雅博, 菅 重典, 増田 卓之, 佐藤 寿穂, 佐藤 正幸, 佐藤 諒, 石部 頼子, 柴田 繁啓, 鈴木 泰, 吉田 雄樹, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   20(1) 99-107   Oct 2016
エンドトキシン陽性の敗血症性ショックに対してPMX-DHPを施行した17例を対象とし、施行回数が1回の群(7例)と2回の群(10例)に分け、施行前のnitrite/nitrate(NOx)値およびTNF-α値を群間比較した。結果、NOx値は1回施行群が平均85.8μmol/L、2回施行群が109.1μmol/L、TNF-α値はそれぞれ平均145.1pg/mL、258.8pg/mLであり、両指標とも2回施行群のほうが高値であったが有意差は認められなかった。両指標の推移について検討した結果、N...
エンドトキシン散乱測光法におけるヒト血清アルブミンの影響
高橋 学, 柴田 繁啓, 菅 重典, 稲田 捷也, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   20(1) 143-144   Oct 2016
PMX-DHPを施行した敗血症性ARDSにおけるサーファクタントの検討
小野寺 ちあき, 高橋 学, 小鹿 雅博, 菅 重典, 増田 卓之, 佐藤 寿穂, 佐藤 正幸, 佐藤 諒, 秋丸 理世, 石部 頼子, 柴田 繁啓, 鈴木 泰, 中館 俊英, 吉田 雄樹, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   20(1) 148-154   Oct 2016
敗血症性ショックに伴うARDSに対してPMX-DHPを2回連日施行した11例を対象とし、サーファクタントA(以下SP-A)、サーファクタントD(SP-D)の推移について調査するとともに、肺酸素化能(P/F比)との関連性について検討した。調査の結果、PMX-DHP施行前のSP-A平均値は、カットオフ値を若干上回る程度のレベルであり、経過中に有意な変化はみられなかった。PMX-DHP施行前のSP-D値は429±278ng/mLと高値で、施行2日目に315±213ng/mLと有意に低下し、以後上...
敗血症性ショックに対するPolymyxin-B immobilized fiber-direct hemoperfusion施行時のtransforming growth factor β1とnitrite/nitrateの検討
佐藤 正幸, 高橋 学, 小鹿 雅博, 小野寺 ちあき, 菅 重典, 増田 卓之, 佐藤 寿穂, 佐藤 諒, 秋丸 理世, 菊池 哲, 小野寺 誠, 藤野 靖久, 肥田 頼彦, 高橋 智弘, 照井 克俊, 柴田 繁啓, 鈴木 泰, 吉田 雄樹, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   20(1) 182-189   Oct 2016
エンドトキシン陽性の敗血症性ショックに対してPMX-DHPを2回施行した患者10例を対象とし、TGF-β1、nitrite/nitrate(NOx)、TNF-αの推移について調査するとともに、相互の関連性について検討した。調査の結果、2回のPMX-DHP施行によりNOx値とTNF-α値は全例で速やかに低下し、TGF-β1値は8例で低下、2例で上昇していた。検討の結果、PMX-DHP施行前のNOx値とTNF-α値との間に有意な相関が認められた。PMX-DHP施行による昇圧効果にはnitric...
急性腎障害を合併した敗血症症例におけるプレセプシンとプロカルシトニンの検討
高橋 学, 鈴木 泰, 遠藤 重厚, 柴田 繁啓
日本急性血液浄化学会雑誌   7(Suppl.) 74-74   Sep 2016
救急整形外傷、"Preventable Disability"を減らすための挑戦 救急医として何ができるか? 防ぎえた機能障害の低減にむけて当施設での取り組み
高橋 学, 山田 裕彦, 菅 重典, 石部 頼子, 増田 卓之, 秋丸 理世
日本救急医学会雑誌   27(9) 316-316   Sep 2016
Damage Control Spine Surgeryを施行し呼吸機能改善を認めた多発外傷患者の3症例
野々口 マリア, 菅 重典, 高橋 学, 増田 卓之, 秋丸 理世, 石部 頼子, 佐藤 諒, 小早川 ちあき, 山田 裕彦, 真瀬 智彦, 井上 義博
日本救急医学会雑誌   27(9) 395-395   Sep 2016
Sepsis定義改定による感染症マーカーの診断能評価
高橋 学
日本救急医学会雑誌   27(9) 449-449   Sep 2016
Bacterial translocationと思われる敗血症で治療に難渋した両側大腿骨骨折の1例
山田 裕彦, 鈴木 泰, 石部 頼子, 高橋 学, 増田 卓之, 菅 重典, 秋丸 理世, 井上 義博
日本救急医学会雑誌   27(9) 551-551   Sep 2016
【臨床検査の最新情報】 感染症の検査 敗血症の血液マーカー
井上 義博, 高橋 学
臨牀と研究   93(8) 1074-1076   Aug 2016
多発外傷患者にDamage Control Spine Surgeryを施行し呼吸機能改善を認めた3症例
菅 重典, 佐藤 諒, 高橋 学, 徳永 花蓮, 山部 大輔, 遠藤 寛興, 村上 秀樹, 土井田 稔
東北整形災害外科学会雑誌   59(1) 241-242   Jun 2016
感染症早期診断法(in situ hybridization法)陽性症例におけるpresepsin値の検討
秋丸 理世, 高橋 学, 鈴木 泰, 中舘 俊英, 石部 頼子, 菅 重典, 小野寺 ちあき, 増田 卓之, 井上 義博, 遠藤 重厚
岩手医学雑誌   68(2) 73-80   Jun 2016
これまでに多くの感染症診断法が開発されてきたが精度や迅速性の問題が指摘されてきた.感染症マーカーであるpresepsin(以下PSEP)値のカットオフ値を検討するため,2014年11月から2015年7月に岩手県高度救命救急センターでsepsisが疑われた33例,健常人10例においてin situ hybridization法(以下ISH法)を施行,陽性率および検出菌を検討した.ISH法の感度は57.7%と従来の報告に比べ優れた結果であった.全症例を4群に分類しPSEPのカットオフ値を検討し...
DMAT隊員の現状と隊員養成
山田 裕彦, 大間々 真一, 高橋 学, 藤田 友嗣, 金子 拓, 齋藤 真知子, 真瀬 智彦
Japanese Journal of Disaster Medicine   20(3) 581-581   Feb 2016
【モニタリング-病態把握の指標・ヒント】 (状況別編)感染症に関するモニタリング CRP、プロカルシトニン、プレセプシン
鈴木 泰, 佐藤 諒, 高橋 学, 井上 義博, 遠藤 重厚
救急医学   40(1) 101-105   Jan 2016
多白血球血漿におけるβ-D gulcan測定法の基礎検討
菅 重典, 高橋 学, 稲田 捷也, 成田 和也, 山田 友紀, 秋丸 理世, 佐藤 諒, 佐藤 正幸, 佐藤 寿穂, 井上 義博
日本集中治療医学会雑誌   23(Suppl.) 460-460   Jan 2016
キャンピングカー炎上による広範囲熱傷5例発生への対応
山田 裕彦, 高橋 学, 松本 尚也, 菅 重典, 小野寺 ちあき, 佐藤 諒, 秋丸 理世
熱傷   41(4) 190-190   Nov 2015
高橋 学, 柴田 繁啓, 菅 重典, 小野寺 ちあき, 増田 卓之, 佐藤 諒, 秋丸 理世, 遠藤 重厚
日本集中治療医学会雑誌   22(6) 540-543   Nov 2015
糖尿病を合併した重症熱傷症例において、人工膵臓による血糖管理を行った1例を経験したので報告する。70歳、女性。糖尿病にてインスリン治療施行中であった。自宅風呂にて40%の熱傷を受傷した。受傷早期より経腸栄養を開始するも、敗血症を合併するとともに血糖管理が不良となり、第6病日より人工膵臓を導入した。以降、血糖値は150mg/dl前後と良好に管理され、目標投与量の栄養摂取が可能となった。人工膵臓使用により低血糖発作を起こすことなく目標の血糖値に管理でき、また必要インスリン量も正確に把握できるこ...
敗血症の早期診断、重症度評価におけるバイオマーカーの意義 敗血症診断マーカーとしてのプレセプシンの有用性
高橋 学, 遠藤 重厚
日本外科感染症学会雑誌   12(5) 500-500   Nov 2015
齲歯からの頸部膿瘍により敗血症となった4症例
小野寺 ちあき, 高橋 学, 松本 尚也, 菊池 哲, 小野寺 誠, 藤野 靖久, 鈴木 泰, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   19(1) 119-120   Oct 2015
PMX-DHP施行症例における肺酸素化能とIL-18の検討
秋丸 理世, 高橋 学, 小鹿 雅博, 松本 尚也, 石部 頼子, 小野寺 ちあき, 菅 重典, 佐藤 諒, 佐藤 正幸, 加藤 正義, 吉岡 禎史, 増田 卓之, 佐藤 寿穂, 石田 馨, 西成 悠, 柴田 繁啓, 鈴木 泰, 吉田 雄樹, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   19(1) 77-83   Oct 2015
エンドトキシン血症を伴う敗血症性ARDSに対してPMX-DHPを施行した10例を対象とし、PMX-DHP施行前の肺酸素化能(P/F比)とIL-18値の相関性について検討するとともに、PMX-DHP施行後の両指標の推移について検討した。結果、P/F比とIL-8値の間には有意な負の相関が認められた。P/F比の推移は、PMX-DHP施行日(第0病日)に比べて第2病日に平均値が有意に上昇し、IL-8値の推移は第2病日に平均値が有意に低下した。PMX-DHP施行後は全例でエンドトキシン値が低下し、敗...
白血球減少を伴った敗血症性ショック患者に対するPMX-DHP施行回数と血中G-CSF濃度の検討
増田 卓之, 高橋 学, 小鹿 雅博, 佐藤 寿穂, 小野寺 ちあき, 菅 重典, 佐藤 諒, 佐藤 正幸, 秋丸 理世, 石部 頼子, 松本 尚也, 菊池 哲, 小野寺 誠, 藤野 靖久, 柴田 繁啓, 鈴木 泰, 吉田 雄樹, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   19(1) 88-94   Oct 2015
7例を対象とし、PMX-DHP施行回数が1回の群(4例)と2回群(3例)に分け、PMX-DHP施行後の血中G-CSF濃度と白血球数の推移を群間比較した。その結果、血中G-CSF濃度は両群とも低下し、1回施行群のほうが早期に低下した。白血球数は両群とも増加し、1回施行群のほうが早期に増加した。また、全例を対象とし、血中G-CSF濃度の推移とAPACHE IIスコアの推移との相関性について検討した結果、有意な正の相関が認められた。
【感染制御の最前線 救急領域のベストプラクティス】 感染制御に必要な基礎知識 感染症診断 プロカルシトニン、プレセプシン
高橋 学, 菅 重典
救急医学   39(10) 1260-1264   Sep 2015
血液浄化で臓器障害スパイラルを止められるrevisit 重症敗血症の臓器障害スパイラルに対する急性血液浄化療法を含めた集学的治療
鈴木 泰, 高橋 学, 小鹿 雅博, 佐藤 諒, 井上 義博, 遠藤 重厚
日本急性血液浄化学会雑誌   6(Suppl.) 64-64   Sep 2015
敗血症診断における血漿を用いたプレセプシンの半定量的イムノクロマトグラフィー法の有用性
佐藤 正幸, 高橋 学, 柴田 繁啓, 小野寺 誠, 鈴木 泰, 井上 義博, 遠藤 重厚
岩手医学雑誌   67(3) 91-99   Aug 2015
我々は以前,chemiluminescent enzyme immunoassay(CLEIA)より簡便である血漿によるプレセプシンのimmunochromatographic test(ICT)を報告した.今回,血漿の希釈を必要としないICTを新規に開発し,敗血症及び重症敗血症/敗血症性ショックの診断に有用であるかを検討した.systemic inflammatory response syndrome(SIRS)と診断された20名,敗血症,重症敗血症/敗血症性ショックと診断された32名...
敗血症診断における新規ハイブリダイゼーション法の有用性
秋丸 理世, 高橋 学, 鈴木 泰, 中舘 俊英, 山田 裕彦, 石部 頼子, 菅 重典, 小野寺 ちあき, 増田 卓之, 佐藤 諒, 井上 義博
日本救急医学会雑誌   26(8) 363-363   Aug 2015
外傷が契機と考えられる診断に苦慮した消耗性血小板減少の1症例
菅 重典, 高橋 学, 小野寺 ちあき, 佐藤 諒, 増田 卓之, 秋丸 理世, 山田 裕彦, 井上 義博
日本救急医学会雑誌   26(8) 469-469   Aug 2015
プレセプシンを測定した発熱性好中球減少症の1例
増田 卓之, 高橋 学, 佐藤 諒, 菅 重典, 秋丸 理世, 山田 裕彦, 井上 義博, 遠藤 重厚, 小宅 達郎, 石田 陽治
日本救急医学会雑誌   26(8) 488-488   Aug 2015
【高度生体侵襲に対する各方面からの対応法】 メディエーター対策から
遠藤 重厚, 高橋 学, 柴田 繁啓, 鈴木 泰
ICUとCCU   39(7) 417-422   Jul 2015
高度侵襲時産生される多くのメディエーターはそれぞれが単独で作用しているよりも、相互に、あるいは相乗的に効果を発揮し、種々の病態を形成し、それに続発する種々の臓器障害発症に関与していると考えられる。それぞれのメディエーターに対し、速やかで適切な対応を行うことが治療成績の向上に直結するものと思われる。(著者抄録)
指圧マッサージを契機に発症した左鎖骨下動脈筋枝損傷の1例
佐藤 諒, 高橋 学, 遠藤 重厚
整形・災害外科   58(8) 1103-1106   Jul 2015
48歳男性。数年にわたり週2回の頻度で指圧マッサージを受けていたが、今回、左鎖骨付近のマッサージを受けた後に同部に疼痛が出現、数時間で徐々に疼痛が増悪し、あわせて左前胸部に腫脹も出現したため受傷約5時間後に救急搬送された。搬入時、左前胸部には著明な腫脹と圧痛がみられたものの胸部X線像では明らかな浸潤影や血気胸はみられなかった。だが、造影CTでは左前胸部の大胸筋の筋肉内に造影剤の漏出ほか、周囲組織の腫脹が確認された。明らかな鎖骨・肋骨・胸骨・肩甲骨の骨折は認められなかったが、左鎖骨下動脈筋枝...
高橋 学, 柴田 繁啓, 菅 重典, 稲田 捷也, 遠藤 重厚
感染症学雑誌   89(4) 452-457   Jul 2015
目的:エンドトキシン散乱測光法(Endotoxin scattering photometry;以下ESP法)は,新規開発されたエンドトキシン測定法であるが,当施設ではこれまでにESP法ではエンドトキシンフリーの注射用蒸留水においても偽陽性と考えられる凝集(以下偽凝集)が生じること.また検体の希釈により測定値に差異が生じることを報告してきた.今回これらの現象が検体の蛋白濃度に起因するかについてHuman serum albumin(以下HSA)を用いて検討した.結果:ESP法における偽凝集...
頸椎頸髄損傷における呼吸筋麻痺に対するNIPPVと早期手術が人工呼吸器離脱に有効であった症例
菅 重典, 高橋 学, 井上 義博, 遠藤 重厚, 村上 秀樹, 張簡 鴻宇, 土井田 稔
東北整形災害外科学会雑誌   58(1) 198-198   Jun 2015
【重症病態を診る!モニタリングの魅力-ER、ICU、OPE室での症例から学ぶ-】 感染症 感染症のモニタリング
遠藤 重厚, 高橋 学, 柴田 繁啓, 鈴木 泰
救急・集中治療   27(5-6) 470-476   Jun 2015
<point>敗血症の早期治療には早期診断を可能にするマーカーが必要である。100%診断可能なマーカーはない。マーカーの特徴を理解して使用する。病態とマーカーとの関わりについて理解する。(著者抄録)
ドクターヘリにより対応した外傷症例の検討
山田 裕彦, 高橋 学, 松本 尚也, 菅 重典, 小野寺 ちあき, 増田 卓之, 佐藤 諒
日本外傷学会雑誌   29(2) 215-215   May 2015
気道確保
柴田 繁啓, 高橋 学, 遠藤 重厚
呼吸器内科   27(5) 418-422   May 2015
新しい敗血症の考え方と診断 敗血症診断マーカーとしてのプレセプシン(sCD14-ST)の有用性について
高橋 学, 遠藤 重厚
日本化学療法学会雑誌   63(Suppl.A) 98-98   May 2015
AN69ST膜を用いたCHDFが奏功した敗血症性ショックの1例
鈴木 泰, 高橋 学, 秋丸 理世, 小野寺 ちあき, 佐藤 諒, 増田 卓之, 柴田 繁啓, 山田 裕彦, 井上 義博, 遠藤 重厚
Shock: 日本Shock学会雑誌   30(1) 88-88   May 2015
【感染症診断の新たなツール】 バイオマーカー プレセプシン
遠藤 重厚, 高橋 学, 鈴木 泰
化学療法の領域   31(増刊) 1171-1178   Apr 2015
CD14は、マクロファージ/モノサイト/顆粒球の細胞内、細胞膜に存在し、エンドトキシンの細胞内シグナル伝達を担うとされている。血中にも可溶型タンパク質として存在する。我々は可溶型CD14分子のうち、従来のCD14と分子量が異なる、すなわち可溶型CD14サブタイプ(13kD)を発見し、これをプレセプシン(presepsin:P-SEP)と命名した。敗血症の診断能力においてプレセプシンを測定することが現時点でもっとも優れていることがわかった。現在では、全血をパスファーストを用いる化学発光酵素免...
Sepsis診療up to date 予後改善のための最新診療アプローチ 敗血症診断マーカーの活用
鈴木 泰, 高橋 学, 佐藤 諒, 遠藤 重厚
感染症学雑誌   89(臨増) 139-140   Mar 2015
急性腎障害に対するプレセプシンとプロカルシトニンの比較検討
高橋 学, 遠藤 重厚, 福井 康雄
感染症学雑誌   89(臨増) 211-211   Mar 2015
敗血症の新規バイオマーカーであるプレセプシンの産生機構について
高橋 学, 稲田 捷也, 遠藤 重厚
感染症学雑誌   89(臨増) 225-225   Mar 2015
ARDSの多面的評価 敗血症性ARDSとバイオマーカー
遠藤 重厚, 高橋 学, 柴田 繁啓, 鈴木 泰, 中館 俊英
日本呼吸器学会誌   4(増刊) 15-15   Mar 2015
市中感染型MRSAによるToxic Shock Syndromeを来たし救命し得た1例
鈴木 泰, 佐藤 諒, 高橋 学, 中舘 俊英, 井上 義博, 遠藤 重厚, 山田 友紀, 諏訪部 章
岩手医学雑誌   66(6) 247-247   Feb 2015
敗血症性ショックの治療戦略 自施設における治療戦略とは? 重症敗血症患者に対する厳格な血糖管理・体温調節
鈴木 泰, 高橋 学, 小鹿 雅博, 佐藤 寿穂, 小野寺 ちあき, 松本 尚也, 高橋 智弘, 照井 克俊, 井上 義博, 遠藤 重厚
日本集中治療医学会雑誌   22(Suppl.) [DSYi-1   Jan 2015
Autonomic disturbanceを呈した重症破傷風におけるランジオロールの有効性の検討
菅 重典, 稲田 捷也, 高橋 学, 秋丸 理世, 佐藤 諒, 増田 卓之, 松本 尚也, 石部 頼子, 井上 義博, 遠藤 重厚
日本集中治療医学会雑誌   22(Suppl.) [DP14-5]   Jan 2015
中心静脈留置型体温調整システムの使用経験
小野寺 ちあき, 高橋 学, 菅 重典, 松本 尚也, 遠藤 重厚
日本集中治療医学会雑誌   22(Suppl.) [DP25-5]   Jan 2015
下腿開放骨折に伴う前脛骨動脈損傷による出血性ショックの1例
増田 卓之, 高橋 学, 松本 尚也, 小野寺 ちあき, 佐藤 諒, 菅 重典, 山田 裕彦, 井上 義博, 遠藤 重厚
日本集中治療医学会雑誌   22(Suppl.) [DP74-2]   Jan 2015
岩手県高度救命救急センターにおける骨盤骨折の現状
松本 尚也, 佐藤 諒, 高橋 学, 菅 重典, 小野寺 ちあき, 増田 卓之, 山田 裕彦, 井上 義博, 遠藤 重厚
日本集中治療医学会雑誌   22(Suppl.) [DP133-5]   Jan 2015
警察救助隊との防災訓練
山田 裕彦, 大間々 真一, 高橋 学, 松本 尚也, 齋藤 麻知子, 金子 拓, 藤田 友嗣, 秋冨 慎司, 眞瀬 智彦, 遠藤 重厚
日本集団災害医学会誌   19(3) 501-501   Dec 2014
敗血症診断マーカーとしてのプレセプシン(sCD14-ST)の有用性について
高橋 学, 小豆島 立頼, 遠藤 重厚
東京都医学検査学会抄録集   10回 31-31   Nov 2014
事故・災害時における熱傷病院前救護 ドクターヘリによる熱傷現場対応について
山田 裕彦, 高橋 学, 松本 尚也, 増田 卓之, 菅 重典, 小野寺 ちあき, 佐藤 諒, 遠藤 重厚
熱傷   40(4) 184-184   Nov 2014
熱傷植皮創の持続陰圧療法(NPWT)による術後管理
山田 裕彦, 高橋 学, 松本 尚也, 増田 卓之, 菅 重典, 小野寺 ちあき, 佐藤 諒, 遠藤 重厚
熱傷   40(4) 212-212   Nov 2014
重症破傷風におけるランジオロールの有用性の検討
菅 重典, 高橋 学, 丹保 亜希仁, 増田 卓之, 松本 尚也, 山田 裕彦, 井上 義博, 遠藤 重厚
ICUとCCU   38(10) 697-703   Oct 2014
重症破傷風患者の全身管理に対するさまざまな報告・検討がなされているが、有効な手段は確立されていない。症状発症からOnset Time 48時間以内に全身痙攣が発症した症例やAutonomic disturbance(以下AD)が認められるものは重症とされ、本邦の死亡率は40%前後とされる。この度、2004年1月から2013年7月の期間において当院救急センターに入院となった重症破傷風患者におけるADに対し、従来の治療法に加えβ遮断薬であるランジオロールを使用した3症例のランジオロール投与期間...
新規に保険収載された検査法 敗血症診断マーカーとしてのプレセプシンの意義
遠藤 重厚, 高橋 学, 佐藤 正幸, 鈴木 泰
Modern Media   60(10) 299-305   Oct 2014
ガイドラインを超えて Beyond the theory 重症敗血症患者救命症例の治療内容とガイドラインとの比較検討
鈴木 泰, 高橋 学, 佐藤 諒, 菅 重典, 増田 卓之, 松本 尚也, 中舘 俊英, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   18(1) 29-30   Oct 2014
インフルエンザ感染を契機に進展した敗血症性ショックの1例
菅 重典, 高橋 学, 佐藤 諒, 秋丸 理世, 増田 卓之, 松本 尚也, 小野寺 ちあき, 石部 頼子, 鈴木 泰, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   18(1) 63-69   Oct 2014
60歳代女。交通事故で軸椎破裂骨折を受傷し、ハローベスト装着となった。自力歩行可能となったが、排尿障害がありバルーンを長期間留置した。21病日に発熱と血圧低下、無尿を認め、抗生剤、カテコラミン類を開始したが治療効果を認めなかった。迅速インフルエンザ検査陽性、エンドトキシン陽性であった。インフルエンザ感染、尿路感染、軟部組織感染症、敗血症性ショック、多臓器不全と診断した。輸液を行い、昇圧剤、濃厚赤血球、新鮮凍結血漿、濃厚値小板を投与した。抗生剤はPIPC/TAZ、LZDを使用し、抗ウイルス薬...
プレセプシン値はPMX-DHP施行時の敗血症性DICの重症度をよく反映する
佐藤 正幸, 高橋 学, 佐藤 諒, 佐藤 寿穂, 遠藤 史隆, 野田 宏伸, 小鹿 雅博, 星川 浩一, 菊池 哲, 小野寺 誠, 藤野 靖久, 鈴木 泰, 吉田 雄樹, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   18(1) 79-85   Oct 2014
80歳代男。腹痛で受診し、診察中にショック状態となった。胸部X線写真で両側に浸潤陰影を認め、ARDSを呈し、呼吸状態不良であり人工呼吸器管理とした。APACHEIIスコアは39、SOFAスコアが14であった。P-SEP値は1460pg/mLと上昇した。S状結腸憩室穿孔による敗血症性ショックと診断し、直ちに一期的吻合手術を施行した。PMX-DHP施行により収縮期血圧の上昇を認めた。敗血症に対しては抗菌剤とγ-グロブリン製剤、DICに対しては蛋白分解阻害剤とAT-III製剤を、ARDSに対して...
PMX-DHP施行時にトロンボモジュリンを継続して測定し得た敗血症性DICの1例
石部 頼子, 高橋 学, 松本 尚也, 菅 重典, 増田 卓之, 佐藤 諒, 佐藤 正幸, 小野寺 ちあき, 提嶋 久子, 那須 和広, 森 潔史, 石塚 直樹, 藤澤 豊, 千葉 健太, 藤村 秀男, 眞壁 秀幸, 鈴木 泰, 山田 裕彦, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   18(1) 86-92   Oct 2014
70歳代女。熱傷面積が52%の広範囲熱傷で、第6病日目頃より38℃台の発熱、術創部の感染がみられた。第9病日目に敗血症性ショック状態を呈した。SIRSの4項目を全て満たし、CRPは上昇していた。急性期DIC診断基準では8点であった。APACHEIIスコア36、SOFAスコア16であった。補液、昇圧剤の投与にも反応が鈍く、PMX-DHPを施行し、エンドトキシン値はカットオフ値以下になった。症状およびDICスコアの改善にともない、トロンボモジュリン(TM)値もほぼパラレルに低下した。プロテイン...
PMX-DHP施行時にtype II phospholipase A2と肺酸素化能を継続して検討した1症例
佐藤 諒, 高橋 学, 松本 尚也, 佐藤 正幸, 秋丸 理世, 菅 重典, 小野寺 ちあき, 石部 頼子, 提嶋 久子, 増田 卓之, 柴田 繁啓, 鈴木 泰, 山田 裕彦, 吉田 雄樹, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   18(1) 127-133   Oct 2014
70歳代男。右下腿の蜂窩織炎で加療中であった。敗血症性ショックを合併し、下腿の膿汁の培養からP.aeruginosaを検出した。急性期DIC診断基準は6点であった。呼吸状態不良で、P/F比は116と低下し、胸部X線像で両側に浸潤陰影を認め、ARDSを合併し、呼吸状態が不良であり、人工呼吸管理となった。PMX-DHPで収縮期血圧は96mmHgまで上昇し、その後収縮期血圧は緩やかに上昇した。エンドトキシン値は1.4pg/mLまで低下した。PMX-DHP施行によるtype II PLA2値の低下...
PMX-DHPを施行した敗血症性ARDSにおける肺サーファクタントと好中球エラスターゼの検討
提嶋 久子, 高橋 学, 松本 尚也, 増田 卓之, 菅 重典, 秋丸 理世, 小野寺 ちあき, 石部 頼子, 吉岡 靖史, 大沼 禎史, 柴田 繁啓, 鈴木 泰, 山田 裕彦, 中館 俊英, 吉田 雄樹, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   18(1) 134-140   Oct 2014
61歳男。TBSA 42%の広範囲熱傷で、熱傷ショック離脱後の第14病日目に敗血症性ショック、ARDSおよびDICを呈した。エンドトキシン値は4.8pg/mLであった、APACHEIIスコア31、急性期DICスコア6点、P/F比は126であった。昇圧剤と十分な補液にも係わらず収縮期血圧が100mmHg以下で推移するので、PMX-DHPを2回施行し、エンドトキシン値は低下した。敗血症性ショック時の好中球エラスターゼ値は980ng/mL、SP-D値は720ng/mL、SP-A値は38.4ng/...
PMX-DHPを施行したARDS症例における可溶性接着分子の検討
小野寺 ちあき, 高橋 学, 松本 尚也, 菅 重典, 佐藤 寿穂, 増田 卓之, 佐藤 諒, 佐藤 正幸, 秋丸 理世, 石部 頼子, 提嶋 久子, 大邊 寛幸, 肥田 頼彦, 高橋 智弘, 照井 克俊, 小守林 靖一, 大間々 真一, 柴田 繁啓, 鈴木 泰, 中館 俊英, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   18(1) 141-148   Oct 2014
PMX-DHPを施行したARDS症例における可溶性接着分子について検討した。ARDSを合併した敗血症性ショックの10例を対象とした。APACHEIIスコアは33±6.8で、全ての症例においてエンドトキシン値は1.1pg/mL以上であった。いずれの症例もPMX-DHP施行により収縮期血圧の上昇を認め、P/F比は有意に低下した。可溶性ICAM-1値、可溶性VCAM-1値、血中IL-8値は有意に低下し、可溶性E-selectin値は軽度低下し、血中TNF-αは低下した。敗血症性ARDS診断時にP...
多白血球血漿をもちいたエンドトキシン測定の基礎的研究
菅 重典, 高橋 学, 稲田 捷也, 小野寺 ちあき, 佐藤 正幸, 佐藤 諒, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   18(1) 149-150   Oct 2014
PMX-DHP施行時に炎症性サイトカインと抗炎症性サイトカインを継続して検討した敗血症性ショックの1例
秋丸 理世, 高橋 学, 小鹿 雅博, 松本 尚也, 佐藤 寿穂, 遠藤 史隆, 野田 宏伸, 小野寺 ちあき, 石部 頼子, 菊池 哲, 星川 浩一, 小野寺 誠, 藤野 靖久, 柴田 繁啓, 鈴木 泰, 吉田 雄樹, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   18(1) 159-166   Oct 2014
80歳代後半男。右下腹部痛が出現し、様子を見ていたが疼痛が増強した。来院時、敗血症性ショック状態であった。SIRSの4項目をすべて満たし、APACHEIIスコア36、SOFAスコア14であった。エンドトキシン値は5.3pg/mLで、エンドトキシンショックであった。大腸穿孔による汎発性腹膜炎で、直ちに一期的に結腸吻合を行った。術後、十分な補液と昇圧剤の投与にも関わらず、収縮期血圧が80〜90mmHg台で推移するためPMX-DHPを施行し、収縮期血圧の上昇が得られた。腹水の培養ではK.pneu...
PMX-DHP施行時のプロテインC活性、TNF-αおよびNOx値の経時的変化の検討
増田 卓之, 高橋 学, 松本 尚也, 小鹿 雅博, 藤澤 豊, 森 潔史, 丹保 亜希仁, 秋冨 慎司, 肥田 頼彦, 高橋 智弘, 照井 克俊, 小守林 靖一, 大間々 真一, 柴田 繁啓, 鈴木 泰, 吉田 雄樹, 井上 義博, 遠藤 重厚
エンドトキシン血症救命治療研究会誌   18(1) 167-174   Oct 2014
PMX-DHP施行時のプロテインC活性、TNF-αおよびNOx値の経時的変化について検討した。PMX-DHPを施行し、経日的に採血可能であった敗血症性ショックの4例を対象とした。全採血ポイントにおいて、プロテインC活性とTNF-α値間には有意な負の相関関係を認めた。プロテインC活性とNOx値間にも有意な負の相関関係を認めた。TNF-α値とNOx値間には正の相関関係を認めた。4例とも敗血症性ショック発症日および翌日の第1病日に計2回のPMX-DHPを施行し、ショックから離脱し、軽快退院した。