Yuko ISOGAYA

J-GLOBAL         Last updated: Nov 30, 2018 at 12:56
 
Avatar
Name
Yuko ISOGAYA
Affiliation
Aichi Shukutoku University
Section
Faculty of Human Informatics Department of Human Informatics
Research funding number
80622472

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Sato T, Nambu I, Takeda K, Aihara T, Yamashita O, Isogaya Y, Inoue Y, Otaka Y, Wada Y, Kawato M, Sato MA, Osu R
NeuroImage   141 120-132   Nov 2016   [Refereed]
USAMI Masahide, SAITO Kazuhiko, SUZUKI Yukiko, WATANABE Kyota, KODAIRA Masaki, IWADARE Yoshitaka, ISOGAYA Yuko
Japanese journal of child and adolescent psychiatry.   51(1) 10-20   Feb 2010
本稿ではmethylphenidateに加えて抗精神病薬の使用を認めた18歳未満のADHD10名(男児9名、女児1名)を対象にPropranololを使用した経験について報告した。Propranololは攻撃性や衝動性を標的症状として使用され、その平均使用量は48.9mg±17.6mgであった。Propranolol処方前後のmethylphenidateの平均使用量25.6mg±14.9mgで、投与後三ヵ月の平均使用量が31.9mg±12.5mgであり、有意な変化は認めなかった。一方でP...

Misc

 
大須理英子, 大須理英子, 森田とわ, 田中悟志, 磯谷悠子, 磯谷悠子, 倉重宏樹, 近藤国嗣, 大高洋平, 大高洋平, 荒牧勇
日本心理学会大会発表論文集   82nd 620   Aug 2018
磯谷悠子, 小幡亜希子, 佐藤大樹, 山本由香里, 佐藤隆夫
基礎心理学研究   29(2) 188   Mar 2011
吉田光爾, 磯谷悠子, 桶田昌平, 山田創, 西川里美, 野口正行, 大島巌, 西尾雅明, 内田有彦, 栗山康弘
「地域中心の精神保健医療福祉」を推進するための精神科救急及び急性期医療のあり方に関する研究 平成20-22年度 総括研究報告書   229-243   2011
中嶋豊, 谿雄祐, 磯谷悠子, 佐藤隆夫
基礎心理学研究   28(2) 264   Mar 2010
磯谷悠子, 小幡亜希子, 佐藤大樹, 山本由香里, 佐藤隆夫, 川上憲人
基礎心理学研究   28(2) 264   Mar 2010
磯谷 悠子, 丸谷 和史, 中嶋 豊
ITE technical report   32(15) 93-96   Mar 2008
齊藤万比古, 小平雅基, 鈴木祐貴子, 渡部洋実, 宇佐美政英, 渡部京太, 磯谷悠子
児童思春期強迫性障害(OCD)の実態の解明と診断・治療法の標準化に関する研究 平成17-19年度 総括・分担研究報告書   33-43   2008
齊藤万比古, 早川洋, 小平雅基, 磯谷悠子, 井上喜久江, 宇佐美政英, 渡部京太
児童思春期強迫性障害(OCD)の実態の解明と診断・治療法の標準化に関する研究 平成17-19年度 総括・分担研究報告書   11-31   2008
強迫性障害の診断および治療に関するアンケート調査
早川 洋, 小平 雅基, 磯谷 悠子, 井上 喜久江, 宇佐美 政英, 渡部 京太, 齊藤 万比古
日本児童青年精神医学会総会抄録集   48回 245-245   Oct 2007
齊藤万比古, 小平雅基, 磯谷悠子
子どもの心の診療に携わる専門的人材の育成に関する研究 平成18年度 総括・分担研究報告書   61-104   2007
宇佐美政英, 磯谷悠子, 小平雅基, 渡部京太, 入砂文月, 齊藤万比古
日本児童青年精神医学会総会抄録集   48th 264   2007
小平雅基, 鈴木祐貴子, 渡部洋実, 磯谷悠子, 宇佐美政英, 渡部京太, 齊藤万比古
日本児童青年精神医学会総会抄録集   48th 246   2007
大島巌, 磯谷悠子, 近藤昭子, 伊藤史恵, 伊藤順一郎, 西尾雅明
精神障害者の一般就労と職場適応を支援するためのモデルプログラム開発に関する研究 平成17年度 総括・分担研究報告書   27-39   2006