磯谷悠子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/30 12:56
 
アバター
研究者氏名
磯谷悠子
所属
日本映画大学
部署
映画学部
職名
非常勤講師
学位
博士(保健学)(東京大学)
その他の所属
東京藝術大学
科研費研究者番号
80622472

研究分野

 
 

受賞

 
2009年12月
日本基礎心理学会 優秀発表賞 チラッと見ても相手は気づくー視線方向知覚と視線受信判断に対する提示時間の影響ー.
受賞者: 中嶋豊,谿雄祐,磯谷悠子,佐藤隆夫
 
2008年3月
ヒューマンインフォメーション研究会 ベストプレゼンテーション賞 視線知覚に対する刺激の大きさ・観察距離の効果.
受賞者: 磯谷悠子,丸谷和史,中嶋豊,谿雄祐,佐藤隆夫
 

論文

 
Sato T, Nambu I, Takeda K, Aihara T, Yamashita O, Isogaya Y, Inoue Y, Otaka Y, Wada Y, Kawato M, Sato MA, Osu R
NeuroImage   141 120-132   2016年11月   [査読有り]
宇佐美 政英, 齊藤 万比古, 鈴木 祐貴子, 渡部 京太, 小平 雅基, 岩垂 喜貴, 磯谷 悠子
児童青年精神医学とその近接領域   51(1) 10-20   2010年2月
本稿ではmethylphenidateに加えて抗精神病薬の使用を認めた18歳未満のADHD10名(男児9名、女児1名)を対象にPropranololを使用した経験について報告した。Propranololは攻撃性や衝動性を標的症状として使用され、その平均使用量は48.9mg±17.6mgであった。Propranolol処方前後のmethylphenidateの平均使用量25.6mg±14.9mgで、投与後三ヵ月の平均使用量が31.9mg±12.5mgであり、有意な変化は認めなかった。一方でP...

Misc

 
大須理英子, 大須理英子, 森田とわ, 田中悟志, 磯谷悠子, 磯谷悠子, 倉重宏樹, 近藤国嗣, 大高洋平, 大高洋平, 荒牧勇
日本心理学会大会発表論文集   82nd 620   2018年8月
磯谷悠子, 小幡亜希子, 佐藤大樹, 山本由香里, 佐藤隆夫
基礎心理学研究   29(2) 188   2011年3月
吉田光爾, 磯谷悠子, 桶田昌平, 山田創, 西川里美, 野口正行, 大島巌, 西尾雅明, 内田有彦, 栗山康弘
「地域中心の精神保健医療福祉」を推進するための精神科救急及び急性期医療のあり方に関する研究 平成20-22年度 総括研究報告書   229-243   2011年
中嶋豊, 谿雄祐, 磯谷悠子, 佐藤隆夫
基礎心理学研究   28(2) 264   2010年3月
磯谷悠子, 小幡亜希子, 佐藤大樹, 山本由香里, 佐藤隆夫, 川上憲人
基礎心理学研究   28(2) 264   2010年3月
磯谷 悠子, 丸谷 和史, 中嶋 豊
映像情報メディア学会技術報告   32(15) 93-96   2008年3月
齊藤万比古, 小平雅基, 鈴木祐貴子, 渡部洋実, 宇佐美政英, 渡部京太, 磯谷悠子
児童思春期強迫性障害(OCD)の実態の解明と診断・治療法の標準化に関する研究 平成17-19年度 総括・分担研究報告書   33-43   2008年
齊藤万比古, 早川洋, 小平雅基, 磯谷悠子, 井上喜久江, 宇佐美政英, 渡部京太
児童思春期強迫性障害(OCD)の実態の解明と診断・治療法の標準化に関する研究 平成17-19年度 総括・分担研究報告書   11-31   2008年
磯谷 悠子, 丸谷 和史, 中嶋 豊, 谿 雄祐, 佐藤 隆夫
基礎心理学研究   26(2)    2008年
強迫性障害の診断および治療に関するアンケート調査
早川 洋, 小平 雅基, 磯谷 悠子, 井上 喜久江, 宇佐美 政英, 渡部 京太, 齊藤 万比古
日本児童青年精神医学会総会抄録集   48回 245-245   2007年10月
齊藤万比古, 小平雅基, 磯谷悠子
子どもの心の診療に携わる専門的人材の育成に関する研究 平成18年度 総括・分担研究報告書   61-104   2007年
宇佐美政英, 磯谷悠子, 小平雅基, 渡部京太, 入砂文月, 齊藤万比古
日本児童青年精神医学会総会抄録集   48th 264   2007年
小平雅基, 鈴木祐貴子, 渡部洋実, 磯谷悠子, 宇佐美政英, 渡部京太, 齊藤万比古
日本児童青年精神医学会総会抄録集   48th 246   2007年
大島巌, 磯谷悠子, 近藤昭子, 伊藤史恵, 伊藤順一郎, 西尾雅明
精神障害者の一般就労と職場適応を支援するためのモデルプログラム開発に関する研究 平成17年度 総括・分担研究報告書   27-39   2006年
磯谷 悠子, 丸谷 和史, 中嶋 豊, 谿 雄祐, 佐藤 隆夫
基礎心理学研究   25(1)    2006年
磯谷 悠子, 松嵜 直幸, 佐藤 隆夫
基礎心理学研究   23(2)    2005年

書籍等出版物

 
金谷 英俊, 磯谷 悠子, 牧 勝弘, 天野 成昭 (担当:共著)
ナカニシヤ出版   2018年4月   ISBN:4779511135

競争的資金等の研究課題

 
他者存在がストレス反応に与える影響―NIRSを用いたニューロイメージング研究
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(DC2)
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 磯谷悠子

社会貢献活動

 
キッズデザインワークショップ「つくる、さがす、みつける 錯視の不思議 」
【その他】  主催:特定NPO法人キッズデザイン協議会,協力: リビングデザインセンターOZONE,ワークショップ協力:株式会社フレーベル館  (リビングデザインセンターOZONE)  2018年8月25日
MOTサテライト2017秋 サッカク・ブロック・ワークショップ
【その他】  東京都、東京都現代美術館・アーツカウンシル東京  (東京都現代美術館)  2017年11月3日 - 2017年11月4日