Profile Information

Affiliation
National Institute for Materials Science
Degree
PhD(Kyoto University)

Researcher number
70750454
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0003-1970-6129
J-GLOBAL ID
201101077408928191
Researcher ID
H-4583-2011
researchmap Member ID
B000004416

External link

巨視的な三次元構造体(モノリス型多孔体)をできるだけ簡単に作製する手法開発とバルクとしての応用

1. ゾル−ゲル法を用いたモノリス型(塊状)柔軟多孔体の作製
有機ケイ素アルコキシドを(共)重合させ、有機−無機ハイブリッド多孔体を作製しています。高い可視光透過性や特異な力学特性をもつ各種エアロゲル、高い柔軟性をもつマクロ多孔体(マシュマロゲル)など、低かさ密度材料を作製しています。力学強度・光学特性・断熱・吸音・撥液・分離・生体適合性などを評価しています。
Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 1986.
J. Mater. Chem. A 2014, 2, 6525.
Appl. Mater. Today 2017, 9, 560. 他

2. ナノファイバー凝集を利用した塊状多孔体の作製
ベーマイトナノファイバーやバイオナノファイバーを立体的に組み立てることで、ナノファイバー骨格と細孔をもつモノリス型ゲルの作製に取り組んでいます。独自エアロゲルは現行の高校教科書で紹介されています。
Chem. Mater. 2015, 27, 3.
ACS Appl. Nano Mater. 2018, 1, 26. 他

3. コアシェル型・ナノファイバー強化多孔体
ゾル-ゲル法を用いて作製される多孔体の骨格内にナノファイバーやナノ粒子を導入することで強度が高い多孔体の作製と、機械加工による微小ツール開発を行っていてます。
Chem. Mater. 2016, 28, 3237.
ACS Appl. Nano Mater. 2018, 1, 5989.
ACS Appl. Bio Mater. 2020, 3, 4747.

4. ジャイアントベシクルその場生成法の開発
モノリス型マクロ多孔体の細孔を利用してジャイアントベシクル(リポソーム)分散液を一度に大量生成する手法を開発しています。
Langmuir 2018, 34, 11021.
ACS Appl. Polym. Mater. 2019, 1, 2077.

5. センサー開発、デバイス開発

※オープンアクセスになっていない筆頭著者/責任著者論文の最終稿を掲載しています。


Major Papers

  37

Books and Other Publications

  8

Major Industrial Property Rights

  12

Presentations

  60

Misc.

  15

Research Projects

  9

Professional Memberships

  1

Other

  4

Social Activities

  1

Media Coverage

  9