基本情報

所属
物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 独立研究者
学位
博士(理学)(京都大学)

研究者番号
70750454
J-GLOBAL ID
201101077408928191

外部リンク

界面現象を利用して巨視的な三次元構造(モノリス型多孔体)をできるだけ手間をかけずに組み立てる、材料作製手法の確立とバルクとしての応用が研究の狙いです。

1. ゾル−ゲル法を用いたモノリス型(塊状)柔軟多孔体の作製
有機ケイ素アルコキシドを(共)重合させ、有機−無機ハイブリッド多孔体を作製しています。高い可視光透過性や特異な力学特性をもつ各種エアロゲル、高い柔軟性をもつマクロ多孔体(マシュマロゲル)など、低かさ密度材料を作製しています。力学強度・光学特性・断熱・吸音・撥液・分離・生体適合性などを評価しています。
Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 1986.
J. Mater. Chem. A 2014, 2, 6525.
Appl. Mater. Today 2017, 9, 560. 他

2. ナノファイバー凝集を利用した塊状多孔体の作製
ベーマイトナノファイバーやバイオナノファイバーを立体的に組み立てることで、ナノファイバー骨格と細孔をもつモノリス型ゲルの作製に取り組んでいます。独自のエアロゲルは現行の高校教科書で紹介されています。
Chem. Mater. 2015, 27, 3. ※オープンアクセス
ACS Appl. Nano Mater. 2018, 1, 26. 他

3. コアシェル型・ナノファイバー強化多孔体
ゾル-ゲル法を用いて作製される多孔体の骨格内にナノファイバーやナノ粒子を導入することで強度が高い多孔体の作製と、機械加工による微小ツール開発を行っていてます。
Chem. Mater. 2016, 28, 3237.
ACS Appl. Nano Mater. 2018, 1, 5989.

4. ジャイアントベシクルその場生成法の開発
モノリス型マクロ多孔体の細孔を利用してジャイアントベシクル(リポソーム)分散液を一度に大量生成する手法を開発しています。
Langmuir 2018, 34, 11021.
ACS Appl. Polym. Mater. 2019, 1, 2077.

5. ロボット・流路を用いたデバイス開発
合成プロセスの効率化や主にバイオ用途への応用物性評価のためにデバイスを開発しています。

論文

  29

書籍等出版物

  7

講演・口頭発表等

  58

MISC

  14

産業財産権

  6

共同研究・競争的資金等の研究課題

  7

その他

  4

社会貢献活動

  1

メディア報道

  8