早瀬 元

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/19 20:50
 
アバター
研究者氏名
早瀬 元
 
ハヤセ ゲン
URL
http://hayase.science/
所属
東北大学
部署
学際科学フロンティア研究所 先端学際基幹研究部
職名
助教
学位
博士(理学)(京都大学)
科研費研究者番号
70750454
ORCID ID
0000-0003-1970-6129

プロフィール

界面現象を利用して巨視的な三次元構造(モノリス型多孔体)をできるだけ手間をかけずに組み立てる、材料作製手法の確立とバルクとしての応用が研究の狙いです。

1. ゾル−ゲル法を用いたモノリス型(塊状)柔軟多孔体の作製
有機ケイ素アルコキシドを(共)重合させ、有機−無機ハイブリッド多孔体を作製しています。高い可視光透過性や特異な力学特性をもつ各種エアロゲル、高い柔軟性をもつマクロ多孔体(マシュマロゲル)など、低かさ密度材料を作製しています。力学強度・光学特性・断熱・吸音・撥液・分離・生体適合性などを評価しています。
Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 1986.
J. Mater. Chem. A 2014, 2, 6525.
Appl. Mater. Today 2017, 9, 560. 他

2. ナノファイバー凝集を利用した塊状多孔体の作製
ベーマイトナノファイバーやバイオナノファイバーを立体的に組み立てることで、ナノファイバー骨格と細孔をもつモノリス型ゲルの作製に取り組んでいます。独自のエアロゲルは現行の高校教科書で紹介されています。
Chem. Mater. 2015, 27, 3. ※オープンアクセス
ACS Appl. Nano Mater. 2018, 1, 26. 他

3. コアシェル型・ナノファイバー強化多孔体
ゾル-ゲル法を用いて作製される多孔体の骨格内にナノファイバーやナノ粒子を導入することで強度が高い多孔体の作製と、機械加工による微小ツール開発を行っていてます。
Chem. Mater. 2016, 28, 3237.
ACS Appl. Nano Mater. 2018, 1, 5989.

4. ジャイアントベシクルその場生成法の開発
モノリス型マクロ多孔体の細孔を利用してジャイアントベシクル(リポソーム)分散液を一度に大量生成する手法を開発しています。
Langmuir 2018, 34, 11021.
ACS Appl. Polym. Mater. 2019, 1, 2077.

5. ロボット・流路を用いたデバイス開発
合成プロセスの効率化や主にバイオ用途への応用物性評価のためにデバイスを開発しています。

研究分野

 
 

受賞

 
2015年7月
東北大学 研究所若手アンサンブルワークショップ 奨励賞 低密度多孔体をデザインする:超低密度透明エアロゲル・マシュマロゲル
 
2015年6月
繊維学会 平成27年繊維学会年次大会 若手優秀発表賞 ベーマイトナノファイバーを構造に用いた有機-無機ハイブリッドエアロゲル
 
2014年3月
京都大学 京都大学総長賞
 
2013年11月
日本化学会 CSJ化学フェスタ 優秀ポスター賞 PMSQエアロゲル・マシュマロゲル:有機アルコキシシランを⽤いた柔軟多孔性材料の創製
 
2013年6月
HPLC2013 The 30 best posters A New Stationary Phase for Solid-Phase Extraction with Marshmallow-Like Silicone Monoliths
受賞者: Gen Hayase
 
2013年6月
繊維学会 平成25年繊維学会年次大会 若手優秀ポスター賞 ナノファイバー物質との融合による新規低密度有機ポリシロキサン系エアロゲルの作製
 
2013年5月
日本セラミックス協会 2013年年会優秀ポスター発表賞 最優秀賞 マシュマロゲルの簡易合成と応用
 
2012年7月
日本ゾル−ゲル学会 第10回討論会ベストポスター賞 3官能性/2官能性ケイ素アルコキシド共重合による柔軟多孔性ゲルの作製
 

論文

 
Gen Hayase
Journal of Asian Ceramic Societies      2019年   [査読有り]
Gen Hayase, Shin-ichiro M. Nomura
ACS Applied Polymer Materials   1(8) 2077-2082   2019年6月   [査読有り]
Takayuki Takei, Yumiko Yamasaki, Yudai Yuji, Shogo Sakoguchi, Yoshihiro Ozuno, Gen Hayase, Marahiro Yoshida
Journal of Colloid and Interface Science   536 414-423   2018年10月   [査読有り]
Gen Hayase
ACS Applied Nano Materials   1(11) 5989-5993   2018年10月   [査読有り]
Gen Hayase, Shin-ichro M. Nomura
Langmuir   34(37) 11021-11026   2018年8月   [査読有り]
Gen Hayase, Takuya Funatomi, Kota Kumagai
ACS Applied Nano Materials   1(1) 26-30   2017年12月   [査読有り]
Highly efficient encapsulation of ingredients in poly(methyl methacrylate) capsules using a superoleophobic material
Takayuki Takei, Kiyotaka Araki, Keita Terazono, Yoshihiro Ozuno, Gen Hayase, Kazuyoshi Kanamori, Kazuki Nakanishi, Masahiro Yoshida
Polymers & Polymer Composites   25(2) 129-134   2017年2月   [査読有り]
Gen Hayase, Shuya Nagayama, Kazuya Nonomura, Kazuyoshi Kanamori, Ayaka Maeno, Hironori Kaji, Kazuki Nakanishi
Journal of Asian Ceramic Societies   5(2) 104-108   2017年2月   [査読有り]
Gen Hayase, Kazuya Nonomura, Kazuyoshi Kanamori, Ayaka Maeno, Hironori Kaji, Kazuki Nakanishi
Chemistry of Materials   28(10) 3237-3240   2016年5月   [査読有り]
Takayuki Takei, Keita Terazono, Kiyotaka Araki,Yoshihiro Ozuno, Gen Hayase, Kazuyoshi Kanamori, Kazuki Nakanishi, Masahiro Yoshida
Polymer Bulletin   73(2) 409-417   2016年2月   [査読有り]
Gen Hayase, Kazuyoshi Kanamori, Ayaka Maeno, Hironori Kaji, Kazuki Nakanishi
Journal of Non-Crystalline Solids   434 115-119   2016年1月   [査読有り]
Reiichiro Tsuchiya, Takumi Tanaka, Gen Hayase, Kazuyoshi Kanamori, Kazuki Nakanishi
Journal of the Ceramic Society of Japan   123(1441) 714-718   2015年9月   [査読有り]
Nobuyuki Matsumoto, Kentaro Komori, Yuta Michimura, Gen Hayase, Yoichi Aso, Kimio Tsubono
Physical Review A   92 033825   2015年9月   [査読有り]
Gen Hayase, Kazuya Nonomura, George Hasegawa, Kazuyoshi Kanamori, Kazuki Nakanishi
Chemistry of Materials   27(1) 3-5   2014年12月   [査読有り]
Gen Hayase, Kazuyoshi Kanamori, Kentaro Abe, Hiroyuki Yano, Ayaka Maeno, Hironori Kaji, Kazuki Nakanishi
ACS Applied Materials & Interfaces   6(12) 9466-9471   2014年5月   [査読有り]
Gen Hayase, Kazuma Kugimiya, Mitsue Ogawa, Yasunori Kodera, Kazuyoshi Kanamori, Kazuki Nakanishi
Journal of Materials Chemistry A   2 6525-6531   2014年2月   [査読有り]
Gen Hayase, Kazuyoshi Kanamori, George Hasegawa, Ayaka Maeno, Hironori Kaji, Kazuki Nakanishi
Angewandte Chemie International Edition   52(41) 10788-10791   2013年9月   [査読有り]
Gen Hayase, Kazuyoshi Kanamori, Masashi Fukuchi, Hironori Kaji, Kazuki Nakanishi
Angewandte Chemie International Edition   52(7) 1986-1989   2013年1月   [査読有り]
Gen Hayase, Kazuyoshi Kanamori, Kazuki Nakanishi
Microporous & Mesoporous Materials   158 247-252   2012年4月   [査読有り]
Gen Hayase, Kazuyoshi Kanamori, Kazuki Nakanishi
Journal of Materials Chemistry   21(43) 17077-17079   2011年9月   [査読有り]
Kazuyoshi Kanamori, Yasunori Kodera, Gen Hayase, Kazuki Nakanishi, Teiichi Hanada
Journal of Colloid and Interface Science   357(2) 336-344   2011年3月   [査読有り]
Gen Hayase, Kazuyoshi Kanamori, Kazuki Nakanishi, Teiichi Hanada
IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   18 032013   2011年   [査読有り]
Kazuyoshi Kanamori, Gen Hayase, Kazuki Nakanishi, Teiichi Hanada
IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   18 032001   2011年   [査読有り]
Yasunori Kodera, Gen Hayase, Kazuyoshi Kanamori, Kazuki Nakanishi, Teiichi Hanada
MRS Online Proceedings Library Archive   1306 mrsf10-1306-bb10-05   2011年   [査読有り]
Gen Hayase, Kazuyoshi Kanamori, Kazuki Nakanishi, Teiichi Hanada
MRS Online Proceedings Library Archive   1306 mrsf10-1306-bb04-24   2011年   [査読有り]
Gen Hayase, Kazuyoshi Kanamori, Kazuki Nakanishi and Teiichi Hanada
MRS Online Proceedings Library Archive   1247 1247-C08-17   2010年   [査読有り]

書籍等出版物

 
次世代のポリマー・高分子開発 新しい用途展開と将来展望
早瀬 元 (担当:分担執筆, 範囲:第6章第2節 シリコーン組成マクロ多孔体とその可能性)
技術情報協会   2019年2月   
発泡樹脂、多孔性樹脂の高強度化と応用技術
早瀬 元 (担当:分担執筆, 範囲:第4章3節 ナノファイバー凝集を利用したモノリス型ゲルの作製とその応用)
技術情報協会   2018年3月   ISBN:978-4861047060
遮熱・断熱材料の設計、性能評価と応用 -真空断熱材/エアロゲル/スマートウインドウ/透明遮熱・断熱材-
金森 主祥, 早瀬 元, 中西 和樹 (担当:分担執筆, 範囲:第2章4節 優れた断熱性能と機械的特性を示す透明エアロゲル・キセロゲルの開発)
エヌティーエス   2015年7月   ISBN:978-4-86104-590-5
ゲルテクノロジーハンドブック ~機能設計・評価・シミュレーションから製造プロセス・製品化まで~
早瀬 元, 金森 主祥, 中西 和樹 (担当:分担執筆, 範囲:第3編第2章第6節 有機−無機ハイブリッドによる柔軟な多孔体 ―エアロゲルとマシュマロゲル―)
エヌティーエス   2014年10月   ISBN:978-4-86469-074-4
クリックケミストリー ―基礎から実用まで―
早瀬 元, 金森主祥, 中西 和樹 (担当:分担執筆, 範囲:第14章 チオール-エン反応によるマシュマロゲルの表面処理と撥液性制御)
シーエムシー出版   2014年8月   ISBN:978-4-7813-0954-5
ゾル-ゲル法の最新応用と展望
金森 主祥, 早瀬 元 (担当:分担執筆, 範囲:第3章 2 ナノ構造制御による有機-無機ハイブリッド透明多孔性物質の開発)
シーエムシー出版   2014年2月   ISBN:978-4-7813-0931-6
ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発
早瀬 元, 金森 主祥, 中西 和樹 (担当:分担執筆, 範囲:第17節 マシュマロ状柔軟多孔性ゲルの作製とその応用)
技術情報協会   2013年12月   ISBN:978-4861045141

講演・口頭発表等

 
モノリス型マクロ多孔体 簡易作製法の探索 [招待有り]
早瀬 元
日本ゾル-ゲル学会第17回討論会   2019年8月5日   日本ゾル-ゲル学会
早瀬 元
平成30年度東北地区先端高分子セミナー   2019年3月5日   高分子学会東北支部
早瀬 元, 野村 M. 慎一郎
「細胞を創る」研究会 11.0   2018年10月18日   「細胞を創る」研究会
早瀬 元
日本セラミックス協会 第31回秋季シンポジウム   2018年9月6日   日本セラミックス協会
マシュマロゲルの生物学への応用
早瀬 元
日本ゾル−ゲル学会 第16回討論会   2018年8月6日   日本ゾル-ゲル学会
Gen Hayase, Shin-ichiro M. Nomura
2017 MRS Fall Meeting & Exhibit   2017年11月27日   Materials Research Society
早瀬 元, 野村 M. 慎一郎
「細胞を創る」研究会10.0   2017年10月20日   「細胞を創る」研究会
早瀬 元
第3回材料相模セミナー   2017年10月19日   相模中央化学研究所

Misc

 
早瀬 元
化学   74(9) 45-48   2019年9月   [依頼有り]
柔軟で表面修飾が可能なマシュマロ状シリコーン多孔体
早瀬 元
ケミカルエンジニヤリング   60(8) 34-37   2015年8月   [依頼有り]
剛直なカプセル内に有用物質を超高効率で包括可能な 新規バイオインスパイアード技術の開発
武井 孝行, 寺園 圭太, 早瀬 元, 金森 主祥, 中西 和樹, 吉田 昌弘
ケミカルエンジニヤリング   60(6) 36-40   2015年6月
早瀬 元, 野々村 和也, 金森 主祥, 中西 和樹
化学   70(3) 18-20   2015年2月   [依頼有り]
早瀬 元, 中西 和樹
パリティ   29(9) 50-52   2014年8月   [依頼有り]
早瀬 元, 金森 主祥, 中西 和樹
現代化学   517 36-39   2014年3月   [依頼有り]
水と油を効率的に分離できるマシュマロゲル
早瀬 元, 金森 主祥, 中西 和樹
科学と工業   88(2) 65-69   2014年2月   [依頼有り]
高い撥水性・撥油性を併せもつ新しい塊状多孔性材料「マシュマロゲル」
中西 和樹、金森 主祥、早瀬 元
海上防災   (160) 23-26   2014年1月   [依頼有り]

特許

 
特願2017-161323 : 出願中1
武井 孝行, 吉田 昌弘, 大角 義浩, 早瀬 元
特開2016-087479 : 微小カプセル又はビーズの製造方法
武井 孝行, 吉田 昌弘, 寺園 圭太, 中西 和樹, 金森 主祥, 早瀬 元
特開2015-140356 : スポンジ状シリコーン微粒子及びその製造方法並びに化粧料
土屋 玲一郎, 田中 巧, 中西 和樹, 金森 主祥, 早瀬 元
特開2015-140355 : 球状シリコーン微粒子及びその製造方法並びに化粧料
土屋 玲一郎, 田中 巧, 中西 和樹, 金森 主祥, 早瀬 元
特許6300261 : ポリシロキサン多孔体とその製造方法
中西 和樹, 早瀬 元, 金森 主祥, 長谷川 丈二
特開2014-61457 : シリコーン製モノリス体及びそれを用いた分離、精製、濃縮方法
中西 和樹, 金森 主祥, 早瀬 元, 古野 正浩, 武井 義之

競争的資金等の研究課題

 
有用物質を高含有できるシームレスカプセル作製法の開発
科学技術振興機構法: 地域産学バリュープログラムタイプ
研究期間: 2017年10月 - 2018年9月    代表者: 武井 孝行
ナノファイバーを骨格にもつ塊状柔軟マクロ多孔体の圧縮変形と構造・物性制御
日本学術振興会: 平成29年度科学研究費助成事業 若手研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 早瀬 元
シリコーン組成をもつ柔軟マクロ塊状多孔体の耐寒性を利用した液体保持材料の開発
日本科学協会: 笹川科学研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2018年2月    代表者: 早瀬 元
セルロースナノファイバーを相分離制御に用いた塊状マクロ・メソ多孔体合成
京都大学生存圏研究所: 平成27年度 学際萌芽研究センター共同研究
研究期間: 2015年7月 - 2016年2月    代表者: 早瀬 元
モノリス型柔軟マクロ多孔体の細孔・表面物性制御と応用
日本学術振興会: 平成26年度科学研究費助成事業 若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 早瀬 元

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教
 
2014年4月
 - 
2015年3月
日本学術振興会 特別研究員 (PD)
 
2013年4月
 - 
2014年3月
日本学術振興会 特別研究員 (DC2)
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2014年3月
京都大学大学院 理学研究科 化学専攻(博士課程)
 
2009年4月
 - 
2011年3月
京都大学大学院 理学研究科 化学専攻(修士課程)
 
2005年4月
 - 
2009年3月
京都大学 理学部 理学科
 
 
 - 
2004年3月
千葉県立東葛飾高等学校  
 

その他

 
2014年2月   日本セラミックス協会誌 セラミックス 第49巻2月号
トピックス
「水や油はじく新素材」
(超撥水・超撥油性マシュマロゲルについて)
2013年7月   日本セラミックス協会誌 セラミックス 第48巻7月号
Grain Boundary ~行事だより~
(年会ポスター最優秀賞受賞について)
2013年5月   日本セラミックス協会誌 セラミックス 第48巻5月号
Grain Boundary ~行事だより~
(Hybrid Materials 2013について)
2012年10月   日本セラミックス協会誌 セラミックス 第47巻10月号
Grain Boundary ~行事だより~
(ICC4について)

社会貢献活動

 
【インタビュイー】  東京書籍  化学  (p. 60)
平成29年検定済教科書(平成30年度用 高等学校)
【インタビュイー】  東京書籍  新編化学  (p. 47)
平成29年検定済教科書(平成30年度用 高等学校)
マテリアル ニュース 「よごれを防ぐ新素材」
【取材協力】  ニュートンプレス  別冊Newton 注目のスーパーマテリアル  2014年1月
SCIENCE SENSOR 「よごれを防ぐ新素材」
【取材協力】  ニュートンプレス  Newton 2013年12月号  2013年12月
現場にアタック
【出演】  TBSラジオ  森本毅郎・スタンバイ  2013年10月31日