小川 佐和子

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/10 16:26
 
アバター
研究者氏名
小川 佐和子
 
オガワ サワコ
eメール
sawako.ogawalet.hokudai.ac.jp
所属
北海道大学大学院 文学研究院
部署
人文学部門 表現文化論分野 映像・現代文化論研究室
職名
准教授
学位
博士(文学)(早稲田大学)
科研費研究者番号
90705435

プロフィール

【個人研究課題】
・ドイツ語圏オペレッタの歴史(19世紀後半から第二次大戦下亡命後まで)、諷刺表現の分析、映画およびミュージカルへの接続
・日本における「メロドラマ映画」再考(人形浄瑠璃、歌舞伎から映画へのメロドラマ的想像力)
・ロシア・旧ソ連におけるメロドラマ映画
・第二次大戦後から現代におけるオペレッタ演出の変遷

【共同研究課題】
・新派映画の系譜学
・ロシア・旧ソ連文化におけるメロドラマ的想像力
・近代京都と日本映画
・山本明資料研究(プロレタリア映画・演劇とその周辺)
・日本文学と日本映画
・アダプテーション研究
・コーカサス諸地域とロシアの文化接触
・第一次世界大戦と映画

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
北海道大学大学院 文学研究院 准教授
 
2019年4月
 - 
現在
北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 共同研究員
 
2019年4月
 - 
現在
京都大学人文科学研究所 共同研究員
 
2019年4月
 - 
現在
早稲田大学演劇博物館 招聘研究員
 
2019年8月
 - 
現在
岡山大学 文学部 非常勤講師(夏季集中)
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年3月
早稲田大学大学院 文学研究科博士後期課程 演劇映像学
 
2007年4月
 - 
2009年3月
早稲田大学大学院 文学研究科修士課程 演劇映像学
 
2003年4月
 - 
2007年3月
早稲田大学 第一文学部 美術史学
 

委員歴

 
2019年
 - 
現在
日本ロシア文学会  社会連携委員会
 
2018年12月
 - 
2019年3月
京都大学人文科学研究所 共同研究「舞台で街頭で:60年代は踊りをどう変革したか(日仏比較舞踊学の試み)」  副班長
 
2017年4月
 - 
現在
京都大学人文科学研究所 共同研究「近代京都と文化」  班員
 
2017年4月
 - 
現在
京都大学人文科学研究所 共同研究「生と創造の探究:環世界の人文学」  班員
 
2015年4月
 - 
2019年3月
京都大学人文科学研究所 共同研究「オーラルヒストリー・アーカイヴスによる戦後日本映画史の再構築」  事務局・班員
 

論文

 
失われた祖国、彷徨う自己:1920年代のフランスにおける亡命ロシア人映画
小川佐和子
科学研究費助成事業報告書『ルースキイ・ミール:文化共生のダイナミクス』(諫早勇一編)   55-74   2019年2月   [招待有り]
「命かけて只一度」:《会議は踊る Der Kongress tanzt》をめぐる映画とオペレッタの演出
小川佐和子
季刊iichiko   (131) 46-64   2016年7月   [招待有り]
映画と視覚芸術:帝政期ロシア映画における空間の画家エヴゲーニイ・バウエル
小川佐和子
人文学報   (107)    2015年9月   [査読有り]
1910年代の比較映画史研究:初期映画から古典的映画への移行期における映画形式の形成と展開
小川佐和子
博士論文(早稲田大学)      2012年6月   [査読有り]
救いのないサスペンス:フランス時代のアルベール・カペラニ監督
小川佐和子
演劇博物館グローバルCOE紀要   第1集 33-54   2012年3月   [査読有り]

Misc

 
『マリアの首』随想
小川佐和子
『人文学宣言』(山室信一編、ナカニシヤ出版)   22-25   2019年3月   [依頼有り]
書評 フィオードロワ・アナスタシア著『リアリズムの幻想:日ソ映画交流史 1925-55』
小川佐和子
ロシア語ロシア文学研究   (50) 239-247   2018年10月   [依頼有り]
書評 山本喜久男著(奥村賢・佐崎順昭編)『日本映画におけるテクスト連関:比較映画史研究』
小川佐和子
演劇映像   (58) 52-56   2017年3月   [依頼有り]
小津安二郎とメアリー・マクラレン
小川佐和子
映画論叢   (37) 4-8   2014年11月   [依頼有り]
恋と戦争の外交術:オペレッタと第一次世界大戦
小川佐和子
所報人文   (61) 42-45   2014年6月

書籍等出版物

 
『ロシア文化事典』
小川 佐和子 (担当:分担執筆, 範囲:「ロシア映画の黎明ーサイレント映画」)
丸善出版   2019年10月   
藤原辰史(編)『歴史書の愉悦』
小川 佐和子 (担当:分担執筆, 範囲:「映画史の年輪を刻む:サドゥール『世界映画全史』」)
ナカニシヤ出版   2019年7月   
『リメイク映画の創造力』
小川佐和子 (担当:分担執筆, 範囲:「初期日本映画における外国映画のリメイク―『憲兵モエビウス』から『大尉の娘』へ」)
水声社   2017年12月   
『日本の文学理論:アンソロジー』
小川佐和子 (担当:分担執筆, 範囲:「日本の映画理論」)
水声社   2017年6月   
『新時代への源氏学』第10巻:メディア・文化の階級闘争
小川佐和子 (担当:分担執筆, 範囲:「映像としての平安時代:「平安的なるもの」のイメージ編成」)
竹林社   2017年4月   
『第一次世界大戦を考える』
小川佐和子 (担当:分担執筆, 範囲:「映画史と第一次世界大戦」)
共和国   2016年4月   
『映画の胎動:一九一〇年代の比較映画史』
小川佐和子
人文書院   2016年2月   ISBN:9784409100356
フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、日本の映画形式を中心に、領域横断的な視点から、映画・演劇・文学・大衆演芸といった諸娯楽メディアの比較文化論を展開した。映画が既存の諸芸術・諸芸能の要素を継承するなかで、自律した芸術ジャンルとしてどのような固有性を模索していったのか考察した。
『ダンヌンツィオに夢中だった頃:生誕150周年記念展(東京・京都2013-14)と研究の最前線』
小川佐和子 (担当:分担執筆, 範囲:「ダンヌンツィオと第一次世界大戦期のイタリア無声映画」)
東京大学教養学部イタリア地中海コース   2015年9月   
『日本の文学理論:アンソロジー(ベータ版)』
小川佐和子 (担当:分担執筆, 範囲:「日本の映画理論」)
京都大学人文科学研究所   2015年3月   
『岩波世界人名大事典』
小川佐和子 (担当:分担執筆, 範囲:アメリカ映画関連(61項目)、フランス映画関連(44項目)、ドイツ映画関連(24項目))
岩波書店   2013年12月   
Importing Asta Nielsen: The International Film Star in the Making 1910-1914
小川佐和子 (担当:分担執筆, 範囲:"Asta Nielsen and Shimpa Film in Japan")
John Libbey Publishing   2013年   
『日本映画は生きている 映画史を読み直す』第2巻
小川佐和子 (担当:分担執筆, 範囲:「外国映画との対峙:大正初期日本映画のダイナミズム」)
岩波書店   2010年8月   

講演・口頭発表等

 
Zur Vielschichtigkeit der Berliner Operette: Melodramatisierung und Selbstparodie [招待有り]
Sawako Ogawa
Humboldt-Kolleg “Die unermeßliche Verschiedenartigkeit der Elemente”. Humboldtianische Wege der Erforschung von Natur, Sprachen und Kulturen   2019年10月31日   
ベルリン・オペレッタの変容:行進曲からレヴュー・オペレッタ、古典のパロディへ
小川 佐和子
表象文化論学会第14回大会   2019年7月7日   
1920年代のフランス映画界における亡命ロシア人の動向 [招待有り]
小川佐和子
ルースキイ・ミールの多様性   2018年12月1日   科研費助成事業「ルースキイ・ミール:文化共生のダイナミクス」
映画とオペレッタのあいだ:1930年代におけるエリック・シャレルとラルフ・ベナツキー [招待有り]
小川佐和子
1920年代〜30年代のオペレッタとその周辺   2018年10月13日   西洋比較演劇研究会
European Films at the Beginning under Multicultural Influence
Sawako Ogawa
Cross-Cultural Studies: Emic-Etic Correlation in Research and Teaching   2018年9月9日   Ivane Javakhishvili Tbilisi State University
European Films at the Beginning under Multicultural Influence
Sawako Ogawa
КАВКАЗ: КРОСС-КУЛЬТУРНЫЕ ПЕРЕКРЕСТКИ   2018年9月4日   РОССИЙСКО-АРМЯНСКИЙ УНИВЕРСИТЕТ
Influence of Kabuki and Bunraku on Shinpa Films and Genealogy towards Melodrama
Sawako Ogawa
ASCJ 2018(Asian Studies Conference Japan)   2018年7月1日   Asian Studies Conference Japan
革命前後のロシア・ソ連における文芸映画:文学テクストの映像化について
小川佐和子
日本映像学会第44回全国大会   2018年5月27日   日本映像学会
映画史と映画上映史の交差:海外における戦前の日本映画受容をめぐって [招待有り]
小川佐和子
日本映画の現在/日本映画研究の現在 :国際的な視座から   2018年3月28日   東北大学大学院国際文化研究科
革命前後のロシア映画、ロシア・ソ連映画の日本受容:京大人文研所蔵山本明資料の紹介
小川佐和子
人文研アカデミー 連続レクチャー上映会「ロシア革命百周年記念映画祭:映像に刻まれたロシア革命」   2017年11月23日   京都大学人文科学研究所

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2019年4月 - 2024年3月    代表者: 安達大輔
産業史的視点による日本映画史の再構築:1970年代の構造的変革についての共同研究(研究分担者)
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月    代表者: 谷川建司
ロシアとコーカサス諸地域の文化接触:受容と変容と離反のダイナミズム(研究協力者)
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 楯岡求美
新派映画と「新派的なるもの」の系譜学(研究分担者)
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 上田学
秋元松代研究:台詞の音楽性と新たな「語り」(研究協力者)
京都造形芸術大学・春秋座: 共同利用・共同研究拠点・公募研究
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 三浦基
ジャズ・オペレッタからナチ・オペレッタへ:1920-40年代の大衆喜歌劇における風刺表現と演出の変遷
サントリー文化財団: 若手研究者のためのチャレンジ研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 小川佐和子
比較映画史研究:無声映画期における反古典的形式の形成と展開
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 小川佐和子
19世紀後半から1930年代にかけての映画・演劇をめぐる日欧比較研究
京都大学: 若手人材海外派遣事業ジョン万プログラム
研究期間: 2016年7月 - 2017年4月    代表者: 小川佐和子
初期映画史をめぐる日欧比較研究
文部科学省: オーストリア政府給費留学生
研究期間: 2015年10月 - 2016年6月    代表者: 小川佐和子
映画の胎動:一九一〇年代の比較映画史
京都大学教育研究振興財団: 研究成果物刊行助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 小川佐和子