太田博樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/03 16:27
 
アバター
研究者氏名
太田博樹
 
オオタ ヒロキ
eメール
hiroki_ootamed.kitasato-u.ac.jp
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/40401228.ja.html
所属
北里大学
部署
医学部
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京大学)

プロフィール

人類集団遺伝学
分子人類進化学
ゲノム人類学

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
 - 
2014年
北里大学 医学部 准教授
 

受賞

 
1995年8月
国際分子生物進化学会 Walter M. Fitch Prize
 

論文

 
Tonoyama Y, Shinya M, Toyoda A, Kitano T, Oga A, Nishimaki T, Katsumura T, Oota H, Wan MT, Yip BWP, Helen MOL, Chisada S, Deguchi T, Au DWT, Naruse K, Kamei Y, Taniguchi Y
Comparative biochemistry and physiology. Toxicology & pharmacology : CBP   209 54-62   2018年7月   [査読有り]
McColl H, Racimo F, Vinner L, Demeter F, Gakuhari T, Moreno-Mayar JV, van Driem G, Gram Wilken U, Seguin-Orlando A, de la Fuente Castro C, Wasef S, Shoocongdej R, Souksavatdy V, Sayavongkhamdy T, Saidin MM, Allentoft ME, Sato T, Malaspinas AS, Aghakhanian FA, Korneliussen T, Prohaska A, Margaryan A, de Barros Damgaard P, Kaewsutthi S, Lertrit P, Nguyen TMH, Hung HC, Minh Tran T, Nghia Truong H, Nguyen GH, Shahidan S, Wiradnyana K, Matsumae H, Shigehara N, Yoneda M, Ishida H, Masuyama T, Yamada Y, Tajima A, Shibata H, Toyoda A, Hanihara T, Nakagome S, Deviese T, Bacon AM, Duringer P, Ponche JL, Shackelford L, Patole-Edoumba E, Nguyen AT, Bellina-Pryce B, Galipaud JC, Kinaston R, Buckley H, Pottier C, Rasmussen S, Higham T, Foley RA, Lahr MM, Orlando L, Sikora M, Phipps ME, Oota H, Higham C, Lambert DM, Willerslev E
Science (New York, N.Y.)   361(6397) 88-92   2018年7月   [査読有り]
Koganebuchi K, Gakuhari T, Takeshima H, Sato K, Fujii K, Kumabe T, Kasagi S, Sato T, Tajima A, Shibata H, Ogawa M, Oota H
PloS one   13(7) e0200170   2018年7月   [査読有り]
Nishimura T, Katsumura T, Motoi M, Oota H, Watanuki S
Scientific reports   7(1) 5570   2017年7月   [査読有り]
Nakagome S, Chinen H, Iraha A, Hokama A, Takeyama Y, Sakisaka S, Matsui T, Kidd JR, Kidd KK, Said HS, Suda W, Morita H, Hattori M, Hanihara T, Kimura R, Ishida H, Fujita J, Kinjo F, Mano S, Oota H
Human genetics   136(4) 387-397   2017年4月   [査読有り]

Misc

 
太田博樹
日本生理人類学会誌   22(2) 91‐96   2017年5月
ゲノムデータから人類史を読み解く方法―何がわかって何はわからないかー
太田博樹
『西洋史研究』新輯   (46)    2017年
ヒトの起源と疾患リスク変異の拡散
太田博樹
医学のあゆみ   249(6) 573-575   2014年5月

書籍等出版物

 
遺伝人類学入門 : チンギス・ハンのDNAは何を語るか
太田 博樹
筑摩書房   2018年   ISBN:9.78E+12
太田博樹
東京大学出版会   2016年11月   ISBN:4130541420
現代思想 特集:変貌する人類史
太田 博樹
青土社   2017年6月   ISBN:978-4-7917-1346-2
ホルモンから見た生命現象と進化シリーズ?、成長・成熟・性決定
勝村啓史、太田博樹
裳華房   2016年5月   ISBN:978-4-7853-5116-8
坂野 徹, 竹沢 泰子, Paligot Carole Reynaud, 小林 新樹, Nanta Arnaud, 関口 寛, 石井 美保, 日下 渉, 太田 博樹, 瀬口 典子, Schmidt Ryan W., 郭 文華, 加藤 茂生, 加藤 和人, 徳永 勝士
東京大学出版会   2016年   ISBN:9784130541428

講演・口頭発表等

 
遺伝人類学からみた東アジア・日本列島への人類の拡散
太田博樹
日本旧石器学会第16回大会シンポジウム「日本列島への人類拡散と後期旧石器時代の成立を考える」   2018年6月24日   
古代ゲノム学の現状とキャッチアップに向けての試行 [招待有り]
太田博樹
日本進化学会第19回大会シンポジウム「比較ゲノムから幹細胞人類学へ:ヒト表現型進化のゲノム基盤解明に向けた新たな取り組み」   2017年8月24日   
A tial for reconstructing human population history in the Japanese archipelago~through the simulation based on genome-wide data and ancient DNA analyses [招待有り]
太田博樹
The Genome Evolution at Mishima   2017年3月27日   
性皮膨張メカニズムの解明に向けて~ニホンザルのメンス前血中ホルモン濃度変動と相関する血球の発現変動遺伝子の検出~ [招待有り]
太田博樹、勝村啓史
第46回ホミニゼーション研究会「性的二型とホミニゼーション 家族と育児・養育の霊長類基盤」   2017年3月24日   
ゲノムデータから人類史を読み解く方法 何がわかって何はわからないか [招待有り]
太田博樹
2016年度西洋史研究大会シンポジウム「ゲノム研究は歴史を変える 西ユーラシアの農耕ー牧畜・移動ー定住研究の現在」   2016年11月20日   

競争的資金等の研究課題

 
先史日本列島の糞石および歯石のメタゲノム解析
文部科学省科学研究費補助金: 基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 太田博樹
タイ北部少数民族に見る生業形態と文化・行動様式の集団遺伝学
文部科学省科学研究費補助金: 新学術領域「パレオアジア」公募研究
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 太田博樹
ヒトを含む類人猿の性的二型とその多様性を制御する分子機構の解明に向けて
文部科学省科学研究費補助金: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 太田博樹
琉球諸島と北部九州のヒト集団比較ゲノム解析~日本人の形成と環境適応の解明に向けて
文部科学省科学研究費補助金: 基盤研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 太田博樹
次世代シークエンサーによる縄文および弥生時代人骨のゲノム解析
文部科学省科学研究費補助金: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 太田博樹

特許

 
特開WO 2013/133298A1 : 炎症性腸疾患の検出方法及びヒト唾液細菌叢の検査方法
太田博樹、服部正平、森田英利、知念寛、

社会貢献活動

 
農耕社会の人びととDNA研究
【講師】  第62回考古学ゼミナール  DNAからさぐる古代の日本列島  2018年6月29日
縄文ゲノム解析から見たホモ・サピエンスの東アジアへの拡散
【講師】  人類学談話会  人類学演習/人類学セミナーIII  2018年6月22日
DNAからみる集団と個~沖縄、日本、アジアを例として~
【コメンテーター】  ジュンク堂那覇店サイエンスカフェ  2018年3月3日
DNA・ゲノムからみた進化人類史
【講師】  NHK文化センター町田教室講座  「人類の謎に迫る:携帯人類学・分子人類学・法医人類学の視点から」第3回  2017年12月2日
人類集団遺伝学にとって”集団”とは何か?
【講師】  人種神話を解体するー科学と社会知  出版記念講演セミナー  2017年11月24日