Toshihiko Ohara

J-GLOBAL         Last updated: Oct 3, 2019 at 18:29
 
Avatar
Name
Toshihiko Ohara
Affiliation
Nippon Medical School

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Nippon Medical School 
 
Sep 2000
 - 
Apr 2002
ICU/CCU, Nippon Medical School Chiba Hokuso Hospital
 
Jun 1998
 - 
Aug 2000
Research Fellow, Cardiology, Cedars-Sinai Medical Center
 
Nov 1997
 - 
May 1998
ICU/CCU, Nippon Medical School Chiba Hokuso Hospital
 
Apr 1991
 - 
Mar 1993
Doctor, Internal Medicine, Kitamurayama Public Hospital
 

Education

 
Apr 1982
 - 
Mar 1988
Nippon Medical School
 

Published Papers

 
Wakakuri H, Hyodo H, Ohara T, Yasutake M
Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi   86(2) 91-97   2019   [Refereed]
Yodogawa K, Seino Y, Ohara T, Iwasaki YK, Hayashi M, Miyauchi Y, Azuma A, Shimizu W
Heart rhythm   15(6) 798-802   Jun 2018   [Refereed]
Wakakuri H, Hyodo H, Ohara T, Yasutake M
Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi   83(5) 182-183   2016   [Refereed]
Araki T, Miyauchi M, Suzaki M, Wakakuri T, Kirinoki S, Onodera N, Saigusa T, Takana A, Hyodo H, Ohara T, Kawai M, Yasutake M, Yokota H
Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi   82(6) 295-299   2015   [Refereed]
Yodogawa K, Seino Y, Ohara T, Hayashi M, Miyauchi Y, Katoh T, Mizuno K
Journal of cardiology   61(1) 49-52   Jan 2013   [Refereed]

Misc

 
適切な抗菌薬治療後も再発を認めた腸チフスの1例
出川 龍哉, 三枝 太郎, 須崎 真, 若栗 大朗, 桐木 園子, 小野寺 麻加, 兵働 英也, 小原 俊彦, 川井 真, 安武 正弘
日本病院総合診療医学会雑誌   15(3) 205-205   May 2019
菌血症患者における血清ヘプシジン-25値と血清鉄動態の経時的変化の解析
若栗 大朗, 出川 龍哉, 三枝 太郎, 須崎 真, 桐木 園子, 小野寺 麻加, 小野寺 直子, 兵働 英也, 小原 俊彦, 川井 真, 安武 正弘
日本病院総合診療医学会雑誌   15(3) 244-244   May 2019
心室頻拍を有する心サルコイドーシスにおける不整脈基質の非侵襲的評価法 ウェーブレット変換法を用いた検討
淀川 顕司, 清野 精彦, 藤本 雄飛, 岩崎 雄樹, 小原 俊彦, 八島 正明, 清水 渉
心電図   39(Suppl.1) S-1   Mar 2019
当院救急・総合診療センターに救急搬送されためまい症例の検討
須崎 真, 宮内 雅人, 小原 俊彦, 川井 真, 横田 裕行, 安武 正弘
日本救急医学会関東地方会雑誌   40(1) 113-113   Feb 2019
ERにおける外国人診療の現状と課題
須崎 真, 宮内 雅人, 小原 俊彦, 若栗 大朗, 桐木 園子, 小野寺 直子, 兵働 英也, 川井 真, 横田 裕行, 安武 正弘
日本病院総合診療医学会雑誌   15(1) 38-42   Jan 2019
都心部総合病院救急外来を受診した外国人患者の臨床的特徴を調査し、外国人診療における課題を検討した。2017年4月から9月にかけて、日本医科大学付属病院救急・総合診療センターを受診した初診外国人患者158例を対象に、年齢、来院方法、緊急度トリアージ、疾患分類、出身国、在留方法、保険の有無を後方視的に調査した。平均年齢38±16歳、来院方法ではwalk-in 131例(83%)、救急搬送27例(17%)であり、トリアージでは緊急4%、準緊急23%、低緊急50%、非緊急23%であった。疾患分類で...