島田 剛

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/03 23:44
 
アバター
研究者氏名
島田 剛
 
シマダ ゴウ
eメール
gs2774columbia.edu
URL
https://www.researchgate.net/profile/Go_Shimada
所属
明治大学
部署
情報コミュニケーション学部
職名
准教授
学位
博士(早稲田大学), 修士(with Distinction)(マンチェスター大学)
その他の所属
コロンビア大学早稲田大学JICA研究所
Twitter ID
https://twitter.com/shimada_go/
ORCID ID
0000-0003-3311-9510

プロフィール

「産業政策」、「ソーシャル・キャピタル」、「インパクト評価」の3つを中心にしながら研究をしています。具体的には「持続可能な経済成長を可能にする産業政策は何か」「カイゼン(生産性運動)」「途上国のODAや国連援助のインパクト研究」「震災からの復興」「環境問題」などを研究しています。途上国のフィールドを中心にしつつも、日本の事例の研究も多く、その二つを繋げることを心がけています。

(1969年神戸市生まれ。博士(学術、早稲田大学)。明治大学・准教授。現在、コロンビア大学・客員研究員、JICA研究所・招聘研究員、静岡県立大学・非常勤講師も兼ねる。1992年から2015年までJICAで勤務。JICA研究所主任研究員、企画課長、産業開発・公共政策部 産業・貿易課長、理事長秘書役、国連代表部・一等書記官、早稲田大学・招聘研究員、静岡県立大学・国際関係学部准教授などを経て現職。)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
明治大学 専任准教授
 
2014年3月
 - 
現在
コロンビア大学 客員研究員
 
2014年10月
 - 
現在
早稲田大学 招聘研究員
 
2015年3月
 - 
現在
JICA研究所 招聘研究員
 
2018年4月
 - 
現在
静岡県立大学 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
2016年7月
アジア開発銀行 コンサルタント
 
2015年4月
 - 
2018年3月
静岡県立大学 国際関係学部 准教授(Tenured)
 
2013年3月
 - 
2015年3月
JICA研究所 主任研究員
 
2011年8月
 - 
2013年2月
JICA研究所 企画課 課長
 
2008年8月
 - 
2011年8月
JICA産業開発・公共政策部 産業貿易課 課長
 
2007年8月
 - 
2008年8月
JICA 理事長室 理事長秘書役
 
2005年2月
 - 
2007年7月
国連代表部(ニューヨーク) 一等書記官
 
2002年9月
 - 
2005年1月
JICA人事部人事課 職員
 
1999年10月
 - 
2002年8月
JICA インド事務所 職員
 
1998年9月
 - 
1999年9月
マンチェスター大学・大学院(海外長期研修)
 
1994年5月
 - 
1998年9月
JICA 無償資金協力業務部 職員
 
1992年4月
 - 
1991年5月
JICA 青年海外協力隊事務局 国内二課 職員
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
人間の安全保障学会  理事
 
2014年9月
 - 
現在
国際開発学会  編集委員
 
2017年7月
 - 
2018年3月
JICA評価部  外部有識者
 

受賞

 
2018年11月
国際開発学会 国際開発学会・特別賞
受賞者: 湖中真哉・太田至・孫暁剛(編) 『地域研究からみた人道支援 - アフリカ遊牧民の現場から問い直す』(昭和堂)島田は「レジリエントな社会の構築とソーシャル・キャピタル―エチオピアの遊牧民・農牧民コミュニティにおける旱魃対策支援」を共著
 
2018年10月
地域研究コンソーシアム 第8回(2018年度)地域研究コンソーシアム賞 研究作品賞
受賞者: 湖中真哉・太田至・孫暁剛(編) 『地域研究からみた人道支援――アフリカ遊牧民の現場から問い直す』(昭和堂)
 
島田は「レジリエントな社会の構築とソーシャル・キャピタル―エチオピアの遊牧民・農牧民コミュニティにおける旱魃対策支援」を共著

論文

 
島田 剛、園部 哲史
JICA Research Institute Working Papers   No. 173    2018年6月
島田 剛、本村 美紀
Africa Study Monograph. Kyoto: Kyoto University   53 35-51   2017年3月   [査読有り]
Since the 1990s, the number of natural disasters has been rapidly increasing. So
far, little quantitative analysis has been carried out on the economic impact of natural disasters
in Africa. This paper finds the following: (1) the number of natura...
島田 剛
International Journal of Disaster Risk Reduction   22 494-502   2017年7月   [査読有り]
After a huge natural disaster, what are the factors that make recovery of the society possible? This paper examines how social capital has worked in the process of recovery and reconstruction in Kobe, Japan, since the Great Hanshin Awaji Earthquak...
Go Shimada
International Journal of Disaster Risk Reduction   14 388-394   2015年12月   [査読有り]
© 2015 Elsevier Ltd.After the recent Great East Japan Earthquake of March 11, 2011, the importance of social capital has been heavily stressed. While there is a growing collection of literature on the role of social capital after disasters, other ...
島田 剛
アジア太平洋研究科論集   (24) 121-137   2012年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Osuka Keijiro and Sugihara Kaoru (eds.) Paths to the Emerging State in Asia and Africa (Emerging-Economy State and International Policy Studies)
樋口 裕城、島田 剛 (担当:共著, 範囲:Industrial Policy, Industrial Development and Structural Transformation in Asia and Africa)
Springer   2019年2月   
島田剛 (担当:分担執筆, 範囲:第13章 社会イノベーションと地域的受容性 – 社会関係資本からの検討)
有斐閣   2018年12月   ISBN:4641165343
国際開発学会(編) (担当:分担執筆, 範囲:産業政策)
丸善出版   2018年12月   ISBN:4621303406
Integrating Disaster Science and Management: Global Case Studies in Mitigation and Recovery
島田 剛 (担当:分担執筆, 範囲:A Quantitative Study of Social Capital in the Tertiary Sector of Kobe – Has Social Capital Promoted Economic Reconstruction Since the Great Hanshin Awaji Earthquake?)
Elsevier   2018年4月   ISBN:978-0128120569
After a huge natural disaster, what are the factors that make recovery of the society possible? This paper examines how social capital has worked in the process of recovery and reconstruction in Kobe, Japan, since the Great Hanshin Awaji Earthquak...
島田 剛、本村美紀 (担当:分担執筆, 範囲:第9章 レジリエントな社会の構築とソーシャル・キャピタルーエチオピアの遊牧民・農牧民コミュニティにおける干魃対策支援)
昭和堂   2018年3月   ISBN:4812217113
島田 剛 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter6: Inside the Black Box of Japan’s Institution for Industrial Policy – An Institutional Analysis of Development Bank, Private Sector and Labour.)
Columbia University Press   2016年11月   ISBN:978-0231180504
島田 剛 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 4: The Economic Implications of Comprehensive Approach to Learning on Industrial Development (Policy and Managerial Capability Learning): A Case of Ethiopia.)
Columbia University Press   2015年10月   ISBN:978-0231175180
島田 剛 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 12: Towards community resilience - the role of social capital after disasters.)
Brookings Institution Press   2015年7月   ISBN:9780815726333
島田 剛 (担当:分担執筆, 範囲:阪神・淡路大震災20年から東日本大震災を考える ‐ レジリエンスとソーシャル・キャピタル)
早稲田大学出版部   2015年3月   ISBN:4657150030
Haddad, Lawrence. Hiroshi Kato. Nicolas Meisel. eds. Growth is Dead, Long Live Growth The Quality of Economic Growth and Why it Matters ISBN: 978-4-86357-066-5
島田 剛 (担当:分担執筆, 範囲:What are the Macroeconomic Impacts of Natural Disasters? - The Impacts of Natural Disasters on the Growth Rate of Gross Prefectural Domestic Product in Japan)
JICA Research Institute   2015年3月   ISBN:978-4-86357-066-5

Misc

 
島田 剛
JICA研究所 日本の開発協力の歴史 バックグラウンド・ペーパー No.2      2018年11月   [依頼有り]
書評「下村恭民『タイの新しい地平を拓いた挑戦 – 東部臨海開発計画とテクノクラート群像』(2017年) − 記憶のあり方、あるいは過去との向き合い方」
島田 剛
国際開発研究   26(3)    2018年4月
サウジアラビア自動車技術高等研修所(SJAHI)のサウダイゼーションに対する貢献(JICAプロジェクト外部有識者評価 報告ペーパー)
島田 剛
JICA外部有識者評価      2018年3月   [依頼有り]
The Contribution of the Saudi Japanese Automotive High Institute (SJAHI) Project to Saudization Policy
島田 剛
JICA ODA Evaluation Report      2018年3月   [依頼有り]
JICA研究所サブサハラアフリカにおける産業化支援研究会
   2017年11月
大塚啓二郎、園部哲史、黒崎卓、三重野文晴、島田剛、北野尚宏、小田島健、宮崎卓
書評「ジャスティン・リン『貧困なき世界』」(小浜裕久監訳、東洋経済出版社)
島田 剛
経済セミナー4・5月号、日本評論社、東京      2017年4月   [依頼有り]
島田 剛
ADB Conference in Beijing: New Opportunities for Pro-poor Regional Cooperation through Inclusive Business in the Mekong Region      2016年7月   [依頼有り]
Exclusive Interview "Improvement Formula" by Capital (Ethiopian Newspaper)
島田 剛
No. 904, Sunday, April 11, 2016   P22-23   2016年4月
島田 剛
http://archiveenglish.thereporterethiopia.com/content/defending-developmental-approach   P14-15   2016年4月
島田 剛
JICA-RIフォーカス 第28号      2014年10月
Development Cooperation Approaches to Inclusive Growth – In the Case of Japan
島田 剛
Inclusive Growth and Development Cooperation: Experiences and Lessons from Asia. Seoul: Korea Development Institute (KDI) and The Asia Foundation (TAF) (Co-author)   -shimada.go   2012年   [依頼有り]
Japan's Approach to African Development During TICAD IV: The Case of Ethiopia
島田 剛
(Edited by GRISP Development Forum), Policy Miniutes No. 24, Tokyo: GRIPS.      2012年   [依頼有り]
大野 健一, 細野 昭雄, 島田 剛
国際開発ジャ-ナル   (634) 12-15   2009年9月
途上国間で協力をする南南協力の意義とは
島田 剛(共著)
Monthly JICA 2007年7月号、PP30-31      2007年7月   [依頼有り]
島田 剛
Monthly JICA、2007年2月号      2007年2月   [依頼有り]
書評「日本・UNDPインフラ研究報告書」
島田 剛
国際協力研究   22(通巻43号)(1)    2006年4月
インド独立闘争発祥の地を訪れて ーガンディーの非暴力抵抗を考える
島田 剛
JICA Frontier   51    2003年10月
インド家庭の家計からみる公的配給制度(PDS)改革
島田 剛
国際開発学会ニュースレターVol.14. No.4      2003年
インド ヒンデゥー教徒の牛肉タブーに迫る
島田 剛
JICA Frontier   (29)    2001年12月

講演・口頭発表等

 
島田 剛
JICA研究所・国際開発学会共催 国際開発研究・特集号発刊記念セミナー「国際開発におけるカイゼン研究の到達点と今後の課題 — 学際的アプローチからの政策的インプリケーションの検討」   2018年12月25日   JICA研究所
(座長・討論者)人間の安全保障学会年次会合2018「人間の安全保障と開発」セッション(広島市立大学)
島田 剛
人間の安全保障学会年次会合2018   2018年12月9日   広島市立大学
(コメンテーター)国際開発学会第29回全国大会「ODA・開発一般」セッション(筑波大学)
島田 剛
国際開発学会第29回全国大会   2018年11月24日   筑波大学
湖中真哉、孫暁剛、太田至、島田剛、波佐間逸博、村尾るみ子
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所公開シンポジウム 2018年度第2回フィールドサイエンス・コロキアム   2018年11月18日   東京外国語大学
島田 剛
『Africa and Japan "The Training-Infrastructure-Finance (TIF) Strategy: How Japan Helps Industrial Development in Africa" 』   2018年7月23日   GRIPS/JICA研究所
(ファシリテーター)Kaizen and Improving Firm Capability for Innovation [招待有り]
島田 剛
Africa Kaizen Annual Conference 2018, Durban, South Africa   2018年7月2日   
島田 剛
国際開発学会第19回春季大会   2018年6月2日   国際開発学会
本研究はアメリカによる生産性向上の対日援助に焦点をあて、戦後直後から1960年代のODA黎明期までを振り返ったものである。この時代は終戦後から、援助を日本が受けていた被援助国の時代と、援助国に転換していく時代である。本研究が目的とするところは、日本が被援助国であった時にどのようにアメリカの生産性向上支援を受容していたかを検証し、現在の日本のカイゼン支援と比較し、どのような特質があるのかを導き出すことである。 その特質は、第1に、米国・対日援助の受け入れにあたって、日本では政府ではなく民間セ...
(コメンテーター)国際開発学会第19回春季大会「経済」セッション(英語)
島田 剛
国際開発学会第19回春季大会   2018年6月2日   聖心女子大学
島田 剛
世界銀行イベント「「イノベーション・パラドックス」が成長促進の主たる要因を分析:管理スキルとイノベーション力が生産性向上に不可欠」   2018年3月26日   世界銀行、JICA研究所
掛川市の社会イノベーションと今後の展望 [招待有り]
松本礼史・鈴木政史・島田剛
第32回ニッセイ財団研究助成ワークショップ・地域から創る社会イノベーションと持続可能な社会(SDGs)   2018年2月4日   
資源循環型社会アプローチと社会イノベーション:静岡県掛川市のケース
松本礼史・島田剛・鈴木政史・李洸昊
環境経済・政策学会2017年大会   2017年9月6日   高知工科大学
島田 剛
開発のための生産性向上~KAIZEN事例分析~   2017年6月19日   JICA・Global Development Network(GDN)
(口頭報告)Statistics and methodologies for evidence-based policy making [招待有り]
島田 剛
8th Plenary Meeting, OECD Initiative for Policy Dialogue on Global Value Chains, Production Transformation and Development   2017年5月19日   OECD
島田 剛
国連本部(ニューヨーク)   2017年4月10日   JICA、国連日本政府代表部、国連開発計画(UNDP)、コロンビア大学Initiative for Policy Dialogue(IPD)
(口頭発表)Does Environmental Policy Make African Industry Less Competitive? – The Possibilities in Green Industrial Policy [招待有り]
島田 剛
IPD task force, Columbia University   2017年4月   
島田 剛
Nairobi   2017年4月   JICA and the Government of Kenya
島田 剛
アルゼンチン「日本式マネジメント・シンポジウム」(於:ブエノスアイレス、在アルゼンチン日本大使館、アルゼンチン工業生産省、アルゼンチン商工会議所、JICAによる共催)   2017年3月10日   
(座長)Tools and Skills for Human Security Promotion, Parallel Presentation Session, The 6th Annual Conference of the Japan Association for Human Security Studies
島田 剛
人間の安全保障学会   2016年12月11日   
Impacts of Kaizen on workers: Evidence from Central America and Caribbean Region
島田 剛
国際開発学会(広島大学)   2016年11月27日   
(コメンテーター)ポスト資源ブーム後のアフリカ開発 ―TICAD6ナイロビ宣言を踏まえて―
島田 剛
国際開発学会(広島大学)   2016年11月27日   
島田 剛
The 16th East Asian Seminar on the UN System Strategic Approaches to Building Sustainable Peace in Northeast Asia from the UN’s Perspective , Busan, South Korea(日中韓・国連学会年次セミナー)   2016年10月   
(コメンテーター)「都市環境イノベーションと社会的受容性:持続可能な地方都市とは何か?」
島田 剛
環境経済政策学会・企画セッション   2016年9月   
(口頭発表)Global impact and local impact of environment in Africa - Toward Green Industrial Policy [招待有り]
島田 剛
IPD (Initiative for Policy Dialogue) Task force meeting, Chaired by Prof. Stiglitz   2016年8月30日   
島田 剛
JICA Side Event at TICAD VI, Nairobi, Kenya   2016年8月29日   
(口頭発表)Impacts of Kaizen on workers: Evidence from Central America and Caribbean Region
島田 剛
Hitotsubashi Summer Institute 2016(一橋大学)   2016年8月   
(口頭発表)New opportunities for pro-poor regional cooperation through inclusive business in the Mekong region – Study on Japan Development Aid [招待有り]
島田 剛
Regional cooperation for inclusive business new opportunities for official development aid (ODA) in the Mekong Region, organized by ADB (Asian Development Bank), Beijing, China   2016年7月   
(口頭発表)New opportunities for pro-poor regional cooperation through inclusive business in the Mekong region – Study on Japan Development Aid [招待有り]
島田 剛
Regional cooperation for inclusive business new opportunities for official development aid (ODA) in the Mekong Region, organized by ADB (Asian Development Bank), ADB Headquarters, Manila, Philippines   2016年6月   
(口頭発表)No longer the black swan: Impact of rising natural disasers and environment issues on agriculture and economy [招待有り]
島田 剛
IPD (Initiative for Policy Dialogue) Task force meeting, Chaired by Prof. Stiglitz 2016年8月30日   2016年6月   
島田 剛
Knowledge Sharing Seminar for African Countries, Addis Ababa, Co-organized by JICA and the Government of Ethiopia   2016年3月   
島田 剛
国連開発計画(UNDP)、JICA研究所共催   2016年3月   
(討論者)「第 5 回原子力安全規制・福島復興シンポジウム『東日本大震災と福島原発事故から 5 年~原子力安全規制の今後のあり方と福島復興を考える~』」 [招待有り]
島田 剛
早稲田大学レジリエンス研究所主催   2016年3月   
(コメンテーター)「開発研究の基本課題」
島田 剛
国際開発学会第26回全国大会   2015年11月   
(口頭報告)日本学術会議地域研究委員会 国際地域開発分科会(第23期・第3回)、「スマートドナーになるためにー何が欠けているか」 [招待有り]
島田 剛
2015年10月   
島田 剛
第97回ニューヨーク国連フォーラム, コロンビア大学   2015年9月   
島田 剛
JICA, 国連開発計画(UNDP)、国連アフリカ特別代表事務所、世界銀行、NEPAD, コロンビア大学共催   2015年9月   
(討論者)「文部科学省 原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ、第 4 回原子力安全規制・福島復興シンポジウム『東日本大震災と福島原発災害から4年~原子力安全規制の今後のあり方と福島復興を考える~』」 [招待有り]
島田 剛
早稲田大学・文部科学省原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ主催   2015年3月   
(コメンテーター)「開発途上国の廃棄物問題と国際環境協力:制度はどのように変わるのか?」
島田 剛
国際開発学会第25回全国大会   2014年11月   
(口頭発表)Social capital and reconstruction of Kobe after the 1995 earthquake – A quantitative study
島田 剛
人間の安全保障学会(東北大学)   2014年9月   
島田 剛
Annual Meeting of East Asia Development Network in Manila, Philippine   2014年7月   
島田 剛
Accra, Ghana at the Annual Global Conference of GDN (Global Development Network)   2014年6月   
(口頭発表) Social capital and Productivity Growth – Evidence from cross country analysis.
島田 剛
IPD (Initiative for Policy Dialogue) Task force meeting in Dead Sea, Jordan, Chaired by Prof. Stiglitz   2014年6月   
(コメンテーター)シンポジウム「東日本大震災・福島原発事故の教訓をポストMDGs・SDGsの目標へ」(早稲田大学、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)、東京工業大学共催)、国連大学(東京)
島田 剛
2014年5月   
(口頭発表)Towards community resilience: The role of social capital after disasters
島田 剛
The Last Mile in Ending Extreme Poverty, Brookings Institution, Washington D.C.   2014年1月   
島田 剛
UNU(United Nations University)-WIDER Conference on Learning to Compete: Industrial Development and Policy in Africa. Helsinki, Finland.   2013年6月   
(口頭発表およびパネル)Emerging lessons for post-2015 and Sustainable Goal Setting – goal setting methodology and target/indicator selection methodology
島田 剛
Workshop co-directed by Sakiko Fukuda-Parr (the New School), Alicia Ely Yamin (Harvard University) on The Power of Numbers: A Critical Review of MDG Targets for Human Development and Human Rights , Château de Bossey, Switzerland   2013年3月   
島田 剛
KDI (Korea Development Institute) and Asia Foundation   2012年11月   
(口頭発表)UNECA、AU(国連アフリカ経済委員会、アフリカ・ユニオン)共催、「アフリカ産業政策専門家会合」、セッション4パネリスト(日本の中小企業政策)(Adds Ababa, Ethiopia) [招待有り]
島田 剛
2010年10月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
アフリカ遊動社会における接合型レジリアンス探求による人道支援・開発ギャップの克服
科学研究費助成事業: 科研費(A)
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 湖中 真哉(島田は研究分担者)
国際協力によるカイゼン支援の社会的なインパクトに関する研究
日本学術振興会: 科学研究費(基盤C): 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 島田 剛
政府開発援助によるカイゼン支援の貧困削減の可能性について
高橋産業経済研究財団: 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 島田 剛
接合領域接近法による東アフリカ牧畜社会における緊急人道支援枠組みのローカライ ズ
日本学術振興会: 科学研究費(基盤A)
研究期間: 2012年4月 - 2018年3月    代表者: 湖中 真哉(島田は研究分担者)

その他

 
学術誌レフェリー
(国際学術誌)
・Journal of Globalization and Development
・International Journal of Disaster Risk Reduction
・International Journal of Emergency Mental Health
・International Journal of Mass Emergencies and Disasters
(国内学術誌)
・Journal of International Development Studies
・Journal of Human Security Studies
・Africa Study Monograph.
海外調査実施国
海外調査実施国(2015年以降)
- 米国(ニューヨーク) (Apr. 2017, Mar. 2017, 2016, 2015)
- フランス(パリ)(May, 2017)
- ケニア (Jan. 2018, Apr. 2017, Jul.-Sep. 2016, 2015)
- タイ(Apr. 2018)
- サウジアラビア (Nov. 2017)
- アルゼンチン (Mar. 2017)
- シンガポール(Mar. 2017)
- 韓国 (Oct. 2016)
- エチオピア (Mar. 2016)
- 南アフリカ(July, 2018)
海外調査実施国(2014年以前)
- パプア・ニューギニア、 ソロモン諸島、 ニジェール、 セネガル、 タンザニア、 エティオピア、 中国、 韓国、 モンゴル、 ベトナム、 カンボディア、 タイ、 ヴィエトナム、 インドネシア、 フィリピン、 ミャンマー、インド、ブータン、 マレーシア、 スリランカ、 オーストリア、 パレスチナ、 イスラエル、 エジプト、 韓国、イタリア、 フランス、 ドイツ、オーストラリア、 スイス、 英国、 ハンガリー、ベルギー、 ブラジル、 米国、 グァテマラ、 ドミニカ共和国、 エルサルバドル、 パナマ、 コスタリカ、ガーナ、フィンランド