基本情報

所属
茨城大学 フロンテア応用原子科学研究センター 特命研究員, 非常勤講師
学位
工学博士(東京工業大学)

通称等の別名
菊地 賢司
J-GLOBAL ID
200901002520832603

外部リンク

東北大学卒、工学博士(東京工業大学)、JAEA、J-PARCセンタ−を経て、茨城大学フロンテイア応用原子科学研究センター研究部門長(-2016.3)。現在、同センター特命研究員。高温材料強度研究を経て、1997年から高エネルギー陽子標的の研究を国内、国外施設(PSI、BNL、LANL)を利用して行い、核破砕材料研究に専念してきた。2011年以降は、加えて、残留する放射性セシウムの除染研究、及び放射線利用を語れる人材の育成を継続している。

最近の主な著作5件
・Kenji Kikuchi, Nobuo Niimura, Takashi ONIZAWA, Masakazu Komatsuzaki, Ichiro Tanaka: Detection of Radioactive Cesium on Granular Particle using Autoradiography, Germanium detector and Energy dispersive X-ray spectometry.. RADIOLOGY AND DIAGNOSTIC IMAGING 05/2018; doi: 10.31487/j. RDI.2018.10.004.
・Kenji Kikuchi: Material Performance in Lead and Lead-Bismuth Alloy. In: Saleem Hashmi (editor-in-chief), Reference Module in Materials Science and Materials Engineering. Oxford: Elsevier; 2016. pp. 1-17. ISBN: 978-0-12-803581-8.
・Nobuo Niimura, Kenji Kikuchi, Ninh Duc Tuyen, Masakazu Komatsuzaki, Yoshinobu Motohashi: Physical properties, structure, and shape of radioactive Cs from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident derived from soil, bamboo and shiitake mushroom measurements.. Journal of environmental radioactivity 139: 234-239. DOI.org/10.1016/j.jenvrad.2013.12.020.
・Kenji Kikuchi, Noriyuki Okada, Mikio Kato, Hiroshi Uchida, ShigeruSaito: HCM12A Cr-rich oxide layer investigation using 3D atom probe. Journal of Nuclear Materials 09/2013.
・松村邦仁、関東康祐、田中伸厚、三枝幹雄、菊地賢司、車田亮、茨城大学における原子力工学教育の取り組み、保全学、Vol.14-2,2015.

論文

  113

MISC

  66

講演・口頭発表等

  160

共同研究・競争的資金等の研究課題

  12

産業財産権

  3

社会貢献活動

  4