後藤 一寿

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/02 10:08
 
アバター
研究者氏名
後藤 一寿
 
ゴトウ カズヒサ
eメール
gotokaffrc.go.jp
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
本部
職名
所長・部門長・部長・研究管理役等
学位
博士(農業経済学)(東京農業大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
   
 
独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 その他
 

学歴

 
 
 - 
2003年
東京農業大学 農学研究科 農業経済学専攻
 

論文

 
大西千絵, 後藤一寿
農業経営研究   50(3) 96-101   2012年12月
大久保 研治, 後藤 一寿
農村研究   0(115) 13-24   2012年9月
後藤 一寿
農林業問題研究   48(2) 297-302   2012年9月
福山 明子, 柚木崎 千鶴子, 後藤 一寿
農林業問題研究   48(1) 170-175   2012年6月
福山明子, 柚木崎千鶴子, 後藤一寿
農林業問題研究   48(1) 170-175   2012年6月

Misc

 
山本 淳子, 河野 恵伸, 後藤 一寿
フードシステム研究   22(3) 237-242   2015年12月
山本淳子, 河野恵伸, 後藤一寿
関東東海北陸農業経営研究   (106) 59-64   2016年2月
河野 恵伸, 山本 淳子, 後藤 一寿
フードシステム研究   22(3) 209-212   2015年12月
後藤 一寿
農業 = Journal of the Agricultural Society of Japan   (1590) 48-52   2014年10月
後藤 一寿
JATAFFジャーナル = JATAFF journal : 農林水産技術   2(4) 9-14   2014年4月
吉原 陽介, 後藤 一寿
農業 = Journal of the Agricultural Society of Japan   (1581) 51-56   2014年1月
後藤一寿
日本農学図書館協議会誌   (178) 1-5   2015年6月
後藤一寿
関東東海農業経営研究   (105) 15-19   2015年2月
竹林 純, 沖 智之, 渡辺 純, 山崎 光司, 陳 健斌, 古川(佐藤) 麻紀, 坪田(宇津木) 恵, 卓 興鋼, 後藤 一寿, 松本 輝樹, 石見 佳子
ビタミン   87(5) 274-276   2013年6月
山城 梢, 後藤 一寿, 恩田 聡, 相原 貴之, YAMASHIRO Kozue, GOTO Kazuhisa, ONDA Satoshi, AIBARA Takayuki, 宮古農林水産振興センター農業改良普及課, 独立行政法人農業食品産業技術総合研究機構九州沖縄農業研究センター, 沖縄県農林水産部営農支援課, Miyako agriculture-and-forestry fishery promotion center Agricultural improvement expansion division, NARO Kyushu Okinawa Agricultural Research Center, Okinawa Prefectual Government Department of agriculture-and-forestry fishery,Farming support division
南方資源利用技術研究会誌 = Journal of the society tropical resources technologists   28(1) 9-16   2012年12月
健康機能性の報道により生じたシークヮーサーブームが落ち着き、シークヮーサーの消費が低迷する中、新たな消費ニーズの掘り起こしや、新商品の投入による需要拡大が緊急の課題となっている。そこで、本研究では、ブーム時の2005年に行われたシークヮーサーの消費ニーズとイメージに関する調査を再度実施し、シークヮーサーの消費者意識の変化を把握するとともに商品開発の方向性を検討した。2005年と比べブームが落ち着いた2009年においてもシークヮーサーの知名度、利用経験の割合は増加していた。一方で、シークヮー...
山城 梢, 後藤 一寿, 恩田 聡
南方資源利用技術研究会誌   28(1) 9-16   2012年12月
井上 荘太朗, 須田 文明, 後藤 一寿
フードシステム研究   19(3) 283-288   2012年12月
須田 文明, 井上 荘太朗, 後藤 一寿
フードシステム研究   19(3) 289-294   2012年12月
後藤 一寿
農林業問題研究   48(2) 297-302   2012年9月
本稿では大豆製品の市場動向を概観し,大豆関連企業の製品戦略について検討した。その結果,以下の3点が明らかとなった。まず第1に,伝統的な大豆食品市場はいずれも縮小傾向であり,日本人の人口減少社会に向けて新たな対応が迫られている状況が明らかとなった。第2に,大豆に関する機能性研究では,科学的な根拠に基づく製品開発・プロモーションが可能になってきている。第3に,大豆食を製品として展開する企業は,製品そのもののプロモーションよりも,大豆あるいは大豆食文化のプロモーションを積極的に展開しており,消費...
大久保 研治, 後藤 一寿
農村研究   (115) 13-24   2012年9月
本研究では,アンケート調査で得たデータを利用し,紫サツマイモ製品に対する消費者の認知度,利用経験,そして利用意向の分析を行った。分析結果をまとめると以下の4点である。1)2元配置の分散分析の結果,認知・利用経験・利用意向による主効果がすべての品目で確認された。認知・利用経験・利用意向と年齢・性別による交互作用は5品目で,年齢・性別による主効果は11品目で確認された。2)紫サツマイモ製品に対する消費者の認知度について分析を行った結果,認知度とが高い製品とそうではない製品が明らかになった。そし...
後藤一寿
九州沖縄農業研究センターニュース   (39) 7   2012年3月
栄野比美徳, 後藤一寿, 恵飛須則明
食農と環境   (17) 43-52   2016年3月
後藤 一寿
農林業問題研究   48(2) 297-302   2012年
Apart from being a traditional processed food, soybeans are increasing used as a functional food material or as ingredients. In this article, I performed a statistical analysis of the market trends of soybean products and reviewed articles about t...
後藤一寿, 沖智之, 須田郁夫
九州沖縄農業研究成果情報   (26) 321-322   2011年9月
後藤一寿
九州沖縄農業研究成果情報   (26) 311-312   2011年9月
楠木歩美, 亀山眞由美, 箭田浩士, 末元吹季, 高木達也, 後藤一寿, 高浦佳代子, 高浦佳代子, 高橋京子, 高橋京子
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   136th ROMBUNNO.29Q-PM05S   2016年
大西千絵, 後藤一寿
日本農業経営学会研究大会報告要旨   2011 168-169   2011年9月
山本淳子, 河野恵伸, 後藤一寿
フードシステム研究   22(3) 237-242   2015年12月
大西千絵, 後藤一寿
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   74th 124   2011年8月
河野恵伸, 山本淳子, 後藤一寿
フードシステム研究   22(3) 209-212   2015年12月
後藤一寿, 相原貴之
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   74th 130   2011年8月
後藤一寿
農村経済研究   33(2) 39-46   2015年12月
山城梢, 恩田聡, 後藤一寿, 相原貴之
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   74th 129   2011年8月
恩田聡, 山城梢, 後藤一寿, 相原貴之
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   74th 128   2011年8月
河野恵伸, 山本淳子, 後藤一寿, 和田有史
日本フードシステム学会大会報告要旨集   2015 82-83   2015年5月
相原貴之, 後藤一寿, 恩田聡, 山城梢
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   74th 127   2011年8月
山本淳子, 河野恵伸, 後藤一寿
日本フードシステム学会大会報告要旨集   2015 94-95   2015年5月
後藤一寿, 曽根一純, 大西千絵
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   74th 133   2011年8月
菅原晃美, 澤井祐典, 氏原邦博, 後藤一寿, 沖智之, 須田郁夫
日本食品科学工学会誌   61(1) 39-44   2014年1月
黒大豆「クロダマル」の煎り豆製造工程における総アントシアニン,総プロアントシアニジン,GABA および抗酸化能の推移を調査した.総アントシアニンと総プロアントシアニジンの含量は,黒大豆を水へ浸漬する工程で大きく減少したが,煎り豆中にはアントシアニンとプロアントシアニジンが,それぞれ生大豆の53 %と83 %残存していた.一方,水への浸漬工程で黒大豆中の GABA 含量は5.3倍にまで増加したが,浸漬後の静置する工程で減少した.黒大豆の煎り豆の H-ORAC は,生大豆と比較して有意(...
後藤一寿
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th ROMBUNNO.27PB-AM154   2015年
大西千絵, 後藤一寿
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   74th 132   2011年8月
楠木歩美, 高浦佳代子, 高浦佳代子, 辻元康人, 後藤一寿, 箭田浩士, 亀山眞由美, 高橋京子, 高橋京子
和漢医薬学会学術大会要旨集   32nd 64   2015年
相原貴之, 後藤一寿
農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果   (482) 99-105   2011年7月
楠木歩美, 高浦(島田)佳代子, 浅尾浩史, 辻本誠幸, 辻元康人, 後藤一寿, 高橋京子
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th ROMBUNNO.28F-PM02   2015年
竹林純, 沖智之, 松本輝樹, 坪田恵, 卓興鋼, 渡辺純, 後藤一寿, 陳健斌, 佐藤麻紀, 石見佳子
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   65th 246   2011年4月
後藤一寿
日本醸造協会誌   108(11) 796-801   2013年11月
栄野比美徳, 恵飛須則明, 後藤一寿
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   77th 129   2014年8月
後藤 一寿
Bio九州   0(197) 3-8   2010年12月
後藤一寿, 大西千絵
九州沖縄農研農業経営研究資料   (14) 38P   2011年3月
沖 智之, 三好 絢子, 後藤 一寿, 佐藤 麻紀, 白土 英樹, 寺原 典彦, 須田 郁夫
日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology   57(3) 128-133   2010年3月
東京都内で市販されていた紫サツマイモを原材料に用いた61種の加工食品に含まれる主要な8種のアントシアニンを定量した.紫サツマイモのパウダー,フレークおよび干し芋を分類した一次加工食品(10種)には,主要アントシアニンが,53.22~936.26mg/100gの範囲で含まれていた.紫サツマイモを原材料に用いた清涼飲料水や醸造酢,また醸造酢を原材料とする清涼飲料水を分類した飲料形態の加工食品(13種)には,1.19~131.95mg/100mLの範囲で含まれていた.11種の紫サツマイモ油加工食...
後藤一寿, 曽根一純
九州沖縄農研農業経営研究資料   (13) 32-38   2011年3月
後藤一寿
JATAFFジャーナル   2(4) 9-14   2014年4月
後藤一寿, 竹林純, 沖智之, 卓興鋼
抗酸化物質を含有するいわゆる健康食品の安全性・有効性に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   71-99   2011年
河野恵伸, 後藤一寿, 森嶋輝也, 大浦裕二, 山本淳子, 森尾昭文, 高橋太一, 磯島昭代, 佐藤百合香, 大西千絵, 吉田晋一, 佐藤和憲, 中嶋晋作
食品試験研究成果情報   (26) 14-15   2014年3月
後藤一寿, 相原貴之
農業経営研究   48(3) 43-47   2010年12月
奥野成倫, 菅原晃美, 沖智之, 後藤一寿, 須田郁夫
食品試験研究成果情報   (26) 4-5   2014年3月
後藤 一寿
フードシステム研究   17(1) 43-44   2010年
後藤一寿, 倉澤貴幸, 門間敏幸
農業経営研究   47(3) 11-21   2009年12月
吉原陽介, 後藤一寿
農業   (1581) 51-56   2014年1月
笹原和哉, 後藤一寿, 相原貴之
九州沖縄農業研究成果情報   (24) 345-346   2009年9月
後藤一寿, 吉岡達文, 末岡昭宣, 野村知史, 藤田浩基, 長根寿陽, 芝野真喜雄, 草野源次郎
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   134th ROMBUNNO.29PMS-003   2014年
後藤一寿, 相原貴之
日本農業経営学会研究大会報告要旨   2009 158-159   2009年9月
高橋京子, 近藤小百合, 小栗一輝, 島田佳代子, 後藤一寿, 高橋宏彰, 松永和浩, 原野悦良, 森野てる子
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   134th ROMBUNNO.29PMS-002   2014年
後藤一寿
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   72nd 138   2009年8月
沖智之, 古川(佐藤)麻紀, 山下南穂, 白土英樹, 後藤一寿, 奥野成倫, 須田郁夫
日本食品科学工学会誌   60(10) 595-600   2013年10月
2010年度から2012年度に国内の各地(北海道,本州,九州)で収穫された116検体の黒大豆中の総アントシアニン量と総プロアントシアニジン量を,それぞれpH differential法とDMAC法で定量した.総アントシアニン量はシアニジン-3-グルコシド相当で0.25mg/gから1.40mg/gの範囲であり,平均値は0.90mg/gであった.総プロアントシアニジン量は(+)-カテキン相当で0.23mg/gから1.52mg/gの範囲であり,平均値は0.93mg/gであった.黒大豆の百粒重は総...
堤えみ, 後藤一寿
熊本県産学官技術交流会講演論文集   23rd 206-207   2009年
井上荘太朗, 後藤一寿
日本農業経営学会研究大会報告要旨   2008 220-221   2008年9月
後藤一寿, 井上荘太朗
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   71st 171   2008年8月
後藤一寿
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   76th 115   2013年8月
後藤一寿, 相原貴之, 宮城一菜
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   71st 181   2008年8月
沖智之, 古川(佐藤)麻紀, 山下南穂, 白土英樹, 後藤一寿, 奥野成倫, 須田郁夫
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   76th 28   2013年8月
後藤一寿, 田口善勝, 金岡正樹
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   71st 174   2008年8月
梅本雅, 田口光弘, 後藤一寿, 笹原和哉, 島田信二, 白岩立彦, 桂圭佑, 島村聡
総合農業研究叢書   (68) 211P   2013年3月
後藤一寿, 笹原和哉, 相原貴之
農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果   (485) 494-502   2013年1月
後藤一寿, 井上荘太朗, 須田文明
海外における農村イノベーション政策と6次産業化 消費者ニーズの変化に対応した強固な食料サプライチェーンの構築に関する研究 平成25年   89-96   2013年
後藤一寿
九州沖縄農研農業経営研究資料   (10) 31-43   2008年3月
井上荘太朗, 須田文明, 後藤一寿
海外における農村イノベーション政策と6次産業化 消費者ニーズの変化に対応した強固な食料サプライチェーンの構築に関する研究 平成25年   79-87   2013年
後藤一寿
地域に根ざした大豆の新商品開発と産地づくりへの挑戦 平成19年度加工プロ5系モデルコンソーシアム・シンポジウム報告書 別府大学創立100周年記念事業   1-12   2008年
須田文明, 井上荘太朗, 後藤一寿
海外における農村イノベーション政策と6次産業化 消費者ニーズの変化に対応した強固な食料サプライチェーンの構築に関する研究 平成25年   69-77   2013年
奥野成倫, 菅原晃美, 沖智之, 後藤一寿, 須田郁夫
九州沖縄農業試験研究の成果情報(Web)   2013 WEB ONLY   2013年
沖智之, 三好絢子, 後藤一寿, 白土英樹, 寺原典彦, 吉元誠
日本食品科学工学会大会講演集   54th 130   2007年9月
大西千絵, 後藤一寿, 森江昌史
九州沖縄農業試験研究の成果情報(Web)   2013 WEB ONLY   2013年
後藤一寿, 沖智之
紫サツマイモの市場性解明および機能特性評価に基づく安定的な原料供給・商品開発へ向けた産地ビジネスモデルの提案 平成18年度 農林水産省知識集約型産業創造対策事業報告書   43-45   2007年
井上荘太朗, 須田文明, 後藤一寿
フードシステム研究   19(3) 283-288   2012年12月
後藤一寿, 堤えみ, 豆塚木美, 野間口壽子
農業経営研究   44(2) 74-78   2006年9月

書籍等出版物

 
門間 敏幸, 井形 雅代, 木原 高治, 後藤 一寿 (担当:共著)
家の光協会   2002年5月   ISBN:4259517813
農林統計出版   2016年4月   ISBN:4897323428
後藤 一寿, 坂井 真 (担当:共著)
農林統計出版   2014年4月   ISBN:4897322928
高収量を実現する基本技術と人的ネットワーク、生物企業情報学科編、バイオビジネストップランナーへの軌跡、後藤一寿・門間敏幸・木原高治・井形雅代
家の光協会   2002年   
経営・作業記帳は企業的農業経営確立の原点、生物企業情報学科編、バイオビジネストップランナーへの軌跡、後藤一寿・門間敏幸・木原高治・井形雅代
家の光協会   2002年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 後藤 一寿
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 門間 敏幸
本年度は,日本農業のアグリイノベーションの担い手となる篤農の技術を発掘するとともに,その技術の特徴を体系的に評価する方法の評価,篤農データベースの構築を行い,次の成果を得た。(1) 全国篤農技術データベースの開発:現在の全国の篤農家が保有する篤農技術の掘り起こしを行うための基礎的なデータベースを開発した。具体体には,我々がこれまで研究対象とした数多くの調査農家の技術を評価するとともに,農林水産省,国,県の試験研究機関,全国の普及センターからの情報をもとに全国篤農技術データベースを開発した。...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 梅本 雅
海外の大豆生産状況を把握するために、米国イリノイ州の大豆生産者、大豆協会、大豆研究者等に対する聞き取り調査を2回実施し、中国の家畜飼料用大豆需要の増加から国際的な大豆需給の逼迫が予想されることや、日本向けのN-GMO大豆のプレミアムの水準が15%程度であることとその形成要因、イリノイ州やミネソタ州で大豆高単収の要因としての品種更新や有機物施用の効果、米国での大豆品質評価、さらに、N-GMO大豆の生産費水準等について明らかにした。日本における大豆低収の要因として、多収品種の育成と実需者が求め...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 南石 晃明
食料・農業・環境に関わる諸問題は,相互に密接に関連しており,その根底には「リスク」が深く関与している.このため,食料・農業・環境に関わる諸問題の解決には,「リスク」に対する理解が不可欠である.食料・農業・環境に潜むリスクには,どのようなものがあり,それらはどのように関連しており,さらにどのような対応が可能なのか?本研究では,学際的かつ国際的な視点からこれらの点について明らかにした.
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 門間 敏幸
本研究は, 近年, 新たな農業経営組織として大きな注目を集めているフランチャイズ型の農業経営組織の形態や機能及び経営管理システムを捉える共通理論として組織間関係論と取引費用アプローチ, さらにはナレッジマネジメントによる経営評価方法を提案した。さらに, 上記の理論フレームに基づいて各種の農業経営組織事例を評価した結果, これらの理論によって事例組織の形態や機能, 経営管理システムの特徴は良好に説明できることが実証できた。