グレーベ ラルフ

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/02 15:46
 
アバター
研究者氏名
グレーベ ラルフ
 
グレーベ ラルフ
URL
http://wwwice.lowtem.hokudai.ac.jp/~greve/
所属
北海道大学
部署
低温科学研究所
職名
教授
学位
Habilitation in Mechanics(ダルムシュタット工科大学), 理学博士(ダルムシュタット工科大学), 物理学修士(ダルムシュタット工科大学)
科研費研究者番号
90374644
ORCID ID
0000-0002-1341-4777

プロフィール

2004年から北海道大学低温科学研究所で氷河・氷床の研究をしています。ドイツのダルムシュタット工科大学で物理学を学び、1995年に理学博士を取得、以来ポリサーマル氷床の動力学、熱力学を理論、解析、数値モデルを使い研究を続けています。2003年まではダルムシュタット工科大学力学部において研究員、助手、講師を務めました。学術論文は自著、共著を合わせると75を超え、氷力学と連続体力学の2冊の教科書の著者でもあります。さらに、「Journal of Glaciology」の編集委員、オープンソースの氷床モデルSICOPOLISを維持管理しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2004年1月
 - 
現在
北海道大学 低温科学研究所 教授
 
2000年5月
 - 
2003年12月
ダルムシュタット工科大学 力学部 講師
 
1997年12月
 - 
2003年12月
ダルムシュタット工科大学 力学部 助手
 
1995年8月
 - 
1997年12月
ダルムシュタット工科大学 力学部 研究員
 

学歴

 
1992年3月
 - 
1995年8月
ダルムシュタット工科大学 力学部 
 
1985年10月
 - 
1991年12月
ダルムシュタット工科大学  物理学科
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
日本雪氷学会  Bulletin of Glaciological Research 編集委員
 
2014年4月
 - 
現在
北海道大学大学院環境科学院  EPEES運営委員会の委員
 
2004年1月
 - 
現在
北海道大学低温科学研究所  運営委員会の委員
 
2004年1月
 - 
現在
北海道大学低温科学研究所  教授会の委員
 
1998年1月
 - 
現在
国際雪氷学会  Journal of Glaciology 編集委員
 

受賞

 
2015年3月
北海道大学 研究総長賞 奨励賞
 

論文

 
R. Calov, S. Beyer, R. Greve, J. Beckmann, M. Willeit, T. Kleiner, M. Rückamp, A. Humbert, A. Ganopolski
The Cryosphere   12(10) 3097-3121   2018年10月   [査読有り]
H. Goelzer, S. Nowicki, T. Edwards, M. Beckley, A. Abe-Ouchi, A. Aschwanden, R. Calov, O. Gagliardini, F. Gillet-Chaulet, N. R. Golledge, J. Gregory, R. Greve, A. Humbert, P. Huybrechts, J. H. Kennedy, E. Larour, W. H. Lipscomb, S. Le clec'h, V. Lee, M. Morlighem, F. Pattyn, A. J. Payne, C. Rodehacke, M. Rückamp, F. Saito, N. Schlegel, H. Seroussi, A. Shepherd, S. Sun, R. van de Wal, F. A. Ziemen
The Cryosphere   12(4) 1433-1460   2018年4月   [査読有り]
齋藤 冬樹、グレーベ ラルフ
低温科学   76 179-186   2018年3月   [招待有り]
H. Seddik, R. Greve, T. Zwinger, S. Sugiyama
The Cryosphere   11(5) 2213-2229   2017年9月   [査読有り]
R. Greve, R. Calov, U. C. Herzfeld
低温科学   75 117-129   2017年3月   [招待有り]

Misc

 
R. Greve
Proceedings of the 18th Chitose International Forum on Photonics Science & Technology   12-17   2018年7月   [依頼有り]
R. Greve
低温研ニュース   45 8-9   2018年6月   [依頼有り]
I. B. Smith, E. Larour, N. E. Putzig, R. Greve, N. J. Schlegel
Sixth International Conference on Mars Polar Science and Exploration. LPI Contribution No. 1926   6072   2016年9月
I. V. Polyakov, R. Bolton, R. Greve, J. Hutchings, S.-J. Kim, Y. Kim, S. H. Lee, T. Ohata, F. Saito, A. Sugimoto, R. Suzuki
Polar Science   8(2) 53-56   2014年6月
過去と将来の気候における火星の水氷堆積物の進化に関する数値シミュレーション
R. Greve
研究助成事業・研究成果報告書   59-64   2012年7月

書籍等出版物

 
Expedition Erde. Wissenswertes und Spannendes aus den Geowissenschaften (4th Edition)
M. Claussen, R. Greve, U. Cubasch (担当:分担執筆, 範囲:Was ist eigentlich Klima? Klima und Klimaänderungen)
MARUM Bibliothek   2015年7月   ISBN:978-3-00-049045-3
Climate Change 2013: The Physical Science Basis. Contribution of Working Group I to the Fifth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change
J. A. Church, P. U. Clark, A. Cazenave, J. M. Gregory, S. Jevrejeva, A. Levermann, M. A. Merrifield, G. A. Milne, R. S. Nerem, P. D. Nunn, A. J. Payne, W. T. Pfeffer, D. Stammer, A. S. Unnikrishnan (and 57 contributing authors including R. Greve) (担当:分担執筆, 範囲:Sea level change)
Cambridge University Press   2013年9月   ISBN:978-1-107-05799-1
Expedition Erde. Wissenswertes und Spannendes aus den Geowissenschaften (3rd Edition)
M. Claussen, R. Greve, U. Cubasch (担当:分担執筆, 範囲:Was ist eigentlich Klima? Klima und Klimaänderungen)
MARUM Bibliothek   2010年10月   ISBN:978-3-00-030772-0
Continuum Mechanics, Fluids, Heat
S. Bargmann, H. Seddik, R. Greve (担当:分担執筆, 範囲:On a thermodynamically consistent flow model for induced anisotropy in polar ice)
WSEAS Press   2010年2月   ISBN:978-960-474-158-8
Dynamics of Ice Sheets and Glaciers
R. Greve, H. Blatter (担当:共著)
Springer   2009年8月   ISBN:978-3-642-03414-5

講演・口頭発表等

 
R. Greve
千歳光科学国際フォーラム   2017年10月10日   
Ice sheet modelling and applications to Greenland, Antarctica and the Martian polar caps [招待有り]
R. Greve
Australasian Fluid Mechanics Conference   2012年12月4日   
Ice sheet modelling and applications to the past, present and future glaciation of the Earth [招待有り]
R. Greve
IPICS (International Partnerships in Ice Core Sciences) Open Science Conference   2012年10月2日   
Glaciation of Mars from 10 million years ago until 10 million years into the future simulated with the model MAIC-2 [招待有り]
R. Greve, B. Grieger, O. J. Stenzel
日本地球惑星科学連合2012年大会   2012年5月24日   
Cooperation between the Nordic countries and Japan in advanced ice sheet and glacier modelling [招待有り]
R. Greve, T. Zwinger
Northern Environmental Research Symposium, Hokkaido University Sustainability Weeks   2011年10月31日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
R. Greve, B. Grieger, O. J. Stenzel   コンピュータソフト   2007年10月 - 現在
R. Greve   コンピュータソフト   1992年3月 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
Projecting discharge from the Greenland ice sheet using climatic forcings derived from atmosphere-ocean models
日本学術振興会: 科研費基盤研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: グレーベ ラルフ
GPUによって加速化された氷床モデリング用プログラムの開発と応用
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: グレーベ ラルフ
地球システムモデリングによる急激な気候変動と氷期サイクルとの相互作用の解明
日本学術振興会: 科研費基盤研究(A)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 阿部 彩子
グリーンランド氷床Qaanaaq 流域の近年および将来の変動に関するモデル開発と数値実験
北海道大学低温科学研究所: 研究助成(カテゴリー2)
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: グレーベ ラルフ
日本学術振興会: 科研費基盤研究(A)
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: グレーベ ラルフ

社会貢献活動

 
How to write strong KAKENHI proposals
【司会】  北海道大学  KAKENHI Seminar in English  (北海道大学創生科学研究棟)  2018年9月25日
How to write strong KAKENHI proposals
【司会】  北海道大学  KAKENHI Seminar in English  (北海道大学シオノギ創薬イノベーションセン ター)  2017年10月3日
How to write strong KAKENHI proposals
【司会】  北海道大学  KAKENHI Seminar in English  (北海道大学創生科学研究棟)  2016年9月21日
Tips for writing strong KAKENHI proposals
【講師】  ユーラクセス・ジャパン  Boost your Career: Grants in Practice  (駐日欧州連合代表部、東京)  2016年7月25日
Practical tips on writing proposals
【司会】  北海道大学  KAKENHI Seminar in English  (北海道大学学術交流会館)  2015年9月24日