Shimbo Genya

J-GLOBAL         Last updated: Dec 19, 2019 at 13:52
 
Avatar
Name
Shimbo Genya
E-mail
shimbovetmed.hokudai.ac.jp
Affiliation
Hokkaido University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Tagawa M, Shimbo G, Inokuma H, Miyahara K
Journal of veterinary diagnostic investigation : official publication of the American Association of Veterinary Laboratory Diagnosticians, Inc   1040638719880245   Oct 2019   [Refereed]
Leela-Arporn R, Ohta H, Shimbo G, Hanazono K, Osuga T, Morishita K, Sasaki N, Takiguchi M
The Journal of veterinary medical science      Oct 2019   [Refereed]
Tamura M, Nakamura K, Osuga T, Shimbo G, Sasaki N, Morishita K, Ohta H, Takiguchi M
The Journal of veterinary medical science   81(8) 1104-1108   Aug 2019   [Refereed]
Tamura M, Ohta H, Shimbo G, Osuga T, Sasaki N, Morishita K, Kagawa Y, Takiguchi M
Journal of veterinary internal medicine      Aug 2019   [Refereed]
Shimbo G, Tagawa M, Matsumoto K, Tomihari M, Yanagawa M, Ueda Y, Inokuma H, Miyahara K
The Journal of veterinary medical science   81(1) 120-126   Jan 2019   [Refereed]

Misc

 
新坊弦也, 新坊弦也, 田川道人, 柳川将志, 宮原和郎
北海道獣医師会雑誌   62(8) 342   Aug 2018
Splenic infarction followed by cerebral infarction in a dog
Shimbo G, Tagawa M, Yamamoto Y, Miyahara K
Journal of the Japan Veterinary Medical Association   71(8) 443-448   Aug 2018   [Refereed]
11歳8ヵ月、避妊雌のミニチュア・ダックスフントが血小板減少、多発性の脾臓腫瘤の精査のために来院した。症例は、来院前日に突然の左前後肢の麻痺、左眼の視覚障害を呈した。血液凝固系検査ではD-ダイマーの上昇が認められた。腹部超音波検査では脾臓に低エコー性を呈する血流を欠く楔型の病変が複数認められた。頭部MRI検査では、右側頭葉を中心とした脳梗塞と合致する所見が得られた。以上より、脾梗塞、脳梗塞と診断し、血栓予防療法を行った。その後の経過は良好であり、第118病日に治療終了とし、その後11ヵ月経...
鼻咽頭道に発生したリンパ腫の猫の1症例
田川 道人, 新坊 弦也, 柳川 将志, 岡田 一喜, 宮原 和郎
北海道獣医師会雑誌   62(11) 467-470   Nov 2018
4歳11ヵ月齢の雑種猫、去勢雄が食欲不振と呼吸困難を主訴に近医を受診した。対症療法を行うも改善せず、精査を希望して帯広畜産大学動物医療センターを紹介受診した。いびき様呼吸音(stertor)、頭部X線検査から鼻腔および鼻咽頭領域の疾患を疑い、頭部CT検査および組織生検により鼻咽頭道に発生したリンパ腫と診断した。症例は抗がん剤治療に良好に反応し、治療終了後2年経った現在まで臨床症状の再発は認められていない。(著者抄録)
アポクリン導管癌の猫の1症例
田川 道人, 新坊 弦也, 富張 瑞樹, 柳川 将志, 宮原 和郎
北海道獣医師会雑誌   62(3) 73-76   Mar 2018
15歳4ヵ月齢の雑種猫、避妊雌が皮膚腫瘤を主訴に近医を受診し、切除手術を受けアポクリン導管癌と診断された。しかし早期に再発を認めたため、帯広畜産大学動物医療センターを紹介受診した。CT検査にて皮下への広範囲の浸潤が確認され、前進皮弁を用いた拡大切除と術後の放射線治療を行った。術後は一時閉眼障害がみられたが大きな問題となることはなく、術後7ヵ月で慢性腎臓病にて斃死するまで明らかな再発、転移は認められなかった。(著者抄録)
SHIMBO Genya, IGARI Kosuke, MIYOSHI Masafumi, TAGAWA Michihito, MIYAHARA Kazuro
Journal of the Japan Veterinary Medical Association   71(1) 31-35   2018   [Refereed]