原 良憲

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 08:13
 
アバター
研究者氏名
原 良憲
 
ハラ ヨシノリ
eメール
haragsm.kyoto-u.ac.jp
URL
http://www.hara.gsm.kyoto-u.ac.jp
所属
京都大学
部署
大学院経営管理研究部
職名
教授
学位
博士(情報学)(京都大学)

プロフィール

 兵庫県姫路市出身. 1981年東京大学工学部電子工学科卒業. 1983年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了.2005年京都大学博士(情報学). 茅 陽一現東京大学名誉教授のもとで,循環型社会システムなどの大規模システム構造化手法の研究を行う. 1983年日本電気株式会社入社以来,日米の研究拠点にて,Web・メディア情報管理などの研究・事業開発に従事. スタンフォード大学客員研究員,NEC北米研究所(シリコンバレー) Department Head, NEC関西研究所統括などを経て,2006年 京都大学経営管理大学院 教授(現職). 大学院経済学研究科・経済学部の教育研究も担当. 2014年4月より,京都大学経営管理大学院 副院長.
 京都ビジネスリサーチセンター 代表理事 /理事長(2012年6月〜2014年6月). グローバルビジネス学会 理事(2012年4月〜2018年3月). サービス学会 理事 (2014年4月〜2018年6月),同副会長(2018年6月〜現在). 科学技術振興機構 研究開発戦略センター 特任フェロー(2012年12月〜2013年3月). 京都大学経営管理大学院附属経営研究センター長 (2010年4月〜2012年3月). 「サービス価値創造プログラム」 プログラム長 (2010年4月〜2013年3月). グローバルCOE(京大情報学)事業推進担当者 (2007年〜2012年). 2009年度派遣研究者(ウィーン大学). 「関西サービス・イノベーション創造会議」座長. 「感性サービス撰」選定委員会委員長. サービス学会第1回国内大会共同実行委員長などを務める.

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
現在
京都大学 経営管理大学院 教授
 

論文

 
Managing Risks and System Performance in Supply Network: A Conceptual Framework
Huy Quang Truong, Yoshinori Hara
International Journal of Logistics Systems and Management      2018年   [査読有り]
Supply chain risk management: manufacturing- and service-oriented firms
Huy Quang Truong, Yoshinori Hara
Journal of Manufacturing Technology Management   29(2) 218-239   2018年   [査読有り]
Risks and performance in supply chain: the push effect
Huy Truong Quang, Yoshinori Hara
International Journal of Production Research      2017年   [査読有り]
"Customer Experience in Traditional and Modern Retail Formats: A Case Study of Vietnam"
Nhung Tran Thi Tuyet, Yoshinori Hara,
The 3rd International Conference on Serviceology (ICServ 2015)      2015年7月   [査読有り]
"Developing an Ad-hoc Questionnaire Model for Extracting Consumer Behaviour in Service Encounter"
Hisashi Masuda, Yoshinori Hara,
The 3rd International Conference on Serviceology (ICServ 2015),      2015年7月   [査読有り]
ベトナムの伝統的な市場(いちば)における継続性 − 価値共創の観点からの考察 −
TRAN NHUNG THI TUYET,原 良憲
サービス学会第3回国内大会,金沢歌劇座,April, 2015.      2015年4月   [査読有り]
暗黙的認識行為に基づく 「切磋琢磨の価値共創」モデル化に関する考察
TRAN NHUNG THI TUYET,原 良憲
サービス学会第3回国内大会,金沢歌劇座,April, 2015.      2015年4月   [査読有り]
Kimiko Ryokai,Noriko Misra,Yoshinori Hara
Proceedings of the 33rd Annual ACM Conference Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems, Seoul, CHI 2015 Extended Abstracts, Republic of Korea, April 18 - 23, 2015   679-686   2015年4月   [査読有り]
Development of an Evaluation Approach for Customer Service Interaction Models
Hisashi Masuda, Wilfrid Utz, Yoshinori Hara
The 7th International Conference on Knowledge Science, Engineering and Management (KSEM 2014), pp. 150-161, Sibiu, Romania, October, 2014.      2014年10月   [査読有り]
A Dynamic Model based on Customer Learning Speed
Hisashi Masuda, Yoshinori Hara
2nd International Conference on The Human Side of Service Engineering (HSSE2014), Krako'w, Poland, July, 2014.      2014年7月   [査読有り]
Emerging Field of Neuro IT Strategy
Yoshinori Yamakawa, Hiroki Oka, Hiroki Fukuda, Ryota Kanai, Yoshinori Hara
Frontiers in Service Conference 2014, Miami, June, 2014.      2014年6月   [査読有り]
保有ポートフォリオを考慮したクリエイティブサービス価値の持続・ 向上施策
山本尚忠,原 良憲,
サービス学会第2回国内大会,公立はこだて未来大学,April, 2014.      2014年4月   [査読有り]
経営者意識と顧客からの情報取得手法に基づく 海外展開する日本の宿泊業の一般化
増田 央, 中村孝太郎, 原 良憲
サービス学会第2回国内大会, 公立はこだて未来大学, April, 2014.      2014年4月   [査読有り]
原 良憲
サービソロジー(サービス学会 学会誌), Vol.1, No.1, pp.20 - 21, 2014.      2014年   [査読有り]
原 良憲
サービソロジー(サービス学会 学会誌), Vol.1, No.3, pp.4 - 11, 2014.      2014年   [査読有り]
Adopting an Appropriate Method of Consumer Information Gathering towards Improving Value Co-creation Process: An Analysis of the Influence of Management Mindset
Hisashi Masuda, Yoshinori Hara
The 1st International Conference on Serviceology (ICServ2013), Tokyo, October, 2013.      2013年10月   [査読有り]
オープンイノベーションを支える脳科学の産業応用 〜文化多様性に適用するためのニューロITストラテジー〜
山川義徳,金井良太,岡 宏樹,原 良憲
グローバルビジネス学会第1回全国大会, Tokyo, March, 2013.   56-62   2013年3月   [査読有り]
Context-Free and Context-Dependent Service Models based on "Role Model" Concept for Utilizing Cultural Aspects
Hisashi Masuda, Wilfrid Utz, Yoshinori Hara
Knowledge Science, Engineering and Management (KSEM) Lecture Notes in Computer Science Volume 8041, Springer, pp. 591-601, 2013.      2013年   [査読有り]
日本型クリエイティブ・サービスの価値共創モデル − 暗黙知情報活用に基づく価値共創モデルの発展的整理 ー
原 良憲,岡 宏樹
研究 技術 計画, Vol. 28, No. 3/4, pp. 254 - 261, 2013.      2013年   [査読有り]
Thi Tuyet Tran Nhung, 原 良憲
システム制御情報学会誌, Vol. 57, No. 12, pp. 485 - 492, 2013.      2013年   [査読有り]
Using Value-in-Use: A Dynamic Model for Value-in-Exchange and Value-in-Use
Hisashi Masuda and Yoshinori Hara
AHFE2012, San Francisco      2012年7月   [査読有り]
Yoshinori Hara,Yutaka Yamauchi,Yoshinori Yamakawa,Junya Fujisawa,Hiroaki Ohshima,Katsumi Tanaka
2012 Annual SRII Global Conference, San Jose, CA, USA, July 24-27, 2012   906-913   2012年   [査読有り]
無謬性の問題を考慮したリスクマネージメントに関する考察
中根徹裕, 原 良憲
情報セキュリティ心理学とトラスト(SPT)研究会, February, 2011.      2011年2月   [査読有り]
生活者の認知特性に基づいた 信頼を伝えるための メディアコミュニケーション手法の提案
米田拓正,山川義徳,前川 聡,原 良憲
データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2011),E8-1, February, 2012.      2011年2月   [査読有り]
感性情報伝達によるオンラインコマース上の顧客維持戦略の提案
中村茂利,山川義徳,原 良憲
データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2011),E8-1, February, 2012.      2011年2月   [査読有り]
製品感性価値に関する 生活者の印象評定に基づいた オンラインプロモーション戦略の提案
丹下翔太,山川義徳,原 良憲
データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2011),E8-1, February, 2011.      2011年2月   [査読有り]
地域キャラクターを活用した観光プロモーション のためのオンラインメディア戦略の提案
新田陽介,山川義徳,前川 聡,原 良憲
データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2011),E8-1, February, 2012.      2011年2月   [査読有り]
Yihong Gong,原 良憲
NEC技報   56(3) 35-38   2003年3月
Wen-Syan Li,Quoc Vu,Edward Y. Chang,Divyakant Agrawal,Kyoji Hirata,Sougata Mukherjea,Yi-Leh Wu,Corey Bufi,Kevin Chen-Chuan Chang,Yoshinori Hara,Reiko Ito,Yutaka Kimura,Kazuyuki Shimazu,Yukiyoshi Saito
SIGMOD 1999, Proceedings ACM SIGMOD International Conference on Management of Data, June 1-3, 1999, Philadelphia, Pennsylvania, USA.   565-567   1999年6月   [査読有り]
Yoshinori Hara, Katsumi Tanaka, Robert Wilensky
ACM DL, WOWS   264   1999年   [査読有り]
Sougata Mukherjea,Yoshinori Hara
International Conference on Information Visualisation, IV 1999, London, England, UK, July 14-16, 1999   400-405   1999年   [査読有り]
Kyoji Hirata,Sougata Mukherjea,Wen-Syan Li,Yoshinori Hara
IEEE International Conference on Multimedia Computing and Systems, ICMCS 1999, Florence, Italy, June 7-11, 1999. Volume I   257-263   1999年   [査読有り]
Wen-Syan Li,Quoc Vu,Divyakant Agrawal,Yoshinori Hara,Hajime Takano
Computer Networks   31(11月16日) 1375-1389   1999年11月   [査読有り]
リアルサービスにおける信頼構築メカニズムに基づいたオンラインサービス顧客戦略手法の提案
小和田健太郎,山川義徳,原 良憲
データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2011),E8-1, February, 2011.      2011年2月   [査読有り]
M. Okada; S. Matsuyama; Y. Hara
2011 IEEE Consumer Communications and Networking Conference, CCNC, 2011   834-835   2011年   [査読有り]
Hisashi Masuda and Yoshinori Har
Proceedings - 2011 Annual SRII Global Conference, SRII 2011   401-408   2011年   [査読有り]
Yoshinori Yamakawa and Yoshinori Hara
Proceedings - 2011 Annual SRII Global Conference, SRII 2011   177-183   2011年   [査読有り]
Q.T. Pham; Y. Hara
International Journal of Knowledge Management   7(3) 27-42   2011年   [査読有り]
How Should Enterprises and Consumers Behave in the Servicizing Economy?
Yoshinori Hara
ISES Global Conference on Service Excellence 2010      2010年7月   [査読有り]
文理融合の知識を活用した「サービス価値創造プログラム」の開発(<レクチャーシリーズ>サービスイノベーションとAIと教育〔第1回〕)
原 良憲,前川 佳一,神田 智子
人工知能学会誌   25(3) 444-451   2010年5月   [査読有り]
貴金属再生企業アサヒプリテック 共生・共創の社会を組み立て
原 良憲
日経情報ストラテジー,日経BP社,2010年5月号,122 - 123      2010年5月
大阪ガス・エルネットの行動観察調査 潜在意識を科学的に分析し、マーケティングを高度化
原 良憲
日経BP社,http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20100319/346030/      2010年3月
オンラインコミュニティ活性化のためのリーダーシップ分析
市橋正太郎,山川義徳,原 良憲
データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2010),A7-3      2010年3月   [査読有り]
動的な顧客満足度モデルの構築
増田 央,姜 聖淑,山川 義徳,原 良憲
データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2010),E10-1      2010年3月   [査読有り]
サービス化時代の知識活用手法の提案
増井健人,山川義徳,高見 茂、原 良憲
データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2010),E10-2      2010年3月   [査読有り]
企業発信情報と消費者受信情報に基づく包括的な企業評価手法
丹下翔太,山川義徳,岡 宏樹,原 良憲
データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2010),E10-4      2010年3月   [査読有り]
信頼に基づくサービス価値創造を目指したオンラインプロモーション手法の提案
竹井慎平,山川義徳,田中克己,前川 聡,原 良憲
データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2010),E10-5      2010年3月   [査読有り]
福士久美子,原 良憲
映像情報メディア学会技術報告   34(4(ENT2010 1-5)) 23-28   2010年1月
本研究では、公民連携における市民参加について論じる。官と民が連携を強め、行政サービスが行き届き市民の活力を反映したよりよい社会を創っていくプロセスを協働化イノベーションと呼び、実現のための指針を提供することが本研究の目的である。事例分析として、京都市の政策評価および事務事業評価の実証分析を行ない、現行の評価システムの問題点を検証、適切な市民参加のあり方を論じる。京都市ではこれまで市民参加に関して定性的な分析しか行われていなかったが、本研究では蓄積された1400件に及ぶデータを数値化し、さら...
きょうと情報カードシステム(KICS-LLC) − 伝統組織とITインフラの織りなすサービス価値創造
原 良憲
日経BP社,http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20100125/343727/      2010年1月
韓国のサービス・デザイン・イノベーション戦略
原 良憲
日経BP社,http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20091201/341286/      2009年12月
ハプスブルグ家の伝統から開花したウィーンのサービス・イノベーション
原 良憲
日経BP社,http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20091009/338679/      2009年10月
今こそ要素還元的な価値創出からの脱却 サービスというフィルターでとらえた社会のふるまいに注目
原 良憲
日経BP社,http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090817/335618/      2009年8月
Service Science Management & Engineering: A new discipline?
Yoshinori Hara, Dimitris Karagiannis. :
13th BOC Strategic Partner Meeting (Vienna, Austria), (2009) (Invited)      2009年   [査読有り]
Service Innovation Research and Education
Yoshinori Hara
Service Design International Seminar (Sungkyunkwan University, Seoul, Korea), (2009) (Invited)      2009年   [査読有り]
Q.T. Pham; Y. Hara
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   5914 LNAI 322-334   2009年   [査読有り]
情報リテラシーによる探索行動分類
隅田章広,原 良憲
電子情報通信学会第11回Webインテリジェンスとインタラクション研究会      2008年3月
サービス多角化戦略
渡辺孝信,原 良憲
映像情報メディア学会アントレプレナー・エンジニアリング研究会      2008年3月
Y. Hara
Proceedings - International Conference on Informatics Education and Research for Knowledge-Circulating Society, ICKS 2008   99-104   2008年   [査読有り]
A. Sumida; Y. Hara
Proceedings - 2008 International Workshop on Information-Explosion and Next Generation Search, INGS 2008   91-94   2008年   [査読有り]
Yoshinori Hara
Practical Aspects of Knowledge Management, 7th International Conference, PAKM 2008, Yokohama, Japan, November 22-23, 2008. Proceedings   1   2008年   [査読有り]
中島伸介;舘村純一;原 良憲;田中克己;植村俊亮
知能と情報   19(2) 156-166   2007年4月   [査読有り]
中島伸介, 舘村純一, 原 良憲, 田中克己, 植村俊亮
日本データベース学会Letters   5(1) 17-20   2006年6月
Shinsuke Nakajima,Jun'ichi Tatemura,Yoshinori Hara,Katsumi Tanaka,Shunsuke Uemura
Frontiers of WWW Research and Development - APWeb 2006, 8th Asia-Pacific Web Conference, Harbin, China, January 16-18, 2006, Proceedings   285-296   2006年   [査読有り]
ブログサイトにおけるトラックバック利用状況の調査および考察
中島伸介, 舘村純一, 原 良憲, 田中克己, 植村俊亮,
第17回データ工学ワークショップ(DEWS2006), 2006.      2006年   [査読有り]
産業界が次に目指すAI世界 −スマートインターフェース,シンビオティックコンピューティング,ディペンダブル情報基盤,サービスサイエンス−
舩橋誠壽,佐川浩彦,林 弘,原 良憲,水田秀行
人工知能学会誌,21,3      2006年   [査読有り]
中島伸介, 舘村純一, 原 良憲, 田中克己
情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告   2005(67) 31-38   2005年7月
近年, 取得可能な情報量の増大に伴い, 信頼できる情報を効率的に取得することが困難になっている.我々はWeb上での有識者を発見し, この有識者が発信するコンテンツに基づいた情報フィルタリングを行うことで, 信頼できる情報の取得が可能ではないかと考え, 重要なbloggerの発見手法の確立を目指した研究を行ってきた.しかしながら, blogスレッドの検出や, 重要なbloggerの発見に関して, これまではTrackbackリンクを考慮できておらず, blogエントリ同士の関係を適切に抽出す...
Discovering Important Bloggers Based on Analyzing Blog Threads.
Shinsuke Nakajima, Junichi Tatemura, Yoichiro Hino, Yoshinori Hara, and Katsumi Tanaka
WWW 2005 2nd Annual Workshop on the Weblogging Ecosystem      2005年5月   [査読有り]
高品質ハイパーメディア実現とその利用に関する研究
原 良憲
   2005年3月   [査読有り]
Sang Kyun Cha,Anastassia Ailamaki,Yoshinori Hara,Vishal Sikka
Proceedings of the 21st International Conference on Data Engineering, ICDE 2005, 5-8 April 2005, Tokyo, Japan   1140   2005年   [査読有り]
Advanced Ubiquitous Computing for Emerging Multimedia Applications
Yoshinori Hara
IEEE Workshop on Managing Data for Emerging Multimedia Application (EMMA)      2005年
Advanced ubiquitous system technologies for symbiotic evolution
Y. Hara; Y. Ebino
NEC Journal of Advanced Technology   2(2) 164-169   2005年   [査読有り]
米国における新事業開発プロセスから学ぶ プロフェッショナルなR&D活動集団の実現
原 良憲,坂本 大
Business research   (967) 46-54   2004年12月   [査読有り]
原 良憲
情報処理学会シンポジウム論文集   2004(14) 51   2004年11月
日野洋一郎, 是津耕司, 中島伸介, 原 良憲, 田中克己
情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告   2004(71) 115-121   2004年7月
WWWの世界にBlogというコンテンツが急速な勢いで広まっている・ Blogとは,日記のようにテキスト形式のWebコンテンツを作成できるシステムまたは,そのシステムにより作成されたコンテンツのことを指す. Blogコンテンジは,ユーザ(あるいはサイト)の動向を直接的かつタイムリーに反映しているWebコンテンツであるといえる.このような多数のBlogコンテンツをマクロ的視点で一覧すれば,今流行している事柄は何かなど,ユーザの動向に閲するさまざまな情報を得ることができる.しかしながら,従来のB...
blog解析に基づくWeb情報検索の信頼性向上技術
中島伸介,竹原幹人,日野洋一郎,舘村純一,原 良憲,田中克己,
人工知能学会 第6回セマンティックウェブとオントロジー研究会,SIG-SWO-A401-05,2004.      2004年
リンク構造の時間特性に着目したWeblog解析に基づくコンテンツの信頼性評価の検討
中島伸介, 舘村純一, 日野洋一郎, 原 良憲, 田中克己
第15回データ工学ワークショップ(DEWS2004)      2004年
On image segmentation for object-based image retrieval
K. Hirata; E. Kasutani; Y. Hara
Proceedings - International Conference on Pattern Recognition   16(3) 1031-1034   2002年   [査読有り]
Wen-Syan Li,K. Sel?uk Candan,Kyoji Hirata,Yoshinori Hara
VLDB Journal   9(4) 312-326   2001年   [査読有り]
K. Hirata; S. Mukherjea; W.-S. Li; Y. Hara
Multimedia Tools and Applications   11(3) 295-309   2000年8月   [査読有り]
WebDB hypermedia database system
W.S. Li; Y.L. Wu; J. Shim; K. Hirata; S. Mukherjea; D. Agrawal; Y. Hara; R. Ito; Y. Kimura; K. Shimazu; Y. Saito
IEICE Transactions on Information and Systems   E82-D(1) 266-277   1999年   [査読有り]
Sougata Mukherjea,Kyoji Hirata,Yoshinori Hara
World Wide Web   2(3) 115-132   1999年   [査読有り]
S. Mukherjea; K. Hirata; Y. Hara
ACM CHI 1999 (demonstration)   17-18   1999年   [査読有り]
W.-S. Li; K. Sel?uk Candan; K. Hirata; Y. Hara
Data and Knowledge Engineering   27(2) 139-176   1998年9月   [査読有り]
Sougata Mukherjea,Kyoji Hirata,Yoshinori Hara
Proceedings of the CIKM 1998 Workshop on New Paradigms in Information Visualization and Manipulation (NPIV 1998), November 3-7, 1998   29-35   1998年   [査読有り]
Wen-Syan Li,Yi-Leh Wu,Corey Bufi,Kevin Chen-Chuan Chang,Divyakant Agrawal,Yoshinori Hara
The 5th International Conference of Foundations of Data Organization (FODO'98), Kobe, Japan, November 12-13, 1998   200-209   1998年   [査読有り]
Yoshinori Hara,Kyoji Hirata
The 5th International Conference of Foundations of Data Organization (FODO'98), Kobe, Japan, November 12-13, 1998   183-190   1998年   [査読有り]
Wen-Syan Li,Junho Shim,K. Sel?uk Candan,Yoshinori Hara
Proceedings of the IEEE Forum on Reasearch and Technology Advances in Digital Libraries, IEEE ADL '98, Santa Barbara, California, USA, April 22-24, 1998   216-227   1998年   [査読有り]
Kyoji Hirata; Sougata Mukherjea; Wen-Syan Li; Yusaku Okamura; Yoshinori Hara
Theory and Practice of Object Systems   4(4) 261-283   1998年   [査読有り]
Wen-Syan Li,K. Sel?uk Candan,Kyoji Hirata,Yoshinori Hara
Human Factors in Computing Systems, CHI '97: Looking to the Future, Extended Abstracts, Atlanta, Georgia, USA, March 22-27, 1997.   32-33   1997年   [査読有り]
Yoshinori Hara,Kojiro Watanabe
Human Factors in Computing Systems, CHI '97: Looking to the Future, Extended Abstracts, Atlanta, Georgia, USA, March 22-27, 1997.   97-98   1997年   [査読有り]
Hypermedia navigation and content-based retrieval for distributed multimedia databases
Yoshinori Hara; Kyoji Hirata; Hajime Takano; Shigehito Kawasaki
Proceedings of the NEC Research Symposium   133-148   1997年   [査読有り]
Wen-Syan Li,K. Sel?uk Candan,Kyoji Hirata,Yoshinori Hara
SIGMOD Record (ACM Special Interest Group on Management of Data)   26(2) 521-524   1997年   [査読有り]
Design and Implementation of Object-based Video Navigation
Yosaku Okamura, Kyoji Hirata, Yoshinori Hara:
Int. Conference on Multimedia Information Systems: 30-41 (1997)      1997年   [査読有り]
Wen-Syan Li,K. Sel?uk Candan,Kyoji Hirata,Yoshinori Hara
Worldwide Computing and Its Applications, International Conference, WWCA '97, Tsukuba, Japan, March 10-11, 1997, Proceedings   182-197   1997年   [査読有り]
Wen-Syan Li,K. Sel?uk Candan,Kyoji Hirata,Yoshinori Hara
VLDB'97, Proceedings of 23rd International Conference on Very Large Data Bases, August 25-29, 1997, Athens, Greece   538-547   1997年   [査読有り]
Wen-Syan Li,Yoshinori Hara,Nancy Fix,K. Sel?uk Candan,Kyoji Hirata,Sougata Mukherjea
7th International Workshop on Research Issues in Data Engineering (RIDE '97) High Performance Database Management for Large-Scale Applications, Birmingham, UK, April 7-8, 1997   91-100   1997年   [査読有り]
Kyoji Hirata,Sougata Mukherjea,Yusaku Okamura,Wen-Syan Li,Yoshinori Hara
Hypertext 97, The Eigth ACM Conference on Hypertext, University of Southampton, UK, April 6-11, 1997   75-86   1997年   [査読有り]
Wen-Syan Li,K. Sel?uk Candan,Kyoji Hirata,Yoshinori Hara
Proceedings of the International Conference on Multimedia Computing and Systems, ICMCS 1997, Ottawa, Ontario, Canada, June 3-6, 1997   353-361   1997年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Yoshinori Hara, Dimitris Karagiannis (担当:共編者)
Springer   2017年7月   ISBN:3319612395
Yoshinori Hara (担当:分担執筆, 範囲:Japanese Creative Service and Its Competitive Value Co-creation Processes)
Springer   2016年9月   ISBN:9811005745
Quoc Trung Pham, Yoshinori Hara, Hideki Fujii
Scholars' Press   2016年7月   ISBN:3659841021
Yoshinori Hara, Hisashi Masuda (担当:分担執筆, 範囲:Global Service Enhancement for Japanese Creative Services Based on the Early/Late Binding Concepts)
Springer   2016年7月   ISBN:3319394169
Yoshinori Hara, Yoshikazu Maegawa, Yutaka Yamauchi (担当:分担執筆, 範囲:Sustainability and Scalability in Japanese Creative Services)
Springer   2016年5月   
小林潔司, 原 良憲, 山内 裕
日本評論社   2014年10月   ISBN:4535557993
マルチメディア応用機能プラットフォーム
藤田孝弥など61名
「コンパクトエンサイクロペディア情報処理」(オーム社) 178-183   1994年6月   
ハイパーメディアシステム
増永良文編主任ら415名
情報処理学会「情報処理ハンドブック」(オーム社) 963-964   1995年11月   

特許

 
ソウガタ ムッケルジャー, 平田 恭二, 原 良憲
特許特許1668438 : 形態素解析装置
特許特許1806870 : 分類構造表現方式
特許特許1819301 : 多次元ブラウジング方式
特許特許1901790 : 関係デ−タベ−ス設計支援装置
特許特許1931811 : 検索情報の付与装置
特許特許1980945 : 電子ペ−ジめくり装置
特許特許2104688 : メニュー選択装置
特許特許2580760 : ブラウジング装置
特許特許3006132 : 大規模グラフ分解装置
特許特許3132606 : 関連情報変換装置