尹 浩信

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/12 11:49
 
アバター
研究者氏名
尹 浩信
 
イン ヒロノブ
URL
http://srv02.medic.kumamoto-u.ac.jp/dept/dermato/dermato.html
所属
熊本大学
部署
大学院生命科学研究部 熊本大学大学院生命科学研究部(臨床系)皮膚病態治療再建学
職名
教授
学位
博士(東京大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2004年
   
 
 強皮症研究会議
 
2005年
 - 
2006年
 内科研修指導ガイドライン作業班 班員(2005-2006)
 
2005年
 - 
2008年
 厚生労働省特定疾患対策研究班難病情報センター 情報企画委員(2005-2008)
 
2005年
 - 
2008年
 厚生労働省強皮症調査研究班分
 
2006年
   
 
 皮膚脈管・膠原病研究会
 

受賞

 
2003年
日本結合組織学会大高賞受賞
 
2005年
日本研究皮膚科学会賞(JSID賞)
 
2005年
日本研究皮膚科学会賞
 
2006年
リウマチ性疾患臨床医学賞受賞
 
2006年
リウマチ性疾患臨床医学賞
 

論文

 
Yamamoto Y, Makino T, Kudo H, Ihn H, Murakami Y, Matsufuji S, Fujiwara K, Shin M
Histochemistry and cell biology   149(2) 161-167   2018年2月   [査読有り]
Inoue M, Miyashita A, Noguchi H, Hirose N, Nishimura K, Masuda M, Ihn H
The Journal of dermatology   45(1) 67-71   2018年1月   [査読有り]
Ogata-Aoki H, Higashi-Kuwata N, Hattori SI, Hayashi H, Danish M, Aoki M, Shiotsu C, Hashiguchi Y, Hamada A, Kobayashi H, Ihn H, Okada S, Mitsuya H
Antiviral research   149 78-88   2018年1月   [査読有り]
Ikeda I, Igata T, Ihn H
The Journal of emergency medicine      2018年1月   [査読有り]
Shimada S, Fukushima S, Niimori D, Miyashita A, Setoyama H, Sasaki Y, Ihn H
The Journal of dermatology      2018年1月   [査読有り]

Misc

 
【皮膚科救急診療マニュアル】 電撃傷
尹 浩信
皮膚病診療   39(Suppl.) 61-61   2017年12月
2灯撮影における顔面正面像の最適な撮影条件の検討
伊方 敏勝, 森 弘樹, 西村 祐紀, 坂本 佳奈, 原田 美穂, 増口 信一, 尹 浩信, 岡崎 睦
形成外科   60(11) 1313-1320   2017年11月
顔全体以上の比較的広範囲の被写体に対し、ニコンクリエイティブライティングシステム(CLS)制御によるワイヤレス2灯撮影システムを導入し、顔面に関して影が少なく均等な光の当たる条件について検討した。CLSによる2灯撮影では、全撮影条件にて、他のストロボ撮影よりも人物の後ろに作られる影は抑制された。内蔵ストロボによる撮影はストロボの側と反対側に影が生じ、リングストロボでもぼんやりとした影が作られた。テカリに関しては、CLS撮影では仰角・水平角の条件に応じて変化した。均一な光の当たり具合や過剰な...
肥厚性硬膜炎・自己免疫疾患・膠原病 当院で発症した免疫チェックポイント阻害薬に関連した神経筋IRAEs
高松 孝太郎, 中根 俊成, 木村 俊寛, 宮下 梓, 福島 聡, 猿渡 功一, 佐伯 祥, 尹 浩信, 安東 由喜雄
神経免疫学   22(1) 91-91   2017年10月
【好酸球増多と関連疾患】 好酸球性筋膜炎
尹 浩信
臨床免疫・アレルギー科   68(3) 310-313   2017年9月
尹 浩信, 立花 隆夫, 井上 雄二, 金子 栄, 加納 宏行, 新谷 洋一, 辻田 淳, 長谷川 稔, 藤田 英樹, 茂木 精一郎, レパヴー・アンドレ, 磯貝 善蔵, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 門野 岳史, 古賀 文二, 廣崎 邦紀, 藤原 浩, 安部 正敏, 池上 隆太, 爲政 大幾, 加藤 裕史, 櫻井 英一, 谷崎 英昭, 中西 健史, 松尾 光馬, 山崎 修, 浅井 純, 浅野 善英, 石井 貴之, 岩田 洋平, 川上 民裕, 小寺 雅也, 藤本 学, 伊藤 孝明, 久木野 竜一, 皿山 泰子, 谷岡 未樹, 前川 武雄, 八代 浩, 天野 正宏, 尾本 陽一, 川口 雅一, 境 恵祐, 土井 直孝, 橋本 彰, 林 昌浩, 間所 直樹, 吉野 雄一郎, 幸野 健, 創傷・熱傷ガイドライン委員会
日本皮膚科学会雑誌   127(10) 2239-2259   2017年9月

書籍等出版物

 
コラーゲン。
Key Word 1999-2000皮膚疾患   1999年   
疾患特異抗核抗体。
Key Word 1999-2000皮膚疾患   1999年   
職業性、環境因子誘発性強皮症。
Key Word 2000-2001膠原病   1999年   
scleroderma spectrum disorder。
Key Word 2000-2001膠原病   1999年   
CREST症候群。
膠原病診療   2000年   

講演・口頭発表等

 
汎発性強皮症線維芽細胞におけるSmad3のリン酸化とSmad3、Sp1、p300/CBPの相互作用
厚生労働省「強皮症における病因解明と根治的治療法の開発」研究班2004年度班会議・第8回強皮症研究会議合同会議   2005年   
汎発性強皮症における免疫グロブリン大量療法について
厚生労働省「強皮症における病因解明と根治的治療法の開発」研究班2004年度班会議・第8回強皮症研究会議合同会議   2005年   
汎発性強皮症における皮膚線維化の機序について
第8回名古屋しゃちほこ皮膚科セミナー   2005年   
汎発性強皮症における免疫グロブリン大量療法について
日本皮膚科学会長崎地方会第295回例会   2005年   
汎発性強皮症皮膚線維芽細胞におけるP38 MAPKのリン酸化及び活性化について
第798回 日本皮膚科学会東京地方会(研究地方会)   2005年   

Works

 
第1回福岡皮膚疾患臨床病理カンファランス(福岡)にて"Huge subcutaneous tumor in a patient with oculocutaneous albinism"発表
1990年
日本皮膚科学会第42回中部支部総会(神戸)にて「スイート病様皮疹、口腔内アフタ、陰部潰瘍を伴った1例」発表
1991年
厚生省特定疾患強皮症調査研究班平成2年度第2回班会議(東京)にて「強皮症早期例に対する診断基準案の試み」発表
1991年
第7回日本皮膚悪性腫瘍学会(神戸)にて「多彩な合併症を伴った眼皮膚白皮症患者に見られた悪性黒色腫の1例」発表
1991年
日本皮膚科学会第677回東京地方会にて「胃切除後に生じたアナフィラクトイド紫斑の1例」発表
1991年