川島博人

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/04 09:07
 
アバター
研究者氏名
川島博人
URL
http://www.p.chiba-u.jp/lab/bisei/index.html
所属
千葉大学大学院薬学研究院
職名
教授
学位
薬学博士(東京大学)

プロフィール

主な研究テーマ:リンパ球ホーミングにおける糖鎖の機能解明
リンパ球ホーミングを阻害する抗糖鎖抗体を創薬につなげたい。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年8月
 - 
現在
千葉大学大学院薬学研究院 教授
 
2014年5月
 - 
2015年7月
星薬科大学薬学部 教授
 
2005年4月
 - 
2014年4月
静岡県立大学薬学部 准教授 (兼静岡県立大学大学院薬学研究院 准教授)
 
2006年10月
 - 
2010年3月
科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(PRESTO) 研究者(兼任)
 
2001年10月
 - 
2005年3月
The Burnham Institute 研究員
 
1994年8月
 - 
2001年9月
大阪大学大学院医学系研究科 助手
 
1993年5月
 - 
1994年7月
東京都臨床医学総合研究所 研究員
 

学歴

 
1993年3月
   
 
東京大学大学院薬学系研究科 博士課程修了  
 
1990年2月
   
 
東京大学大学院薬学系研究科 修士課程修了  
 
1988年3月
   
 
東京大学薬学部 卒業  
 
1986年4月
   
 
東京大学薬学部 進学  
 
1984年4月
   
 
東京大学理科I類 入学  
 

委員歴

 
2018年10月
 - 
現在
東京糖鎖研究会(GlycoTOKYO)幹事会員
 
2017年1月
 - 
現在
糖鎖免疫研究会世話人
 
2014年8月
 - 
現在
日本糖質学会評議員
 
2015年4月
 - 
2019年3月
日本薬学会関東支部幹事
 
2015年2月
 - 
2017年1月
日本薬学会代議員
 
2014年4月
 - 
2017年3月
日本薬学会学術誌編集委員会委員
 

受賞

 
2002年
上原生命科学財団リサーチフェローシップ 「リンパ球ホーミングにおける硫酸化糖鎖の役割」
 
2001年
日本炎症・再生医学会奨励賞 「コンドロイチン硫酸プロテオグリカンとセレクチン/CD44/ケモカインの相互作用」
 

論文

 
Takaya A, Takeda H, Tashiro S, Kawashima H, Yamamoto T
The Journal of biological chemistry   294(10) 3783-3793   2019年3月   [査読有り]
Kikuchi N, Ye J, Hirakawa J, Kawashima H
Biological & pharmaceutical bulletin   42(1) 57-65   2019年1月   [査読有り]
Low S, Hirakawa J, Hoshino H, Uchimura K, Kawashima H, Kobayashi M
The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society   66(6) 415-425   2018年6月   [査読有り]
Uchida T, Ueta H, Xu XD, Hirakawa J, Tahara K, Zhou S, Sawanobori Y, Simmons S, Kitazawa Y, Kawashima H, Matsuno K
International immunology   30(1) 23-33   2018年2月   [査読有り]
Low S, Sakai Y, Hoshino H, Hirokawa M, Kawashima H, Higuchi K, Imamura Y, Kobayashi M
Pathology   48(7) 666-674   2016年12月   [査読有り]
Matsumura R, Hirakawa J, Sato K, Ikeda T, Nagai M, Fukuda M, Imai Y, Kawashima H
The Journal of biological chemistry   290(24) 15313-15326   2015年6月   [査読有り]
Tsuboi K, Nishitani M, Takakura A, Imai Y, Komatsu M, Kawashima H
The Journal of biological chemistry   290(33) 20511-20526   2015年8月   [査読有り]
Lee M, Kiefel H, LaJevic MD, Macauley MS, Kawashima H, O'Hara E, Pan J, Paulson JC, Butcher EC
Nature immunology   15(10) 982-995   2014年10月   [査読有り]
Murai T, Sato C, Sato M, Nishiyama H, Suga M, Mio K, Kawashima H
Journal of cell science   126(Pt 15) 3284-3294   2013年8月   [査読有り]
Tsuboi K, Hirakawa J, Seki E, Imai Y, Yamaguchi Y, Fukuda M, Kawashima H
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   191(1) 448-455   2013年7月   [査読有り]

Misc

 
平川城太朗、川島博人
生化学   90(2) 231-234   2018年4月
川島 博人
臨床免疫・アレルギー科   57(6) 693-700   2012年6月
KAWASHIMA Hiroto, FUKUDA Minoru
Ann N Y Acad Sci   1253 112-121   2012年
Kawashima Hiroto
Biol. Pharm. Bull.   35(10) 1637-1641   2012年
MUC2 is the major gel-forming colonic mucin that forms the two mucus layers. Recent studies using gene-targeted mice have revealed the physiological functions of Muc2, the mouse counterpart of human MUC2, and its O-glycosylation in the colo...
Kawashima Hiroto
Trends in glycoscience and glycotechnology   22(126) 211-225   2010年11月
近年、遺伝子ターゲッティングマウスを用いた研究により、硫酸化糖鎖の様々な生理機能が明らかになってきた。二つの硫酸基転移酵素N-アセチルグルコサミン6-O-スルホトランスフェラーゼ(GlcNAc6ST)-1およびGlcNAc6ST-2を欠損する遺伝子ターゲッティングマウスを用いた解析により、それらの硫酸基転移酵素がリンパ節の高内皮細静脈(HEV)に発現するムチン様糖タンパク質の硫酸化を介してリンパ球ホーミングおよび免疫監視において必須の機能を発揮することが示されて...
廣瀬まゆみ, 村井稔幸, 森田潤司, 中川敦史, 鈴木守, 川島博人, 西村公雄
大豆たん白質研究   12 149-152   2009年10月
川島博人, 木村文穂
薬学研究の進歩   25 75-79   2009年3月
KAWASHIMA Hiroto
Biol Pharm Bull   29(12) 2343-2349 (J-STAGE)   2006年

書籍等出版物

 
糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック−創薬・医療から食品開発まで
秋吉一成監修、津本浩平編集委員長、加藤晃一、鷹羽武史、深瀬浩一、古川鋼一編集委員 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 糖鎖と生命 第7節 リンパ球ホーミング pp. 136-139)
株式会社 エヌ・ティー・エス(NTS)   2015年   
Lectins Methods in Molecular Biology
Hirabayashi J (担当:分担執筆, 範囲:Analysis of L-selectin-mediated cellular interactions under flow conditions 200:401-412)
Humana Press   2014年   
Glycoscience: Biology and Medicine
Taniguchi N, Endo T, Hart G, Seeberger PH and Wong C-H, ed. (担当:分担執筆, 範囲:Glycosylation in high endothelial venules pp. 627-632)
Springer   2014年   
薬学生のための基礎シリーズ6「基礎生命科学」
辻勉, 入村達郎 (担当:分担執筆, 範囲:第7章 細胞生物の特徴 pp. 87-99)
培風館   2014年   
Glycosyltransferases Methods in Molecular Biology
Brockhausen I (担当:分担執筆, 範囲:Generation of anti-sulfated glycan antibodies using sulfotransferase-deficient mice 1022:51-60)
Humana Press   2013年   

講演・口頭発表等

 
L-セレクチンのリガンド糖鎖を標的とする抗糖鎖抗体の開発と医療応用への可能性
川島博人
第91回日本生化学会大会   2018年9月24日   
糖と免疫
川島博人
TIAナノバイオサマースクール   2018年9月7日   
高内皮細静脈に発現するヘパラン硫酸のリンパ球ホーミングにおける役割
川島博人
第273回 BSJM   2018年6月15日   
白血球体内動態を制御する新規抗糖鎖抗体の開発と将来展望
川島博人
糖鎖創薬PJ第4回ユーザーフォーラム   2018年3月23日   
リンパ球ホーミングにおける硫酸化糖鎖の機能解明:遺伝子欠損マウスを用いた解析
川島博人
名城大学組換えDNA講演会   2018年2月19日   
リンパ球ホーミングにおける硫酸化糖鎖の機能解明
川島博人
糖鎖免疫研究会Glyco-immunology 2018   2017年11月25日   
セレクチンリガンド糖鎖に対する抗糖鎖抗体の開発と利用
川島博人
乳腺リサーチミーティング   2017年5月12日   
硫酸化糖鎖の機能阻害に基づくアレルギー応答の制御
川島博人
糖鎖免疫研究会Glyco-immunology 2017   2017年1月26日   
抗糖鎖抗体の開発と利用
川島博人
順天堂大学難病の診断と治療研究センター糖鎖創薬研究室開設記念シンポジウム「糖鎖創薬:臨床からの期待」   2016年11月17日   
硫酸化糖鎖の機能阻害に基づくアレルギー応答の制御
川島博人
第60回日本薬学会関東支部大会   2016年9月17日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
世界初の抗糖鎖抗体医薬の開発に向けた革新的抗糖鎖モノクローナル抗体作製技術の確立
日本医療研究開発機構(AMED) 糖鎖利用による革新的創薬技術開発事業
研究期間: 2016年 - 2020年    代表者: 川島博人
がんの悪性化・転移における糖鎖機能の解明とがん関連糖鎖バイオマーカーの発見
濱口生化学振興財団助成金
研究期間: 2018年       代表者: 川島博人
糖鎖を標的とした制御性T細胞動態制御法の開発
文部科学省科学研究費: 挑戦的研究 (萌芽)
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 川島博人
制御性T細胞の体内動態制御に基づく新規アレルギー疾患治療法の開発
公益財団法人日本アレルギー協会真鍋奨学助成
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 川島博人
腸内細菌バランスの正常化に基づく炎症性腸疾患の新規治療法の開発
文部科学省科学研究費: 基盤研究 (B)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 川島博人
糖鎖の機能阻害に基づく制御性T細胞の体内動態制御とアレルギー性疾患治療への応用
公益財団法人先進医薬研究振興財団血液医学分野一般研究助成
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 川島博人
糖鎖を標的とした制御性T細胞動態の制御
上原記念生命科学財団研究助成
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 川島博人
新規抗糖鎖抗体を用いたがん悪性化における糖鎖の機能解明と糖鎖バイオマーカーの探索
文部科学省科学研究費: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 川島博人
新規抗糖鎖抗体を用いた慢性炎症性疾患における糖鎖の機能解明
文部科学省科学研究費: 基盤研究 (B)
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 川島博人
杯細胞特異的オートファジー欠損マウスにおける腸内フローラの変化と大腸炎増悪化の分子機構
公益財団法人発酵研究所一般研究助成
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 川島博人

社会貢献活動

 
希少・難治性疾患特集、鎌状赤血球症「糖鎖認識蛋白質のセレクチンを阻害する薬剤開発に期待」
【寄稿】  Medical Tribune  2016年2月11日
バイオの技術で微生物を光らせよう
【講師】  静岡県立大学薬学部ファーマカレッジ2013  2013年8月
静岡県立大学薬学部研究室訪問
【助言・指導】  清水東高等学校生徒に研究内容の説明と実験の体験学習指導  2012年8月6日
バイオの技術で微生物を光らせよう
【講師】  静岡県立大学薬学部ファーマカレッジ2011  2011年8月
静岡県立大学県民の日
【講師】  ポスターによる研究内容の解説  2010年8月20日