宮崎啓史

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/15 10:33
 
アバター
研究者氏名
宮崎啓史
部署
大学院医学系研究科器官解剖学分野
職名
助教
学位
博士(医学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東北大学 大学院医学系研究科器官解剖学分野 助教
 

学歴

 
2013年4月
 - 
2017年3月
東北大学  大学院医学系研究科医科学専攻
 
2011年4月
 - 
2013年3月
山口大学  大学院医学系研究科保健学専攻
 
2007年4月
 - 
2011年3月
山口大学 医学部保健学科 
 

論文

 
Kagawa Y, Umaru BA, Ariful I, Shil SK, Miyazaki H, Yamamoto Y, Ogata M, Owada Y
Advances in biological regulation   71 206-218   2019年1月   [査読有り]
Kamizato K, Sato S, Shil SK, Umaru BA, Kagawa Y, Yamamoto Y, Ogata M, Yasumoto Y, Okuyama Y, Ishii N, Owada Y, Miyazaki H
Neuroscience   409 120-129   2019年6月   [査読有り]
Islam A, Kagawa Y, Miyazaki H, Shil SK, Umaru BA, Yasumoto Y, Yamamoto Y, Owada Y
Molecular neurobiology   56(8) 5763-5779   2019年1月   [査読有り]
Yasumoto Y, Miyazaki H, Ogata M, Kagawa Y, Yamamoto Y, Islam A, Yamada T, Katagiri H, Owada Y
Molecular neurobiology   55(12) 9016-9028   2018年12月   [査読有り]
Yamamoto Y, Kida H, Kagawa Y, Yasumoto Y, Miyazaki H, Islam A, Ogata M, Yanagawa Y, Mitsushima D, Fukunaga K, Owada Y
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   38(49) 10411-10423   2018年12月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
脱髄疾患におけるアストロサイトの脂肪酸結合蛋白質FABP7の機能的役割の検討
宮崎啓史、神里賢勇、佐藤匠、香川慶輝、大和田祐二
第124回日本解剖学会総会・全国学術集会   2019年   景山幾男
マクロファージの細胞内代謝変化による抗炎症性機能活性化とFABP7の関与の検討
宮崎啓史, 宍戸愛, 安本有希, 香川慶輝, 大和田祐二
第123回日本解剖学会総会・全国学術集会   2018年   小澤一史
FABPによって制御される細胞内代謝がマクロファージ機能に及ぼす影響
宮崎啓史、大和田祐二
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会   2017年   小路武彦
高脂肪食摂取肥満マウスにおける肝マクロファージのFABP7の機能的役割の検討
第121回日本解剖学会総会・全国学術集会   2016年   八木沼洋行
高脂肪食誘導脂肪性肝疾患モデルにおけるKupffer細胞のFABP7の機能的役割の検討
第120回日本解剖学会総会・全国学術集会   2015年   河田光博、岡村康司