中川 博之

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/01 19:53
 
アバター
研究者氏名
中川 博之
 
ナカガワ ヒロユキ
URL
http://www-ise4.ist.osaka-u.ac.jp/~h-nakagawa/index-j.html
所属
大阪大学
部署
大学院情報科学研究科
職名
准教授
学位
学士(工学)(大阪大学), 修士(情報理工学)(東京大学), 博士(工学)(早稲田大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年1月
 - 
現在
大阪大学 大学院情報科学研究科 准教授
 
2008年4月
 - 
2013年12月
電気通信大学 大学院情報システム学研究科 社会知能情報学専攻 助教
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1997年3月
大阪大学 基礎工学部 情報工学科
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東京大学 情報理工学系研究科 創造情報学専攻 修士課程
 
2007年4月
 - 
2008年3月
東京大学 情報理工学系研究科 創造情報学専攻 博士課程
 

受賞

 
2009年
第8回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2009(JAWS2009)優秀論文賞
 
2010年
第9回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2010(JAWS10)ベストポスター賞
 
2010年
第9回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2010(JAWS10)学生奨励賞
 

論文

 
Tatsuya Konishi,Hideharu Kojima,Hiroyuki Nakagawa,Tatsuhiro Tsuchiya
2017 IEEE International Conference on Software Testing, Verification and Validation Workshops, ICST Workshops 2017, Tokyo, Japan, March 13-17, 2017   276-277   2017年   [査読有り]
Hiroyuki Nakagawa,Shori Matsui,Tatsuhiro Tsuchiya
Proceedings of the 39th International Conference on Software Engineering, ICSE 2017, Buenos Aires, Argentina, May 20-28, 2017 - Companion Volume   136-138   2017年   [査読有り]
Hiroki Tsuda,Hiroyuki Nakagawa,Tatsuhiro Tsuchiya
2016 IEEE 1st International Workshops on Foundations and Applications of Self* Systems (FAS*W), Augsburg, Germany, September 12-16, 2016   2016(FAS*W) 266   2016年   [査読有り]
Hiroyuki Nakagawa,Kento Ogawa,Tatsuhiro Tsuchiya
Proceedings of the 11th International Workshop on Models@run.time co-located with 19th International Conference on Model Driven Engineering Languages and Systems (MODELS 2016), Saint Malo, France, October 4, 2016.   18-25   2016年   [査読有り]
Hiroyuki Nakagawa,Tatsuhiro Tsuchiya
IEICE Transactions   E99.D(9) 2238   2016年   [査読有り]

Misc

 
高橋仁, 中川博之, 土屋達弘
情報処理学会研究報告(Web)   2017(SE-195) Vol.2017‐SE‐195,No.22,1‐8 (WEB ONLY)   2017年3月
島田裕紀, 中川博之, 小島英春, 土屋達弘
情報処理学会研究報告(Web)   2017(SE-195) Vol.2017‐SE‐195,No.10,1‐8 (WEB ONLY)   2017年3月
外山大夢, 中川博之, 小島英春, 土屋達弘
電子情報通信学会技術研究報告   116(493(KBSE2016 39-51)) 7‐12   2017年2月
妙見侑祐, 中川博之, 土屋達弘
電子情報通信学会技術研究報告   116(493(KBSE2016 39-51)) 1‐6   2017年2月

競争的資金等の研究課題

 
自己適応システム開発方法論に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2020年