笹井 浩行

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/04 23:57
 
アバター
研究者氏名
笹井 浩行
 
ササイ ヒロユキ
所属
東京大学
部署
大学院総合文化研究科
職名
助教
学位
博士(スポーツ医学)(筑波大学), 修士(体育学)(筑波大学), 学士(健康スポーツ科学)(新潟大学)
その他の所属
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所茨城県立健康プラザ法政大学国際基督教大学
科研費研究者番号
60733681
ORCID ID
0000-0001-8120-6163

プロフィール

身体活動、座位行動(座りすぎ)、体力が人々の健康にどのように影響を及ぼすのかを、コホート研究や介入研究などの疫学的手法を用いて研究しています。また、活動量計(ウェアラブルデバイス)や調査票を用いた身体活動や座位行動の評価法に関する研究開発にも取り組んでいます。

ORCID: http://orcid.org/0000-0001-8120-6163
Mendeley: https://www.mendeley.com/profiles/hiroyuki-sasai/
ResearcherID: http://www.researcherid.com/rid/B-3210-2012
Google Scholar: https://scholar.google.com/citations?user=SXey118AAAAJ&hl=en
ResearchGate: https://www.researchgate.net/profile/Hiroyuki_Sasai
Publons: https://publons.com/a/1180662/

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東京大学大学院総合文化研究科 助教
 
2014年4月
 - 
2017年3月
日本学術振興会 特別研究員PD(筑波大学)
 
2010年4月
 - 
2014年3月
National Institutes of Health (NIH) 博士研究員
 
2011年3月
 - 
2013年2月
日本学術振興会 海外特別研究員(NIH)
 
2010年4月
 - 
2011年2月
日本学術振興会 特別研究員PD(筑波大学)
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2010年3月
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 スポーツ医学専攻
 
2005年4月
 - 
2007年3月
筑波大学大学院 体育研究科 スポーツ科学専攻
 
2001年4月
 - 
2005年3月
新潟大学 教育人間科学部 健康スポーツ科学課程
 

論文

 
Simultaneous validation of seven physical activity questionnaires used in Japanese cohorts for estimating energy expenditure: a doubly labeled water study
Sasai H, Nakata Y, Murakami H, Kawakami R, Nakae S, Tanaka S, Ishikawa-Takata K, Yamada Y, Miyachi M
Journal of Epidemiology   in press    2017年9月   [査読有り]
肥満を有する大腸がん患者の周術期における減量の必要性
中川ひろみ, 田中喜代次, 笹井浩行, 西澤祐吏, 伊藤雅昭 
体力科学   in press    2017年9月   [査読有り]
松尾知明, 蘇リナ, 笹井浩行, 大河原一憲
産業衛生学雑誌   59(6) 219-228   2017年12月   [査読有り]
Kurita S, Yano S, Ishii K, Shibata A, Sasai H, Nakata Y, Fukushima N, Inoue S, Tanaka S, Sugiyama T, Owen N, Oka K
PLoS One   12(10) e0186523   2017年10月   [査読有り]
中田由夫, 笹井浩行, 村上晴香, 川上諒子, 田中茂穂, 宮地元彦
運動疫学研究   19(2) 83-92   2017年9月   [査読有り]
Sasai H, Ueda K, Tsujimoto T, Kobayashi H, Sanbongi C, Ikegami S, Nakata Y
Diabetes, Metabolic Syndrome and Obesity: Targets and Therapy   10 297-309   2017年6月   [査読有り]
Sasai H
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   6(3) 135-143   2017年5月   [招待有り]
田中喜代次, 笹井浩行, 花本正登
筑波大学体育系紀要   40 21-27   2017年3月   [査読有り]
田中喜代次, 笹井浩行
大学体育研究   39 63-68   2017年3月   [査読有り]
若葉京良, 片山靖富, 笹井浩行, 田中喜代次
肥満研究   22(3) 195-206   2016年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
笹井浩行 (担当:共訳, 範囲:第8章 安静時および運動時のエネルギー消費量)
西村書店   2017年9月   ISBN:4890134778
笹井浩行 (担当:分担執筆, 範囲:世界の身体活動疫学研究コホートとそのマネージメント)
杏林書院   2016年10月   ISBN:4764411768
大須賀洋祐, 笹井浩行 (担当:分担執筆, 範囲:身体活動量の測定)
金芳堂   2013年2月   ISBN:4765315541
中田由夫, 笹井浩行 (担当:分担執筆, 範囲:メタボリックシンドローム予防と改善に向けたエクササイズ)
文光堂   2012年3月   ISBN:4830651776

受賞

 
2017年1月
日本疫学会 一般の方向け疫学紹介スライドショーコンテスト2016 最優秀作品 「○○は健康にいい」と言うためには?~ 身近な疑問に答えを出す疫学手法 ~
受賞者: 日本運動疫学会スライドショーコンテストWG
 
2016年11月
日本介護福祉・健康づくり学会 第 4 回学会大会最優秀賞 減量支援を担う住民ボランティアの体重と食行動の変化
受賞者: 水島諒子, 笹井浩行, 中田由夫, 前田清司, 田中喜代次
 
2016年1月
日本疫学会 一般の方向け疫学紹介スライドショーコンテスト2015 優秀作品 疫学研究が明らかにした身体活動・運動の効果を川柳で紹介!
受賞者: 日本運動疫学会スライドショーコンテストWG
 
2015年6月
日本運動疫学会 第18回日本運動疫学会学術総会最優秀発表賞 運動疫学研究に活用可能な最近の解析モデル~Isotemporal Substitution Model~
受賞者: 笹井浩行, 中田由夫
 
2015年3月
日本健康支援学会 優秀論文賞 食事改善または運動実践が肥満男性の活力年齢に及ぼす影響
受賞者: 江藤幹, 笹井浩行, 松尾知明, 片山靖富, 大久保寛之, 中田由夫, 田中喜代次
 

競争的資金等の研究課題

 
大学生の体力と卒後のメンタルヘルスの関連:50年以上追跡する大規模コホート研究
公益財団法人明治安田厚生事業団体力医学研究所: 若手研究者のための健康科学研究助成
研究期間: 2017年12月 - 2019年2月    代表者: 笹井浩行
身体活動量調査の標準プロトコルの作成と各手法間の比較可能性の検証
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 中田由夫 分担者: 笹井浩行
肥満を有する大腸がん患者を対象とした術前減量プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 中川ひろみ 分担者: 笹井浩行
運動・スポーツ習慣の定着を企図した健幸華齢支援プログラムの開発
公益財団法人日本体育協会: 日本体育協会プロジェクト
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 田中喜代次 分担者: 笹井浩行
減量後の体重維持に寄与する活動・座位・睡眠パターンの解明
公益財団法人石本記念デサントスポーツ科学振興財団: 自由課題学術研究助成
研究期間: 2017年7月 - 2017年10月    代表者: 笹井浩行

委員歴

 
2015年10月
 - 
現在
日本運動疫学会  編集委員
 
2015年9月
 - 
現在
日本体力医学会  評議員
 
2014年10月
 - 
現在
日本運動疫学会  セミナー委員
 

担当経験のある科目

 

講演・口頭発表等

 
The influence of propranolol on resting energy expenditure and other physiological parameters in cold and warm conditions
Brychta RJ, Muniyappa R, McGehee S, Huang S, Hattenbach J, Smyth S, Leitner B, Duckworth C, Sasai H, Cypess A, Reitman M, Chen KY
4th International Conference on Recent Advances and Controversies in Measurement of Energy Metabolism   2017年10月20日   
身体活動増進介入に伴う内臓脂肪変化に対するデュアルインピーダンス法の妥当性
笹井浩行, 上田啓輔, 小林裕幸, 三本木千秋, 中田由夫
第38回日本肥満学会   2017年10月7日   
減量後の体重維持に対するweb支援の効果検証:ランダム化比較試験
中田由夫, 笹井浩行, 小林裕幸
第38回日本肥満学会   2017年10月7日   
大腿部装着型姿勢計の有害事象に関する記述疫学的研究
西村真琴, 笹井浩行, 中田由夫, 前田清司
第72回日本体力医学会大会   2017年9月16日   
Effects of vibrotactile feedback on sedentary behaviors of adults: A pilot randomized controlled trial
Nishimura M, Sasai H, Nakata Y, Maeda S
The 22nd annual congress of European College of Sport Science   2017年7月5日   

その他

 
2017年   論文査読13編(英文9編,和文4編)
International Journal of Obesity*3; Journal of Epidemiology*2; Journal of Transport and Health; Nutrition*2; The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine; 体育研究*3; 体力科学
2016年   論文査読12編(英文10編,和文2編)
BMC Geriatrics; Clinical Interventions in Aging*4; Environmental Health and Preventive Medicine; Geriatrics and Gerontology International; International Journal of Obesity; Journal of Aging and Physical Activity; Nutrition; 運動疫学研究*2
2015年   論文査読12編(英文9編,和文3編)
Clinical Interventions in Aging*4; Gait and Posture; Journal of American Society of Hypertension; Journal of Sports Sciences; Nutrition*2; 運動疫学研究; 健康支援; 体力科学
2014年   論文査読11編(英文10編,和文1編)
BMC Cardiovascular Disorders; Clinical Interventions in Aging*2; European Journal of Clinical Nutrition; Nutrition*4; Obesity Research and Clinical Practice; Open Access Journal of Sports Medicine; 体力科学
2013年   論文査読9編(英文9編,和文0編)
BMC Medical Research Methodology; Clinical Interventions in Aging*2; International Journal of Obesity; International Journal of Physical Medicine and Rehabilitation; Journal of Sports Medicine; Nutrition; Patient Preference and Adherence; Spinal Cord