基本情報

所属
豊橋技術科学大学 機械工学系 准教授
東京大学 生産技術研究所 協力研究員
学位
東京大学(博士(工学))

研究者番号
60581428
J-GLOBAL ID
201301001377328679

外部リンク

流体機器および自動車や高速車両の高機能化(省エネ化, 低騒音化)および楽器からの発音機構に関連する研究を実施している. 特に,流体,音響,熱,電気などの複合する現象・課題に興味がある.キャビティ音の直接計算に関する研究で東京大学博士(工学)を取得.Southampton大学(イギリス)に2015-2016年留学. 2010年より豊橋技科学大学 機械工学系の教員(東京大学生産技術研究所協力研究員兼務)として勤めている.

●省エネルギーを目的とし, 音波のエネルギー機器における有効利用を目指し,熱音響機器に関する研究にも取り組んでいる. またファンなど流体回転機器の高性能化や藻の効率的な生成のためのバイオリアクターの開発も行ってきた.
●空力音の発生機構の解明および低減手法の確立に向けた研究を, 風洞実験・大規模なスパコンを用いた計算の両側面から実施している. 特にキャビティと呼ばれる溝部から発生する音やファン騒音の研究を行っている.
●高効率・低騒音などの機器の高機能化を目的とし, プラズマアクチュエータなど電気的エネルギーを用いた流れ場・空力音の制御に取り組む.
●リコーダーやクラリネットといった楽器からの音の発生機構を数値解析を基に明らかにするとともに, 楽器形状やリードの振動が音に及ぼす影響を明らかにし,楽器開発の指針構築を目指す.

学歴

  4

論文

  50

MISC

  1

書籍等出版物

  3

講演・口頭発表等

  144

Works(作品等)

  1

共同研究・競争的資金等の研究課題

  9

社会貢献活動

  7

メディア報道

  3

その他

  1