林 秀樹

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/13 09:33
 
アバター
研究者氏名
林 秀樹
所属
就実大学
部署
教育学部 教育心理学科
職名
助教
学位
博士(臨床心理学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
就実大学 教育学部 教育心理学科 助教
 

学歴

 
2015年4月
 - 
2018年3月
川崎医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科 臨床心理学専攻 博士後期課程
 
2013年4月
 - 
2015年3月
川崎医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科 臨床心理学専攻 修士課程
 
2009年4月
 - 
2013年3月
川崎医療福祉大学 医療福祉学部 臨床心理学科
 

Misc

 
漫画『新世紀エヴァンゲリオン』からみる思春期のこころ-情緒的ひきこもり状態を呈する思春期男子の精神分析的一考察
林 秀樹・西野将史・藤森旭人
就実論叢   in press 
非定型うつ病に関する精神分析的理解の試み―うつ病および境界性パーソナリティ障害に関する論文から―
林 秀樹・武井祐子・藤森旭人・竹内いつ子・保野孝弘
川崎医療福祉大学附属心理・教育相談室年報   12 9-15   2017年
Influences of Attachment Style, Family Functions and Gender Differences on Loneliness in Japanese University Students
Akihito Fujimori, Hideki Hayashi, Yoji Fujiwara, Taisuke Matsusaka
Psychology   8(4) 654-662   2017年   [査読有り]
非定型うつ病の親子関係,防衛機制,自我機能の特徴-精神科医および臨床心理士への半構造化面接を用いて-
林 秀樹・武井祐子・藤森旭人・竹内いつ子・保野孝弘
川崎医療福祉学会誌   27(1) 27-38   2017年
Differences in Ego Functions between those with Tendency to Atypical Depression and those with Tendency to Melancholic Depression
Hideki Hayashi, Yuko Takei, Akihito Fujimori, Itsuko Takeuchi, Takahiro Hono
Psychology   8(11) 1657-1668   2017年   [査読有り]
林 秀樹・武井祐子・藤森旭人・竹内いつ子・保野孝弘
川崎医療福祉学会誌   26(1) 11   2016年
A Study about the Influence and Gender Differences of Internal Working Models on SNSs Addiction in Japanese University Students
Akihito Fujimori, Tasuku Yamazaki, Mayo Sato, Hideki Hayashi, Yoji Fujiwara, Taisuke Matsusaka
Psychology   6(14) 1832-1840   2015年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
保育現場に活かす心理臨床学的視点-漫画「新人保育者物語さくら」を通じて-
岡山心理学会第66回大会   2018年12月   
漫画『新世紀エヴァンゲリオン』からみる思春期のこころ-情緒的ひきこもり状態を呈する青年の精神分析的一考察-
岡山心理学会第66回大会   2018年12月   
保育の歴史から見た保育所の機能と今後の可能性-心理職が保育現場に貢献できることとは-
日本福祉心理学会第16回大会   2018年12月   
学級崩壊の背景にある情緒に関する一考察-タビストック方式乳児観察を応用したクラス観察から-
日本心理臨床学会第37回大会   2018年8月   
心理専門職間における心理面接の引き継ぎに関する文献検討―CiNiiおよびPsycINFOによる検索から―
日本パーソナリティ心理学会第27回大会   2018年8月   
集団でのコラージュ制作とシェアリングによる気分変化および活動に対する自己評価―工作活動との比較―
日本パーソナリティ心理学会第27回大会   2018年8月   
臨床心理士指定大学院附属相談室における精神分析的設定でのケース実践について④
日本精神分析的心理療法フォーラム第7回大会   2018年6月   
精神分析的な視点の活用・応用に先立つ基礎としての”精神分析的観察”の意義
日本精神分析的心理療法フォーラム第7回大会   2018年6月   
非定型うつ病者と非定型うつ病傾向者における自我機能の差異
岡山心理学会第65回大会   2017年12月   
非定型うつ病者と非定型うつ病傾向者における防衛機制の差異
岡山心理学会第65回大会   2017年12月   
大人のASDの内的世界への接近・理解―RADWIMPS「棒人間」の歌詞から―
岡山心理学会第65回大会   2017年12月   
母子分離に抵抗を示し続ける背景にある情緒―小1女児のアセスメント過程から―
日本心理臨床学会第36回大会   2017年11月   
子どもの精神分析的心理療法における親面接の役割―母子分離が困難な女児の母子並行面接過程から―
日本心理臨床学会第36回大会   2017年11月   
大学生における非定型うつ病傾向の自我機能―メランコリー型うつ病傾向との比較から―
日本パーソナリティ心理学会第26回大会   2017年9月   
大学生における非定型うつ病傾向の自我機能―境界性パーソナリティ障害傾向者との比較から―
日本心理学会第81回大会   2017年9月   
臨床心理士指定大学院附属相談室における精神分析的設定でのケース実践について③
日本精神分析的心理療法フォーラム第6回大会   2017年7月   
精神分析的なオリエンテーションで臨床活動を行う際に生じる困難について−さまざまな現場におけるさまざまな実践から−
日本精神分析的心理療法フォーラム第6回大会   2017年7月   
スクールカウンセラーと教師との協働関係−齟齬の明確化とその改善−
岡山心理学会第64回大会   2016年12月   
タビストック方式乳児観察からみる乳児と家族の非言語的コミュニケーションについて
岡山心理学会第64回大会   2016年12月   
非定型うつ病傾向およびメランコリー型うつ病傾向における防衛スタイルの差異
岡山心理学会第64回大会   2016年12月   
非定型うつ病傾向および境界性パーソナリティ障害傾向における防衛スタイルの差異
岡山心理学会第64回大会   2016年12月   
非定型うつ病,メランコリー型うつ病および境界性パーソナリティ障害における病態比較−防衛機制および自我機能を手掛かりに−
中国四国心理学会第72回大会   2016年10月   
非定型うつ病と境界性パーソナリティ障害の病態比較― 精神分析理論のある視点を手掛かりとして―
日本パーソナリティ心理学会第25回大会   2016年9月   
大学院附属相談室における子どもの精神分析的心理療法の実践
日本心理臨床学会第35回大会   2016年9月   
Influences of Internal Working Models, Family Functions and Gender Differences on Loneliness in Japanese University Students
31st International Congress of Psychology   2016年7月   
Difference of atypical depression from typical depression and borderline personality disorder - From the viewpoint of parent-child relationship -
31st International Congress of Psychology   2016年7月   
臨床心理士指定大学院附属相談室における精神分析的設定でのケース実践について②−アセスメントを通じて「精神分析的設定」について改めて考える−
日本精神分析的心理療法フォーラム第5回大会   2016年6月   
うつ病における基本的理論の概観−精神分析の枠組みから−
岡山心理学会第63回大会   2015年12月   
親子関係からうつスキーマ化された非機能的態度を介して抑うつに至る因果関係の分析
日本心理臨床学会第34回大会   2015年9月   
臨床心理士指定大学院附属相談室における精神分析的設定でのケース実践について−大学院生のアセスメント事例からみるその意義−
日本精神分析的心理療法フォーラム第4回大会   2015年6月   
児童期における親からの被受容感から非機能的態度を介して現在の抑うつにいたる因果関係の分析
岡山心理学会第61回大会   2013年12月   

担当経験のある科目