基本情報

所属
武蔵野大学 教授
学位
修士(文学)(東京大学)
博士(文学)(東京大学)

研究者番号
30229603
J-GLOBAL ID
201901009614144184
researchmap会員ID
B000368695

1952年4月東京都生まれ。1976年3月東京大学文学部印度哲学印度文学科卒業、1983年3月東京大学大学院印度哲学専攻博士課程単位取得退学後に(財)東方研究会専任研究員に採用され、昭和58年度文部省アジア諸国等派遣留学生としてインド、プネー大学に2年間留学。1990年4月武蔵野大学短期大学部専任講師を経て、1992年4月東京大学文学部助教授、1999年1月東京大学大学院人文社会系研究科教授となり、26年間日本のインド哲学仏教学研究者の教育に従事した。現在は武蔵野大学特任教授、東京大学名誉教授。そのほか日本学術会議第20-22期会員を務めた。博士(文学)。専門はインド哲学であり、特にインドの多元論哲学の代表格であるヴァイシェーシカ哲学と、インド論理学派とも称せられるニヤーヤ哲学を中心に研究している。なかでも9世紀後半にカシミールで活躍したジャヤンタが伝えるニヤーヤ哲学の研究に長く従事してきた。最近では仏教思想の現代的意味の解明にも関心を持ち、多くの講演、市民講座講師のほか、NHKEテレの長寿番組「こころの時代 宗教・人生」の中の「「ブッダ最後の旅」に学ぶ」(2016年4月~9月の毎月1回)および「「ふたつをひとつに ロボットと仏教」(2019年6月)にも出演。著書に『ジャヤンタ研究―中世カシミールの文人が語るニヤーヤ哲学』(山喜房佛書林、2014年)、『「ブッダ最後の旅」に学ぶ』(NHK出版、2016年)など。第23回(2013年)中村元東方学術賞、インド文化関係評議会(ICCR)Distinguished Indologist Award 2017などを受賞。


研究キーワード

  2

論文

  42

MISC

  81

講演・口頭発表等

  55

担当経験のある科目(授業)

  19

共同研究・競争的資金等の研究課題

  16

その他

  4