大山博史

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/22 12:26
 
アバター
研究者氏名
大山博史
 
オオヤマ ヒロフミ
所属
青森県立保健大学
部署
健康科学部 社会福祉学科
職名
教授
学位
医学博士(弘前大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2005年
   
 
青森県立保健大学 健康科学部 教授
 
2001年
   
 
立命館大学産業社会学部 助教授
 

論文

 
Sakashita T, Oyama H
Frontiers in psychiatry   10 161   2019年3月   [査読有り]
Oyama H, Sakashita T
Psychological medicine   47(8) 1500-1509   2017年6月   [査読有り]
Oyama H, Sakashita T
Psychological medicine   47(8) 1514   2017年6月   [査読有り]
介護予防基本チェックリストを活用した簡易うつ病スクリーニング検査法の構築
山田伸,坂下智恵,Thelma Run Heimisdottir,大山博史,石田賢哉,工藤英明,三浦洋子
青森県立保健大学雑誌   17 15-22   2017年3月   [査読有り]
自殺へ至る過程と予防的介入 人と支援の関係性の構築
大山 博史
自殺予防と危機介入   36(2) 27-30   2016年3月
Oyama H, Sakashita T
The American journal of geriatric psychiatry : official journal of the American Association for Geriatric Psychiatry   24 287-296   2016年4月   [査読有り]
Sakashita T, Oyama H
Aging & mental health   20(2) 231-239   2016年4月   [査読有り]
高齢者の自殺:その特徴と予防
大山博史
心と社会   47 17-23   2016年4月
Oyama H, Sakashita T
The Journal of nervous and mental disease   202 280-286   2014年4月   [査読有り]
Oyama H, Sakashita T
Social psychiatry and psychiatric epidemiology   49 251-258   2014年2月   [査読有り]
Sakamoto S, Tanaka E, Kameyama A, Takizawa T, Takizawa S, Fujishima S, Nara M, Sakashita T, Oyama H, Ono Y
The International journal of social psychiatry      2014年1月   [査読有り]
うつ病スクリーニングを用いた中高年者自殺予防のための地域介入―北東北地方における知見より
大山博史,坂下智恵,千葉敦子,石田賢哉,戸沼由紀
日本社会精神医学会雑誌   22(3) 322-331   2013年8月
高齢者のうつ病と自殺
大山博史,坂下智恵
Aging & Health   22(1) 19-22   2013年4月
Ono Y, Sakai A, Otsuka K, Uda H, Oyama H, Ishizuka N, Awata S, Ishida Y, Iwasa H, Kamei Y, Motohashi Y, Nakamura J, Nishi N, Watanabe N, Yotsumoto T, Nakagawa A, Suzuki Y, Tajima M, Tanaka E, Sakai H, Yonemoto N
PloS one   8 e74902   2013年   [査読有り]
坂下智恵, 大山博史
地域ケアリング   13(6) 14-21   2011年6月
檀上和真, 高橋一平, 松坂方士, 梅田孝, 大西基喜, 大西基喜, 佐々木義樓, 渡邊直樹, 大山博史, 円山宏洋, 中路重之
産業衛生学雑誌   53(2) 45   2011年3月
Lapierre S, Erlangsen A, Waern M, De Leo D, Oyama H, Scocco P, Gallo J, Szanto K, Conwell Y, Draper B, Quinnett P, International Research Group for Suicide among the Elderly
Crisis   32 88-98   2011年   [査読有り]
Erlangsen A, Nordentoft M, Conwell Y, Waern M, De Leo D, Lindner R, Oyama H, Sakashita T, Andersen-Ranberg K, Quinnett P, Draper B, Lapierre S, International Research Group on Suicide Among the Elderly
Crisis   32 106-109   2011年   [査読有り]
千葉敦子, 大山博史, 坂下智恵
保健師ジャーナル   66(3) 252-261   2010年3月

Misc

 
高齢者の自殺予防―地域で支える心の健康―
大山博史
あすをきずく(函館地方精神保健協会)   26 1-26   2019年3月
平成30年度 青森県自殺防止対策取り組み検証事業報告書
大山博史, 坂下智恵, 吉村治正, 石田賢哉, 船木昭夫, 山田伸
   2019年3月
介護予防生活機能評価を活用したうつ病スクリーニングによる高齢者自殺予防活動―地域住民向けうつ病スクリーニングの開発―
山田伸、大山博史、坂下智恵、石田賢哉、工藤英明、千葉敦子、清水健史
2018年度青森県保健医療福祉研究発表会,青森      2018年12月
障害者就業・生活支援―精神科医療機関との連携
大山博史
第17回北海道・東北ブロック障害者就業・生活支援センター連絡会,青森      2018年11月
有効な自殺対策のあり方ー精神科看護への期待―
大山博史
第32回東北精神科看護学術集会,青森      2018年10月
平成29年度 青森県自殺予防対策取り組み検証事業報告書
大山博史,坂下智恵,石田賢哉,船木昭夫,吉村治正
   2018年3月
介護予防生活機能評価を活用したうつ病スクリーニングによる高齢者自殺予防活動の効果評価
坂下智恵,大山博史,千葉敦子,石田賢哉,清水健史,工藤英明,戸沼由紀,山田伸
2017年度青森県保健医療福祉研究発表会/日本ヒューマンケア科学学会第10回学術集会合同集会,青森      2017年12月
Community-based prevention interventions for suicide among general population in Japan. A focus on depression screening interventions for elderly people in rural areas with high suicide rates
Hirofumi Oyama
International Conference for suicide prevention, Suwon Center for Suicide Prevention, Korea      2017年9月
スクリーニングを用いた地域介入―多層的自殺予防戦略の実践.シンポジウムⅠ「地域自殺対策」.
大山博史
第40回日本自殺予防学会総会,東京      2016年5月   [査読有り][依頼有り]
Effects of community-based prevention interventions on suicide rates among general population in Japan: a focus on depression screening interventions foe elderly in rural areas with high suicide rates. Workshop 1 “Community-based suicide prevention: theor
Oyama H, Sakashita T
The 7th Asia Pacific Regional Conference of the International Association for Suicide Prevention, Japan      2016年5月   [査読有り][依頼有り]
Effects of community-based prevention interventions on suicide rates among the elderly population in Japan
大山博史
International Conference on Social Policy: Low Fertility and Population aging in East Asia, 2015. Korea Institute for Health and Social Affairs, Seoul in Korea      2015年12月   [査読有り][依頼有り]
自殺へ至る過程と予防的介入-人と支援の関係性の構築
大山博史
第39回自殺予防学会総会,青森      2015年9月   [査読有り][依頼有り]
A hypothetical schema of the suicide process with universal/selective/indicated prevention strategies. WHO-IASP Workshop
Oyama H, Sakashita T
The 7th Asia Pacific Regional Conference of the International Association for Suicide Prevention, Japan      2016年5月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
大塚俊弘他編.ワンストップ支援における留意点
坂下智恵,大山博史
日本うつ病センター   2017年3月   
ワンストップ支援における留意点(大塚俊弘他編)
大山博史,張賢徳 (担当:共著, 範囲:自殺に至る心理的過程と自殺のリスク)
日本うつ病センター   2017年3月   
よくわかる自殺対策(本橋豊編)
坂下智恵、大山博史 (担当:共著, 範囲:自殺対策の効果とその評価(2))
ぎょうせい   2015年   
高齢者のこころ・からだ事典
日本老年行動科学会=監修/大川一郎=編集代表/大山博史他編集 (担当:編者)
2014年9月   
精神疾患とその治療
大山博史 (担当:共著, 範囲:精神医学概論)
中央法規   2012年4月   
佐藤 眞一, 谷口 幸一, 大川 一郎
ミネルヴァ書房   2010年7月   ISBN:4623057682
大山 博史, 渡邉 洋一 (担当:共著)
相川書房   2008年6月   ISBN:4750103489
谷口 幸一, 佐藤 眞一
北大路書房   2007年9月   ISBN:4762825727
弘文堂   2006年5月   ISBN:4335651198

競争的資金等の研究課題

 
地域における中高年自殺予防システムの構築:地域福祉援助技術を用いた多層的予防介入
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 坂下智恵
青森県自殺防止取り組み検証事業
青森県: 青森県自殺防止取り組み検証事業
研究期間: 2011年4月 - 2019年3月    代表者: 大山博史