基本情報

所属
東京医科歯科大学 M&Dデータ科学センター・AIシステム医科学分野 教授
学位
博士 (医学)(九州大学)

連絡先
h_shimizu.dsctmd.ac.jp
研究者番号
70826263
J-GLOBAL ID
201801008171910799
researchmap会員ID
B000320199

外部リンク

専門は人工知能とシステム生物学。

医師x人工知能を武器にした「AIの医療応用」と、「Biology By Design」を合言葉にしたシステム生物学xデータサイエンスによる「スマート診断法・治療法の開発」に取り組んでいます。


2012年東北大学医学部医学科卒。研修医修了後、九州大学・中山敬一教授 (紫綬褒章受賞学者、日本分子生物学会理事) 、Harvard Medical SchoolのProf. Pamela Silver (システム生物学・合成生物学の第一人者) の元での研究などを経て2022年2月より東京医科歯科大学教授。

 

医師免許、バイオインマティクス学会認定技術者

--------------------------------情報更新--------------------------------------

2022.3.11 PNASに共同研究が受理されました。難治性乳がん、特にtriple negative乳がんの難治性機構にかかわるFKBP52, 51というタンパクに関する研究で、インフォマティクスの観点から参加させていただいたプロジェクトです。

2022.2.1 国立大学法人 東京医科歯科大学の教授を拝命し、新設の「AIシステム医科学分野」がスタートしました。

2022.1.25 Nature Communicationsに共同研究が受理されました。データ科学で新規遺伝子を同定し、その領域が精子のミトコンドリアにおいて重要な働きをすること、遺伝子を欠損させると不妊症になることなどを報告しています。

2021.10.9 bioRxivで公開しているAI創薬論文を追加しました。3次元構造を用いないで薬を探す手法の提案と、コロナを含む複数の疾患に対する新薬発見による検証実験がセットになっています。科学雑誌に投稿中です。

2021.6.25 急性膵炎治療法を合成生物学で編み出したという趣旨の抄録を追加しました。アメリカ・ドイツとの国際共同研究で、この秋に学会発表します。

2021.6.9 Nucleic Acids Res. 誌にアクセプトされました。翻訳開始点をより正確に同定するribosomal-seqデータ解析手法の提案と、N末端プロテオミクスによる検証実験論文です。

2021.5.31 人工知能創薬に関する特許を出願しました。

 


学歴

  3

論文

  15

MISC

  5

書籍等出版物

  1

講演・口頭発表等

  10

担当経験のある科目(授業)

  1

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3

社会貢献活動

  3