谷口 博昭

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/17 01:54
 
アバター
研究者氏名
谷口 博昭
 
タニグチ ヒロアキ
所属
慶應義塾大学
部署
医学部
職名
特任准教授
学位
博士(医学)(札幌医科大学)
その他の所属
東京大学医科学研究所筑波大学

研究分野

 
 

経歴

 
2019年5月
 - 
現在
慶応義塾大学 医学部 腫瘍センター 特任准教授
 
2019年5月
 - 
現在
東京大学医科学研究所 客員准教授
 
2019年4月
 - 
現在
筑波大学 プレシジョン・メディスン開発研究センター 客員准教授
 
2018年11月
 - 
現在
慶應義塾大学 医学部 臨床研究推進センター 特任准教授
 
2018年4月
 - 
2019年3月
東京大学医科学研究所 分子療法部門 谷口研
 
2015年5月
 - 
2018年3月
東京大学医科学研究所 附属病院 特任准教授
 
2012年7月
 - 
2015年6月
東京大学医科学研究所 抗体ワクチン治療寄付研究部門 特任准教授
 
2011年7月
 - 
2012年6月
東京大学医科学研究所 抗体ワクチン治療寄付研究部門 特任助教
 
2011年4月
 - 
2011年6月
東京大学医科学研究所 先端医療センター 特任研究員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
札幌医科大学 内科学第一講座・腫瘍診療部 特任助教
 
2008年11月
 - 
2009年3月
スペインカタルニア州がん研究センター エピゲノム研究所 ポストドクトラルフェロー
 
2007年4月
 - 
2008年10月
スペイン国立がん研究センター 分子病理学部門 ポストドクトラルフェロー
 
2006年4月
 - 
2007年3月
札幌医科大学 内科学第一講座
 
2001年4月
 - 
2002年3月
札幌医科大学 附属病院 臨床研修医
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2006年3月
札幌医科大学 医学部 医学研究科
 
1995年4月
 - 
2001年3月
札幌医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2017年
 - 
現在
日本分子腫瘍マーカー研究会  世話人
 
2015年
 - 
現在
日本がん転移学会  評議員
 
2015年
 - 
現在
日本DDS学会  評議員
 
2014年
 - 
現在
日本癌学会  評議員
 

受賞

 
2017年
日本消化器病学会 臨床研究助成
 
2017年
膵臓病研究財団 研究奨励賞
 
2017年
リレー・フォー・ライフジャパン プロジェクト未来研究助成
 
2017年
仙台厚生病院 研究助成
 
2014年
日本がん転移学会 研究奨励賞
 
2011年
日本癌病態治療研究会 優秀演題賞
 
2010年
財団法人 がん研究振興財団 研究助成
 
2009年
膵臓病研究財団 研究奨励賞
 
2009年
上原記念生命科学財団 研究助成
 
2009年
札幌医科大学 学術振興助成(研究・教育)
 
2008年
ISOBM Travel Award
 
2007年
上原記念生命科学財団 ポストドクトラルフェローシップ
 
2006年
日本分子腫瘍マーカー研究会 研究奨励賞
 
2006年
国際がん転移学会 Travel Award
 
2006年
米国消化器病週間 優秀ポスター賞
 
2004年
日本がん転移学会 優秀演題賞
 
2001年
札幌医科大学 大野賞(主席卒業)
 

論文

 
Taniguchi H, Suzuki Y, Natori Y
Cancers   11(4)    2019年4月   [査読有り]
Taniguchi H, Moriya C, Igarashi H, Saitoh A, Yamamoto H, Adachi Y, Imai K
Cancer science   107(11) 1556-1562   2016年11月   [査読有り]
Taniguchi H, Imai K
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1974 233-243   2019年   [査読有り]
Koshikawa N, Hoshino D, Taniguchi H, Minegishi T, Tomari T, Nam SO, Aoki M, Sueta T, Nakagawa T, Miyamoto S, Nabeshima K, Weaver AM, Seiki M
Cancer research   75(16) 3327-3339   2015年8月   [査読有り]
Moriya C, Imai K, Taniguchi H
FEBS open bio   8(10) 1733-1741   2018年10月   [査読有り]
Yamamoto H, Watanabe Y, Maehata T, Morita R, Yoshida Y, Oikawa R, Ishigooka S, Ozawa S, Matsuo Y, Hosoya K, Yamashita M, Taniguchi H, Nosho K, Suzuki H, Yasuda H, Shinomura Y, Itoh F
World journal of gastroenterology   20(14) 3927-3937   2014年4月   [査読有り]
Moriya C, Taniguchi H, Nagatoishi S, Igarashi H, Tsumoto K, Imai K
Cancer science   109(2) 373-383   2018年2月   [査読有り]
Adachi Y, Ohashi H, Imsumran A, Yamamoto H, Matsunaga Y, Taniguchi H, Nosho K, Suzuki H, Sasaki Y, Arimura Y, Carbone DP, Imai K, Shinomura Y
Tumour biology : the journal of the International Society for Oncodevelopmental Biology and Medicine   35(2) 973-985   2014年2月   [査読有り]
Taniguchi H, Imai K
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1867 3-13   2018年   [査読有り]
[An overview of antibody therapy against cancer].
Taniguchi H, Imai K
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   70(12) 2087-2092   2012年12月   [査読有り]
Taniguchi H, Hoshino D, Moriya C, Zembutsu H, Nishiyama N, Yamamoto H, Kataoka K, Imai K
Oncotarget   8(29) 46856-46874   2017年7月   [査読有り]
[Prevention of tumour invasion].
Hoshino D, Koshikawa N, Seiki M, Taniguchi H
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   70 Suppl 8 154-158   2012年11月   [査読有り]
Moriya C, Taniguchi H, Miyata K, Nishiyama N, Kataoka K, Imai K
Carcinogenesis   38(6) 638-648   2017年6月   [査読有り]
Yamamoto H, Adachi Y, Taniguchi H, Kunimoto H, Nosho K, Suzuki H, Shinomura Y
World journal of gastroenterology   18(22) 2745-2755   2012年6月   [査読有り]
Silencing PRDM14 expression by an innovative RNAi therapy inhibits stemness, tumorigenicity, and metastasis of breast cancer.
Taniguchi H, Hoshino D, Moriya C, Zembutsu H, Nishiyama N, Yamamoto H, Kataoka K, Imai K.
Oncotarget      2017年4月   [査読有り]
Fernandez AF, Assenov Y, Martin-Subero JI, Balint B, Siebert R, Taniguchi H, Yamamoto H, Hidalgo M, Tan AC, Galm O, Ferrer I, Sanchez-Cespedes M, Villanueva A, Carmona J, Sanchez-Mut JV, Berdasco M, Moreno V, Capella G, Monk D, Ballestar E, Ropero S, Martinez R, Sanchez-Carbayo M, Prosper F, Agirre X, Fraga MF, Graña O, Perez-Jurado L, Mora J, Puig S, Prat J, Badimon L, Puca AA, Meltzer SJ, Lengauer T, Bridgewater J, Bock C, Esteller M
Genome research   22(2) 407-419   2012年2月   [査読有り]
Ohashi H, Adachi Y, Yamamoto H, Taniguchi H, Nosho K, Suzuki H, Arimura Y, Imai K, Carbone DP, Shinomura Y
Cancer science   103(2) 252-261   2012年2月   [査読有り]
Ii M, Yamamoto H, Taniguchi H, Adachi Y, Nakazawa M, Ohashi H, Tanuma T, Sukawa Y, Suzuki H, Sasaki S, Imai K, Shinomura Y
International journal of oncology   39(3) 593-599   2011年9月   [査読有り]
Ii M, Li H, Adachi Y, Yamamoto H, Ohashi H, Taniguchi H, Arimura Y, Carbone DP, Imai K, Shinomura Y
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   17(15) 5048-5059   2011年8月   [査読有り]
Kato N, Yamamoto H, Adachi Y, Ohashi H, Taniguchi H, Suzuki H, Nakazawa M, Kaneto H, Sasaki S, Imai K, Shinomura Y
World journal of gastroenterology   19(11) 1718-1727   2013年3月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
難治性・治療抵抗性に関わる分子を標的とした新規がん治療薬の探索
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 創薬支援ネットワーク
研究期間: 2018年11月 - 2020年10月    代表者: 谷口 博昭
難治性・治療抵抗性に関わる分子を標的とした新規がん治療薬の探索
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究B
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 谷口 博昭
がん幹細胞特性を制御する転写因子を標的とした難治性がん治療法の開発
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 橋渡し研究加速ネットワーク事業
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 谷口 博昭
PRDM14を標的とする革新的核酸治療による難治性がん克服のための実用化に関する臨床研究
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 谷口 博昭
新規バイオマーカーPRDM14による難治性乳がん・すい臓がんの診断法の開発
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 今井 浩三
がん幹細胞特異因子を標的とした難治性癌の治療法開発検討
国立研究開発法人科学技術振興機構: 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム
研究期間: 2014年4月 - 2016年10月    代表者: 谷口 博昭
癌幹細胞を制御する転写因子を標的とした難治性乳癌治療法の開発
厚生労働省: 難病・がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 谷口 博昭
大規模エピゲノム解析に基づく革新的消化器がん診断法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究A
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 今井 浩三
新規がん幹細胞特異的マーカーの同定
文部科学省: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 今井 浩三
幹細胞様腫瘍細胞の形質を制御する新規経路の同定とがん治療への応用
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究B
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 谷口 博昭

特許

 
今井 浩三, 前佛 均, 谷口 博昭, 斎藤 杏里, 宮城 洋平