萩原英雄

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/21 01:42
 
アバター
研究者氏名
萩原英雄
URL
http://www.fujita-hu.ac.jp/~smedsci/
所属
藤田医科大学
部署
総合医科学研究所 システム医科学
職名
講師
学位
博士(医学)(藤田保健衛生大学)
科研費研究者番号
80514504

プロフィール

精神疾患モデルマウスの脳のプロテオーム解析

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
藤田医科大学(大学の名称変更による) 総合医科学研究所システム医科学 講師
 
2016年9月
 - 
2018年9月
藤田保健衛生大学総合医科学研究所システム医科学 講師
 

受賞

 
2017年4月
日本神経精神薬理学会 JSNP Excellent Presentation Award for AsCNP 2017 Bali
 
2016年10月
藤田学園医学会奨励賞
 
2016年7月
日本神経精神薬理学会 JSNP Excellent Presentation Award for CINP 2016 Seoul
 
2015年11月
日本神経精神薬理学会 JSNP Excellent Presentation Award for AsCNP 2015 Taipei
 
2014年6月
日本神経精神薬理学会 JSNP Excellent Presentation Award for CINP 2014 Vancouver
 

論文

 
Ono CT, Yu Z, Kikuchi Y, Kunii Y, Hino M, Matsumoto J, Nagaoka A, Ito J, Iwasaki Y, Hagihara H, Miyakawa T, Yoshida M, Saito Y, Niwa SI, Yabe H, Kakita A, Tomita H
Psychiatry and clinical neurosciences      2019年5月   [査読有り]
Hagihara H, Ohira K, Miyakawa T
Neuropsychopharmacology reports      2019年2月   [査読有り]
Murano T, Hagihara H, Tajinda K, Matsumoto M, Miyakawa T
Communications biology   2 32   2019年   [査読有り]
Hagihara H, Fujita M, Umemori J, Hashimoto M, Miyakawa T
Molecular brain   11(1) 38   2018年7月   [査読有り]
Hagihara H, Catts VS, Katayama Y, Shoji H, Takagi T, Huang FL, Nakao A, Mori Y, Huang KP, Ishii S, Graef IA, Nakayama KI, Shannon Weickert C, Miyakawa T
Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology   43(3) 459-468   2018年2月   [査読有り]
Nakao A, Miyazaki N, Ohira K, Hagihara H, Takagi T, Usuda N, Ishii S, Murata K, Miyakawa T
Molecular brain   10(1) 60   2017年12月   [査読有り]
Murano T, Koshimizu H, Hagihara H, Miyakawa T
Scientific reports   7 44531   2017年3月   [査読有り]
Hagihara H, Shoji H, Miyakawa T
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   148(4) 168-175   2016年   [査読有り]
Takao K, Hagihara H, Miyakawa T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   112(4) e347-8   2015年1月   [査読有り]
Hagihara H, Horikawa T, Nakamura HK, Umemori J, Shoji H, Kamitani Y, Miyakawa T
Cell reports   14(12) 2784-2796   2016年3月   [査読有り]
[Immaturity of brain as an endophenotype of neuropsychiatric disorders].
Hagihara H, Shoji H, Takao K, Walton NM, Matsumoto M, Miyakawa T
Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology   34 67-79   2014年6月
Hagihara H, Ohira K, Takao K, Miyakawa T
Molecular brain   7 41   2014年5月   [査読有り]
Takao K, Kobayashi K, Hagihara H, Ohira K, Shoji H, Hattori S, Koshimizu H, Umemori J, Toyama K, Nakamura HK, Kuroiwa M, Maeda J, Atsuzawa K, Esaki K, Yamaguchi S, Furuya S, Takagi T, Walton NM, Hayashi N, Suzuki H, Higuchi M, Usuda N, Suhara T, Nishi A, Matsumoto M, Ishii S, Miyakawa T
Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology   38 1409-1425   2013年7月   [査読有り]
Shin R, Kobayashi K, Hagihara H, Kogan JH, Miyake S, Tajinda K, Walton NM, Gross AK, Heusner CL, Chen Q, Tamura K, Miyakawa T, Matsumoto M
Bipolar disorders      2013年4月   [査読有り]
Hattori S, Hagihara H, Ohira K, Aoki I, Saga T, Suhara T, Higuchi M, Miyakawa T
Frontiers in integrative neuroscience   7 76   2013年   [査読有り]
Hagihara H, Takao K, Walton NM, Matsumoto M, Miyakawa T
Neural plasticity   2013 318596   2013年   [査読有り]
Shoji H, Hagihara H, Takao K, Hattori S, Miyakawa T
Journal of visualized experiments : JoVE      2012年2月   [査読有り]
Hagihara H, Ohira K, Toyama K, Miyakawa T
Frontiers in neuroscience   5 100   2011年   [査読有り]
服部 聡子, 萩原 英雄, 高雄 啓三
精神科   15(2) 144-148   2009年8月
Ohira K, Hagihara H, Toyama K, Takao K, Kanai M, Funakoshi H, Nakamura T, Miyakawa T
Molecular brain   3 26   2010年9月   [査読有り]

Misc

 
萩原 英雄, 高雄 啓三, 宮川 剛
日本血栓止血学会誌   26(6) 633-640   2015年
要約:マウスはヒト疾患のモデル動物として広く使われているが,ヒトで重篤な炎症が起きた時に発現が変化する遺伝子群はマウスでは全く異なるふるまいをしており,この観点からヒトとマウスはほとんど似ていないという報告が2013 年に出された.この報告はマウスをヒト疾患のモデル動物として使うことの有効性や妥当性などについて大きな議論を巻き起こした.しかし筆者らは,この報告で解析されたのと同じ遺伝子発現データを用いて,解析手法の改善を加えて再解析をした結果,マウスはヒトの炎症性疾患のモデルになり得ること...
昌子浩孝, 萩原英雄, 高雄啓三, WALTON Noah M., 松本光之, 宮川剛
基礎心理学研究   32(1) 101-119   2013年9月
服部聡子, 萩原英雄, 高雄啓三, 宮川剛
月刊精神科   15(2) 144-148   2009年8月

講演・口頭発表等

 
脳内中間表現型:遺伝子と行動をつなぐキーコンセプト [招待有り]
萩原英雄
2018年度 遺伝研研究会   2018年9月   
Decreased brain pH in patients with depression and in a social defeat mouse model
萩原英雄
第41回 日本神経科学大会, 神戸   2018年7月   
Decreased brain pH in patients with depression and in a social defeat mouse model
萩原英雄
The International College of Neuropsychopharmacology World Congress, Vienna   2018年6月   
Endophenotype in the brain: A key concept for understanding the relationships between genes and behavior [招待有り]
萩原英雄
つくばブレインサイエンスセミナー   2018年5月   
Endophenotype in the brain: A key concept for understanding the relationships be tween genes and behavior [招待有り]
萩原英雄
ConBio2017 (2017年度 生命科学系学会合同年次大会)   2017年12月   
Lower brain pH as a shared endophenotype of psychiatric disorders
萩原英雄
Society for Neuroscience 46th Annual meeting, Washington, DC   2017年11月   
脳内中間表現型:遺伝子と行動をつなぐためのキーコンセプト [招待有り]
萩原英雄
医療心理懇話会 第2回集会   2017年10月   
Lower brain pH as a shared endophenotype of psychotic disorders
萩原英雄
第40回 日本神経科学大会, 幕張   2017年7月   
Lower brain pH as a shared endophenotype of psychiatric disorders
萩原英雄
5th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology_Bali   2017年4月   
Transcriptomic evidence for dematuration of the mouse hippocampus and frontal cortex by chronic antidepressant treatment
萩原英雄
Society for Neuroscience 46th Annual meeting, San Diego   2016年11月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
脳のpH変化の機能的意義と分子メカニズムの解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C)): 
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 萩原英雄
精神疾患モデルマウスにおけるアストロサイト成熟異常の分子機序と機能的意義の解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B)): 
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 萩原英雄
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 萩原 英雄
海馬歯状回の成熟度変化による行動変化機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B)): 
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 昌子浩孝

特許

 
特許第5277353号 : 精神病モデル動物の作成方法
大西新, 南本敬史, 永井裕司, 須原哲也, 宮川剛, 萩原英雄

その他

 
2016年12月   大学院医学研究科・医学セミナー
第222回医学セミナー
2013年9月   大学院医学研究科・医学セミナー
大学院医学研究科・医学セミナー(第16回総医研•研究交流セミナー)
2012年1月   大学院医学研究科・医学セミナー
大学院医学研究科・医学セミナー(第8回総医研•研究交流セミナー)
○教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

なし
○教育方法・教育実践に関する発表、講演等

なし