HAMAZAKI Jun

J-GLOBAL         Last updated: Dec 21, 2018 at 21:47
 
Avatar
Name
HAMAZAKI Jun
E-mail
jhamazakmol.f.u-tokyo.ac.jp
Affiliation
The University of Tokyo

Published Papers

 
Tomita T, Hirayama S, Sakurai Y, Ohte Y, Yoshihara H, Saeki Y, Hamazaki J, Murata S
Molecular and cellular biology   39(1)    Jan 2019   [Refereed]
Hamazaki J, Hirayama S, Murata S
PLoS genetics   11(7) e1005401   Jul 2015   [Refereed]
Otsubo R, Mimuro H, Ashida H, Hamazaki J, Murata S, Sasakawa C
Cellular microbiology   e12974   Nov 2018   [Refereed]
Wu W, Sahara K, Hirayama S, Zhao X, Watanabe A, Hamazaki J, Yashiroda H, Murata S
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   23(10) 839-848   Oct 2018   [Refereed]
Uechi H, Kuranaga E, Iriki T, Takano K, Hirayama S, Miura M, Hamazaki J, Murata S
Molecular and cellular biology   38(3)    Feb 2018   [Refereed]
Koizumi S, Hamazaki J, Murata S
Proceedings of the Japan Academy. Series B, Physical and biological sciences   94(8) 325-336   2018   [Refereed]
Jiang RT, Yemelyanova A, Xing D, Anchoori RK, Hamazaki J, Murata S, Seidman JD, Wang TL, Roden RBS
Journal of ovarian research   10(1) 53   Aug 2017   [Refereed]
Lu X, Nowicka U, Sridharan V, Liu F, Randles L, Hymel D, Dyba M, Tarasov SG, Tarasova NI, Zhao XZ, Hamazaki J, Murata S, Burke TR Jr, Walters KJ
Nature communications   8 15540   Jun 2017   [Refereed]
Uddin MM, Ohigashi I, Motosugi R, Nakayama T, Sakata M, Hamazaki J, Nishito Y, Rode I, Tanaka K, Takemoto T, Murata S, Takahama Y
Nature communications   8 14419   Feb 2017   [Refereed]
Koizumi S, Irie T, Hirayama S, Sakurai Y, Yashiroda H, Naguro I, Ichijo H, Hamazaki J, Murata S
eLife   5    Aug 2016   [Refereed]

Misc

 
濱崎 純, 村田 茂穂
医学のあゆみ   247(9) 819-824   Nov 2013
【活性酸素-基礎から病態解明・制御まで】 基礎編 酸化ストレスとプロテアソーム機能制御
濱崎 純, 村田 茂穂
医学のあゆみ   247(9) 819-824   Nov 2013
プロテアソームによる蛋白質分解は、あらゆる生命現象に関与するといっても過言ではないほど広範に働き、その重要性は広く知られている。以前より酸化ストレスとプロテアソームの関連は指摘されていたものの、その詳細は不明であった。近年、プロテアソーム会合因子の同定やさまざまなストレス条件での研究により、酸化ストレスに密接に関与したプロテアソームの巧妙な機能制御機構が徐々に明らかになるにつれ、疾患との関連も知られるようになり、ますます注目を集めている。(著者抄録)
【活性酸素・ガス状分子による恒常性制御と疾患 酸化ストレス応答と低酸素センシングの最新知見からがん、免疫、代謝・呼吸・循環異常、神経変性との関わりまで】 (第3章)酸化ストレス・低酸素応答と制御破綻 代謝、タンパク質分解 酸化ストレスとプロテアソーム機能制御
濱崎 純, 村田 茂穂
実験医学   30(17) 2829-2834   Nov 2012
プロテアソームによるタンパク質分解はあらゆる生命現象に関与するといっても過言ではないほど広範に働き、その重要性は広く知られている。以前より酸化ストレスとプロテアソームの関連は指摘されていたものの、その詳細は不明であった。近年、プロテアソーム会合因子の同定やさまざまなストレス条件での研究により、酸化ストレスに密接に関与したプロテアソームの巧妙な機能制御機構が徐々に明らかになるにつれ、疾患との関連も知られるようになり、ますます注目を集めている。(著者抄録)
哺乳類新規プロテアソーム会合因子の探索
荒田 義之, 濱崎 純, 村田 茂穂
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回 4P-0569   Dec 2010
ショウジョウバエを用いたプロテアソーム遺伝学的相互作用因子の探索
上地 浩之, 濱崎 純, 倉永 英里奈, 三浦 正幸, 村田 茂穂
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回 4P-0570   Dec 2010