花川 典子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/21 09:52
 
アバター
研究者氏名
花川 典子
 
ハナカワ ノリコ
URL
http://www.hannan-u.ac.jp/~hanakawa/
所属
阪南大学
部署
大学院企業情報研究科 阪南大学 企業情報研究科
職名
教授
学位
博士(工学)(奈良先端科学技術大学院大学)
その他の所属
阪南大学

研究分野

 
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2000年3月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士課程後期
 
1997年4月
 - 
1998年3月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士課程前期
 
1981年4月
 - 
1984年3月
大阪教育大学 教育学部 中学校課程理科専攻
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
ソフトウェア科学会  論文誌編集委員
 
2018年3月
 - 
2018年12月
Asia-Pacific Software Engineering Conference  APSEC2018プログラム委員
 
2018年3月
 - 
2018年12月
International Conference on on Product-Focused Software Process Improvement  Profes2018 program committee
 
2018年3月
 - 
2018年12月
International Conference on Emerging Networks and Systems Intelligence  EMERGING2018 Program Committee
 
2018年1月
 - 
2018年12月
情報処理学会  特集号編集委員
 
2018年1月
 - 
2018年11月
ソフトウェア科学会  FOSE2018プログラム委員
 
2018年1月
 - 
2018年9月
情報処理学会  SES2018 プログラム委員
 
2017年7月
 - 
2018年9月
大阪市福祉局  総合システム評価委員
 
2017年2月
 - 
2018年7月
大阪市水道局  インフラストラクチャシステム 審査委員
 
2017年3月
 - 
2017年12月
International Conference on on Product-Focused Software Process Improvement  Profes2017 program comittee
 
2017年1月
 - 
2017年12月
International Conference on Emerging Networks and Systems Intelligence  EMERGING 2017 Program committee
 
2017年1月
 - 
2017年12月
International Conference on Advances and Trends in Software Engineering  SOFTENG2017 Program Committee
 
2017年1月
 - 
2017年9月
情報処理学会  SES2017プログラム委員
 
2016年1月
 - 
2016年12月
ソフトウェア科学会  FOSE2016 プログラム委員
 
2015年12月
 - 
2016年12月
ソフトウェア科学会  FOSE2016 プログラム委員
 
2016年3月
 - 
2016年11月
International Conference on on Product-Focused Software Process Improvement  PROFES2016 program committee
 
2016年1月
 - 
2016年9月
情報処理学会  SES2016 プログラム委員
 
2015年1月
 - 
2015年9月
情報処理学会  SES2015プログラム委員
 
2014年3月
 - 
2014年9月
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム  プログラム委員
 
2014年1月
 - 
2015年3月
情報処理学会  論文誌ソフトウェア工学特集号 編集委員
 
2012年2月
 - 
2015年2月
情報処理学会  編集委員
 
2012年1月
 - 
現在
大阪市  大阪市水道局財務会計システム 検討委員
 
2017年1月
 - 
2017年12月
ソフトウェア科学会  FOSE2017 プログラム委員
 
2014年12月
 - 
2015年12月
ソフトウェア科学会  FOSE2015プログラム委員
 
2013年11月
 - 
2015年2月
日本ソフトウェア科学会  プログラム委員長
 
2012年7月
 - 
現在
大阪市  大阪市都市計画審議委員
 
2011年
   
 
FOSE 2011 第18回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ プログラム委員
 
2011年
   
 
SES2011 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011 プログラム委員
 
2010年1月
 - 
2010年6月
大阪市  大阪市財務会計システム 検討委員
 
2010年
   
 
FOSE 2010 第17回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ プログラム委員
 
2010年
   
 
SES2010 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2010 プログラム委員
 
2009年
   
 
SES2009 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2009 プログラム委員
 
2009年
   
 
FOSE 2009 第16回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ プログラム委員
 
2008年
   
 
FOSE 2008 第15回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ プログラム委員
 
2007年
   
 
International Symposium on Information Technology Convergence, 2007 International Program Committee.
 

受賞

 
2017年1月
日本ソフトウェア科学会 実践的IT教育研究会 rePiT研究貢献賞
 
2011年9月
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011 (SES2011) 学生奨励賞 ソフトウェア開発プロセスの複雑さに着目したPCPQモデルの構築
受賞者: 尾花将輝,花川典子,飯田元
 
2010年11月
IEEE主催 第2回キャリアアップ・スキルアップに関するエッセイコンテスト 優秀賞 女性エンジニアとしてのキャリア構築 ―キャリアの原点は「誠実」―
 
2010年3月
IASTED International Conference on Web-based Education (WBE2010 Best Paper Award MOBILE GAME TERMINAL BASED INTERACTIVE EDUCATION ENVIRONMENT FOR LARGE-SCALE LECTURES
 
2008年11月
第15回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE’08) 貢献賞 組込み機器を用いた3層ITアーキテクチャの提案と実装
受賞者: 尾花 将輝,花川 典子
 
2007年
第14回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ 貢献賞
 
2005年
Best Paper Award of The 13th International Conference on Computers in Education (ICCE2005)
 
2004年
The 7th World Multi-Conference on System, Cybernetics and Informatics(2004) Best paper of Internet Impact & Visualization Technique on Information Systems Management session
 
1991年
日本科学技術連盟主催 第11回品質管理シンポジウム 推奨報文賞
 
2010年9月
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2010 (SES2010) 学生奨励賞受賞 工程管理表のフラグメントプロセスに基づくソフトウェア開発プロセスの複雑さのメトリクス
受賞者: 尾花 将輝,花川 典子,飯田元
 

論文

 
A Computer System Quality metric for Infrastructure with Configuration Files’ Changes
花川 典子
Proceeding of the 2nd International Conference on Software Engineering and Information Management (to appear)      2019年1月   [査読有り]
Software and Infrastructure Log-Based Framework for Identifying the Causes of System Faults
花川 典子
Proceeding of the 25th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2018)   608-617   2018年12月   [査読有り]
A LOG-BASED TRACE AND REPLAY TOOL INTEGRATING SOFTWARE AND INFRASTRUCTURE
花川 典子
The International Journal of Software Engineering & Applications   9(4)    2018年7月   [査読有り]
Process metrics for system quality with specifications' shifts from a bid phase to an operation phase
花川 典子
30th International Conference on Software Engineering & Knowledge Engineering (SEKE2018)   687-690   2018年7月   [査読有り]
A Proposal for Resolving the Computer System Failures with Infrastructure Problems and Software Problems
花川 典子
2018 International Conference on Software Engineering and Information Management (ICSIM 2018)   45-50   2018年1月   [査読有り]
ŞOFTWARE DEVELOPMENT BUSINESS MODEL FOR UPPERMOST PROCESS WITH COMPETITIVE BIDDING
花川 典子
Seventh International Symposium on Business Modeling and Software Design   173-179   2017年7月   [査読有り]
尾花 将輝, 花川 典子
情報処理学会論文誌   57(10) 2272-2283   2016年10月   [査読有り]
コンピュータシステムのインフラストラクチャの品質を改善するために,ネットワーク設計書のデザインシートを用いたインフラストラクチャの特徴を計測するメトリクスとその利用方法を紹介する.提案するメトリクスは,インフラストラクチャの規模を示すLOI(Line of Item),結合度を示すCBD(Coupling Between Design sheets)である.LOIはデザインシートの設定項目数とし,CBDはデザインシート間で相互参照されている項目値数とする.大規模プロジェクトに適用して52デ...
個人商店向け業務アプリ開発と運用によるソフトウェア工学教育の実践
花川 典子,尾花将輝
第22回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE’15)      2015年11月   [査読有り]
An Analysis of educational Big Data in University using Mobile e-Portfolio System with Smart Concierge
花川 典子
The Seventh International Conference on Emerging Networks and Systems Intelligence   13-18   2015年7月   [査読有り]
A Comparison between School Life Activities and GPAs under a New Educational E-portfolio System in University
花川 典子
The European Conference on Education 2015   461-469   2015年6月   [査読有り]
Noriko Hanakawa
37th IEEE/ACM International Conference on Software Engineering, ICSE 2015, Florence, Italy, May 16-24, 2015, Volume 2   360-369   2015年   [査読有り]
ソフトウェアメトリクスアプローチに基づくコンピュータシステムのインフラストラクチャ品質の検証
尾花将輝,花川典子
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014 (SES2014)   137-142   2014年9月   [査読有り]
Process evaluation based on meeting quality of requirement analysis phase in software development projects
花川 典子
International Journal of Software Engineering and Applications   7(10) 828-843   2014年9月   [査読有り]
尾花 将輝, 花川 典子
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集   2014 137-142   2014年8月   [査読有り]
花川 典子
20th Asia-Pacific Software Engineering Conference(APSEC2013)   1 9-16   2013年12月   [査読有り]
詳細設計書を用いたインフラストラクチャ構築の設定ミス予測のためのメトリクスNoCIの提案
尾花将輝,花川典子,深海悟
第20回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE’13)   77-82   2013年11月   [査読有り]
花川 典子
International Conference on Product Software Development and Process Improvement Profes2013   7983 351-354   2013年6月   [査読有り]
花川 典子
コンピュータソフトウェア論文誌   29(4) 278-292   2012年11月   [査読有り]
Noriko Hanakawa,Masaki Obana
Product-Focused Software Process Improvement - 13th International Conference, PROFES 2012, Madrid, Spain, June 13-15, 2012 Proceedings   260-274   2012年   [査読有り]
花川 典子
Proceedings of the Joint Conference of the 21st International Workshop on Software Measurement and the 6th International Conference on Software Process and Product Measurement (IWSM/Mensura2011)   209-214   2011年11月   [査読有り]
尾花 将輝, 花川 典子, 飯田 元
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011論文集   2011 1-8   2011年9月   [査読有り]
ソフトウェア開発プロセスの複雑さに着目したPCPQモデルの構築
尾花将輝,花川典子,飯田元
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011 (SES2011)      2011年9月   [査読有り]
A process complexity- product quality (PCPQ) model based on process fragment with workflow management tables
尾花 将輝, 花川 典子, 飯田 元
International Conference on Product Software Development and Process Improvement Profes2011   171-185   2011年6月   [査読有り]
Noriko Hanakawa
2011 Joint Conf of 21st Int'l Workshop on Software Measurement and the 6th Int'l Conference on Software Process and Product Measurement, IWSM/Mensura 2011, Nara, Japan, November 3-4, 2011   209-214   2011年   [査読有り]
Masaki Obana,Noriko Hanakawa,Hajimu Iida
Product-Focused Software Process Improvement - 12th International Conference, PROFES 2011, Torre Canne, Italy, June 20-22, 2011. Proceedings   171-185   2011年   [査読有り]
Process Fragment Based Process Complexity with Workflow Management Tables
International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice IWESEP2010   7-12   2010年12月   [査読有り]
Lecture Improvement based on Twitter Logs and Lecture Video using p-HInT
花川 典子
18th International Conference on Computers in Education (ICCE2010)   328-335   2010年12月   [査読有り]
尾花将輝, 花川典子
ソフトウェア科学会 コンピュータソフトウェア論文誌   27(4) 114-132   2010年11月   [査読有り]
大人数講義の双方向教育を実現した授業支援システム
花川 典子
ICT活用教育方法研究論文誌   13(1) 36-40   2010年11月   [査読有り]
工程管理表のフラグメントプロセスに基づくソフトウェア開発プロセスの複雑さのメトリクス
花川 典子
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2010 (SES2010)   89-96   2010年9月   [査読有り]
Noriko Hanakawa
International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering   20(5) 665-677   2010年8月   [査読有り]
MOBILE GAME TERMINAL BASED INTERACTIVE EDUCATION ENVIRONMENT FOR LARGE-SCALE LECTURES
花川 典子
Eighth IASTED International Conference on Web-based Education (WBE2010)      2010年3月   [査読有り]
花川典子
コンピュータソフトウェア論文誌,ソフトウェア科学会   26(4) 157-172   2009年   [査読有り]
ブレンディッド開発プロセスにおける複雑さのメトリクスの提案
尾花将輝,花川典子
第16回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE’09)   221-228   2009年   [査読有り]
システム仕様定義工程におけるミーティングの質を計測するメトリクスの提案
花川典子,尾花将輝
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2009 (SES2009)   157-164   2009年   [査読有り]
使い捨てプログラムを組み込んだインクリメンタル開発プロセスの提案と実践
尾花将輝,花川典子
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2009 (SES2009)   186   2009年   [査読有り]
花川典子
情報処理学会シンポジウム論文集   2008(3) 99-100   2008年1月   [査読有り]
A source-code based extraction way for micro processes influencing software complexity
Noriko Hanakawa
Proceeding of 15th Asia-Pacific Software Engineering Conference(APSEC2008)   239-246   2008年
p-HInT: Interactive Educational environment for improving large-scale lecture with mobile game terminals
Noriko Hanakawa, Go Yamamoto, Katsuhiko Tashiro, Hiroshi Tagami, Sachiko Hamada
Proceeding of the 16th International Conference on Computers in Education (ICCE2008)   629—634   2008年
組込み機器を用いた3層ITアーキテクチャの提案と実装
尾花将輝,花川典子
ソフトウェア工学の基礎XV ソフトウェア科学会FOSE2008      2008年
ソースコードの複雑さに影響を与えるソフトウェア開発マイクロプロセス抽出方法の提案
花川典子
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008(SES2008)   95 —102   2008年   [査読有り]
Kimiharu Okura,Shinji Kawaguchi,Noriko Hanakawa,Hajimu Iida
14th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2007), 5-7 December 2007, Nagoya, Japan   569   2007年   [査読有り]
Noriko Hanakawa
14th Asia-Pacific Software Engineering Conference(APSEC2007)      2007年
論理結合とモジュール結合度を用いたソフトウェア進化の可視化ツールの提案
花川典子
第14回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE’07)   65-74   2007年
14TH ASIA-PACIFIC SOFTWARE ENGINEERING CONFERENCE, PROCEEDINGS   214-+   2007年   [査読有り]
Noriko Hanakawa, Nao Ikemiya
21th IEEE/ACM International Conference on Automated Software Engineering   351-352   2006年
Noriko Hanakawa
The 2006 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence,      2006年
Noriko Hanakawa, Mike Barker
The 13th Asia-Pacific Software Engineering Conference(APSEC2006)   353-360   2006年
Kimiharu Ohkura, Keita Goto, Noriko Hanakawa, Shinji Kawaguchi, and Hajimu Iida
Proceeding of the 13th Asia-Pacific Software Engineering Conference(APSEC2006)   453-460   2006年
Keita Goto, Noriko Hanakawa, Hajimu Iida,
Proceeding of International Software Process Workshop and International Workshop on Software Process Simulation and Modeling, (SPW/ProSim2006)   72-79   2006年
A Discovery Learning Tool for Software Engineering with Generating Educational processes
Noriko Hanakawa
Proceeding of the nineteenth conference on Software Engineering Education and Training   4-7   2006年
ソフトウェア開発における知識還元のためのプロジェクト再現ツール
大蔵君治,後藤慶多,川口真司,花川典子,飯 田 元
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2006(SES2006)   75-78   2006年
実証的アプローチによる要件定義を用いたレポート不正コピー検出ツールの開発
花川典子
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2006(SES2006)   157-164   2006年
International Journal of System&Computer in Japan   37(5) 14-24   2006年
Keita Goto,Noriko Hanakawa,Hajimu Iida
Software Process Change, International Software Process Workshop and International Workshop on Software Process Simulation and Modeling, SPW/ProSim 2006, Shanghai, China, May 20-21, 2006, Proceedings   72-79   2006年   [査読有り]
Tools for discovery learning and generating educational sequences for software engineering
Hanakawa Noriko
CSEETW 2006: 19TH CONFERENCE ON SOFTWARE ENGINEERING EDUCATION AND TRAINING WORKSHOPS   13-16   2006年   [査読有り]
A project growth model based on communication for agile software development
Proceeding of The Seventeenth International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE2005 )   pp.665—pp670    2005年
An evaluation tool for collaborative learning based on communication
Proceedings of the 13th International Conference on Computers in Education (ICCE2005)   pp.124—pp.131    2005年
Development of an Integrated System for Education and Administration
The International Journal The IPSI BgD Transactions on Internet Research   Volume 1 Number 2 (ISSN 1820-4503), pp.38—pp.46    2005年
花川典子, 赤沢佳子, 森章, 前田利之, 井上俊治, 筒井茂義
電子情報通信学会論文誌   Vol.J88, D-I, No.2, pp498-507(2) 498-507   2005年2月
情報システム分析・設計論の学習を動機付けるシステム開発プロジェクトシミュレータの開発と検証
情報科学研究   第18号, pp.35-46    2005年
Noriko Hanakawa
Proceedings of the 17th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE'2005), Taipei, Taiwan, Republic of China, July 14-16, 2005   665-670   2005年   [査読有り]
Discovery Learning for Software Engineering -A Web based Total Education System: HInT
Proceedings of the International Conference on Computers in Education (ICCE2004)   pp1929-1939    2004年
Proceedings of the 11th Asia-Pacific Software Engineering Conference(APSEC2004)   pp316-323    2004年
A communication-based management model for project’s capability
Proceedings of the International Engineering Management Conference(IEMC2004)   Vol.2, pp775—779    2004年
A communication process model for measuring group’s ability in software development
Proceedings of the 7th World Multi-Conference on System, Cybernetics and Informatics   Vol.10, pp11-16    2004年
Measurement of group’s ability for software development,” Proceedings of 2003 International Symposium on Empirical Software Engineering, Vol.2, pp3-4, Italy, October 2003.
Proceedings of International Symposium on Empirical Software Engineering   Vol.2, pp3-4    2003年
A model based project simulator for instructing analysis and design techniques of software development
Proceedings of the 7th World Multi-Conference on System, Cybernetics and Informatics   Vol.1, pp.305-310    2003年
ソフトウェア工学の基礎ⅹ ソフトウェア開発グループ能力を計測するためのコミュニケーションモデル
ソフトウェア科学会FOSE 2003, 近代科学社   pp215--226    2003年
International Journal of The Annals of Software Engineering   Vol.14, pp.383-406    2002年
HANAKAWA N, MATSUMOTO K, TORII K
Proceedings of the 9th Asia-Pacific Software Engineering Conference   571-580   2002年   [査読有り]
Human Factor - Based Quality Control with Technical Reviews
Proceedings of the 2nd World Congress for Software Quality   pp.563--568    2000年
Model Based Project Management for Software Development
博士論文,奈良先端大   NAIST-IS-DT9761016    2000年
Application of Learning Curve Based Simulation Model for Software Development to Industry
Proceeding of the 11th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering   pp.283--289    1999年
Noriko Hanakawa,Hajimu Iida,Ken-ichi Matsumoto,Koji Torii
International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering   9(4) 445-466   1999年   [査読有り]
A Simulation Model for Software Development based on Developer's Learning Curve
Proceedings of 20th International Conference of Software Engineering   Vol. 2, page168-16    1998年
オブジェクト指向開発プロセス生成方法の提案とシステム化
修士論文,奈良先端大   NAIST-IS-MT9551088    1997年
Noriko Hanakawa,Hajimu Iida,Ken-ichi Matsumoto,Koji Torii
3rd Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC '96), December 4-7, 1996, Seoul, South Korea   120-130   1996年   [査読有り]
An intelligent web browser plug-in for automatic translation to Ajax approach
Noriko Hanakawa
The International Journal The IPSI BgD Transactions on Internet Research   
MOBILE GAME TERMINAL BASED INTERACTIVE EDUCATION ENVIRONMENT FOR LARGE-SCALE LECTURES
Noriko Hanakawa, Masaki Obana
The Proceeding of the Eighth IASTED International Conference on Web-based Education (WBE2010)   
Software and Infrastructure Log-Based Framework for Identifying the Causes of System Faults (accepted)
花川 典子
Proceedings of the 25th Asia-Pacific Software Engineering Conference      [査読有り]

Misc

 
花川典子,尾花将輝,杉山安洋
コンピュータソフトウェア論文誌   32(3) 3_39-3_45   2015年9月
花川 典子, 尾花 将輝, 杉山 安洋
コンピュータソフトウェア   32(3) 39-45   2015年8月
第37回ソフトウェア工学国際会議ICSE2015参加報告
深町 拓也 , 亀井 靖高 , 鵜林 尚靖 , 花川 典子 , 青山 幹雄
2015-SE-189(14) 1-8   2015年7月
花川 典子
阪南大学産業経済研究所年報   (43) 18-20   2015年3月
杉山 安洋, 沢田 篤史, 鷲崎 弘宜, 阿萬 裕久, 門田 暁人, 小林 隆志, 花川 典子, 尾花 将輝
コンピュータ ソフトウェア   32(3) 3_3-3_3   2015年
花川 典子
情報処理学会論文誌   55(2) 892-892   2014年2月
井垣 宏, 横森 励士, 川口 真司, 花川 典子
情報処理学会研究報告   2007(33 2007-SE-155) 199-206   2007年3月
2006年12月にインドのバンガロールにて開催された第13回ソフトウェアエ学の国際会議(l3th Asia Pacific Software Engineering Conference1):APSEC2006)に参加したので,取り上げられた主な内容を紹介する会議の傾向として,オブジェクト指向/サービス指向のソフトウェアアーキテクチャに関する取り組み,および実証的ソフトウェア工学,モデル駆動開発手法に関する取り組みが多く見られ,両分野への取り組みの活発化を伺えた.会議には約200名の参加が...
今市 昴志, 池宮 直, 花川 典子
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   4(1) 255-256   2005年8月
花川 典子, 大蔵 君治
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   3(1) 183-184   2004年8月
花川典子, 大蔵君治
情報科学技術フォーラム   FIT 2004 183-184   2004年8月
教職員と学生間のシームレスなコミュニケーション環境の実現 -Web ベース統合教育支援システムの構築事例-
平成16年度大学情報化全国大会(私立大学情報教育協会)   pp86-87    2004年
花川 典子, 中井 茂裕
情報処理学会研究報告ソフトウェア工学(SE)   2003(73) 37-44   2003年7月
通常、ソフトウェア開発はグループで行われる。グループ作業では開発者間での複雑な事象が発生するので、開発者の能力の総和がグループの能力と等しいとは限らない。そこで新しいコミュニケーションプロセスモデルを提案する。モデルは、同一話題のコミュニケーションのばらつきに着目し、コミュニケーション発生時間の分散と尖度から構成される。6グループの実験の結果として、モデルで計算された能力の順位が製品の品質の順位と等しいと確認した。さらに、製品の品質がグループの能力を示すことができなかったとき、モデルはグル...
花川典子, 中井茂裕
情報処理学会研究報告   2003(73(SE-143)) 37-44   2003年7月
Quantitative workload estimation of “Mythical man-month”
Proceedings of International Symposium on Empirical Software Engineering   Vol.2 pp.5--pp.6    2002年
森川 昌平, 花川 典子, 松本 健一, 井上 克郎, 鳥居 宏次
情報処理学会研究報告ソフトウェア工学(SE)   2000(4) 41-48   2000年1月
本稿では習熟による認知構造の変化が生産性に及ぼす影響を明らかにするために,既に提案したモデルと認知マップを組み合せた新しいソフトウェア開発シミュレーションモデルを提案する.本モデルでは,作業実施に要求される知識構造を,要素知識と要素知識間の関係(前提知識)を示す有向グラフで構成される認知マップで表す.認知マップの要素知識に開発者の持つ知識量を割当てることで開発者の知識の偏りを表現し,さらに,認知マップの要素知識に作業量を分配することで作業実施に要求される知識の偏りを表現する.又,認知マップ...
森川昌平, 花川典子, 松本健一, 井上克郎, 鳥居宏次
情報処理学会研究報告   2000(4(SE-125)) 41-48   2000年1月
花川 典子, 松本 健一, 鳥居 宏次
電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学   98(388) 49-55   1998年11月
本稿では, 筆者らが既に提案している学習習熟を考慮したソフトウエア開発シミュレーションモデルの評価を行う.具体的には次の2つの段階を経て, プロジェクト管理者による開発作業時間見積り値との適合度を検定する.第1段階では, プロジェクト管理者がモデルのパラメータ値を容易に設定できるパラメータ変換式を定める.第2段階では, パラメータ変換式で求めたパラメータ値を使ったシミュレーション結果の開発作業時間見積り値とプロジェクト管理者による見積り値との適合度を検定する.評価の結果, 変換式を含む提案...
飯田 元, 花川 典子, 松本 健一
情報処理学会研究報告ソフトウェア工学(SE)   1997(84) 45-52   1997年9月
第3回アジア太平洋ソフトウェア工学国際会議(APSE'96)は、1996年12月4日から7日の間、韓国の首都ソウルで開催された。本稿では、その会議の概略を述べる。3th Asia Pacific Software Engineering Conference has been held in Seoul, Korea, from December 4th through 7th, 1996. In this article, we will briefly summarize this c...
花川典子, 飯田元, 松本健一, 鳥居宏次
情報処理学会研究報告   96(71(SE-110)) 55-62   1996年7月

書籍等出版物

 
経営と情報の深化と融合
阪南大学経営情報学部編 (担当:共著, 範囲:第4章 <情報理論> 測れないものを測る - ソフトウェア工学のプロセスメトリクスの魅力-)
税務経理協会   2013年9月   
ライティング指導のヒント
京都大学高等教育研究開発推進センター編 (担当:共著, 範囲:第12章 コピペ対策の実践―コピペ検出システム,pp.221-pp.230)
ミネルヴァ書房   2013年3月   
ソフトウェアエンジニアリング最前線XVII
(社)情報処理学会ソフトウェア工学研究会 松下誠・紫合治編 (担当:共著, 範囲:工程管理表のフラグメントプロセスに基づくソフトウェア開発プロセスの複雑さのメトリクス,pp.89-96)
近代科学社   2010年9月   
ソフトウェア工学の基礎XVI
ソフトウェア科学会FOSE 2009,中島震・鷲崎弘宜編 (担当:共著, 範囲:ブレンディッド開発プロセスにおける複雑さのメトリクスの提案, pp.221-228)
近代科学社   2009年11月   

講演・口頭発表等

 
1. 花川典子,「現場指向のソフトウェア技術者教育・研究実践上の課題と対応」,ソ [招待有り]
花川 典子
ソフトウェア・メインテナンス研究会(SERC)主催SERCフォーラム   2017年5月   
トップカンファレンス特別講演 Contest Based Learning with Blending Software Engineering and Business Management [招待有り]
花川 典子
第3回 実践的IT教育シンポジウム rePiT 2017 in 大阪   2017年1月   
地域貢献と研究成果を両立するソフトウェア工学教育の実践 -不十分な条件下のSE教育の創意工夫- [招待有り]
花川 典子
ソフトウェアシンポジウム2016, ソフトウェア技術者協会   2016年6月   
情報フロンティアとしての観光ビジネス-寺内町デジタル観光マップの開発- [招待有り]
花川 典子
阪南大学大学院学術シンポジウム2015   2016年2月13日   
コピペ検出システムを用いた学生レポートのコピペ動向についての報告
花川 典子
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015   2015年9月   
いまどきの大学生とスマートフォン
花川 典子
はびきの市民大学   2012年12月   
松谷 栄輝, 花川 典子
ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012論文集   2012年8月21日   
阪南大学 コピペ検索システム-教育の質の向上のために-
花川 典子
関西学院大学 FD研究会   2011年2月   
花川典子
論文誌 ICT活用教育方法研究   2010年11月25日   
大学授業での実践報告
花川 典子
FJBセミナー   2010年8月   
HInT開発・p-HInT開発のシステム開発
花川 典子
SSR   2009年9月   
尾花将輝, 花川典子
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   2008年5月16日   
尾花 将輝, 花川 典子
システム制御情報学会 研究発表講演会講演論文集   2008年   
従来のクライアントサーバシステム設計では、サーバとクライアントを組み合わせたハードウェア設計とソフトウェア設計でシステム設計する。しかし、現在のクライアントはコンピュータではなく、携帯性や操作性が優れ自動センサー機能などが装備された情報端末機器が要望される。例えば、センサーを装備したマイコンや、ゲーム機の端末等である。そこで、クライアントコンピュータのさらにクライアントとしてのマイコンを組み込んだ3層ITアーキテクチャ設計方法を提案し、ホームネットワーク構築事例を紹介する。
モジュール結合度と論理結合を用いたソフトウェア進化の可視化
花川典子
ウインターワークショップ 2008 ・イン・道後   2007年   
A tool-supported environment for knowledge feedback cycle in software development
Noriko Hanakawa
2nd International workshop on Supporting Knowledge Collaboration in Software Development   2006年   
池宮直, 花川典子
情報科学技術フォーラム   2005年8月22日   
今市昂志, 池宮直, 花川典子
情報科学技術フォーラム   2005年8月22日   
Model-based Project Simulation for Software Development
エンピリカルソフトウェア工学ラボ   2003年   
Measurement of group’s ability for software development
2003 International Symposium on Empirical Software Engineering   2003年   
Quantitative workload estimation of Mythical man-month
2002 International Symposium on Empirical Software Engineering   2002年   
メトリクスをつかった見積もり-COCOMOとSRGM-
阪南大学大学院のフロンティア講座の情報処理産業界の実践的プロジェクト管理コース   2005年   
シームレス環境を実現したWeb ベース統合教育支援システム
学生サービスソリューションセミナー(富士通)   2005年   
Web ベース統合教育支援システムでのセンターの役割
サイエンティフィック・システム研究会(富士通)の合同分科会   2004年   
Web ベース統合教育支援システムでのe-Learningの実践
サイエンティフィック・システム研究会(富士通)の研究教育環境分科会   2004年   
アジャイルソフトウェア開発のためのコミュニケーションを用いたプロジェクト能力計測方法の提案
第2回エンピリカルソフトウェア工学研究会   2004年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
インフラとソフトを融合したシステムアーキテクチャメトリクスの提案と計測環境の構築
文部科学省: 科学研究費補助金採択 基盤C
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 花川 典子
マイクロプロセス検出によるシステムの複雑さの増加を防止するソフトウェア開発環境
文部科学省: 科学研究費補助金採択 基盤C 
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 花川 典子
ICTを活用した双方向教育システムの構築
2. 文部科学省: 「現代GP」(現代的教育ニーズ取組支援プログラム)
研究期間: 2007年10月 - 2009年3月    代表者: 花川 典子
実証データに基づく知識還元型ソフトウェア開発環境の構築
文部科学省: 科学研究費補助金採択 基盤C
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 花川 典子
ソフトウェア開発における適切なコミュニケーション誘発度を持つ空間に関する研究
2. 文部科学省: 科学研究費補助金採択 萌芽研究
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 花川 典子
モデルに基づくソフトウェア開発プロジェクト管理
その他の研究制度
ソフトウェア開発プロジェクトのコミュニケーション(メールログ、会議議事録、ドキュメント)を自動収集して、プロジェクト能力、もしくはプロジェクト状態推移の計測モデルの確立
科学技術振興調整費による総合研究

その他

 
2018年9月   レストラン予約システム 業務アプリ開発と運用
2015年より大阪の人気レストラン「キャトルラパン」のWeb予約システムを開発し,運用中.本システムは学生とともにスクラッチビルドで開発し,3年間の運用中も機能改善,機能追加等のメンテナンスも実施した.
2018年9月   和歌山マリーナシティホテルプロジェクションマッピング
和歌山マリーナシティホテルにてプロジェクションマッピングショーを開催.本プロジェクションマッピングのための映像,マッピング等をすべて学生とともに企画,計画,作成した.
2014年4月   ネイルサロン予約システム 業務アプリ開発.運用
ネイルサロン予約システムを開発し,運用中.本システムを学生とともにスクラッチビルドで開発し,現在まで機能改善等のメンテナンスをしながら,運用中