武本 重毅

J-GLOBALへ         更新日: 16/08/18 11:49
 
アバター
研究者氏名
武本 重毅
 
タケモト シゲキ
eメール
takemotskumamed.jp
所属
国立病院機構熊本医療センター
職名
臨床検査科長
学位
医学博士(熊本大学)
その他の所属
熊本大学大学院医学教育部

プロフィール

熊本大学第二内科に入局後、多発性骨髄腫、そして成人T細胞白血病・リンパ腫(ATLあるいはATLLともいう)という成熟リンパ球細胞の腫瘍化に興味を持つようになった。そしてレトロウイルス研究に足を踏み入れ、20年以上にわたりATL患者から分離した検体を使った(in vivoあるいはex vivo)研究にこだわり続けてきた。それは疾患の真実の姿を明らかにするためである。主にHTLV-1/ATL患者の病態解析と治療法開発に関する研究、そしてHIV-1/AIDSの予防および対策に役立つような国際医療協力に従事してきた。これまでの歩みとして、まず熊本大学大学院医学研究科でinverse PCR法を用いたHTLV-1感染細胞クローン検出法の開発に携わった。そしてオリゴクローナルから単クローン性に増殖する細胞内のシグナル伝達系へと関心は移り、米国国立癌研究所では客員研究員としてATL細胞内のJAK/STAT活性化、p53タンパク安定化、細胞周期などを研究した。帰国後は更にHTLV-1研究を続けるために高知医科大学第三内科へ移り、ATL患者ならびにHTLV-1感染者のために臨床と研究の毎日を過ごした。そして国立病院機構熊本医療センター医師として熊本に戻ってからは造血幹細胞移植療法ならびにモノクローナル抗体を用いた標的治療に積極的に取り組み、最近では実際の臨床に役立つような、簡便で有用な、そしてコストのかからない検査系の開発研究に従事した。また、JICAによる発展途上国に対する医療支援の一環として熊本で開催しているAIDS集団研修のコースリーダーを務めるなど研修員のサポートに努めている。更にタイ王国コンケンとの医療従事者交流を通じて、医療のグローバル化にも取り組んでいる。今後はアンチエイジングなど、高齢者が元気に活動する、そういう世の中に役立つような研究に取り組む予定。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年3月
 - 
現在
国立病院機構熊本医療センター 臨床検査科 臨床検査科長
 
2011年10月
   
 
熊本大学大学院医学教育部 臨床国際協力学分野 熊本大学客員准教授
 
2011年6月
 - 
2013年2月
国立病院機構熊本医療センター 臨床研究部特殊疾病研究室長(専任)
 
2011年4月
   
 
熊本大学 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
2011年5月
国立病院機構熊本医療センター 統括診療部血液内科医長、臨床研究部特殊疾病研究室長(併任)
 
2008年4月
 - 
2010年4月
国立病院機構熊本医療センター 内科医長
 
2005年6月
 - 
2008年3月
国立病院機構熊本医療センター 内科医員
 
2001年7月
 - 
2005年5月
高知医科大学 学内講師
 
1999年12月
 - 
2001年6月
- 高知医科大学 助手
 
1996年6月
 - 
1999年11月
米国国立癌研究所 客員研究員
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1996年3月
熊本大学 医学研究科 脳・免疫統合科学系独立専攻、免疫病態学講座
 
1983年4月
 - 
1989年3月
熊本大学 医学部 医学科
 
1976年4月
 - 
1979年3月
熊本県立熊本高等学校  
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
熊本市医師会  国際交流委員
 

受賞

 
2012年3月
熊本医学会 平成23年度熊本医学会奨励賞
 
2005年
協和メデックス 第一回シーズ・コンテスト
 
1996年4月
日本血液学会奨励賞
 
1995年
熊本市制100周年記念人づくり基金
 

論文

 
Takemoto S, Pornkuna R, Hidaka M, Kawano F
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   57(7) 848-853   2016年7月   [査読有り]
造血器悪性腫瘍患者死亡に関わる肺病変に関する調査研究
武本 重毅、松野 文彦、津田 弘之、辻 隆宏、田宮 貞宏、鈴島 仁、江藤 健一郎、猪山 あゆみ、冨髙 悦司、日高 道弘
大和証券ヘルス財団の助成による 研究業績集   39 123-128   2016年3月
Ishida T, Jo T, Takemoto S, Suzushima H, Uozumi K, Yamamoto K, Uike N, Saburi Y, Nosaka K, Utsunomiya A, Tobinai K, Fujiwara H, Ishitsuka K, Yoshida S, Taira N, Moriuchi Y, Imada K, Miyamoto T, Akinaga S, Tomonaga M, Ueda R
British journal of haematology   169(5) 672-682   2015年6月   [査読有り]
NETWORK FY2013
TAKEMOTO Shigeki
国立病院機構熊本医療センター研究業績年報   (21) 75-81   2015年1月   [招待有り]
Plasma Soluble CD30 as a Possible Marker of Adult T-cell Leukemia in HTLV-1 Carriers: a Nested Case-Control Study.
Takemoto S, Iwanaga M, Sagara Y, Watanabe T
Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   16(18) 8253-8258   2015年   [査読有り]
Serum soluble CD30 levels to detect activation and aggression status of adult T-cell leukemia/lymphoma cells
Takemoto Shigeki, Pornkuna Ratiorn, Nishioka Chie
J Hematol Thrombo Dis   3    2015年   [査読有り]
International cooperation for elderly care between Kumamoto, Japan and Khon Kaen, Thailand
Takemoto Shigeki, Pornkuna Ratiorn
J Gerotology & Geriatric Research   4    2015年   [査読有り]
My views and thoughts on Translational Medicine
TAKEMOTO Shigeki
Transl Med   5    2015年   [査読有り]
Shedding by ADAM10 and ADAM17 is associated with progression of adult T-cell leukemia/lymphoma
Takemoto Shigeki, Kozako Tomohiro, Pornkuna Ratiorn
Integr Cancer Sci Therap   2    2015年   [査読有り]
Serum soluble CD25 and CD30 levels as a biomarker in adult T-cell leukemia/lymphoma patients undergoing allogeneic hematopoietic stem cell transplantation
TAKEMOTO Shigeki
J Hematol Thrombo Dis   3(1)    2015年   [査読有り]
丹部絵梨, 松岡泰弘, 守田和樹, 武本重毅
医療と検査機器・試薬   37(5) 649-657   2014年10月
ポルンクナ ラティオン, 武本 重毅, 西村 直
国立病院機構熊本医療センター医学雑誌   13(1) 6-11   2014年2月
成人T細胞白血病(ATL)は、レトロウイルスのHTLV-1による血液媒介感染症で、輸血、母乳、性交渉を介して伝播する。ATL患者数は日本で約100万人、世界で約1000万人である。ATLは治療困難な疾患であったが、この10年間に、新しい治療法の開発・臨床試験が進められてきている。わが国のHTLV-1抗体陽性者のうち41.4%を九州在住者が占めている。九州がんセンターが中心となって取り組んでいる、ATLの診断法、治療法について概説した。
CD30+ cells in lung of indolent type adult T-cell leukemia/lymphoma and elevated serum levels of soluble CD30 associated with acute crisis and relapse of disease
Takemoto Shigeki, Morimatsu Yoshitaka, Pornkuna Ratiorn, Murayama Toshihiko, Kawano Fumio
J Leuk   2(5)    2014年   [査読有り]
Human retroviruses and soluble CD30 levels of patients
TAKEMOTO Shigeki
J Cell Sci Ther   5 5   2014年   [査読有り]
CD25+, CD30+adult T-cell leukemia/lymphoma cells, virus-infected cells or regulatory T cells?
TAKEMOTO Shigeki
J Hematol Thrombo Dis   2(6)    2014年   [査読有り]
Clinical value of serum soluble CD30 levels in adult T-cell leukemia/lymphoma
Pornkuna Ratiorn, Takemoto Shigeki, Hidaka Michihiro, Kawano Fumio, Haga Yoshio
J Hematol Thrombo Dis   2(6)    2014年   [査読有り]
Mutualism among HTLV-1-infected different type of cells or among other virus-infected cells
Takemoto Shigeki, Pornkuna Ratiorn
J Hematol Thrombo Dis   2(6)    2014年   [査読有り]
Soluble CD30 and peripheral blood or pulmonary involvement of adult T-cell leukemia/lymphoma
Takemoto Shigeki, Pornkuna Ratiorn
Integr Cancer Sci Therap   1(2)    2014年   [査読有り]
What is the role of soluble cytokine receptors in adult T-cell leukemia/lymphoma?
Pornkuna Ratiorn, Nishioka Chie, Takemoto Shigeki
J Hematol Thrombo Dis   2(5)    2014年   [査読有り]
Effect of blood transfusion on supportive therapy of elderly patients at Kumamoto, Japan as compared with Khon Kaen, Thailand
Pornkuna Ratiorn, Wongkhantee Somchai, Jinathongthai Sompong, Shimogawa Satomi, Takemoto Shigeki
J Hematol Thrombo Dis   2(3)    2014年   [査読有り]
A lack of cellular senescence, formation of microenvironment, and role of soluble CD30 in development of adult T-cell leukemia/lymphoma
Pornkuna Ratiorn, Takemoto Shigeki
J Hematol Thrombo Dis   2(4)    2014年   [査読有り]
NETWORK FY2012
TAKEMOTO Shigeki
国立病院機構熊本医療センター 研究業績年報   (20) 92-95   2013年11月   [招待有り]
武本 重毅, Pornkuna Ratiorn, 杉 和洋
公衆衛生   77(10) 865-868   2013年10月
蟻田功, 武本重毅
公衆衛生   77(6) 505-508   2013年6月
Tamai Y, Hasegawa A, Takamori A, Sasada A, Tanosaki R, Choi I, Utsunomiya A, Maeda Y, Yamano Y, Eto T, Koh KR, Nakamae H, Suehiro Y, Kato K, Takemoto S, Okamura J, Uike N, Kannagi M
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   190 4382-4392   2013年4月   [査読有り]
鈴木恵美子, 松岡泰弘, 鵜澤耕治, 守田和樹, 武本重毅
医療と検査機器・試薬   35(4) 587-594   2012年8月
Ishida T, Joh T, Uike N, Yamamoto K, Utsunomiya A, Yoshida S, Saburi Y, Miyamoto T, Takemoto S, Suzushima H, Tsukasaki K, Nosaka K, Fujiwara H, Ishitsuka K, Inagaki H, Ogura M, Akinaga S, Tomonaga M, Tobinai K, Ueda R
Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology   30(8) 837-842   2012年3月   [査読有り]
Hidaka M, Iwasaki S, Matsui T, Kawakita T, Inoue Y, Sakai T, Harada N, Takemoto S, Nagakura S, Kiyokawa T, Takahashi M, Saibara T, Onishi S, Kawano F
Bone marrow transplantation   45(5) 912-918   2010年5月   [査読有り]
武本 重毅
国立病院機構熊本医療センター医学雑誌   9(1) 1-7   2009年6月
Matsui T, Hidaka M, Kawakita T, Inoue Y, Sakai T, Harada N, Takemoto S, Nagakura S, Tsukamoto A, Kiyokawa T, Kawano F
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   50(4) 304-308   2009年4月   [査読有り]
Hidaka M, Tanaka H, Matsuno N, Sakai T, Takemoto S, Nagakura S, Kiyokawa T, Murayama T, Kawano F
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   96(6) 1211-1213   2007年6月   [査読有り]
Nishioka C, Takemoto S, Kataoka S, Yamanaka S, Moriki T, Shoda M, Watanabe T, Taguchi H
Cancer science   96(11) 810-815   2005年11月   [査読有り]
Takahashi T, Takemoto S, Kiyasu K, Yamamoto H, Tani T, Miyoshi I, Taguchi H, Moriki T, Miyazaki E, Enzan H
Rheumatology international   26 74-79   2005年11月   [査読有り]
Horino T, Sasaoka A, Takao T, Taguchi T, Maruyama H, Ito H, Takemoto S, Taguchi H, Hashimoto K
Clinical rheumatology   24 641-644   2005年11月   [査読有り]
I. Miyoshi, M. Daibata, S. Takemoto, H. Machida, H. Taguchi
British Journal of Haematology   131 1   2005年10月
Awasthi S, Sharma A, Wong K, Zhang J, Matlock EF, Rogers L, Motloch P, Takemoto S, Taguchi H, Cole MD, Lüscher B, Dittrich O, Tagami H, Nakatani Y, McGee M, Girard AM, Gaughan L, Robson CN, Monnat RJ Jr, Harrod R
Molecular and cellular biology   25(14) 6178-6198   2005年7月   [査読有り]
Ikezoe T, Yang Y, Bandobashi K, Saito T, Takemoto S, Machida H, Togitani K, Koeffler HP, Taguchi H
Molecular cancer therapeutics   4 578-586   2005年4月   [査読有り]
AL-DAHOODI Ziyad M, TAKEMOTO Shigeki, MACHIDA Hisanori, FURUYA Masato, MIYOSHI Isao, TAGUCHI Hirokuni
Journal of clinical and experimental hematopathology   44(1) 17-24   2004年4月   [査読有り]
Dendritic cells (DC) are essential antigen-presenting cells (APC) with a unique capacity to initiate an immune response. We described the in vitro generation of rabbit monocyte-derived DC (Mo-DC) in the presence of granulocyte macrophage-colony st...
AL-DAHOODI Ziyad Mutlaq, TAKEMOTO Shigeki, KATAOKA Sayo, TAGUCHI Hirokuni
Journal of clinical and experimental hematopathology   43(2) 43-48   2003年10月   [査読有り]
Human T lymphotropic virus type I (HTLV-I) impairs cellular immunity and can develop into adult T cell leukemia/lymphoma (ATLL). The Role of dendritic cells (DC) has not been fully elucidated in individuals infected by HTLV-I. To address this issu...
Epstein-Barr virus in concomitant gastric carcinoma and adult T-cell leukemia/lymphoma.
Daibata M, Nemoto Y, Takemoto S, Miyoshi I, Taguchi H
The American journal of medicine   114 509-510   2003年4月   [査読有り]
Miyoshi I, Takemoto S, Taguchi H, Taguchi F, Sawada T
American journal of hematology   71 137-138   2002年10月   [査読有り]
Genetic mutation and early onset of T-cell leukemia in pediatric patients infected at birth with HTLV-I.
Pombo-de-Oliveira MS, Dobbin JA, Loureiro P, Borducchi D, Maia RC, Fernandes MA, Cavalcanti GB Jr, Takemoto S, Franchini G
Leukemia research   26 155-161   2002年2月   [査読有り]
P53 Stabilization and functional inpairment in the absence of genetic mutatien or the altermation of the PI4ARF MDM2 loop in exviro and cultured adult T-cen lenkemia/lymphema cells
Blood   95 3939-3944   2002年
HV(MNE), a novel lymphocryptovirus related to Epstein-Barr virus, induces lymphoma in New Zealand White rabbits.
Ferrari MG, Rivadeneira ED, Jarrett R, Stevceva L, Takemoto S, Markham P, Franchini G
Blood   98 2193-2199   2001年10月   [査読有り]
Bcl-X(L) is up-regulated by HTLV-I and HTLV-II in vitro and in ex vivo ATLL samples.
Nicot C, Mahieux R, Takemoto S, Franchini G
Blood   96 275-281   2000年7月   [査読有り]
p53 stabilization and functional impairment in the absence of genetic mutation or the alteration of the p14(ARF)-MDM2 loop in ex vivo and cultured adult T-cell leukemia/lymphoma cells.
Takemoto S, Trovato R, Cereseto A, Nicot C, Kislyakova T, Casareto L, Waldmann T, Torelli G, Franchini G
Blood   95 3939-3944   2000年6月   [査読有り]
Trovato R, Cereseto A, Takemoto S, Gessain A, Watanabe T, Waldmann T, Franchini G
AIDS research and human retroviruses   16 709-713   2000年5月   [査読有り]
A novel Epstein-Barr virus-like virus, HV(MNE), in a Macaca nemestrina with mycosis fungoides.
Rivadeneira ED, Ferrari MG, Jarrett RF, Armstrong AA, Markham P, Birkebak T, Takemoto S, Johnson-Delaney C, Pecon-Slattery J, Clark EA, Franchini G
Blood   94 2090-2101   1999年9月   [査読有り]
A lysine-to-arginine change found in natural alleles of the human T-cell lymphotropic/leukemia virus type 1 p12(I) protein greatly influences its stability.
Trovato R, Mulloy JC, Johnson JM, Takemoto S, de Oliveira MP, Franchini G
Journal of virology   73 6460-6467   1999年8月   [査読有り]
Igata T, Yamaguchi K, Igata-Yi R, Yoshiki K, Takemoto S, Yamasaki H, Matuoka M, Miyakawa T
Dementia and geriatric cognitive disorders   9(1) 24-25   1998年1月   [査読有り]
Takemoto S, Mulloy JC, Cereseto A, Migone TS, Patel BK, Matsuoka M, Yamaguchi K, Takatsuki K, Kamihira S, White JD, Leonard WJ, Waldmann T, Franchini G
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   94(25) 13897-13902   1997年12月   [査読有り]
HTLV-I provirus in the clinical subtypes of ATL.
Matsuoka M, Tamiya S, Takemoto S, Yamaguchi K, Takatsuki K
Leukemia : official journal of the Leukemia Society of America, Leukemia Research Fund, U.K   11 Suppl 3 67-69   1997年4月   [査読有り]
Borna disease virus and the consumption of raw horse meat.
Igata-Yi R, Yamaguchi K, Yoshiki K, Takemoto S, Yamasaki H, Matsuoka M, Miyakawa T
Nature medicine   2 948-949   1996年9月   [査読有り]
Primary adult T cell leukemia of bone: two patients with primary bone lesion showing monoclonal integration of HTLV-I proviral DNA.
Takemoto S, Matsuoka M, Sakata K, Matsuzaki H, Akagi K, Yamaguchi K, Takatsuki K
Leukemia : official journal of the Leukemia Society of America, Leukemia Research Fund, U.K   10 333-337   1996年2月   [査読有り]
DNA diagnosis of HTLV-I.
Yamaguchi K, Matsuoka M, Takemoto S, Tamiya S, Etoh K, Takatsuki K
Intervirology   39 158-164   1996年   [査読有り]
Adult T cell leukemia following HTLV-I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis: case reports and implication to the natural course of ATL.
Tamiya S, Matsuoka M, Takemoto S, Shimizu K, Yamaguchi K, Mita S, Uchino M, Ando M, Miyaguni T, Kuniyoshi K
Leukemia : official journal of the Leukemia Society of America, Leukemia Research Fund, U.K   9 1768-1770   1995年10月   [査読有り]
A novel diagnostic method of adult T-cell leukemia: monoclonal integration of human T-cell lymphotropic virus type I provirus DNA detected by inverse polymerase chain reaction.
Takemoto S, Matsuoka M, Yamaguchi K, Takatsuki K
Blood   84 3080-3085   1994年11月   [査読有り]
Establishment of a CD45-positive immature plasma cell line from an aggressive multiple myeloma with high serum lactate dehydrogenase.
Hata H, Matsuzaki H, Sonoki T, Takemoto S, Kuribayashi N, Nagasaki A, Takatsuki K
Leukemia : official journal of the Leukemia Society of America, Leukemia Research Fund, U.K   8 1768-1773   1994年10月   [査読有り]
Establishment of a monoclonal antibody to plasma cells: a comparison with CD38 and PCA-1.
Hata H, Matsuzaki H, Matsuno F, Sonoki T, Takemoto S, Kuribayashi N, Nagasaki A, Takatsuki K
Clinical and experimental immunology   96 370-375   1994年5月   [査読有り]
Expression of fibronectin and adhesion to fibronectin in myeloma cell lines.
Hata H, Matsuzaki H, Matsuno F, Yoshida M, Sonoki T, Takemoto S, Takatsuki K
Acta haematologica   89 26-31   1993年   [査読有り]

Misc

 
武本重毅, 松野文彦, 津田弘之, 辻隆宏, 田宮貞宏, 鈴島仁, 江藤健一郎, 江藤健一郎, 猪山あゆみ, 冨高悦司, 日高道弘
大和証券ヘルス財団研究業績集   39 123-128   2016年3月
外国人も参加した熊本市災害医療福祉訓練
武本 重毅
広報誌「VOICE」   63 6-6   2016年3月   [査読有り][依頼有り]
藤崎恵, 大野剛史, 鍬本充, 村山寿彦, 永田栄二, 武本重毅
国立病院総合医学会抄録集(CD-ROM)   69th ROMBUNNO.P2-1A-618-1A   2015年10月
武本重毅, 濱口絵実, 大野剛史, 永田栄二
国立病院総合医学会抄録集(CD-ROM)   69th ROMBUNNO.P2-2P-969-2P   2015年10月
川上洋子, 林秀幸, 大屋佳央理, 永田栄二, 武本重毅, 高木一孝
国立病院総合医学会抄録集(CD-ROM)   69th ROMBUNNO.P2-1A-583-1A   2015年10月
崔日承, 衛藤徹也, 田野崎隆二, 下川元継, 高塚祥芝, 宇都宮與, 武本重毅, 田口潤, 福島卓也, 加藤光次, 豊嶋崇徳, 中前博久, 末廣陽子, 山中竹春, 岡村純, 鵜池直邦
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   37th 238   2015年2月
田野崎隆二, 崔日承, 下川元継, 宇都宮與, 徳永雅仁, 中野伸亮, 福田隆浩, 中前博久, 武本重毅, 楠本茂, 友寄毅昭, 末岡栄三郎, 白土基明, 末廣陽子, 山中竹春, 岡村純, 鵜池直邦
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   37th 239   2015年2月
武本重毅, MABELELE Mathias, KWADWO Owusu
日本エイズ学会誌   16(4) 585-585   2014年11月
可溶性CD30血清濃度と成人T細胞白血病の腫瘍性肺病変
武本 重毅
国立病院総合医学会講演抄録集   68回 853-853   2014年11月
武本重毅, 福島卓也, 鵜池直邦, 河野文夫, 吉田真一郎, 山村政臣, 前田宏一, 鈴島仁, 小川大輔, 宮崎泰司, 朝長万左男
臨床血液   55(9) 1488-1488   2014年9月
武本重毅, 日高道弘, 河野文夫
臨床血液   55(9) 1513-1513   2014年9月
武本 重毅, ポルンクナ ラティオン, 芳賀 克夫
国立病院機構熊本医療センター医学雑誌   13(1) 1-5   2014年2月
国立病院機構熊本医療センターの、発展途上国における感染症対策のための国際医療協力、即ち、1)次の10年に向けてのAIDSの予防および対策、2)エジプト・アラブ共和国における第三国研修、3)タイ国コンケン病院との国際医療協力、について概説した。1)は25年間に及ぶ長期研修となっている。3)は国立病院同士で姉妹協定を締結し、いくつかの共同プロジェクトを推進している。ヒトレトロウイルス感染者数はわが国においても他の国々においても増加しており、近い将来に爆発的感染拡大が起こることが危惧される。
Takemoto Shigeki, Uzawa Koji, Morita Kazuki, Pornkuna Ratiorn, Haga Yoshio, Iwanaga Masako, Sagara Yasuko, Kawano Fumio, Watanabe Toshiki
Retrovirology   11(Suppl 1) P1   2014年   [査読有り]
Hasegawa Atsuhiko, Tamai Yotaro, Takamori Ayako, Sasada Amane, Tanosaki Ryuji, Choi Ilseung, Utsunomiya Atae, Maeda Yasuhiro, Yamano Yoshihisa, Eto Tetsuya, et al.
Retrovirology   11(Suppl 1) O35   2014年   [査読有り]
Pornkuna Ratiorn, Takemoto Shigeki, Hidaka Michihiro, Haga Yoshio
Retrovirology   11(Suppl 1) P2   2014年   [査読有り]
武本重毅, 武本重毅, RATIORN Pornkuna, RATIORN Pornkuna, 鵜澤耕治, 守田和樹, 芳賀克夫, 芳賀克夫, 河野文夫
日本リンパ網内系学会会誌   53 155   2013年4月
TAMAI Yotaro, HASEGAWA Atsuhiko, TAKAMORI Ayako, SASADA Amane, TANOSAKI Ryuji, CHOI Ilseung, UTSUNOMIYA Atae, MAEDA Yasuhiro, YAMANO Yoshihisa, ETO Tetsuya, KOH Ki‐Ryang, NAKAMAE Hirohisa, SUEHIRO Youko, KATO Koji, TAKEMOTO Shigeki, OKAMURA Jun, UIKE Naokuni, KANNAGI Mari
J Immunol   190(8) 4382-4392   2013年4月
武本重毅, 東輝一朗, RATIORN Pornkuna, 芳賀克夫, 河野文夫
日本内科学会雑誌   102 194   2013年2月
井上佳子, 西村直, 榮達智, 原田奈穂子, 武本重毅, 長倉祥一, 日高道弘, 清川哲志, 河野文夫
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   35th 291   2013年2月
武本重毅, 鵜澤耕治, 守田和樹, 河野文夫
Bio Clin   27(13) 1269-1274   2012年12月
武本重毅, 河野文夫
日本エイズ学会誌   14(4) 473   2012年11月
榮達智, 樋口悠介, 井上佳子, 原田奈穂子, 武本重毅, 長倉祥一, 塚本敦子, 日高道弘, 清川哲志, 河野文夫
臨床血液   53(9) 1245   2012年9月
井上佳子, 樋口悠介, 榮達智, 原田奈穂子, 武本重毅, 長倉祥一, 塚本敦子, 日高道弘, 清川哲志, 河野文夫
臨床血液   53(9) 1252   2012年9月
HARADA Naoko, HIGUCHI Yusuke, INOUE Yoshiko, SAKAI Tatsunori, TAKEMOTO Shigeki, NAGAKURA Shoichi, HIDAKA Michihiro, TSUKAMOTO Atsuko, KIYOKAWA Tetsuyuki, KAWANO Fumio
臨床血液   53(9) 1388   2012年9月
TAKEMOTO Shigeki, TAKEMOTO Shigeki, PORNKUNA Ratiorn, INOUE Yoshiko, SAKAI Tatsunori, HARADA Naoko, NAGAKURA Shoichi, HIDAKA Michihiro, KIYOKAWA Tetsuyuki, UZAWA Koji, MORITA Kazuki, HAGA Yoshio, IWANAGA Masako, IWANAGA Masako, SAGARA Yasuko, SAGARA Yasuko, WATANABE Toshiki, WATANABE Toshiki, KAWANO Fumio
臨床血液   53(9) 1070   2012年9月
武本 重毅, 鵜澤 耕治, 守田 和樹
細胞   44(10) 465-469   2012年9月
武本 重毅, 鵜澤 耕治, 守田 和樹
細胞   44(10) 465-469   2012年9月
武本重毅, 鵜澤耕治, 守田和樹, 河野文夫
細胞   44(8) 360-364   2012年7月
井上佳子, 樋口悠介, 榮達智, 原田奈穂子, 塚本敦子, 武本重毅, 長倉祥一, 日高道弘, 清川哲志, 河野文夫, 村山寿彦
臨床血液   53(2) 261   2012年2月
井上佳子, 樋口悠介, 榮達智, 原田奈穂子, 武本重毅, 長倉祥一, 日高道弘, 清川哲志, 河野文夫
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   34th 221   2012年2月
片岡奈々美, 河野通直, 高尾真暢, 中島健, 樋口悠介, 井上佳子, 榮達智, 原田奈穂子, 武本重毅, 日高道弘, 清川哲志, 河野文夫
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   34th 293   2012年2月
樋口悠介, 井上佳子, 榮達智, 原田奈穂子, 武本重毅, 長倉祥一, 日高道弘, 清川哲志, 河野文夫
日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集   34th 312   2012年2月
井上佳子, 入江友章, 西村直, 榮達智, 原田菜穂子, 武本重毅, 長倉祥一, 日高道弘, 清川哲志, 河野文夫, 松本克孝, 宮成信友
国立病院総合医学会講演抄録集   66th 728   2012年
井建一朗, 日高道弘, 西村直, 井上佳子, 榮達智, 原田奈穂子, 武本重毅, 長倉祥一, 清川哲志, 河野文夫
国立病院総合医学会講演抄録集   66th 727   2012年
牧野公治, 武本重毅, 大島秀男
国立病院総合医学会講演抄録集   66th 729   2012年
武本重毅, ポルンクナ ラティオン, 芳賀克夫, 河野文夫
国立病院総合医学会講演抄録集   66th 672   2012年
榮達智, 樋口悠介, 井上佳子, 原田奈穂子, 武本重毅, 長倉祥一, 日高道弘, 塚本敦子, 清川哲志, 河野文夫
日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   10th 272-273   2012年
井上佳子, 樋口悠介, 榮達智, 原田菜穂子, 武本重毅, 長倉祥一, 塚本敦子, 日高道弘, 清川哲志, 河野文夫, 村山寿彦
臨床血液   52(9) 1189   2011年9月
HIDAKA Michihiro, HIGUCHI Yuusuke, INOUE Yoshiko, SAKAI Tatsunori, HARADA Naoko, TAKEMOTO Shigeki, NAGAKURA Syoichi, TSUKAMOTO Atsuko, KIYOKAWA Tetsuyuki, KAWANO Fumio
臨床血液   52(9) 1336   2011年9月
HARADA Naoko, HIGUCHI Yusuke, INOUE Yoshiko, SAKAI Yatsunori, TAKEMOTO Shigeki, NAGAKURA Shoichi, HIDAKA Michihiro, TSUKAMOTO Atsuko, KIYOKAWA Tetsuyuki, KAWANO Fumio
臨床血液   52(9) 1261   2011年9月
TAKEMOTO Shigeki, PORNKUNA Ratiorn, HIDAKA Michihiro, NAGAKURA Shoichi, SAKAI Tatsunori, HARADA Naoko, INOUE Yoshiko, HIGUCHI Yusuke, TSUKAMOTO Atsuko, UZAWA Koji, MORITA Kazuki, KIYOKAWA Tetsuyuki, KAWANO Fumio
臨床血液   52(9) 1154   2011年9月
武本重毅, 武本重毅, ポルンクナラティオン, 樋口悠介, 井上佳子, 塚本敦子, 榮達智, 原田奈穂子, 長倉祥一, 日高道弘, 清川哲志, 杉和洋, 田森靖洋, 宮成信友, 村山寿彦, 松岡雅雄, 河野文夫
日本リンパ網内系学会会誌   51 134   2011年6月
長倉祥一, 日高道弘, 武本重毅, 原田奈穂子, 栄達智, 井上佳子, 樋口悠介, 河野文夫
日本医療マネジメント学会雑誌   12(Supplement) 292   2011年6月
武本重毅, 武本重毅, PORNKUNA Ratiorn, PORNKUNA Ratiorn, 河野文夫, 河野文夫, 香月耕多, 若松朋大, 松本いっか, 久田正直
日本輸血細胞治療学会誌   57(2) 357   2011年3月
武本重毅, PORNKUNA Ratiorn, 河野文夫, 香月耕多, 若松朋大, 松本いつか, 久田正直
日本輸血細胞治療学会誌   57(1) 81-82   2011年2月
武本重毅, PORNKUNA Ratiorn, 樋口悠介, 井上佳子, 塚本敦子, 榮達智, 原田奈穂子, 鶴田敏久, 長倉祥一, 日高道弘, 清川哲志, 河野文夫
日本輸血細胞治療学会誌   57(1) 81   2011年2月
ISHIDA Takashi, JOH Tatsuro, UIKE Naokuni, YAMAMOTO Kazuhito, UTSUNOMIYA Atae, YOSHIDA Shinichiro, SABURI Yoshio, MIYAMOTO Toshihiro, TAKEMOTO Shigeki, SUZUSHIMA Hitoshi, TSUKASAKI Kunihiro, NOSAKA Kisato, FUJIWARA Hiroshi, ISHITSUKA Kenji, INAGAKI Hiroshi, OGURA Michinori, AKINAGA Shiro, TOMONAGA Masao, TOBINAI Kensei, UEDA Ryuzo
日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集   9th 192-193   2011年
Takemoto Shigeki, Pornkuna Ratiorn, Higuchi Yusuke, Matsui Takahiro, Kawakita Toshio, Nakamura Miki, Inoue Yoshiko, Sakai Tatsunori, Harada Naoko, Nagakura Shoichi, et al.
Retrovirology   8(Suppl 1) A32   2011年   [査読有り]
Pornkuna Ratiorn, Takemoto Shigeki, Uzawa Koji, Morita Kazuki, Kawano Fumio
Retrovirology   8(Suppl 1) A127   2011年   [査読有り]
TAKEMOTO Shigeki, TAKEMOTO Shigeki, PORNKUNA Ratiorn, PORNKUNA Ratiorn, UZAWA Koji, MORITA Kazuki
臨床血液   51(9) 1072   2010年9月
TAKEMOTO Shigeki, PORNKUNA Ratiorn, UZAWA Koji, MORITA Kazuki, NAKAMURA Miki, INOUE Yoshiko, SAKAI Tatsunori, HARADA Naoko, NAGAKURA Shoichi, HIDAKA Michihiro, KIYOKAWA Tetsuyuki, KAWANO Fumio
臨床血液   51(9) 1238   2010年9月
意識障害で救急搬送され、血漿交換、ステロイド療法、抗生剤投与により血小板数が回復し救命できた73歳、女性
武本重毅、Ratiorn Pornkuna、日高道弘、井上佳子、長倉祥一、清川哲志、河野文夫、田尻景子、梶原健吾、富田正郎、染矢賢俊、松本恵美子、久田正直
第55回熊本臨床血液懇話会      2010年6月
国立病院機構熊本医療センターにおけるデフェラシロクス使用17症例の検討
武本 重毅
Iron Overload Case Study Forum 2010      2010年5月
清川 哲志, 武本 重毅, 宮川 雄介
日経メディカル   39(2) 106-110   2010年2月
清川 哲志, 武本 重毅, 太良 史郎
日経メディカル   38(1) 111-116   2009年1月
50代成人T細胞白血病患者に対する骨髄破壊的前処置の効果
武本重毅,日高道弘,長倉祥一,榮 達智,井上佳子,河北敏郎,松井崇浩,塚本敦子,清川哲志,河野文夫
第30回日本造血細胞移植学会総会(大阪)      2008年
成人T細胞白血病の急性転化時にみられた血清可溶性CD30濃度と可溶性IL-2受容体濃度の変化
武本重毅,鵜澤耕治,守田和樹,河北敏郎,松井崇浩,井上佳子,榮 達智,原田奈穂子,塚本敦子,長倉祥一,日高道弘,清川哲志,河野文夫
第70回日本血液学会総会(京都)      2008年
成人T細胞白血病(ATL)における微小残存病変(MRD)検査法の臨床応用についての検討
崔 日承,塚崎邦弘,鵜池直邦,河野文夫,武本重毅,山村正臣,佐分利能生,増田昌人,吉田真一郎,鈴島 仁,森内幸美,末岡榮三郎,板東橋賢太郎,城 達郎,宮原正晴,有馬直道,朝長万左男
第70回日本血液学会総会(京都)      2008年
国立病院機構熊本医療センターの国際医療協力:集団研修コース“AIDS,ATLコース”
武本重毅,河野文夫
第61回国立病院総合医学会(名古屋)      2007年11月
成人T細胞白血病の腫瘍マーカーとしてのsIL-2RとsCD30
武本重毅,守田和樹,鵜澤耕治,松井崇浩,河北敏郎,井上佳子,榮 達智,長倉祥一,塚本敦子,日高道弘,清川哲志,宮川清隆,松本恵美子,河野文夫
第69回日本血液学会・第49回日本臨床血液学会合同総会(横浜)      2007年10月
Soluble IL-2 receptor and CD30 as predictive tumor markers for complete remission or poor prognosis of adult T cell leukemia/lymphoma
Takemoto S, Morita K, Uzawa K, Sakai T, Nagakura S, Hidaka M, Kiyokawa T, Kawano F
The 13th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses (Hakone)      2007年5月
Strategy for maintenance of complete remission without allogeneic hematopoietic stem cell transplantation in adult T cell leukemia/lymphoma
Takemoto S, Sakai T, Nagakura S, Hidaka M, Kiyokawa T, Sugi K, Kawano F
The 13th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses (Hakone)      2007年5月
Factors required for long survival in adult T cell leukemia/lymphoma patients who undergo allogeneic hematopoietic stem cell transplantation
Takemoto S, Nagakura S, Hidaka M, Sakai T, Tsukamoto A, Kiyokawa T, Kawano F
The 13th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses (Hakone)      2007年
Therapeutic dendritic cells vaccine against adult T cell leukemia/lymphoma
TAKEMOTO Shigeki
International Symposium of Molecular Cell Biology of Macrophages and Dendritic cells 2006 (Tokyo)      2006年
成人T細胞白血病・リンパ腫患者腫瘍細胞の中に存在するCD30陽性細胞
武本重毅, 西岡千恵, 田口博國
第102回日本内科学会総会(大阪)      2005年
Role of soluble CD30 on development of adult T cell leukemia/lymphoma
Takemoto S, Nishioka C, Taguchi H
9th International Conference on Malignant Lymphoma (Lugano, Switzerland)      2005年
成人T細胞白血病/リンパ腫の病勢と血清中可溶性CD30値との関係
西岡千恵,武本重毅,片岡佐誉,森木利昭,田口博國
第64回日本癌学会学術総会(札幌)      2005年
ATL患者単球由来樹状細胞の特徴
武本重毅,西岡千恵,田口博國
第64回日本癌学会学術総会(札幌)      2005年
Minimal residual disease (MRD) in adult T-cell leukemia/lymphoma (ATLL) evaluated by HTLV-I proviral load and soluble IL-2 receptor level in peripheral blood
Tsukasaki K, Takemoto S, Taguchi H, Masuda M, Ikeda S, Yoshida S, Suzushima H, et al.
The American Society of Hematology 47th Annual Meeting (Atlanta)      2005年
肺におけるATL腫瘍細胞浸潤と増殖:早期治療が必要な病態
武本重毅, 窪田哲也, 田口博國
第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会(京都)      2004年
Impairment of immune response and adult T cell leukemia/lymphoma
TAKEMOTO Shigeki
Aging and Human Disease (Tuscany, Italy)      2004年
Aberrant dendritic cells from HTLV-I carriers and ATLL patients as a cause of ATLL developments
Takemoto S, Al-Dahoodi ZM, Machida H, Taguchi H
8th International Workshop on Langerhans cells (Tokyo, Japan)      2003年
Contribution of dendritic cells to the development of adult T-Cell leukemia/lymphoma?
Takemoto S, Al-Dahoodi Z, Moriki T, Daibata M, Nemoto Y, Saito T, Taguchi H
The VIIth International Symposium on Sjogrens Syndrome (Kanazawa, Japan) 2002      2002年
ヒトTリンパ球向性ウイルスI型 (HTLV-I) 感染者にみられる樹状細胞 (DC) およびT細胞の機能障害
武本重毅, 田口博國
第64回日本血液学会総会(横浜)      2002年
武本 重毅, 山口 一成
臨床とウイルス   29(5) 342-348   2001年12月
HTLV-I脳症(HAE)の臨床的特徴とその発症機序
武本重毅, 町田久典, 齊藤華子, 田口博國
第98回日本内科学会講演会(横浜)      2001年
Incipient ATTLの1症例: その発症機序
武本重毅, 森木利昭, 齊藤華子, 根本由以子, 大畑雅典, 田口博國
第63回日本血液学会総会(名古屋)      2001年
Low response to PHA, stabilization of p53 and interaction with Hodgkin-like cells: A model of tumorigenesis of lymphoma-type ATL
Takemoto S, Moriki T, Taguchi H
10th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses (Dublin, Ireland)      2001年
リンパ腫型ATLの発症機構モデル: PHAに対する低反応,p53タンパク安定化,そして樹状細胞の関与
武本重毅, 森木利昭, 大畑雅典, 根本由以子, 田口博國
第60回日本癌学会総会(横浜)      2001年
HTLV-1とリンパ増殖性疾患
炎症と免疫   8(1) 61-67   2000年
STAT5 activation downstream of the IL-4 receptor in ATLL cells
Takemoto S, Taguchi H, Casareto L, Mulloy JC, Franchini G
HTLV Molecular Biology and Pathogenesis (Warrenton, USA)      2000年
成人T細胞白血病患者細胞でみられたp53タンパクの安定化および機能障害:そのATL発症における役割
武本重毅, 田口博國, Genoveffa F
第59回日本癌学会総会(横浜)      2000年
Clonal proliferation of adult T-cell leukemia/lymphoma cells and the cellular proteins in tumorigenesis
Takemoto S, Franchini G, Taguchi H, Takatsuki K
The 13th Naito Conference on Molecular Biological Approaches for Intractable Diseases II      2000年
Human T-lymphotropic virus type 1(HTLV-1)とadult T cell leukemia/lymphoma
血液フロンティア   9(9) 11-16   1999年
Abnormal activation of STAT5 proteins upon IL-4 triggering of ATLL cells
Takemoto S, Casareto L, Mulloy JC, White JB, Waldmann T, Franchini G
9th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses (Kagoshima, Japan)      1999年
Activation of JAK/STAT pathway correlates with proliferation of adult T-cell leukemia cells
Takemoto S, Mulloy J, Migone T-S, Cereseto A, Patel B, Matsuoka M, Yamaguchi K, Takatsuki K, Leonard W, Kamihira S, Waldmann T, Franchini G
Retroviruses Meeting at Cold Spring Harbor Laboratory (Cold Spring Harbor, USA)      1997年
HTLV-I transformation in vivo is associated with constitutive activation of JAK/STAT pathway
Takemoto S, Mulloy JC, Cereseto A, Migone TS, Patel BKR, Matsuoka M, Yamaguchi K, Takatsuki K, Kamihira S, White J, Leonard WJ, Waldmann T, Franchini G
13th Annual Meeting on Oncogene (Frederick, USA)      1997年
Monoclonal proliferation of ATL cell stems from oligoclonal proliferation of HTLV-I infected cells
Takemoto S, Matsuoka M, Tamiya S, Etoh K, Yamaguchi K, Takatsuki K, Franchini G
Institute of Human Virology, 1996 Annual Meeting (Baltimore, USA)      1996年
血液疾患における高カルシウム血症
武本 重毅, 山口一成
病理と臨床   14(3) 326-330   1996年   [依頼有り]
Oligoclonal proliferation of HTLV-I infected cells in each period of intermediate state and ATL
Takemoto S, Matsuoka M, Tamiya S, Yamaguchi K, Takatsuki K
7th International Conference on Human Retrovirology: HTLV-I and Related Viruses (Paris, France)      1995年10月
武本 重毅, 松岡 雅雄, 高月 清
臨床とウイルス   23 335-342   1995年3月   [依頼有り]
武本 重毅, 山口 一成, 高月 清
臨床と微生物 = Clinical microbiology   22(1) 7-11   1995年1月   [依頼有り]
ATL細胞クローンの変化:IPCR法,サザン法による腫瘍細胞クローンの検出
武本重毅, 松岡雅雄, 田宮貞宏, 山口一成, 高月 清
第57回日本血液学会総会(名古屋)      1995年
Biclonal adult T-cell leukemia (ATL): Clinical course and DNA analysis
Takemoto S, Matsuoka M, Tamiya S, Yamaguchi K, Takatsuki K
1995 Annual Meeting Sponsorted by the Laboratory of Tumor Cell Biology (Bethesda, USA)      1995年
HTLV-I感染症の各段階におけるテロメラーゼ活性の検出
武本重毅, 松岡雅雄, 田宮貞宏, 江藤健一郎, 山口一成, 高月 清, 渡邉俊樹
第37回日本臨床血液学会総会(京都)      1995年
松岡 雅雄, 武本 重毅, 山口 一成
モレキュラ-メディシン   31(8) p898-906   1994年8月
Detection of HTLV-I provirus monoclonal integration by inverse polymerase chain reaction (IPCR) method
14. Takemoto S, Matsuoka M, Yamaguchi K, Takatsuki K
6th International Conference on Human Retrovirology: HTLV (Atlantic City, USA)      1994年
骨原発成人T細胞白血病(ATL)症例
15. 武本重毅, 松岡雅雄, 坂田研明, 松崎博充, 高月 清
第27回日本整形外科学会. 骨・軟部腫瘍学術集会(三重)      1994年

書籍等出版物

 
造血幹細胞移植の看護 改訂第2版(河野 文夫監修;日高 道弘、高尾珠江編)
武本 重毅, 田口 喜子 (担当:分担執筆, 範囲:造血幹細胞の採取と処理)
南江堂   2014年   
血液がんの標準的化学療法の実際(大野 竜三編)
武本 重毅, 田口 博國 (担当:分担執筆, 範囲:成人T細胞白血病(ATL))
エムアンドディー・ラボ   2004年   
今日の治療と看護(水島 裕,黒川 清編)
武本 重毅, 田口 博國 (担当:分担執筆, 範囲:成人T細胞白血病)
南江堂   2004年   
プラクティカル内科シリーズ 11 造血器腫瘍 白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫 (上田 龍三編)
武本 重毅, 山口 一成 (担当:分担執筆, 範囲:成人T細胞白血病(ATL), その他の類縁疾患 〔皮膚T細胞リンパ腫(CTCL), hairy cell leukemia(HCL), PLL, LGL白血病など〕)
南江堂   2001年   
インフォームド・コンセントガイダンス―血液疾患診療編―(月本 一郎編)
武本 重毅, 田口 博國
先端医学社   2001年   
血液病学の進歩―症例から研究へ―(高月 清編)
武本 重毅 (担当:分担執筆, 範囲:妊娠中にATLを発症し帝王切開にて分娩した1例―母児感染に関しての考察―)
南江堂   1996年   

講演・口頭発表等

 
Possible stimulatory immune checkpoint molecules releasing allows adult T-cell leukemia/lymphoma development
武本 重毅
The Japanese Society of Medical Oncology 2016 Annual Meeting   2016年7月29日   
成人T細胞白血病発症における肺病変と関連した可溶性CD30の血清レベル(Serum Soluble CD30 Levels associated Pulmonary Involvement in ATL Development)
武本 重毅, ポルンクナ・ラティオン
日本癌学会総会記事   2014年9月   
可溶性CD30はATLのバイオマーカー
武本 重毅
第1回ATL疾患検討会   2013年7月13日   
Combination of Mogamulizumab (KW-0761) with VCAP-AMP-VECP (mLSG15) is well tolerated and effective as an initial therapy for aggessive adult T-cell leukemia-lymphoma (ATL)
TAKEMOTO Shigeki
12th International Conference on Malignant Lymphoma   2013年6月22日   
コンケン病院・熊本医療センター国際医療協力の歩み [招待有り]
武本 重毅
第2回コンケン病院・熊本医療センター国際カンファレンス   2013年6月7日   
日本とタイの国立病院間での国際医療交流
武本 重毅
第15回日本医療マネジメント学会熊本支部学術集会   2013年3月9日   
成人T細胞白血病の治療 [招待有り]
武本 重毅
第246回徳島医学会学術集会   2013年2月3日   
国際協力に必要な医療従事者のグローバル化
武本 重毅
第19回ヘルスリサーチフォーラム   2012年11月10日   
ATL急性転化に先行する血清中の可溶性CD30(sCD30)およびsIL-2R上昇
武本 重毅
第50回日本癌治療学会学術集会   2012年10月25日   
Soluble CD30 elevation in patients with adult T-cell leukemia
武本 重毅
第71回日本癌学会学術集会   2012年9月21日   
HTLV-1キャリアからATL発症・急性転化・治療経過におけるsCD30・sIL-2R変化とその役割
武本 重毅
第5回HTLV-1研究会/シンポジウム   2012年8月26日   
武本重毅, ポルンクナ ラティオン, 西村直, 井上佳子, 榮達智, 原田奈穂子, 長倉祥一, 日高道弘, 清川哲志, 鵜澤耕治, 守田和樹, 芳賀克夫, 芳賀克夫, 河野文夫
日本癌治療学会学術集会(CD-ROM)   2012年   
ポルンクナ ラティオン, 武本重毅, 西村直, 井上佳子, 榮達智, 原田奈穂子, 塚本敦子, 長倉祥一, 日高道弘, 清川哲志, 芳賀克夫, 河野文夫
国立病院総合医学会講演抄録集   2012年   
高齢者に対する血液製剤の適正使用に関する調査の必要性 [招待有り]
武本 重毅
第46回九州地区医学検査学会   2011年10月   
ATLの臨床と基礎研究の経験から [招待有り]
武本 重毅
第9回北海道血液・腫瘍カンファレンス   2011年5月   
高齢者医療における輸血療法の果たす役割
武本 重毅
日本輸血・細胞治療学会 九州支部会 第57回総会・第78回例会   2010年12月11日   
鉄キレート剤デフェラシロクスにより定期的な輸血が不要となった当院症例
武本 重毅
日本輸血・細胞治療学会 九州支部会 第57回総会・第78回例会   2010年12月11日   
国立病院機構熊本医療センターとタイ、コンケン病院との姉妹協定締結
武本 重毅
第64回国立病院総合医学会   2010年11月   
ATL細胞の加齢と単クローン性増殖
武本 重毅
第72回日本血液学会総会   2010年9月   
高齢者悪性腫瘍治療への取り組み [招待有り]
武本 重毅
熊本がんフォーラム   2010年2月   
発熱をともなう悪性疾患について [招待有り]
武本 重毅
第225回初期治療講座「持続する発熱の診療」   2009年9月   
ATLの治療戦略 [招待有り]
武本 重毅
第5回九州血液研究会   2009年   
Effect of myeloablative stem cell transplantation on patients with remission state of adult T cell leukemia/lymphoma (ATL) a single center experience in 35 patients
Takemoto S, Hidaka M, Nagakura S, Inoue Y, Kawakita T, Matsui T, Sakai T, Tsukamoto A, Kiyokawa T, Kawano F
13th Congress of the APBMT (Taipei, Taiwan)   2008年4月   
ATLから学んだこと:ATL治療に関する私的考察 [招待有り]
武本 重毅
第6回血液腫瘍フォーラム21   2007年6月   
ATL患者に対する造血幹細胞移植療法:当院における22症例の解析結果
武本 重毅
第29回日本造血細胞移植学会総会   2007年   
見過ごし易い血液疾患の診断 [招待有り]
武本 重毅
第205回初期治療講座   2006年9月   
成人T細胞リンパ腫の化学療法 [招待有り]
武本 重毅
第8回造血器腫瘍シンポジウム   2006年3月   
Predictive factors for survival in adult T cell leukemia/lymphoma patients who undergo allogeneic hematopoietic stem cell transplantation: A single-center experience in 22 patients
Takemoto S, Nagakura S, Hidaka M, Matsuno N, Ueno N, Tsukamoto T, Sakai T, Kiyokawa T, Kawano F
The 11th Congress of the Asia Pacific Bone Marrow Transplantation (Nagoya)   2006年   
ATLに対する同種造血幹細胞移植の長期生存例から学ぶこの治療法の適用条件
武本 重毅
第68回日本血液学会総会・第48回日本臨床血液学会総会   2006年   
成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)における微小残存病変(MRD)検査法の臨床応用についての研究
武本 重毅
第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会   2005年   
ATL発症過程における樹状細胞の役割
武本重毅, アルダフディ ジャド, 西岡千恵, 田口博國, 戸井 慎, 森木利昭
第63回日本癌学会総会(福岡)   2004年   
HTLV-I感染者における樹状細胞の機能異常と造血幹細胞移植ドナー樹状細胞を用いる免疫療法の可能性
武本重毅, ジアド・アルダフディ, 町田久典, 砥谷和人, 岸本英樹, 田口博國
リンパ系樹状細胞系3学会合同学術京都大会(京都)   2004年   
HTLV-1感染者および感染ウサギ末梢血単球由来樹状細胞の機能解析:HTLV-1キャリアならびにATL患者に対する治療的ワクチン開発
武本重毅, アルダフィディ ジャド, 町田久典, 田口博國
第62回日本癌学会総会(名古屋)   2003年   
Dendritic cells as a vehicle for HTLV-I vaccine or a cause of lymphoma-type ATTL?
Takemoto S, Al-Dahoodi ZM, Taguchi H
11th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses (San Francisco, USA)   2003年   
ヒトTリンパ球向性ウイルスI型(HTLV-I)感染者末梢血単球(Mo)からの樹状細胞(DC)誘導ならびにその機能解析
武本重毅, Al-Dahoodi ZM, 片岡佐誉, 田口博國
第13回日本樹状細胞研究会(岡山)   2002年   
Unique patterns of primary cell proliferation among HTLV-I associated diseases and possibility of immunotherapy
TAKEMOTO Shigeki
VII Simposio Internacional sobre HTLV no Brasil (Belem, Brasil)   2002年   
ヒトTリンパ球向性ウイルスI型 (HTLV-I) 感染者間にみられた末梢血液単核細胞 (PBMC) 増殖反応の違い:疾患別免疫療法の可能性
武本 重毅, 田口博國
第61回日本癌学会総会(東京)   2002年   
日本におけるHTLV-1とセザリー症候群との関係 (口頭発表)
第52回日本癌学会総会   1993年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
造血器悪性腫瘍患者死亡に関わる肺病変に関する調査研究
大和証券ヘルス財団: 第41回公益財団法人大和証券ヘルス財団調査研究助成
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 武本 重毅
可溶性CD30(sCD30)を用いた成人T細胞白血病(ATL)発症および治療抵抗獲得の予知
協和メデックス: 研究助成公募 “協和メデックス第一回シーズ・コンテスト”
研究期間: 2005年4月       代表者: 武本 重毅

社会貢献活動

 
EPP 高齢者に対する健康管理 コースリーダー
【コメンテーター, 司会, 編集長, 講師, 助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆】  独立行政法人国際協力機構 九州国際センター  2016年3月7日 - 2016年4月1日
JICA(集団研修)平成27年度AIDSの予防及び対策
【司会, 講師, 助言・指導, 運営参加・支援】  国際協力機構 九州  2016年2月 - 2016年3月
Co-infection with Hepatitis Virus among People with HIV/AIDS or HTLV/ATLL
【講師】  Japan International Cooperation Agency  Seminar on Comprehensive Countermeasure for Viral Hepatitis  2015年11月10日 - 2015年11月10日
Hospital Management (D)
【講師, 助言・指導, 運営参加・支援】  Japan International Cooperation Agency  2015年7月28日 - 2015年8月23日
JICA(集団研修)平成26年度AIDSの予防及び対策
【司会, 講師, 助言・指導, 運営参加・支援】  国際協力機構 九州  2015年2月 - 2015年3月
JICAアフリカ向け第三国研修「感染症対策:病理および実験分析」、熊本医療センター研修およびスエズ運河大学医学部研修合同ワークショップ
【パネリスト, コメンテーター, 司会, 講師, 助言・指導, 企画, 運営参加・支援】  エジプト・アラブ共和国、カイロ、保健省、国立肝臓・熱帯医学研究所、国立輸血センター、カイロ小児病院  2014年10月12日 - 2014年10月23日
タイ国コンケンからの熊本大学大学院生の学位(医学博士)取得を指導
【講師, 助言・指導, 報告書執筆】  2010年 - 2014年
JICAアフリカ向け第三国研修「感染症対策:病理および実験分析」在外技術研修講師業務、専門家
【講師】  エジプト・アラブ共和国、イスマイリア、スエズ運河大学医学部  18th Group Training Course for African Countries  2013年12月7日 - 2013年12月12日
JICA(集団研修)平成24年度第3回次の10年に向けてのAIDSの予防及び対策(A)コースリーダー
【司会, 講師, 助言・指導, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆】  国際協力機構  2013年11月18日 - 2013年12月5日
Co-infection with Hepatitis Virus among People with HIV/AIDS or HTLV/ATLL
【講師】  Japan International Cooperation Agency  Seminar on Control of Viral Hepatitis - Epidemiology, Prevention and Treatment  2013年10月1日 - 2013年10月1日
International Cooperation between KMC and KKH
【出演, コメンテーター, 司会, 取材協力, 編集, 講師, 助言・指導, 情報提供, 企画, 実演, 報告書執筆】  国立病院機構熊本医療センター  2nd KKH-KMC International Conference  2013年6月6日 - 2013年6月15日
タイ国コンケン病院へのベッド寄贈
【助言・指導, 企画, 運営参加・支援, 実演, 報告書執筆】  国立病院機構熊本医療センター  熊本日日新聞の平成25年3月5日朝刊に掲載  2013年3月2日 - 2013年3月29日
JICA(集団研修)平成24年度第2回次の10年に向けてのAIDSの予防及び対策(A)コースリーダー
【司会, 講師, 助言・指導, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆】  国際協力機構  2013年2月18日 - 2013年3月17日
ブラジルでのJICA研修フォローアップ
【コメンテーター, 司会, 講師, 助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆】  Japan International Cooperation Agency  Prevention and Control Measure of AIDS: What Should We Do for the Next Decade?  2013年1月28日 - 2013年2月2日
International Medical Cooperation between Khon Kaen Hospital and Kumamoto Medical Center 2012
【コメンテーター, 助言・指導, 情報提供, 企画, 報告書執筆】  Khon Kaen Regional Hospital  The 1st International Conference  2012年12月13日 - 2012年12月19日
Co-infection with Hepatitis Virus among People with HIV/AIDS or HTLV/ATLL
【講師】  Japan International Cooperation Agency  Seminar on Control of Viral Hepatitis - Epidemiology, Prevention and Treatment  2012年9月5日 - 2012年9月5日
JICA(集団研修)平成23年度第1回次の10年に向けてのAIDSの予防及び対策(A)コースリーダー
【司会, 講師, 助言・指導, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆】  国際協力機構  2012年2月20日 - 2012年3月18日
International Cooperation between KMC and KKH
【編集, 助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 実演, 報告書執筆】  国立病院機構熊本医療センター  2012年2月13日 - 2012年2月19日
JICAアフリカ向け第三国研修「感染症免疫分析」在外技術研修講師業務 専門家
【パネリスト, 講師】  エジプト・アラブ共和国、ファイユーム、ファイユーム大学  The 16th International Course for Clinical Immunology of Infectious  2011年9月20日 - 2011年9月27日
JICA(集団研修)平成22年度第3回AIDSの予防及び対策(A)コースリーダー
【司会, 講師, 助言・指導, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆】  国際協力機構  2011年2月21日 - 2011年3月20日
コンケン病院との姉妹協定に基づくプロジェクト
【司会, 編集, 助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆】  国立病院機構熊本医療センター  2010年11月13日 - 2010年11月18日
タイ国コンケン病院との姉妹協定に基づく共同プロジェクト
【講師, 助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援, 報告書執筆】  コンケン病院  2010年3月21日 - 2010年3月23日
JICA(集団研修)平成21年度第2回AIDSの予防及び対策(A)コースリーダー
【司会, 講師, 助言・指導, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆】  国際協力機構  2010年2月22日 - 2010年3月21日
熊本医療センターとタイ国コンケン病院の姉妹協定締結
【司会, 編集, 助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 実演, 報告書執筆】  国立病院機構熊本医療センター  熊本県、熊本市表敬訪問  2009年11月14日 - 2009年11月17日
タイ国コンケン病院との姉妹協定準備
【調査担当, 報告書執筆】  コンケン病院  2009年8月30日 - 2009年9月3日
JICA(集団研修)平成20年度第1回AIDSの予防及び対策(B)コースリーダー
【司会, 講師, 助言・指導, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆】  国際協力機構  2009年2月16日 - 2009年3月15日
JICA(集団研修)平成20年度第1回AIDSの予防及び対策(A)コースリーダー
【司会, 講師, 助言・指導, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆】  国際協力機構  2008年7月14日 - 2008年8月10日
JICAアフリカ向け第三国研修「感染症免疫分析と総合的品質管理」技術協力の実施に係る在外技術研修講師業務、専門家
【講師】  国際協力機構  エジプト・アラブ共和国、イスマイリア、スエズ運河大学医学部  2006年12月2日 - 2006年12月9日
パレスチナのガザからの高知大学大学院留学生を指導
【助言・指導】  2002年 - 2004年
ラトビア共和国からの研究生の研究を高知大学大学院で指導
【助言・指導】  2003年