CHO Tomoaki

J-GLOBAL         Last updated: Feb 18, 2019 at 16:16
 
Avatar
Name
CHO Tomoaki
Affiliation
Takushoku University
Section
Faculty of Political Science and Economics
Research funding number
20555073

Research Areas

 
 

Misc

 
長 友昭
政治・経済・法律研究 = Politics, economics and law   20(2) 119-141   Mar 2018
近時話題となっている所有者不明土地問題については,従来から土地の処理の現場に関わる,各種団体や行政機関の問題の把握が主となっていたが,最近は,それらの委員会の専門委員などとして民法,行政法,憲法学者が招かれ,法制的議論が進められるようになってきた。ここでの議論を委員の研究成果や議事録の分析,会議の傍聴により追いかけて,その方向性を把握した。すなわち,今後の新制度の指針となるものとして,農業経営基盤強化促進法における利用権の設定が挙げられることから,この利用権の運用実務とその問題点を検討し,...
長 友昭
大東ロージャーナル = Daito law journal   (14) 85-102   Mar 2018
Cho Tomoaki
法政理論   50(2) 92-121   Feb 2018
長 友昭
比較法学   49(3) 199-209   2016
長 友昭
政治・経済・法律研究   18(1) 197-208   Sep 2015
文 元春, 王 成, 亓 培氷, 張 愛軍, 瀬川 信久, 小口 彦太, 但見 亮, 長 友昭, 長 友昭
早稲田法学 = The Waseda law review   92(3) 377-439   2017
亀岡 鉱平, 長 友昭, 三木 敦朗
農業法研究   (53) 130-155   2018
長 友昭
Politics, economics and law   13(2) 83-90   Mar 2011
久米 一世, 亀岡 鉱平, 長 友昭
農業法研究   (50) 164-180   2015
亀岡 鉱平, 長 友昭
農業法研究   (52) 126-148   2017
長 友昭
Politics, economics and law   13(2) 91-102   Mar 2011
亀岡 鉱平, 長 友昭, 久米 一世
農業法研究   (49) 143-156   2014
長 友昭
早稲田法学 = The Waseda law review   92(3) 1-38   2017
久米 一世, 亀岡 鉱平, 長 友昭
農業法研究   (46) 125-145   2011
久米 一世, 亀岡 鉱平, 長 友昭
農業法研究   (48) 141-164   2013
亀岡 鉱平, 長 友昭
農業法研究   (51) 148-171   2016
長 友昭
Politics, economics and law   13(1) 117-138   Dec 2010
長 友昭
政治・経済・法律研究   14(2) 127-151   Mar 2012

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: 2011 - 2011    Investigator(s): TOMOAKI CHO
In China, it is diffecult to understanding the rural land law system, because there are old and new laws and policy. The Rural Land Exchange Market was established at ChongChing. trading Land Quota. This Land Quota is not clear to understanding le...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2009 - 2011    Investigator(s): Shinichi OKUDA
We should research the rights of forest in China systematically. This is becoming very academically important things. Further, to study this problem from a multidisciplinary perspective is needed in practice. The purpose of this research is to und...