基本情報

所属
京都芸術大学 非常勤講師
ニューヨーク市立大学 大学院センター 音楽学部 客員研究員
日本学術振興会 海外特別研究員(ニューヨーク市立大学)
学位
修士 (人間・環境学)
博士 (人間・環境学)(2021年3月 京都大学大学院)

連絡先
ruis.hara113gmail.com
研究者番号
20991277
J-GLOBAL ID
201801020129397593
researchmap会員ID
B000289763

 

人類学を専攻し、その歴史や参与観察をめぐる方法論について学んだのち、宮城県仙台市の「せんだいメディアテーク」の開館10周年記念事業「いま、バリアとはなにか」を主な対象とした1年間のフィールドワークを行い、都市における文化振興の在り方について調査しました。フィールドワークを通じて様々なジャンルの現代芸術家の創作に触れるなかで制作/理論に強い関心を抱いたことから、その後、京都大学大学院にて、とくに現代音楽にフォーカスした研究を行い、武満徹のピアノ音楽についてグローバルとローカルが交差する日本固有の文脈のなかで分析する著書を刊行しています。専門は歴史的音楽学ですが現代美術、映画、文学、思想等の諸領域の交差する横断的実践に関心があります。目下の研究課題は、日本における音楽の「ミニマリズム」の多様な展開を、他ジャンルの実践や同時代の様々な文化・社会的事象と関連付けながら検証することです。

また、2021年より現代の作曲家の創作を広く伝えることを目的としたコレクティブ「スタイル&アイデア:作曲考」を運営し、作曲論の蒐集や聞き取り、演奏会の制作などに従事しています。現在は、こうした作曲家との関わり/協働作業を音楽社会学や人類学、マネジメントの観点から分析することにも取り組んでいます。


担当経験のある科目(授業)

  8

書籍等出版物

  2

論文

  8

MISC

  15

講演・口頭発表等

  18

共同研究・競争的資金等の研究課題

  5

Works(作品等)

  2

学術貢献活動

  3

社会貢献活動

  3

委員歴

  2