共同研究・競争的資金等の研究課題

2012年4月 - 2016年3月

タイにおける異文化の受容と変容 ―13世紀から18世紀の対外交易品を中心として―

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)
  • 原田 あゆみ
  • ,
  • 小泉 惠英
  • ,
  • 末兼 俊彦
  • ,
  • 藤田 励夫

課題番号
24401020
配分額
(総額)
18,720,000円
(直接経費)
14,400,000円
(間接経費)
4,320,000円

本研究は、タイ内外地域間の結びつきを示すモノ、思想をできるだけ具体的にしていくことで、相互の関係をより明確に示すことを目指した。
交易品の調査研究では、これまで見過ごされていた文化財の正しい評価を行い活用に寄与することができた。特にタイにおける日本刀の受容のあり方と展開について明らかにした。また仏教美術においては仏教説話の受容と展開に着目した。スリランカの蔵外仏典から影響を受け、タイで流布したプラ・マーライ説話は、他地域に比べ弥勒菩薩が重要な役割を果たしている。弥勒菩薩の図像の特徴と諸要素を明らかにし、弥勒信仰の背景を探った。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-24401020/24401020seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 24401020