MISC

2020年7月

冠攣縮性狭心症と多価不飽和脂肪酸の関係における性差

心臓
  • 秋岡 秀文
  • ,
  • 油布 邦夫
  • ,
  • 原田 泰輔
  • ,
  • 米津 圭佑
  • ,
  • 安部 一太郎
  • ,
  • 齋藤 聖多郎
  • ,
  • 福井 暁
  • ,
  • 岡田 憲広
  • ,
  • 篠原 徹二
  • ,
  • 手嶋 泰之
  • ,
  • 中川 幹子
  • ,
  • 高橋 尚彦

52
7
開始ページ
706
終了ページ
714
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(公財)日本心臓財団

背景:スタチン製剤にエイコサペンタエン酸を追加投与することで冠動脈イベントを抑制することがJELIS研究で実証されている。冠攣縮性狭心症(CSA)と多価不飽和脂肪酸の関係については明らかになっていない。今回我々はCSAと多価不飽和脂肪酸における性差の影響について検討した。方法:2011年6月から2018年8月の期間にCSAの有無の評価のためにエルゴノビン負荷試験(Ergonovine Tolerance Test;ETT)を施行した312人の患者を対象とした。ETTを性別ごとに陽性群、陰性群の2群に分け、CSAと多価不飽和脂肪酸の関係について検討を行った。結果:対象患者においてETT陽性群48名(女性14人、平均65±13歳)、陰性群264人(女性129人、平均66±14歳)であった。女性においてアラキドン酸はETT陰性群よりもETT陽性群で有意に高かった(183±41vs.214±32μg/mL、p<0.05)。男性においてドコサヘキサエン酸はETT陰性群よりもETT陽性群で有意に高かった(129±40vs.152±60μg/mL、p<0.01)。結論:本研究結果から、多価不飽和脂肪酸が冠攣縮の発症に影響を与える可能性があり、また多価不飽和脂肪酸とCSAとの関係に性差があることが示唆された。(著者抄録)

リンク情報
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00679&link_issn=&doc_id=20200721210008&doc_link_id=130008065376&url=https%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130008065376&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00679&link_issn=&doc_id=20200721210008&doc_link_id=%2Fah2sinzd%2F2020%2F005207%2F011%2F0706-0714%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fah2sinzd%2F2020%2F005207%2F011%2F0706-0714%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00679&link_issn=&doc_id=20200721210008&doc_link_id=10.11281%2Fshinzo.52.706&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11281%2Fshinzo.52.706&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00679&link_issn=&doc_id=20200721210008&doc_link_id=20200721210009&url=http%3A%2F%2Fsearch.jamas.or.jp%2Flink%2Fbc%2F20200721210009&type=jamaslink&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F99999_1.gif
ID情報
  • ISSN : 0586-4488
  • eISSN : 2186-3016
  • 医中誌Web ID : 2020311540

エクスポート
BibTeX RIS