Hiroyuki Arai

J-GLOBAL         Last updated: May 21, 2019 at 15:51
 
Avatar
Name
Hiroyuki Arai

Published Papers

 
Takahashi K, Yanai S, Takisawa S, Kono N, Arai H, Nishida Y, Yokota T, Endo S, Ishigami A
Archives of biochemistry and biophysics   663 120-128   Mar 2019   [Refereed]
Mizukami T, Ikeda K, Shimanaka Y, Korogi K, Zhou C, Takase H, Tsuiji H, Kono N, Kohno T, Arai H, Arita M, Hattori M
Biochemical and biophysical research communications   505(1) 81-86   Oct 2018   [Refereed]
Ogawa E, Mukai K, Saito K, Arai H, Taguchi T
Biochemical and biophysical research communications   503(1) 138-145   Sep 2018   [Refereed]
Hansen AL, Buchan GJ, Rühl M, Mukai K, Salvatore SR, Ogawa E, Andersen SD, Iversen MB, Thielke AL, Gunderstofte C, Motwani M, Møller CT, Jakobsen AS, Fitzgerald KA, Roos J, Lin R, Maier TJ, Goldbach-Mansky R, Miner CA, Qian W, Miner JJ, Rigby RE, Rehwinkel J, Jakobsen MR, Arai H, Taguchi T, Schopfer FJ, Olagnier D, Holm CK
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   115(33) E7768-E7775   Aug 2018   [Refereed]
Kono N, Arai H
Biochimica et biophysica acta. Molecular and cell biology of lipids   1864(6) 922-931   Jul 2018   [Refereed]
Takahashi S, Kagami Y, Hanaoka K, Terai T, Komatsu T, Ueno T, Uchiyama M, Koyama-Honda I, Mizushima N, Taguchi T, Arai H, Nagano T, Urano Y
Journal of the American Chemical Society   140(18) 5925-5933   May 2018   [Refereed]
Yamamoto T, Endo J, Kataoka M, Matsuhashi T, Katsumata Y, Shirakawa K, Yoshida N, Isobe S, Moriyama H, Goto S, Yamashita K, Nakanishi H, Shimanaka Y, Kono N, Shinmura K, Arai H, Fukuda K, Sano M
PloS one   13(12) e0208396   2018   [Refereed]
Matsudaira T, Mukai K, Noguchi T, Hasegawa J, Hatta T, Iemura SI, Natsume T, Miyamura N, Nishina H, Nakayama J, Semba K, Tomita T, Murata S, Arai H, Taguchi T
Nature communications   8(1) 1246   Nov 2017   [Refereed]
Shimanaka Y, Kono N, Taketomi Y, Arita M, Okayama Y, Tanaka Y, Nishito Y, Mochizuki T, Kusuhara H, Adibekian A, Cravatt BF, Murakami M, Arai H
Nature medicine   23(11) 1287-1297   Nov 2017   [Refereed]
Takahashi M, Mohan P, Mukai K, Takeda Y, Matsumoto T, Matsumura K, Takakura M, Arai H, Taguchi T, Maenosono S
ACS omega   2(8) 4929-4937   Aug 2017   [Refereed]
Hashimoto M, Hossain S, Al Mamun A, Matsuzaki K, Arai H
Critical reviews in biotechnology   37(5) 579-597   Aug 2017   [Refereed]
Tomioka M, Toda Y, Mañucat NB, Akatsu H, Fukumoto M, Kono N, Arai H, Kioka N, Ueda K
Biochimica et biophysica acta. Molecular and cell biology of lipids   1862(7) 658-665   Jul 2017   [Refereed]
Nishimura T, Tamura N, Kono N, Shimanaka Y, Arai H, Yamamoto H, Mizushima N
The EMBO journal   36(12) 1719-1735   Jun 2017   [Refereed]
Takahashi K, Takisawa S, Shimokado K, Kono N, Arai H, Ishigami A
European journal of nutrition   56(3) 1317-1327   Apr 2017   [Refereed]
Bone LN, Dayam RM, Lee M, Kono N, Fairn GD, Arai H, Botelho RJ, Antonescu CN
Molecular biology of the cell   28(1) 161-172   Jan 2017   [Refereed]
Ishii T, Funato Y, Hashizume O, Yamazaki D, Hirata Y, Nishiwaki K, Kono N, Arai H, Miki H
PLoS genetics   12(8) e1006276   Aug 2016   [Refereed]
Mukai K, Konno H, Akiba T, Uemura T, Waguri S, Kobayashi T, Barber GN, Arai H, Taguchi T
Nature communications   7 11932   Jun 2016   [Refereed]
Imae R, Dejima K, Kage-Nakadai E, Arai H, Mitani S
Scientific reports   6 28198   Jun 2016   [Refereed]
Akagi S, Kono N, Ariyama H, Shindou H, Shimizu T, Arai H
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   30(5) 2027-2039   May 2016   [Refereed]
Morita J, Kano K, Kato K, Takita H, Sakagami H, Yamamoto Y, Mihara E, Ueda H, Sato T, Tokuyama H, Arai H, Asou H, Takagi J, Ishitani R, Nishimasu H, Nureki O, Aoki J
Scientific reports   6 20995   Feb 2016   [Refereed]
Sakayori N, Kikkawa T, Tokuda H, Kiryu E, Yoshizaki K, Kawashima H, Yamada T, Arai H, Kang JX, Katagiri H, Shibata H, Innis SM, Arita M, Osumi N
Stem cells (Dayton, Ohio)   34(2) 470-482   Feb 2016   [Refereed]
Morley S, Thakur V, Danielpour D, Parker R, Arai H, Atkinson J, Barnholtz-Sloan J, Klein E, Manor D
The Journal of biological chemistry   290(43) 25848   Oct 2015   [Refereed]
Nakato M, Matsuo M, Kono N, Arita M, Arai H, Ogawa J, Kioka N, Ueda K
Journal of lipid research   56(10) 1880-1890   Oct 2015   [Refereed]
Morita M, Sekine A, Urano Y, Nishimura T, Takabe W, Arai H, Hamakubo T, Kodama T, Noguchi N
Journal of biochemistry   158(4) 331-338   Oct 2015   [Refereed]
Matsudaira T, Niki T, Taguchi T, Arai H
Journal of cell science   128(16) 3131-3142   Aug 2015   [Refereed]
Uyama T, Kawai K, Kono N, Watanabe M, Tsuboi K, Inoue T, Araki N, Arai H, Ueda N
The Journal of biological chemistry   290(28) 17520-17534   Jul 2015   [Refereed]
Kunisawa J, Arita M, Hayasaka T, Harada T, Iwamoto R, Nagasawa R, Shikata S, Nagatake T, Suzuki H, Hashimoto E, Kurashima Y, Suzuki Y, Arai H, Setou M, Kiyono H
Scientific reports   5 9750   Jun 2015   [Refereed]
Zhao Y, Ishigami M, Nagao K, Hanada K, Kono N, Arai H, Matsuo M, Kioka N, Ueda K
Journal of lipid research   56(3) 644-652   Mar 2015   [Refereed]
Lee S, Uchida Y, Wang J, Matsudaira T, Nakagawa T, Kishimoto T, Mukai K, Inaba T, Kobayashi T, Molday RS, Taguchi T, Arai H
The EMBO journal   34(5) 669-688   Mar 2015   [Refereed]
Makino A, Abe M, Murate M, Inaba T, Yilmaz N, Hullin-Matsuda F, Kishimoto T, Schieber NL, Taguchi T, Arai H, Anderluh G, Parton RG, Kobayashi T
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   29(2) 477-493   Feb 2015   [Refereed]
Kono N, Arai H
Traffic (Copenhagen, Denmark)   16(1) 19-34   Jan 2015   [Refereed]
Hattori M, Arai H
The Enzymes   38 23-36   2015   [Refereed]
Lee S, Taguchi T, Arai H
Channels (Austin, Tex.)   9(4) 166-168   2015   [Refereed]
Yokokura Y, Isobe Y, Matsueda S, Iwamoto R, Goto T, Yoshioka T, Urabe D, Inoue M, Arai H, Arita M
Journal of biochemistry   156(6) 315-321   Dec 2014   [Refereed]
Tani Y, Isobe Y, Imoto Y, Segi-Nishida E, Sugimoto Y, Arai H, Arita M
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   28(9) 4036-4043   Sep 2014   [Refereed]
Ogasawara Y, Itakura E, Kono N, Mizushima N, Arai H, Nara A, Mizukami T, Yamamoto A
The Journal of biological chemistry   289(34) 23938-23950   Aug 2014   [Refereed]
Endo J, Sano M, Isobe Y, Fukuda K, Kang JX, Arai H, Arita M
The Journal of experimental medicine   211(8) 1673-1687   Jul 2014   [Refereed]
[Regulation of the vitamin E level in the body by alpha-TTP, alpha-tocopherol-specific transfer protein].
Kono N, Arai H
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   86(2) 232-241   Apr 2014   [Refereed]
Maekawa M, Terasaka S, Mochizuki Y, Kawai K, Ikeda Y, Araki N, Skolnik EY, Taguchi T, Arai H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   111(11) E978-87   Mar 2014   [Refereed]
Kubota T, Arita M, Isobe Y, Iwamoto R, Goto T, Yoshioka T, Urabe D, Inoue M, Arai H
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   28(2) 586-593   Feb 2014   [Refereed]
Udagawa O, Ito C, Ogonuki N, Sato H, Lee S, Tripvanuntakul P, Ichi I, Uchida Y, Nishimura T, Murakami M, Ogura A, Inoue T, Toshimori K, Arai H
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   19(1) 13-27   Jan 2014   [Refereed]
Ichi I, Kono N, Arita Y, Haga S, Arisawa K, Yamano M, Nagase M, Fujiwara Y, Arai H
Biochimica et biophysica acta   1841(1) 204-213   Jan 2014   [Refereed]
Egami Y, Taguchi T, Maekawa M, Arai H, Araki N
Frontiers in physiology   5 374   2014   [Refereed]
Taguchi A, Kawana K, Tomio K, Yamashita A, Isobe Y, Nagasaka K, Koga K, Inoue T, Nishida H, Kojima S, Adachi K, Matsumoto Y, Arimoto T, Wada-Hiraike O, Oda K, Kang JX, Arai H, Arita M, Osuga Y, Fujii T
PloS one   9(2) e89605   2014   [Refereed]
Yamashita A, Kawana K, Tomio K, Taguchi A, Isobe Y, Iwamoto R, Masuda K, Furuya H, Nagamatsu T, Nagasaka K, Arimoto T, Oda K, Wada-Hiraike O, Yamashita T, Taketani Y, Kang JX, Kozuma S, Arai H, Arita M, Osuga Y, Fujii T
Scientific reports   3 3113   Nov 2013   [Refereed]
Nishimura T, Uchida Y, Yachi R, Kudlyk T, Lupashin V, Inoue T, Taguchi T, Arai H
Molecular biology of the cell   24(22) 3534-3544   Nov 2013   [Refereed]
Shen H, Eguchi K, Kono N, Fujiu K, Matsumoto S, Shibata M, Oishi-Tanaka Y, Komuro I, Arai H, Nagai R, Manabe I
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   33(11) 2596-2607   Nov 2013   [Refereed]
Kishino S, Takeuchi M, Park SB, Hirata A, Kitamura N, Kunisawa J, Kiyono H, Iwamoto R, Isobe Y, Arita M, Arai H, Ueda K, Shima J, Takahashi S, Yokozeki K, Shimizu S, Ogawa J
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   110(44) 17808-17813   Oct 2013   [Refereed]
Kitai Y, Ariyama H, Kono N, Oikawa D, Iwawaki T, Arai H
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   18(9) 798-809   Sep 2013   [Refereed]
Miki Y, Yamamoto K, Taketomi Y, Sato H, Shimo K, Kobayashi T, Ishikawa Y, Ishii T, Nakanishi H, Ikeda K, Taguchi R, Kabashima K, Arita M, Arai H, Lambeau G, Bollinger JM, Hara S, Gelb MH, Murakami M
The Journal of experimental medicine   210(6) 1217-1234   Jun 2013   [Refereed]
Kono N, Ohto U, Hiramatsu T, Urabe M, Uchida Y, Satow Y, Arai H
Science (New York, N.Y.)   340(6136) 1106-1110   May 2013   [Refereed]
Ohba Y, Sakuragi T, Kage-Nakadai E, Tomioka NH, Kono N, Imae R, Inoue A, Aoki J, Ishihara N, Inoue T, Mitani S, Arai H
The EMBO journal   32(9) 1265-1279   May 2013   [Refereed]
Hirata Y, Yamamori N, Kono N, Lee HC, Inoue T, Arai H
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   18(5) 397-409   May 2013   [Refereed]
Morita M, Kuba K, Ichikawa A, Nakayama M, Katahira J, Iwamoto R, Watanebe T, Sakabe S, Daidoji T, Nakamura S, Kadowaki A, Ohto T, Nakanishi H, Taguchi R, Nakaya T, Murakami M, Yoneda Y, Arai H, Kawaoka Y, Penninger JM, Arita M, Imai Y
Cell   153(1) 112-125   Mar 2013   [Refereed]
Tomio K, Kawana K, Taguchi A, Isobe Y, Iwamoto R, Yamashita A, Kojima S, Mori M, Nagamatsu T, Arimoto T, Oda K, Osuga Y, Taketani Y, Kang JX, Arai H, Arita M, Kozuma S, Fujii T
PloS one   8(9) e73085   2013   [Refereed]
Matsudaira T, Uchida Y, Tanabe K, Kon S, Watanabe T, Taguchi T, Arai H
PloS one   8(7) e69145   2013   [Refereed]
Lee HC, Inoue T, Sasaki J, Kubo T, Matsuda S, Nakasaki Y, Hattori M, Tanaka F, Udagawa O, Kono N, Itoh T, Ogiso H, Taguchi R, Arita M, Sasaki T, Arai H
Molecular biology of the cell   23(24) 4689-4700   Dec 2012   [Refereed]
Liu X, Ye B, Miller S, Yuan H, Zhang H, Tian L, Nie J, Imae R, Arai H, Li Y, Cheng Z, Shi Y
Molecular and cellular biology   32(21) 4493-4504   Nov 2012   [Refereed]
[Emerging roles of intracellular phosphatidylserine (PS) in membrane traffic].
Taguchi T, Arai H
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   84(10) 844-848   Oct 2012   [Refereed]
Inoue A, Ishiguro J, Kitamura H, Arima N, Okutani M, Shuto A, Higashiyama S, Ohwada T, Arai H, Makide K, Aoki J
Nature methods   9(10) 1021-1029   Oct 2012   [Refereed]
Lee HC, Kubo T, Kono N, Kage-Nakadai E, Gengyo-Ando K, Mitani S, Inoue T, Arai H
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   17(9) 748-757   Sep 2012   [Refereed]
Lee S, Uchida Y, Emoto K, Umeda M, Kuge O, Taguchi T, Arai H
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   17(8) 728-736   Aug 2012   [Refereed]
Yachi R, Uchida Y, Balakrishna BH, Anderluh G, Kobayashi T, Taguchi T, Arai H
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   17(8) 720-727   Aug 2012   [Refereed]
Eguchi K, Manabe I, Oishi-Tanaka Y, Ohsugi M, Kono N, Ogata F, Yagi N, Ohto U, Kimoto M, Miyake K, Tobe K, Arai H, Kadowaki T, Nagai R
Cell metabolism   15(4) 518-533   Apr 2012   [Refereed]
Fujita K, Iwasaki M, Ochi H, Fukuda T, Ma C, Miyamoto T, Takitani K, Negishi-Koga T, Sunamura S, Kodama T, Takayanagi H, Tamai H, Kato S, Arai H, Shinomiya K, Itoh H, Okawa A, Takeda S
Nature medicine   18(4) 589-594   Mar 2012   [Refereed]
Isobe Y, Arita M, Matsueda S, Iwamoto R, Fujihara T, Nakanishi H, Taguchi R, Masuda K, Sasaki K, Urabe D, Inoue M, Arai H
The Journal of biological chemistry   287(13) 10525-10534   Mar 2012   [Refereed]
Imae R, Inoue T, Nakasaki Y, Uchida Y, Ohba Y, Kono N, Nakanishi H, Sasaki T, Mitani S, Arai H
Journal of lipid research   53(3) 335-347   Mar 2012   [Refereed]
Okazaki S, Kato R, Uchida Y, Taguchi T, Arai H, Wakatsuki S
Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography   68(Pt 2) 117-123   Feb 2012   [Refereed]
Sakamoto T, Inoue T, Otomo Y, Yokomori N, Ohno M, Arai H, Nakagawa Y
The Journal of biological chemistry   287(7) 4590-4601   Feb 2012   [Refereed]
Shichiri M, Kono N, Shimanaka Y, Tanito M, Rotzoll DE, Yoshida Y, Hagihara Y, Tamai H, Arai H
The Journal of biological chemistry   287(4) 2926-2934   Jan 2012   [Refereed]
Uyama T, Ichi I, Kono N, Inoue A, Tsuboi K, Jin XH, Araki N, Aoki J, Arai H, Ueda N
The Journal of biological chemistry   287(4) 2706-2718   Jan 2012   [Refereed]
Yukiura H, Hama K, Nakanaga K, Tanaka M, Asaoka Y, Okudaira S, Arima N, Inoue A, Hashimoto T, Arai H, Kawahara A, Nishina H, Aoki J
The Journal of biological chemistry   286(51) 43972-43983   Dec 2011   [Refereed]
Nakazawa Y, Takagi S, Sato S, Oh-hara T, Koike S, Takami M, Arai H, Fujita N
Cancer science   102(11) 2051-2057   Nov 2011   [Refereed]
Uchida Y, Hasegawa J, Chinnapen D, Inoue T, Okazaki S, Kato R, Wakatsuki S, Misaki R, Koike M, Uchiyama Y, Iemura S, Natsume T, Kuwahara R, Nakagawa T, Nishikawa K, Mukai K, Miyoshi E, Taniguchi N, Sheff D, Lencer WI, Taguchi T, Arai H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   108(38) 15846-15851   Sep 2011   [Refereed]
Inoue A, Arima N, Ishiguro J, Prestwich GD, Arai H, Aoki J
The EMBO journal   30(20) 4248-4260   Aug 2011   [Refereed]
[The metabolism of glycerophospholipid and its regulation in mammalian cells].
Kono N, Inoue T, Arai H
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   83(6) 462-474   Jun 2011   [Refereed]
Sasaki K, Urabe D, Arai H, Arita M, Inoue M
Chemistry, an Asian journal   6(2) 534-543   Feb 2011   [Refereed]
Nakazawa Y, Arai H, Fujita N
Cancer research   71(3) 1146-1155   Feb 2011   [Refereed]
Yamada T, Tani Y, Nakanishi H, Taguchi R, Arita M, Arai H
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   25(2) 561-568   Feb 2011   [Refereed]
Nakayama M, Sato H, Okuda T, Fujisawa N, Kono N, Arai H, Suzuki E, Umeda M, Ishikawa HO, Matsuno K
PloS one   6(8) e22984   2011   [Refereed]
Morley S, Thakur V, Danielpour D, Parker R, Arai H, Atkinson J, Barnholtz-Sloan J, Klein E, Manor D
The Journal of biological chemistry   285(46) 35578-35589   Nov 2010   [Refereed]
Ohuchi H, Fukui H, Matsuyo A, Tomonari S, Tanaka M, Arai H, Noji S, Aoki J
Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   239(10) 2647-2658   Oct 2010   [Refereed]
Imae R, Inoue T, Kimura M, Kanamori T, Tomioka NH, Kage-Nakadai E, Mitani S, Arai H
Molecular biology of the cell   21(18) 3114-3124   Sep 2010   [Refereed]
Takahashi K, Sasabe N, Ohshima K, Kitazato K, Kato R, Masuda Y, Tsurumaki M, Obama T, Okudaira S, Aoki J, Arai H, Yamaguchi T, Itabe H
Journal of lipid research   51(9) 2571-2580   Sep 2010   [Refereed]
Kobuna H, Inoue T, Shibata M, Gengyo-Ando K, Yamamoto A, Mitani S, Arai H
PLoS genetics   6(8)    Aug 2010   [Refereed]
Nakamura K, Igarashi K, Ohkawa R, Saiki N, Nagasaki M, Uno K, Hayashi N, Sawada T, Syukuya K, Yokota H, Arai H, Ikeda H, Aoki J, Yatomi Y
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   411(15-16) 1090-1094   Aug 2010   [Refereed]
Ariyama H, Kono N, Matsuda S, Inoue T, Arai H
The Journal of biological chemistry   285(29) 22027-22035   Jul 2010   [Refereed]
Shichiri M, Takanezawa Y, Rotzoll DE, Yoshida Y, Kokubu T, Ueda K, Tamai H, Arai H
The Journal of nutritional biochemistry   21(5) 451-456   May 2010   [Refereed]
Herbas MS, Ueta YY, Ichikawa C, Chiba M, Ishibashi K, Shichiri M, Fukumoto S, Yokoyama N, Takeya M, Xuan X, Arai H, Suzuki H
Malaria journal   9 101   Apr 2010   [Refereed]
Nakamura A, Naito M, Arai H, Fujita N
Biochemical and biophysical research communications   393(4) 872-876   Mar 2010   [Refereed]
Shibata M, Yoshimura K, Tamura H, Ueno T, Nishimura T, Inoue T, Sasaki M, Koike M, Arai H, Kominami E, Uchiyama Y
Biochemical and biophysical research communications   393(2) 274-279   Mar 2010   [Refereed]
Kage-Nakadai E, Kobuna H, Kimura M, Gengyo-Ando K, Inoue T, Arai H, Mitani S
PloS one   5(1) e8857   Jan 2010   [Refereed]
Seki H, Fukunaga K, Arita M, Arai H, Nakanishi H, Taguchi R, Miyasho T, Takamiya R, Asano K, Ishizaka A, Takeda J, Levy BD
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   184(2) 836-843   Jan 2010   [Refereed]
Herbas MS, Okazaki M, Terao E, Xuan X, Arai H, Suzuki H
The American journal of clinical nutrition   91(1) 200-207   Jan 2010   [Refereed]
Yoshida Y, Itoh N, Hayakawa M, Habuchi Y, Saito Y, Tsukamoto Y, Cynshi O, Jishage K, Arai H, Niki E
The Journal of nutritional biochemistry   21(1) 66-76   Jan 2010   [Refereed]
Livnat I, Finkelshtein D, Ghosh I, Arai H, Reiner O
Frontiers in cellular neuroscience   4    2010   [Refereed]
Nakamura A, Arai H, Fujita N
The Journal of cell biology   187(5) 607-614   Nov 2009   [Refereed]
Herbas MS, Thekisoe OM, Inoue N, Xuan X, Arai H, Suzuki H
Free radical biology & medicine   47(10) 1408-1413   Nov 2009   [Refereed]
Iwashita M, Makide K, Nonomura T, Misumi Y, Otani Y, Ishida M, Taguchi R, Tsujimoto M, Aoki J, Arai H, Ohwada T
Journal of medicinal chemistry   52(19) 5837-5863   Oct 2009   [Refereed]

Misc

 
【オルガネラのバイオロジー最前線】 脂質により特徴付けられるオルガネラ機能
田口 友彦, 向井 康治朗, 新井 洋由
細胞   50(8) 428-431   Jul 2018
我々の体を構成している真核細胞は、遺伝情報をコードするDNAを保持する核、タンパク質を合成する小胞体、細胞外から取り込んだ物質を栄養源へと異化するリソソーム、ATP産生を行うミトコンドリアなど、多種多様な機能を有するオルガネラを持っている。これらオルガネラは膜に囲まれることで、細胞質と異なる独自の内部環境を有している構造体である。この水溶性分子を透過させないバリアとしての膜の性質に加えて、オルガネラ膜は様々な細胞内シグナル伝達の場としても機能していることが最近になり明らかになってきた。その...
生体膜脂質と生活習慣病との関わり
新井 洋由
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   50回 127-127   Jun 2018
【脂質クオリティ 生命機能と健康を支える脂質の多様性】 (第2章)リポクオリティの違いを生み出し識別する機構 細胞内オルガネラ機能のリポクオリティ制御
向井 康治朗, 新井 洋由, 田口 友彦
実験医学   36(10) 1652-1658   Jun 2018
近年、生体膜を構成するリン脂質/リン脂質環境(リポクオリティ)が細胞内のシグナル伝達において重要な役割を果たすことが明らかにされ、注目を浴びている。本稿ではToll-like receptor 4(TLR4)とSTINGという自然免疫シグナル分子をとりあげ、個々のオルガネラのリポクオリティの違いが利用されて、そのシグナル活性が制御されている例を紹介する。さらに、今後、オルガネラリポクオリティの機能を解析するうえで重要な技術になると期待される、筆者らが最近報告した膜リン脂質近傍タンパク質同定...
【生理活性脂質とアレルギー炎症】 エポキシ化ω3脂肪酸によるマスト細胞活性化の制御
嶋中 雄太, 河野 望, 新井 洋由
臨床免疫・アレルギー科   69(6) 583-588   Jun 2018
精巣内の精子特異的に存在するリン脂質分子種の生理機能の解析
赤木 聡介, 河野 望, 嶋中 雄太, 新井 洋由
脂質生化学研究   60 147-149   May 2018
生体膜リン脂質は親水性の極性頭部と疎水性の脂肪酸で構成されており、生体内には千種類以上ものリン脂質分子種が存在している。このような多様なリン脂質によって形成される生体膜環境は、膜タンパク質の活性調節等を通じて様々な細胞機能に影響を及ぼすことが知られている。近年、生体内では組織・病態によってリン脂質組成が異なることが徐々に明らかとなりつつあるが、その組成の違いの形成機構及び生理的意義はほとんど不明である。そこで我々は、生体内に存在する新規生理活性リン脂質の探索、及び機能解明を試みた。我々はL...
ホスファチジルイノシトールの特徴的脂肪酸鎖の異常による脂肪肝発症機構の解析
田中 悠貴, 嶋中 雄太, 河野 望, 新井 洋由
脂質生化学研究   60 87-88   May 2018
生体膜を構成するリン脂質の一つであるホスファチジルイノシトール(PI)は、他のリン脂質と異なり、sn-1位にステアリン酸(18:0)を、sn-2位にアラキドン酸(AA、20:4 n-6)を有する分子種が圧倒的に多い。当研究室では、PIにAAを選択的に導入する酵素LPIAT1を同定し、LPIAT1欠損マウスを用いた解析から、PIの脂肪酸組成が胎生期における脳の形態形成に重要な役割を果たしていることを明らかにしてきた。近年、GWAS解析によりヒトにおけるLPIAT1発現低下が非アルコール性脂肪...
細胞内II型PAFアセチルハイドロラーゼによる新規脂肪酸メディエーター産生機構
嶋中 雄太, 河野 望, 武富 芳隆, 村上 誠, 新井 洋由
脂質生化学研究   60 37-38   May 2018
細胞内II型PAFアセチルハイドロラーゼ(PAF-AH2)は細胞内ホスホリパーゼA2の一種であり、酵母から哺乳動物まで進化的に広く保存されている。本酵素は、通常生体膜に存在するリン脂質には分解活性を示さないものの、酸化脂肪酸や短鎖脂肪酸がsn-2位に結合したリン脂質は効率良く加水分解できるユニークな性質を持つ。これまでに我々は、PAF-AH2がマスト細胞に高発現し、PAF-AH2欠損マウスではマスト細胞のIgE/抗原依存的な脱顆粒反応が減弱することを見出した。我々はPAF-AH2によるマス...
飽和脂肪酸含有リン脂質による炎症応答の誘導
大木 悠佑, 神田 麻優香, 嶋中 雄太, 河野 望, 新井 洋由
日本薬学会年会要旨集   138年会(3) 66-66   Mar 2018
オルガネラ研究の最前線-細胞応答を司るオルガネラ・ゾーンの発見と創薬への展開- 自然免疫受容体STING活性化におけるゴルジ体膜ゾーンの役割
新井 洋由, 向井 康治朗, 田口 友彦
日本薬学会年会要旨集   138年会(1) 316-316   Mar 2018
レドックストキシコロジーの最前線:活性分子種が制御する細胞死 活性酸化脂質分子を介した新規細胞死の分子メカニズム
松岡 正城, 新井 洋由, 今井 浩孝
日本薬学会年会要旨集   138年会(1) 312-312   Mar 2018
細胞質DNA応答分子STINGの遺伝性変異に起因する炎症応答恒常活性化機構の解析
小川 笑満里, 向井 康治朗, 田口 友彦, 新井 洋由
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [4P2T24-08(3P   Dec 2017
ホスファチジルセリン脱炭酸酵素を用いた細胞質側ホスファチジルセリン消去系の開発
向井 康治朗, 松平 竜之, 新井 洋由, 田口 友彦
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [4P2T19-01(3P   Dec 2017
細胞毒性を激減させた変異Equinatoxin-IIの創出とスフィンゴミエリンプローブとしての生細胞への応用
仁木 隆裕, 牧野 麻美, 小林 俊秀, 田口 友彦, 新井 洋由
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [4LT17-08(3P   Dec 2017
脂質膜が活躍する生命現象を探究する 周辺ビオチン化酵素を用いたリン脂質近傍タンパク質の新規同定法
田口 友彦, 新井 洋由
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [3AW27-6]   Dec 2017
熱ストレス及び高度不飽和脂肪酸欠乏により活性化するMAPK経路の上流因子の探索
塩野 稔輝, 山守 なつみ, 河野 望, 八代田 英樹, 三谷 昌平, 新井 洋由
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [2LBA-026]   Dec 2017
膜脂質変化と熱ストレスによって活性化するMAPキナーゼ経路の上流因子の探索
丸井 將平, 辻 智子, 河野 望, 末廣 勇司, 三谷 昌平, 新井 洋由
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [2P-0497]   Dec 2017
高度不飽和脂肪酸欠損細胞の作製とその表現型解析
石野 雄己, 齊藤 友理, 向井 康治朗, 田口 友彦, 新井 洋由
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [1LBA-007]   Dec 2017
エンドソーム膜のホスファチジルセリンを介したYAPの活性化機構の解明
松平 竜之, 向井 康治朗, 野口 大心, 長谷川 純矢, 八田 知久, 家村 俊一郎, 夏目 徹, 宮村 憲央, 仁科 博史, 中山 淳, 仙波 憲太郎, 冨田 拓哉, 村田 茂穂, 新井 洋由, 田口 友彦
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [1P-0321]   Dec 2017
リーリンが神経細胞の脂質組成に与える影響の解明
興梠 勝成, 水上 智晴, 周 春雨, 河野 孝夫, 山崎 文義, 椛嶋 克哉, 嶋中 雄太, 池田 和貴, 新井 洋由, 有田 誠, 瀬藤 光利, 服部 光治
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [1P-0095]   Dec 2017
DPPIは精子細胞に特異的に存在するリン脂質である
赤木 聡介, 河野 望, 嶋中 雄太, 新井 洋由
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [1P-0088]   Dec 2017
ホスファチジルイノシトールのsn-1位の脂肪酸組成は上皮細胞のアピカルジャンクション形成に重要である
今江 理恵子, 三谷 昌平, 新井 洋由
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [1P-0076]   Dec 2017
飽和脂肪酸含有リン脂質による炎症応答の誘導
大木 悠佑, 神田 麻優香, 嶋中 雄太, 河野 望, 新井 洋由
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [1PT26-13(2P   Dec 2017
脂質を動かす、脂質が動かす〜ここまでわかった細胞膜脂質研究〜 生体膜リン脂質脂肪酸鎖の形成機構と生物学的意義
新井 洋由
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [1AS22-3]   Dec 2017
磁性-プラズモンハイブリッドナノ粒子を用いたオートファゴソームの磁気分離
高橋 麻里, プリヤンク・モハン, 向井 康治朗, 武田 裕一, 松本 多圭夫, 松村 和明, 高倉 正博, 新井 洋由, 田口 友彦, 前之園 信也
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   39回 209-209   Nov 2017
【ここまで明らかになったω3脂肪酸】 生体膜中の脂肪酸が生み出す多彩な生理機能
河野 望, 新井 洋由
ビタミン   91(9) 563-568   Sep 2017
生体膜リン脂質の脂肪酸鎖の形成機構、リン脂質脂肪酸鎖の生理的・病理的役割、生体膜リン脂質脂肪酸鎖と脂肪毒性について概説した。リン脂質アシルトランスフェラーゼの多くは基質が複数存在しており、どのリン脂質分子種の変化が、どのようにその欠損マウスの表現型を引き起こしているのかを明らかにするのは難しい場合が多くある。最近、リン脂質アシルトランスフェラーゼの遺伝子操作に加えて、リン脂質分子を直接細胞に導入するなど、リン脂質脂肪酸鎖を操作する技術、リン脂質脂肪酸を可視化する技術なども発展してきている。...
動物細胞にとって高度不飽和脂肪酸はなぜ必要か?
新井 洋由
ビタミン   91(9) 576-576   Sep 2017
細胞毒性を軽減した改変Equinatoxin-IIの創出と生細胞への応用
仁木 隆裕, 牧野 麻美, 小林 俊秀, 田口 友彦, 新井 洋由
脂質生化学研究   59 96-97   Jun 2017
脂肪酸組成感受性膜タンパク質の同定
河野 望, 北井 祐人, 嶋中 雄太, 白江 伸一郎, 木村 真子, 井上 貴雄, 三谷 昌平, 新井 洋由
脂質生化学研究   59 93-95   Jun 2017
生体膜リン脂質には飽和脂肪酸から高度不飽和脂肪酸(Polyunsaturated fatty acid:PUFA)まで様々な脂肪酸が結合しており、多様な分子種から構成される。膜リン脂質の脂肪酸組成は生体膜の適切な機能発現に重要であり、生体膜脂肪酸組成変化は膜タンパク質の機能、局在性、安定性などに影響すると考えられている。しかし、実際にどのような膜タンパク質が膜脂肪酸組成により影響を受けるのかについては十分に明らかとなっていない。線虫C.elegansは飽和脂肪酸からPUFAを合成でき、その...
高度不飽和脂肪酸(PUFA)欠損培養細胞の作製
齊藤 友理, 石野 雄己, 向井 康治朗, 田口 友彦, 新井 洋由
脂質生化学研究   59 91-92   Jun 2017
非対称分裂におけるホスファチジルイノシトールのsn-1位の脂肪酸組成の役割
今江 理恵子, 三谷 昌平, 新井 洋由
日本細胞生物学会大会講演要旨集   69回 131-131   May 2017
細胞質DNAセンサーSTINGの変異に起因する炎症応答恒常活性化機構の解析
小川 笑満里, 植松 黎, 秋葉 達也, 向井 康治朗, 新井 洋由, 田口 友彦
日本細胞生物学会大会講演要旨集   69回 45-45   May 2017
異物と戦うオルガネラ・細胞内輸送 先天免疫関連分子STINGの膜輸送による活性制御
田口 友彦, 向井 康治朗, 新井 洋由
日本細胞生物学会大会講演要旨集   69回 12-12   May 2017
PHGPx欠損による細胞死とフェロトーシスとの違い
松岡 正城, 甘 天如, 小林 祈, 新井 洋由, 今井 浩孝
日本薬学会年会要旨集   137年会(3) 102-102   Mar 2017
高度不飽和脂肪酸欠損培養細胞の作製
齊藤 友理, 石野 雄己, 向井 康治朗, 田口 友彦, 新井 洋由
日本薬学会年会要旨集   137年会(3) 56-56   Mar 2017
細胞内II型PAFアセチルハイドロラーゼの高脂肪食負荷時の肝臓における機能解析
田中 悠貴, 嶋中 雄太, 河野 望, 新井 洋由
日本薬学会年会要旨集   137年会(3) 55-55   Mar 2017
【生命のダイナミズムを支える細胞二重膜の多様性】 生体膜を構成するリン脂質の特徴
新井 洋由
遺伝: 生物の科学   71(2) 140-142   Mar 2017
高度不飽和脂肪酸欠乏および熱ストレスにより活性化される新規MAPキナーゼ経路の解析
山守 なつみ, 河野 望, 今江 理恵子, 三谷 昌平, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [3P-027]   Sep 2016
小胞体膜ストレス応答分子IRE1のXBP1非依存的な膜飽和化ストレス応答機構
大場 陽介, 粟飯原 弘樹, 河野 望, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [3P-023]   Sep 2016
脂質酸化依存的新規細胞死メカニズムの解析
松岡 正城, 小林 祈, 新井 洋由, 今井 浩孝
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [3P-015]   Sep 2016
リサイクリングエンドソームにおけるホスファチジルセリンフリッパーゼATP8A1のリン酸化による制御
菅原 小莉, 李 尚憲, 田口 友彦, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [3T13-07(3P   Sep 2016
evectin-2はNedd4 family E3 ligasesのRE局在を制御する
野口 大心, 松平 竜之, 家村 俊一郎, 夏目 徹, 田口 友彦, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [3T13-06(3P   Sep 2016
高度不飽和脂肪酸(PUFA)欠損培養細胞の作製
齊藤 友理, 石野 雄己, 田口 友彦, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [3T09-05(2P   Sep 2016
ホスファチジルイノシトール特異的脂肪酸転移酵素LPIAT1の成体マウスにおける生理機能解析
徳丸 陽介, 今江 理恵子, 久保 卓也, 毛 艶麗, 河野 望, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [2P-086]   Sep 2016
epsinRの線虫相同分子RSD-3は全身の細胞においてサイレンシングRNAの細胞内取り込みに関与する
今江 理恵子, 出嶋 克史, 中台 枝里子, 新井 洋由, 三谷 昌平
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [2P-225]   Sep 2016
EpsinRはコレラ毒素のリサイクリングエンドソームからゴルジ体への逆行性輸送を制御する
仁木 隆裕, 松平 竜之, 田口 友彦, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [2P-221]   Sep 2016
飽和脂肪酸毒性に対する防御機構におけるSREBP経路の意義
菅原 礼, 中村 将吾, 河野 望, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [2P-105]   Sep 2016
飽和脂肪酸含有リン脂質による炎症応答の誘導
栗原 大輔, 神田 麻優香, 北井 佑人, 河野 望, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [2P-087]   Sep 2016
熱ストレスと膜脂肪酸組成変化によって活性化する新規MAPキナーゼ経路の上流因子の探索
辻 智子, 山守 なつみ, 河野 望, 今江 理恵子, 三谷 昌平, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [2P-041]   Sep 2016
細胞質DNA応答分子STINGの活性化にはゴルジ体の脂質環境が重要である
菊 史佳, 向井 康治朗, 田口 友彦, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [2T13-06(2P   Sep 2016
細胞質DNAセンサーSTINGの遺伝性変異に起因する炎症応答恒常活性化機構の解析
秋葉 達也, 植松 黎, 向井 康治朗, 田口 友彦, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [2T16-01(1P   Sep 2016
細胞質DNAに応答する分子STINGはゴルジ体でパルミトイル化されて活性化する
向井 康治朗, 田口 友彦, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [1P-369]   Sep 2016
酸化リン脂質選択的ホスホリパーゼを介したマスト細胞活性化制御機構の解明
嶋中 雄太, 河野 望, 武富 芳隆, 有田 誠, 村上 誠, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [1T09-03(1P   Sep 2016
【脂質ワールド】 種を越えた脂質の働き 線虫を用いた脂質研究
今江 理恵子, 河野 望, 新井 洋由
生体の科学   67(3) 252-257   Jun 2016
細胞質DNAに応答する分子STINGはゴルジ体で活性化し炎症応答を誘導する
向井 康治朗, 田口 友彦, 新井 洋由
日本細胞生物学会大会講演要旨集   68回 72-72   May 2016
リサイクリングエンドソームにおけるホスファチジルセリンフリッパーゼATP8A1のリン酸化による制御
菅原 小莉, 李 尚憲, 田口 友彦, 新井 洋由
日本細胞生物学会大会講演要旨集   68回 59-59   May 2016
evectin-2はNedd4 family E3 ligasesのRE局在を制御する
野口 大心, 松平 竜之, 長谷川 純矢, 家村 俊一郎, 夏目 徹, 田口 友彦, 新井 洋由
日本細胞生物学会大会講演要旨集   68回 59-59   May 2016
細胞質DNAに応答する分子STINGはゴルジ体で活性化し炎症応答を誘導する
向井 康治朗, 田口 友彦, 新井 洋由
脂質生化学研究   58 223-223   May 2016
高度不飽和脂肪酸負荷に対する細胞応答とその生理的意義の解析
赤木 聡介, 河野 望, 有山 博之, 進藤 英雄, 清水 孝雄, 新井 洋由
脂質生化学研究   58 221-222   May 2016
生体膜リン脂質の脂肪酸鎖にはパルミチン酸のような飽和脂肪酸から、高度不飽和脂肪酸(PUFA)まで様々な脂肪酸が結合している。それらによって形成される生体膜の脂肪酸鎖環境は、膜タンパク質の活性調節や、膜輸送、脂質マイクロドメインを介した細胞内シグナル伝達など、様々な細胞機能に関わっている。一方で、膜リン脂質の脂肪酸組成は食餌などの外来の脂肪酸により常に影響を受けており、それに対して生体は脂肪酸組成を適切に調節し、脂肪酸鎖の飽和/不飽和バランスを維持する機構が存在すると考えられている。例えば、...
生体膜脂肪酸鎖の飽和/不飽和度の恒常性維持機構
新井 洋由
脂質生化学研究   58 2-2   May 2016
ゲノム多型解析に基づく2型糖尿病リスク分析・予防サービスによる健康指導効果の検証
升田 紫, 矢作 直也, 武内 謙憲, 會田 雄一, 朴 賢英, 村山 友樹, 和田 亘弘, 李 恩旭, 沢田 義一, 戸谷 直樹, 志鎌 明人, 西 真貴子, 久保田 みどり, 泉田 欣彦, 中村 健一郎, 田村 祐子, 岸 暁子, 上村 夕香理, 益子 友恵, 水野 由子, 前田 士郎, 新井 洋由, 門脇 孝, 山崎 力, 徳渕 慎一郎
糖尿病   59(Suppl.1) S-370   Apr 2016
網羅的shRNAライブラリースクリーニングによる脂質酸化依存的新規細胞死の実行因子の探索
今井 浩孝, 松川 ふみ, 新井 洋由, 松岡 正城
ビタミン   90(4) 230-230   Apr 2016
先導的薬剤師養成に向けた実践的アドバンスト教育プログラムの共同開発 長期課題研究及びアドバンスト教育プログラムを中心とした取り組みとその成果
波多野 力, 富岡 佳久, 三田 智文, 平澤 典保, 佐藤 博, 新井 洋由, 草間 真紀子, 山本 武人, 竹内 靖雄, 上原 孝, 名倉 弘哲
日本薬学会年会要旨集   136年会(1) 214-214   Mar 2016
生体膜脂質の代謝・機能に関する薬学的研究
新井 洋由
日本薬学会年会要旨集   136年会(1) 42-42   Mar 2016
ホスファチジルセリンの非対称性分布の意義とそのメカニズム
田口 友彦, 新井 洋由
臨床免疫・アレルギー科   65(3) 248-254   Mar 2016
嶋中 雄太, 河野 望, 武富 芳隆, 村上 誠, 新井 洋由
ビタミン   90(2) 86-87   Feb 2016
野口 範子, 新井 洋由
ビタミン   90(2) 85-86   Feb 2016
新井 洋由
ビタミン   90(1) 31-34   Jan 2016
リピオドミクスから見えてきた脂質の新機能 基礎から臨床まで 細胞内シグナリングの統合の場としてのオルガネラ膜脂質の機能
新井 洋由, 田口 友彦
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [4S4-4]   Dec 2015
高度不飽和脂肪酸による小胞体ストレス応答を介した細胞死
赤木 聡介, 河野 望, 有山 博之, 新井 洋由
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [3P0297]-[3P0297]   Dec 2015
ホスファチジルイノシトール(PI)へのアラキドン酸導入酵素(LPIAT1)の成体マウスにおける生理機能解析
徳丸 陽介, Mao Yanli, 今江 理恵子, 久保 卓也, 河野 望, 新井 洋由
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [3P0292]-[3P0292]   Dec 2015
IRE1の活性化依存的に結合・解離するIRE1結合タンパク質の同定
北井 祐人, 河野 望, 岩脇 隆夫, 鈴木 健裕, 堂前 直, 新井 洋由
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [3P0240]-[3P0240]   Dec 2015
生体分子ホモキラリティーのパラダイムシフト D-アミノ酸研究の新展開 D-アミノ酸による線虫の寿命制御
齋藤 康昭, 宮本 哲也, 関根 正恵, 片根 真澄, 坂本 太郎, 今井 浩孝, 新井 洋由, 本間 浩
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [3W5-6]   Dec 2015
SREBP経路を介した飽和脂肪酸毒性の防御機構
菅原 礼, 中村 将吾, 河野 望, 新井 洋由
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [2P0360]-[2P0360]   Dec 2015
膜脂質変化と熱ストレスによって活性化するMAPキナーゼ経路の解析
辻 智子, 山守 なつみ, 河野 望, 三谷 昌平, 新井 洋由
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [2P0244]-[2P0244]   Dec 2015
小胞体ストレス応答分子IRE1を介した膜脂肪酸ストレス応答機構の解明
大場 陽介, 河野 望, 新井 洋由
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [2P0241]-[2P0241]   Dec 2015
生体膜ダイナミクスと脂質 細胞質分裂、極性形成、スフィンゴ脂質蓄積症におけるスフィンゴミエリンの不均一な膜分布の可視化
牧野 麻美, 阿部 充宏, 村手 源英, 稲葉 岳彦, Neval Yilmaz, Hullin-Matsuda Francoise, 岸本 拓磨, 田口 友彦, 新井 洋由, 小林 俊秀
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [2W11-p   Dec 2015
ホスファチジルセリン(PS)の非対称分布を感知する新規PSプローブ
菅原 小莉, 李 尚憲, 田口 友彦, 新井 洋由
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [1LBA011]-[1LBA011]   Dec 2015
コレラ毒素のリサイクリングエンドソームからゴルジ体への輸送はクラスリン、AP-1によって制御される
仁木 隆裕, 松平 竜之, 田口 友彦, 新井 洋由
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [1LBA004]-[1LBA004]   Dec 2015
PLAAT-3はPex19pを介してペルオキシソーム含量を制御する
宇山 徹, 渡邊 政博, 川合 克久, 河野 望, 坪井 一人, 荒木 伸一, 新井 洋由, 上田 夏生
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [1T特p-09(1P0312)]   Dec 2015
細胞内型ホスホリパーゼA1ノックアウトマウスの痙性対麻痺症状の解析
丸山 智広, 河野 望, 原 央子, 馬場 崇, 岡野 ジェイムス洋尚, 新井 洋由, 谷 佳津子
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [1T特p-05(1P0308)]   Dec 2015
【代謝疾患とメタボローム】 リン脂質脂肪酸鎖メタボロームと代謝疾患
大場 陽介, 河野 望, 新井 洋由
内分泌・糖尿病・代謝内科   41(5) 341-346   Nov 2015
【脂質疾患学 なぜ"あぶら"の異常が病気を引き起こすのか?その質的量的変化と肥満、がん、不妊症、免疫・皮膚・神経疾患】 (第1章)生体における脂質機能とその最新像 膜リン脂質の非対称性が制御する細胞内膜輸送
李 尚憲, 田口 友彦, 新井 洋由
実験医学   33(15) 2384-2390   Sep 2015
細胞の脂質二重膜におけるリン脂質は、二層間で非対称に分布している。リン脂質の非対称分布の形成には、フリッパーゼとよばれる酵素が関与していることがわかっている。近年、酵母においてフリッパーゼが細胞内膜輸送を制御していることが示されてきている。さらに今年になり、哺乳動物細胞においてもフリッパーゼによる細胞内膜輸送の制御が明らかにされた。本稿では、フリッパーゼが制御する膜リン脂質の非対称分布が、細胞内膜輸送に関与するメカニズムおよびその意義について、フリッパーゼ関連遺伝病の知見も織り交ぜながら概...
【代謝シグナルとしての脂質】 飽和脂肪酸による小胞体ストレス応答の活性化
河野 望, 新井 洋由
BIO Clinica   30(9) 843-847   Aug 2015
小胞体ストレス応答は、小胞体の恒常性維持に重要な生体応答である。一方、その過度な活性化はアポトーシスや炎症シグナルを惹起し、様々な病態に関わる。近年、代謝性疾患において、小胞体ストレス応答が活性化していることが示され、インスリン抵抗性やβ細胞障害の原因の一つとして捉えられている。また代謝性疾患における小胞体ストレス活性化の分子機構として、飽和脂肪酸による小胞体ストレス応答の活性化が示唆されている。最近、飽和脂肪酸による小胞体ストレス応答の活性化に"膜脂質の飽和化"が関わることが明らかとなっ...
【代謝シグナルとしての脂質】 総論 代謝性疾患と生理活性脂質
新井 洋由
BIO Clinica   30(9) 836-837   Aug 2015
上田 夏生, 宇山 徹, 渡邊 政博, 坪井 一人, 川合 克久, 荒木 伸一, 河野 望, 新井 洋由
ビタミン   89(7) 363-364   Jul 2015
網羅的shRNAライブラリーを用いた脂質酸化依存的な新規細胞死実行因子の探索
松岡 正城, 松川 ふみ, 小林 祈, 新井 洋由, 今井 浩孝
脂質生化学研究   57 273-274   May 2015
我々は、これまでにグルタチオン依存的にリン脂質ヒドロペルオキシドを直接還元するリン脂質ヒドロペルオキシドグルタチオンペルオキシダーゼ(PHGPx)の欠損による細胞死が、脂質酸化を介するカスパーゼ非依存性の新規細胞死であることを見出している。一方で、抗がん剤による鉄依存的な脂質酸化が起因となる新規細胞死(フェロトーシス)が報告され、PHGPxがフェロトーシスの制御因子であることが報告された。しかし、このフェロトーシスの細胞死メカニズムについては、明らかになっていない。そこで、本研究では、脂質...
小胞体ストレス応答分子IRE1を介した膜脂肪酸ストレス応答機構
大場 陽介, 河野 望, 新井 洋由
脂質生化学研究   57 271-272   May 2015
好酸球の脂質メディエーターによる炎症収束促進機構の解明
磯部 洋輔, 谷 友香子, 植松 黎, 新井 洋由, 有田 誠
脂質生化学研究   57 266-268   May 2015
炎症反応は、生体の恒常性を維持する上で必須の生体応答である。一方で、一度誘発された炎症は適切に収束することが重要であり、この機構の破綻が慢性炎症や組織損傷の一因であると考えられている。我々はこれまでに、ザイモサン誘導マウス腹膜炎モデルを用いた解析から、炎症の収束期に好酸球が炎症部位へ集積し、炎症収束を促進することを見出した。さらに、好酸球に高発現する脂肪酸代謝酵素12/15-リポキシゲナーゼ(12/15-LOX)がこの過程に必要である可能性を示唆してきたが、その下流のメカニズムは不明であっ...
ホスファチジルセリンフリッパーゼによるリサイクリングエンドソームを介した細胞内膜輸送の制御
李 尚憲, 内田 安則, 田口 友彦, 新井 洋由
脂質生化学研究   57 187-188   May 2015
ホスファチジルセリン(PS)は、細胞膜の他にリサイクリングエンドソーム(REs)という細胞内小器官に豊富に存在することが分かっている。細胞膜におけるPSの機能はよく知られているが、REsにおけるPSの機能は不明な点が多い。細胞膜において、PSは脂質二重膜間で非対称に分布しており、その非対称性分布はフリッパーゼという酵素によって形成されていると考えられている。本研究では、REsに局在するフリッパーゼを探索した。その結果、フリッパーゼファミリー分子の1つATP8A1がCOS-1細胞においてRE...
PLA/AT-3によるペルオキシソーム形成の制御にはPex19pが関与する
宇山 徹, 渡邊 政博, 川合 克久, 河野 望, 坪井 一人, 荒木 伸一, 新井 洋由, 上田 夏生
脂質生化学研究   57 122-125   May 2015
Phospholipase A/acyltransferase-3(PLA/AT-3)はH-rev107、AdPLA等とも呼ばれ、ホスホリパーゼA1/A2活性を示す。最近、我々は、PLA/AT-3をHEK293細胞で安定発現させると、ペルオキシソームが特異的に消失することを見出した。ペルオキシソームの形成にはペルオキシン(Pex)と呼ばれるタンパク質群が関与しており、中でもPex19pはペルオキシソーム膜タンパク質の細胞内輸送に関わるシャペロン分子として、ペルオキシソーム膜形成に必須の分子...
マウスの臓器、血漿におけるビタミンEの加齢変化
高橋 経太, 下門 顕太郎, 河野 望, 新井 洋由, 石神 昭人
日本老年医学会雑誌   52(Suppl.) 163-163   May 2015
マウスの臓器、血漿におけるビタミンEの加齢変化
高橋 経太, 下門 顕太郎, 河野 望, 新井 洋由, 石神 昭人
基礎老化研究   39(2) 62-62   May 2015
LRATに相同性を示す酵素PLA/AT-3によるペルオキシソーム形成の制御
宇山 徹, 渡邊 政博, 川合 克久, 河野 望, 坪井 一人, 荒木 伸一, 新井 洋由, 上田 夏生
ビタミン   89(4) 265-265   Apr 2015
マウス臓器、血漿中のα-トコフェロール量及び肝臓α-トコフェロール輸送タンパク質の加齢変化
高橋 経太, 下門 顕太郎, 河野 望, 新井 洋由, 石神 昭人
ビタミン   89(4) 236-236   Apr 2015
線虫の寿命におけるD-アスパラギン酸オキシダーゼの機能解析
齋藤 康昭, 奥津 茉莉, 中野 俊哉, 宮本 哲也, 関根 正恵, 片根 真澄, 坂本 太郎, 今井 浩孝, 新井 洋由, 本間 浩
日本薬学会年会要旨集   135年会(3) 171-171   Mar 2015
リサイクリングエンドソームに局在するクラスリン分子の機能
仁木 隆裕, 松平 竜之, 田口 友彦, 新井 洋由
日本薬学会年会要旨集   135年会(3) 62-62   Mar 2015
ホスファチジルセリンフリッパーゼは膜切断タンパク質EHD1のリサイクリングエンドソームへのリクルートを介して細胞内輸送を制御する
李 尚憲, 内田 安則, Wang Jiao, Molday Robert, 田口 友彦, 新井 洋由
日本薬学会年会要旨集   135年会(3) 62-62   Mar 2015
化合物ライブラリーによるPHGPx欠損MEF細胞死のメカニズムの解明
松岡 正城, 松川 ふみ, 原田 晋作, 新井 洋由, 今井 浩孝
日本薬学会年会要旨集   135年会(3) 53-53   Mar 2015
先導的薬剤師養成に向けた実践的アドバンスト教育プログラムの共同開発 長期課題研究・アドバンスト教育プログラム及び最先端創薬研究プログラム
草間 真紀子, 新井 洋由, 三田 智文, 波多野 力, 竹内 靖雄, 上原 孝, 名倉 弘哲, 富岡 佳久
日本薬学会年会要旨集   135年会(1) 231-231   Mar 2015
小胞体ストレス応答分子IRE1を介した新規膜ストレス応答経路
大場 陽介, 河野 望, 田中 陸人, 三谷 昌平, 新井 洋由
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   87回 [2P-310]   Oct 2014