正田悠

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/07 13:39
 
アバター
研究者氏名
正田悠
 
ショウダ ハルカ
URL
http://harukashoda.com/
所属
立命館大学
部署
総合科学技術研究機構
職名
専門研究員
学位
博士(文学)(北海道大学)
その他の所属
立命館大学スポーツ健康科学部
科研費研究者番号
00724361

プロフィール

立命館大学スポーツ健康科学部に所属しながら
「音楽演奏家が聴衆を前にして、最高の演奏を成し遂げるためには?」
という研究を行っています。

学歴

 
2004年4月
 - 
2008年3月
大阪大学 人間科学部 学士課程
 
2008年4月
 - 
2010年3月
北海道大学大学院 文学研究科 人間システム科学専攻 修士課程
 
2010年4月
 - 
2013年3月
北海道大学 大学院文学研究科 人間システム科学専攻 博士後期課程
 

経歴

 
2010年4月
 - 
2013年3月
日本学術振興会特別研究員(DC1)
 
2013年4月
 - 
2016年3月
日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2013年10月
 - 
2014年3月
王立音楽大学(英国) 演奏科学センター ポスドク研究員
 
2014年10月
 - 
2017年3月
同志社大学 文化情報学部 嘱託講師
 
2016年4月
 - 
2017年3月
立命館グローバル・イノベーション研究機構 専門研究員
 
2017年4月
 - 
現在
立命館大学 総合科学技術研究機構 専門研究員
 
2017年10月
 - 
現在
立命館大学 スポーツ健康科学部 嘱託講師
 

論文

 
生演奏による聴取がヴァイオリン演奏の評価に及ぼす影響:全体評定と連続評定
正田悠・阪田真己子・Williamon, A.
音楽知覚認知研究   accepted    2017年   [査読有り]
ダンス経験のない教員がダンスを教えるために:指導不安の定量化
山口莉奈・正田悠・鈴木紀子・阪田真己子
認知科学   24(1) 141-145   2017年3月
二次元情動空間による顔と声のクロスモーダル知覚の探究
正田悠・新田晴・鈴木紀子・岸本和香・阪田真己子
ヒューマンインタフェース学会論文誌   18(4) 339-352   2016年   [査読有り]
ダンス経験のない教員がダンスを教えるために:指導不安の定量化
山口莉奈・正田悠・鈴木紀子・阪田真己子
日本認知科学会第33回大会発表論文集   670-675   2016年9月
課題達成型共同作業におけるマルチモーダルインタラクション:マシュマロ・チャレンジを例として
鈴木紀子・正田悠・伊藤紀子・稲田香織・阪田真己子
電子情報通信学会技術研究報告   116(185) 25-28   2016年8月
演奏を聴く身体:生演奏と録音聴取における鑑賞者の身体運動の比較
正田悠・阪田真己子・Aaron Williamon
日本音響学会音楽音響研究会資料   MA2016(17) 19-24   2016年8月
Yamaguchi, R., Shoda, H., Suzuki, N., & Sakata, M.
Lecture Notes in Computer Science   9735 511-517   2016年7月   [査読有り]
Suzuki, N., Shoda, H., Sakata, M., & Inada, K.
Lecture Notes in Computer Science   9735 81-89   2016年7月   [査読有り]
Shoda, H. Nishimoto,K., Suzuki, N., Sakata,M., & Ito, N.
Lecture Notes in Computer Science   9735 336-345   2016年7月   [査読有り]
日本人母語話者との初対面インタラクションにおける中国人非母語話者の会話方略
廖振・王ヒョウセイ・正田悠・阪田真己子
電子情報通信学会技術研究報告   116(31) 17-22   2016年5月
Shoda, H., Adachi, M.
Psychomusicology: Music, Mind, and Brain   26(2) 167-178   2016年6月   [査読有り]
Shoda, H., Adachi, M., & Umeda, T.
PLoS ONE   11(4) e0154322.   2016年4月   [査読有り]
演奏する身体:ヴァイオリニストの身体動作の定量的分析
正田悠・阪田真己子
第28回音楽の科学研究会抄録集   4-8   2015年11月   [招待有り]
音楽演奏における観客効果: 演奏者の心拍,不安および第三者評価の分析.
正田悠, 阪田真己子, Williamon, A.
日本認知科学会第32回大会発表論文集   101-107   2015年9月   [査読有り]
三者間の共同創作における言語・非言語行動の分析?作品の独創性への影響
鈴木紀子・正田悠・西本光志・阪田真己子・伊藤紀子
日本認知科学会第32回大会発表論文集   887-890   2015年9月   [査読有り]
ダンス必修化に伴う教員の不安構造の分析
山口莉奈・正田悠・鈴木紀子・阪田真己子
日本認知科学会第32回大会発表論文集   309-312   2015年9月   [査読有り]
正田悠, 新田晴, 鈴木紀子, 岸本和香, 阪田真己子
認知科学   22(3) 480-485   2015年9月
Suzuki, N., Oshima, Y., Shoda, H., Sakata, M., Ito, N.
Lecture Notes in Computer Science   9185 490-499   2015年8月   [査読有り]
Shoda, H., Yao, T., Suzuki, N., Sakata, M.
Lecture Notes in Computer Science   9184 379-388   2015年8月   [査読有り]
Sakata, M., Suzuki, N., Shirai, K., Shoda, H., Yamamoto, M, Sugio, T.
Lecture Notes in Computer Science   9171 503-513   2015年8月   [査読有り]
聴取文脈が音楽演奏の評価に及ぼす影響:生演奏場面と音のみ聴取場面の比較.
正田悠, 阪田真己子, Williamon, A.
日本音楽知覚認知学会資料   JSMPC2015(1) 27-32   2015年5月
ヴァイオリン演奏者の心拍変動および複雑性に聴衆の存在が及ぼす影響.
正田悠, 阪田真己子, Williamon, A.
電子情報通信学会技術研究報告   114, HIP(483) 29-34   2015年3月
Shoda, H., Adachi, M.
Frontiers in Psychology   5(1564) 1-15   2015年1月   [査読有り]
並んで歩く身体:発話が「足並み」へ及ぼす影響.
新田晴, 阪田真己子, 正田悠, 鈴木紀子
日本認知科学会第31回大会発表論文集   752-755   2014年
表情と音声の情動知覚における視聴覚相互作用:情動判断と反応時間の分析.
正田悠, 新田晴, 鈴木紀子, 岸本和香, 阪田真己子
日本認知科学会第31回大会発表論文集   151-167   2014年
共同創作活動におけるコミュニケーション行動:性別による比較.
西本光志, 正田悠, 阪田真己子, 鈴木紀子
電子情報通信学会技術研究報告   114, HCS(189) 51-56   2014年
ラジオにおけるオープンコミュニケーション:初心者と経験者の比較.
大島優, 正田悠, 阪田真己子, 鈴木紀子
電子情報通信学会技術研究報告   114, HCS(189) 47-50   2014年
共同模写作業におけるコミュニケーションチャネルの時系列変化:親密度の違いによる比較.
八尾友揮, 正田悠, 阪田真己子, 鈴木紀子
電子情報通信学会技術研究報告   114, HCS(189) 41-45   2014年
Music is communicated visually: Modeling performer-to-audience communication in live piano performance.
Shoda, H., Adachi, M.
In M. K. Song (Ed.), Proceedings of the ICMPC-APSCOM 2014 Joint Conference: 13th Biennial International Conference for Music Perception and Cognition and 5th Triennial Conference of the Asia Pacific Society for the Cognitive Sciences of Music   35-40   2014年   [査読有り]
The pianist’s acoustical and motional expressions in the live performance of Schumann’s Traumerei.
Shoda, H., Adachi, M.
In A. Williamon, & W. Goebl (Eds.), Proceedings of the International Symposium on Performance Science 2013   709-714   2013年   [査読有り]
Shoda, H., Adachi, M.
Music Perception   29(3) 237-254   2012年2月   [査読有り]
Effects of melodic structure and meter on the sightreading performances of beginners and advanced pianists.
Adachi, M., Takiuchi, K., Shoda, H.
In E. Cambouropoulos, C. Tsougras, P. Marvromatis, & K. Pastiadis (Eds.), Proceedings of the 12th International Conference on Music Perception and Cognition and the 8th Triennial Conference of the European Society for the Cognitive Sciences of Music   5-8   2012年   [査読有り]
Effects of the listening context on the audience’s perceptions of artistry, expressiveness, and affective qualities in the piano performance.
Shoda H., Adachi, M.
In E. Cambouropoulos, C. Tsougras, P. Marvromatis, & K. Pastiadis (Eds.), Proceedings of the 12th International Conference on Music Perception and Cognition and the 8th Triennial Conference of the European Society for the Cognitive Sciences of Music   925-929   2012年   [査読有り]
A case study of acoustical and movement variations in a piano performance.
Shoda, H., Adachi, M.
(Technical Report No. 59). Sapporo, Japan: Department of Psychology, Hokkaido University.      2010年2月
Effects of the musical period on the pianist's body movement: Its time-series relationships with temporal expressions.
Shoda H., Adachi, M.
In S. M. Demorest, S. J. Morrison, & P. S. Campbell (Eds.), Proceedings of the 11th International Conference on Music Perception and Cognition   843-848   2010年   [査読有り]
ピアノ専攻生の身体動作における楽曲様式の効果.
正田悠, 安達真由美
日本音楽知覚認知学会2010年度春季研究発表会資料   65-70   2010年
Time-series analysis of relationships between the pianist's body movement and the temporal expression for Romantic pieces.
Shoda H., Adachi, M.
In C. Stevens, E. Schubert, B. Kruithof, K. Buckley, & S. Fazio (Eds.), Proceedings of the 2009 2nd International Conference on Music Communication Science   137-140   2009年   [査読有り]
ピアニストの意図した演奏表現の伝達:演奏音の音響特性ならびに演奏者の身体動作の分析.
正田悠, 中村敏枝, 安達真由美
ヒューマンインタフェースシンポジウム2008論文集   29-36   2008年   [査読有り]
Emotional communication of a pianist's intended expression via acoustical and visual information.
Shoda, H., Nakamura, T., Draguna, R. M., Kawase, S., Katahira, K., Yasuda, S., Adachi, M.
In K. Miyazaki, Y. Hiraga, M. Adachi, Y. Nakajima, & M. Tsuzaki (Eds.), Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition   517-520   2008年   [査読有り]
Psychological study of strong experiences in listening to music: Relationship between physical reactions and acoustic features of the music.
Yasuda, S., Nakamura, T., Draguna, R. M., Kawase, S., Katahira, K., Shoda, H.
In K. Miyazaki, Y. Hiraga, M. Adachi, Y. Nakajima, & M. Tsuzaki (Eds.), Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition   496-499   2008年   [査読有り]
The role of body movement in co-performers’ temporal coordination.
Katahira, K., Nakamura, T., Kawase, S., Yasuda, S., Shoda, H., Draguna, R. M.
In E. Schubert, K. Buckley, R. Eliott, B. Koboroff, J. Chen, & C. Stevens (Eds.), Proceedings of the Inaugural International Conference on Music Communication Science   72-75   2007年   [査読有り]
Communication channels performers and listeners use: A survey study.
Kawase, S., Nakamura, T., Draguna, R. M., Katahira, K. Yasuda, S., Shoda, H.
In E. Schubert, K. Buckley, R. Eliott, B. Koboroff, J. Chen, & C. Stevens (Eds.), Proceedings of the Inaugural International Conference on Music Communication Science   76-79   2007年   [査読有り]
Effects of a pianist's body movements on listeners’ impressions.
Shoda, H., Nakamura, T., Draguna, R. M., Kawase, S., Katahira, K., Yasuda, S.
In E. Schubert, K. Buckley, R. Eliott, B. Koboroff, J. Chen, & C. Stevens (Eds.), Proceedings of the Inaugural International Conference on Music Communication Science   143-146   2007年   [査読有り]
Psychological study of strong experiences in listening to music: A relationship between partial and overall evaluations of physiological reactions.
Yasuda, S., Nakamura, T., Draguna, R. M., Kawase, S., Katahira, K., Shoda, H.
In E. Schubert, K. Buckley, R. Eliott, B. Koboroff, J. Chen, & C. Stevens (Eds.), Proceedings of the Inaugural International Conference on Music Communication Science   184-187   2007年   [査読有り]

書籍等出版物

 
演奏の心理(星野悦子(編)音楽心理学入門・第10章)
正田悠・山下薫子 (担当:共著, 範囲:pp. 211-239)
誠信書房   2015年3月   
音楽医学: 演奏家の健康を守るために(安達真由美・小川容子(監修)演奏を支える心と科学・第6章)
正田悠・佐藤正之 (担当:共訳, 範囲:pp. 125-145)
誠信書房   2011年   
身体の動き(安達真由美・小川容子(監修)演奏を支える心と科学・第15章)
正田悠・森下修次 (担当:共訳, 範囲:pp. 370-394)
誠信書房   2011年   

講演・口頭発表等

 
ダンス経験のない教員がダンスを教えるために:指導不安の定量化(ポスター)
山口莉奈・正田悠・鈴木紀子・阪田真己子
日本認知科学会 第33回大会   2016年9月   
生演奏におけるヴァイオリン演奏者の身体動作: “あがり”との関連(奨励賞セッション)
正田悠・阪田真己子・Aaron Williamon・伊坂忠夫
日本バイオメカニクス学会第24回大会   2016年9月   
演奏を聴く身体:生演奏と録音聴取における鑑賞者の身体運動の比較(口頭)
正田悠・阪田真己子・Aaron Williamon
日本音響学会 音楽音響研究委員会   2016年8月   
課題達成型共同作業におけるマルチモーダルインタラクション:マシュマロ・チャレンジを例として(口頭)
鈴木紀子・正田悠・伊藤紀子・稲田香織・阪田真己子
電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会   2016年8月   
日本人母語話者との初対面インタラクションにおける中国人非母語話者の会話方略(口頭)
廖振・王ヒョウセイ・正田悠・阪田真己子
電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会   2016年5月   
ダンス必修化に伴う教員の指導不安の定量的分析(口頭)
山口莉奈・正田悠・鈴木紀子・阪田真己子
情報処理学会第78回全国大会   2016年3月   
演奏する身体:ヴァイオリニストの身体動作の定量的分析(口頭) [招待有り]
正田悠・阪田真己子
第28回音楽の科学研究会   2015年11月   武庫川女子大学
ダンス必修化に伴う教員の不安構造の分析(ポスター)
山口莉奈・正田悠・鈴木紀子・阪田真己子
日本認知科学会第32回大会   2015年9月   千葉大学
音楽演奏における観客効果:演奏者の心拍,不安および第三者評価の分析(ポスター)
正田悠・阪田真己子・Williamon, A.
日本認知科学会第32回大会   2015年9月   千葉大学
三者間の共同創作における言語・非言語行動の分析〜作品の独創性への影響(口頭)
鈴木紀子・正田悠・西本光志・阪田真己子・伊藤紀子
日本認知科学会第32回大会   2015年9月   千葉大学

Misc

 
正田悠
日本心理学会若手の会コラムリレー      2016年4月

受賞

 
2008年3月
大阪大学 人間科学部賞
 
2010年4月
日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除
 
2014年3月
情報処理学会 大会学生奨励賞
受賞者: 岸本和香・正田悠・新田晴・阪田真己子
 
2014年11月
日本認知科学会 大会発表賞
受賞者: 正田悠・新田晴・鈴木紀子・岸本和香・阪田真己子
 
2015年12月
日本音楽知覚認知学会 研究選奨
受賞者: 正田悠・阪田真己子・Aaron Williamon
 
2015年12月
電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ ヒューマンコミュニケーション賞
受賞者: 正田悠・阪田真己子・Aaron Williamon
 
2016年12月
日本認知科学会 大会発表賞
受賞者: 山口莉奈・正田悠・鈴木紀子・阪田真己子
 
2017年11月
日本音楽知覚認知学会 ポスター発表選奨 生演奏における鑑賞者の心拍変動および複雑性:J-POPライブにおけるフィールド実験
受賞者: 正田悠・土金諒・下寳賢人・伊坂忠夫
 

委員歴

 
2016年5月
 - 
現在
第24回日本バイオメカニクス学会大会  実行委員
 
2016年
 - 
2017年
The 6th Conference of the Asia-Pacific Society for the Cognitive Sciences of Music (APSCOM)  組織委員
 
2015年7月
 - 
2015年12月
人文科学とコンピュータシンポジウム(じんもんこん2015)  実行委員
 
2012年9月
 - 
2012年9月
Young Perceptionists' Seminar 2012  委員長
 
2010年3月
 - 
2010年9月
第3回国際学生体系的音楽学会議 (SysMus10)  査読委員
 

担当経験のある科目

 
 

研究分野

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 正田 悠 分担者:中原純・安田晶子・田部井賢一
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 正田 悠
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 正田悠
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 正田悠