長谷川丈二

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/12 08:36
 
アバター
研究者氏名
長谷川丈二
URL
http://www.cstf.kyushu-u.ac.jp/~hayashilab/
所属
九州大学
部署
工学研究院
職名
助教
学位
理学博士(京都大学)
ORCID ID
0000-0003-4546-5197

経歴

 
2016年10月
 - 
現在
九州大学大学院 工学研究院 助教
 
2015年9月
 - 
2016年9月
大阪大学 産業科学研究所 助教
 
2015年4月
 - 
2015年8月
京都大学 理学研究科 特定研究員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
京都大学大学院 理学研究科 JSPS特別研究員(DC2)
 

受賞

 
2013年
XVII International Sol-Gel Conference (Sol-Gel 2013)) Best Poster Award
 

研究分野

 
 

書籍等出版物

 
炭素材料化学の進展
長谷川丈二 (担当:分担執筆, 範囲:第3章 蓄電デバイス用炭素の進展~フェノール樹脂由来ハードカーボンのナトリウムイオン吸蔵特性)
日本学術振興会 炭素材料117委員会   2018年   
発泡樹脂、多孔性樹脂の高強度化と応用技術
長谷川丈二 (担当:分担執筆, 範囲:第4章 多孔性ポリマーの作製と応用: 4節 多孔性フェノール樹脂の微細構造制御と力学特性)
技術情報協会   2018年3月   
ゾル-ゲルテクノロジーの 最新動向
長谷川丈二 (担当:分担執筆, 範囲:第36章 カーボン材料の設計と電気化学特性評価)
シーエムシー出版   2017年   
Handbook of Solid State Chemistry: 4. Nano and Hybrid Materials (ed. A. Stein)
Kazuki Nakanishi, Kazuyoshi Kanamori, Yasuaki Tokudome, George Hasegawa, Yang Zhu (担当:分担執筆, 範囲:Sol–Gel Processing of Porous Materials)
Wiley-VCH   2017年   
ゾルーゲル法の最新応用と展望
中西 和樹、長谷川 丈二 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 4.相分離と化学反応に基づく細孔構造制御)
シーエムシー出版   2014年   

論文

 
Topotactic Synthesis of Mesoporous 12CaO 7Al2O3 Mesocrystalline Microcubes toward Catalytic Ammonia Synthesis
George Hasegawa, Shizuka Moriya, Miki Inada, Masaaki Kitano, Masaaki Okunaka, Ttakahisa Yamamoto, Yuko Matsukawa, Kazuma Nishimi, Kazunari Shima, Naoya Enomoto, Satoru Matsuishi, Hideo Hosono, Katsuro Hayashi
Chemistry of Materials   30 4498-4502   2018年7月   [査読有り]
Comprehensive Studies on Phosphoric Acid Treatment of Porous Titania Toward Titanium Phosphate and Pyrophosphate Monoliths with Pore Hierarchy and Nanostructured Pore Surface
Yang Zhu, George Hasegawa, Kazuyoshi Kanamori, Kazuki Nakanishi
Inorganic Chemistry Frontiers   5    2018年6月   [査読有り]
Keisuke Okubo, He Wang, Katsuro Hayashi, Miki Inada, Naoya Enomoto, George Hasegawa, Takashi Osawa, Hitoshi Takamura
Electrochimica Acta   278 176-181   2018年   [査読有り]
Low Temperature-Densified NASICON-based Ceramics Promoted by Na2O-Nb2O5-P2O5 Glass Additives and Spark Plasma Sintering
He Wang, Keisuke Okubo, Miki Inada, George Hasegawa, Naoya Enomoto, Katsuro Hayashi
Solid State Ionics   322 54-60   2018年   [査読有り]
George Hasegawa, Taiyo Shimizu, Kazuyoshi Kanamori, Ayaka Maeno, Hironori Kaji, Kazuki Nakanishi
Chemistry of Materials   29 2122-2134   2017年3月   [査読有り]
Yang Zhu, Takahiro Nakanishi, Kazuyoshi Kanamori, Kazuki Nakanishi, Shun Ichii, Kohji Iwaida, Yu Masui, Toshiyuki Kamei, Toyoshi Shimada, Akihito Kumamoto, Yumi H. Ikuhara, Mina Jeon, George Hasegawa, Masamoto Tafu, Chang Won Yoon, Tewodros Asefa
ACS Applied Materials & Interfaces   9 36-41   2017年1月   [査読有り]
George Hasegawa, Kazuyoshi Kanamori, Tsutomu Kiyomura, Hiroki Kurata, Takeshi Abe, Kazuki Nakanishi
Chemistry of Materials   28 3944-3950   2016年   [査読有り]
Jelena Popovic, George Hasegawa, Igor Moudrakovski, Joachim Maier
Journal of Materials Chemistry A   4 7135-7140   2016年   [査読有り]
George Hasegawa, Kazuyoshi Kanamori, Naokatsu Kannari, Jun-ichi Ozaki, Kazuki Nakanishi, Takeshi Abe
Journal of Power Sources   318 41-48   2016年   [査読有り]
George Hasegawa, Kazuyoshi Kanamori, Naokatsu Kannari, Junichi Ozaki, Kazuki Nakanishi, Takeshi Abe
ChemElectroChem   2 1917-1920   2015年   [査読有り]

特許

 
特願2017-019933 : 低密度ゲル体とその製造方法
中西和樹、金森主祥、長谷川丈二
特開2015-048417 : ポリシロキサン多孔体とその製造方法
中西 和樹、早瀬 元、金森 主祥、長谷川 丈二
特開2015-102351 : カラム充填剤、カラム、及びカラムシステム
中嶋 秀、宮下 賢、内山 一美、渋川 雅美、斉藤 和憲、長谷川 丈二、中西 和樹
特願2014-209547 : 放熱構造体とその製造方法
水口 博義、長谷川 丈二、中西 和樹
特願2012-032411 : マクロ多孔性チタン化合物モノリスとその製造方法
陰山 洋、中西 和樹、小林 洋治、北田 敦、長谷川 丈二

Misc

 
固くて柔軟な多孔質高分子材料
長谷川丈二
機能材料   37(11) 57-65   2017年   [依頼有り]
多孔性チタニアモノリスの作製と表面微細構造の構築
長谷川丈二
セラミックス   52 488-489   2017年7月   [依頼有り]
伝導性を有するチタン酸化物モノリス
北田 敦、長谷川 丈二、陰山 洋
機能材料   32(10) 44-49   2012年   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
Highly Flexible Hybrid Polymer Monoliths Comprising Ordered Mesoporous Nanorod Assemblies
George Hasegawa, Kazuyoshi Kanamori, Kazuki Nakanishi, Katsuro Hayashi
XVIIII International Sol–Gel Conference   2017年9月   
Monolithic Carbon Electrodes with Ordered Mesopores for High-Voltage Aqueous Supercapacitors
George Hasegawa, Kazuyoshi Kanamori, Kazuki Nakanishi, Katsuro Hayashi
Carbon 2017   2017年7月   
Fabrication of Hierarchically Porous Carbon Monoliths with Ordered Mesopores for Energy Storage
George Hasegawa, Kazuyoshi Kanamori, Kazuki Nakanishi
Fifth International Conference on Multifunctional, Hybrid and Nanomaterials   2017年3月7日   
Vapor-phase Transport of Heteroatoms into Porous Carbon Monoliths for High-level Doping
George Hasegawa, Kazuyoshi Kanamori, Yoji Kobayashi, Hiroshi Kageyama, Takeshi Abe, Kazuki Nakanishi
2015 MRS Fall Meeting   2015年12月   
Studies on Porous Monolithic Carbon Electrodes for Energy Storage
George Hasegawa, Kazuyoshi Kanamori, Kazuki Nakanishi, and Takeshi Abe
XVIII International Sol-Gel Conference (Sol-Gel 2015)   2015年9月   

競争的資金等の研究課題

 
トップダウン製法による薄片状Siナノ粒子の高容量リチウムイオン電池負極への展開
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 長谷川 丈二
多孔性カーボンモノリスへのヘテロ原子の導入と新規電極材料への応用
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 長谷川 丈二
多孔性無機材料の合成と次世代蓄電池デバイスへの展開
日本学術振興会: 特別研究員奨励費 (PD)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 長谷川 丈二
多孔性架橋高分子ゲルの作製とその炭素化
日本学術振興会: 特別研究員奨励費 (DC2)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 長谷川 丈二

社会貢献活動

 
セラミックス材料化学 ①
【講師】  化学物質評価研究機構(CERI)  寄付講座  2016年11月12日

その他

 
2017年6月   【日刊工業新聞】九⼤、⾼い弾性と柔軟性両⽴した⾼分⼦材料
【福岡】九州⼤学⼤学院⼯学研究院の⻑⾕川丈⼆助教は、⾼い弾性と柔軟性を併せ持つ⾼分⼦材料を開発した。多孔質で密度が低く、弾性率などの特性について、材料組成を変えることで調整可能。緩衝材や⾃動⾞部品、建材などでの利⽤を⾒込む。開発は
⻑⾕川助教が京都⼤学在籍時に同⼤の中⻄和樹准教授らと⾏った。
材料はフェノール樹脂の原料と線状ポリマー、反応のための添加剤など。フェノール樹脂の原料と線状ポリマーの量の⽐率を調整することが作製のポイントだという。
常温常圧で液体を型に流し込んで作る。⼤きさ数ナノメートル(ナノは10億分の1)の⽳のハニカム構造を持つ棒状の⾼分⼦が組み合わさっている。