基本情報

所属
名古屋大学 未来材料・システム研究所 特任准教授
学位
理学博士(2012年3月 京都大学)

通称等の別名
Joji Hasegawa
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0003-4546-5197
J-GLOBAL ID
201201022592442016
Researcher ID
A-1653-2014

外部リンク

論文

  60

書籍等出版物

  6

MISC

  4

産業財産権

  5

講演・口頭発表等

  26

共同研究・競争的資金等の研究課題

  8

社会貢献活動

  2

その他

  1
  • 2017年6月 - 2017年6月
    【福岡】九州⼤学⼤学院⼯学研究院の⻑⾕川丈⼆助教は、⾼い弾性と柔軟性を併せ持つ⾼分⼦材料を開発した。多孔質で密度が低く、弾性率などの特性について、材料組成を変えることで調整可能。緩衝材や⾃動⾞部品、建材などでの利⽤を⾒込む。開発は ⻑⾕川助教が京都⼤学在籍時に同⼤の中⻄和樹准教授らと⾏った。 材料はフェノール樹脂の原料と線状ポリマー、反応のための添加剤など。フェノール樹脂の原料と線状ポリマーの量の⽐率を調整することが作製のポイントだという。 常温常圧で液体を型に流し込んで作る。⼤きさ数ナノメートル(ナノは10億分の1)の⽳のハニカム構造を持つ棒状の⾼分⼦が組み合わさっている。