長谷川功

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/07 13:52
 
アバター
研究者氏名
長谷川功
eメール
ihasegawa-nsuumin.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/60282620
所属
新潟大学
部署
医学部
職名
教授
学位
医学博士
科研費研究者番号
60282620

プロフィール

柔軟な皮質脳波ECoG電極を開発し、ラット・サルでの動物実験からヒト臨床研究まで、ECoG法を軸として脳の高次機能のメカニズムを研究しています。

論文

 
Toda H, Kawasaki K, Sato S, Horie M, Nakahara K, Bepari AK, Sawahata H, Suzuki T, Okado H, Takebayashi H, Hasegawa I
Scientific reports   8(1) 7678   2018年5月   [査読有り]
Miyakawa N, Majima K, Sawahata H, Kawasaki K, Matsuo T, Kotake N, Suzuki T, Kamitani Y, Hasegawa I
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   28(4) 1416-1431   2018年4月   [査読有り]
Nakahara K, Adachi K, Kawasaki K, Matsuo T, Sawahata H, Majima K, Takeda M, Sugiyama S, Nakata R, Iijima A, Tanigawa H, Suzuki T, Kamitani Y, Hasegawa I
Nature communications   7 11827   2016年6月   [査読有り]
Decoding value related signals represented in multiple areas of the prefrontal cortex using ECoG electrodes
Sakagami Masamichi, Tanaka Shingo, Kawasaki Keisuke, Hasegawa Isao, Suzuki Takafumi
INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51 874   2016年7月   [査読有り]
Matsuo T, Kawasaki K, Kawai K, Majima K, Masuda H, Murakami H, Kunii N, Kamitani Y, Kameyama S, Saito N, Hasegawa I
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   25(5) 1265-1277   2015年5月   [査読有り]

Misc

 
皮質脳波法による視覚・記憶の脳情報解読
長谷川 功
日本生理学雑誌   80(1) 6-6   2018年2月
長谷川功
神経心理学   34(3) 184‐189(J‐STAGE)   2018年
【ブレインマシンインターフェース】 視覚系のブレインデコーディング 皮質脳波(ECoG)信号を用いた脳内イメージ情報のデコーディング
谷川 久, 武井 廉, 長谷川 功
Clinical Neuroscience   34(2) 193-196   2016年2月
TANIGAWA Hisashi, TAKEI Ren, MAJIMA Kei, KAWASAKI Keisuke, SAWAHATA Hiroto, NAKAHARA Kiyoshi, SUZUKI Takafumi, KAMIYA Yukiyasu, HASEGAWA Isao
日本神経回路学会全国大会講演論文集   25th 103   2015年9月
ANDO Hiroshi, TAKIZAWA Kenichi, YOSHIDA Takeshi, SAWAHATA Hirohito, KAWASAKI Keisuke, HASEGAWA Isao, MATSUSHITA Kojiro, HIRATA Masayuki, YOSHIMINE Toshiki, SUZUKI Takafumi
日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM)   53rd ROMBUNNO.SY3-03-6   2014年

競争的資金等の研究課題

 
笑い発作に伴うてんかん性脳症の動物モデル―光遺伝学を用いた異常波伝搬経路の検証
文部科学省: 科学研究費(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 長谷川功
視覚からコミュニケーションへ:皮質脳波法で読み解く大脳神経回路の情報流
文部科学省: 科学研究費(基盤研究(A))
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 長谷川功
柔軟な記号認知と操作のトップダウン大脳制御-サルECoGから拓く比較認知脳科 学
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 長谷川功
敵か味方か?心の理論とシミュレーションの生物学的根拠を求めて
文部科学省: 科学研究費新学術領域
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 長谷川功
大脳視覚連合野の皮質脳波から文字/図形を直接指示する低侵襲BMI
文部科学省: 脳科学研究戦略推進プログラム課題B・課題A
研究期間: 2008年 - 2012年    代表者: 長谷川功

講演・口頭発表等

 
fMRIを用いた文字から文への構造化プロセスに関わる脳領域の探索
渡邊諒太, 飯島淳彦, 中原潔, 白水洋史, 福多真央, 足立雄哉, 長谷川功
生体医工学シンポジウム2018   2018年9月14日   
自己に関わる出来事の原因判断行動を検出するマカクザル実験パラダイム
田村滉樹, 足立雄哉, 阿部湧, 飯島淳彦, 長谷川功
生体医工学シンポジウム2018   2018年9月14日   
Time-frequency representation of the responses for animate and inanimate objects in inferior temporal and medial dorsal prefrontal cortex
Naohiro Okita, Keisuke Kawasaki, Yoshimichi Takahashi, Takeshi Matsuo, Takafumi Suzuki, Isao Hasegawa
第41回日本神経科学大会   2018年7月26日   
Neural activity during spelling the names of objects in the macaque prefrontal cortex
Nanxi Liu, Kento Ohashi, Keisuke Kawasaki, Takafumi Suzuki, Takeshi Matsuo, Atsuhiko Iijima, Isao Hasegawa
第41回日本神経科学大会   2018年7月26日   
Anticipating of other's behavior on the basis of understanding other's false beliefs in rhesus monkeys (Macaca fuscata)
第41回日本神経科学大会   2018年7月26日   

研究分野

 
 

経歴

 
2007年10月
 - 
現在
新潟大学 医学部生理学教室 教授
 
2006年4月
 - 
2007年9月
帝京大学ちば総合医療センター 脳神経外科講師
 
2003年9月
 - 
2006年3月
墨田中央病院脳神経外科 医長
 
2000年6月
 - 
2003年9月
東京大学 大学院・医学系研究科 講師
 
1996年7月
 - 
2000年6月
東京大学 医学系研究科 助手