橋本 栄莉

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/03 08:45
 
アバター
研究者氏名
橋本 栄莉
 
ハシモト エリ
所属
高千穂大学
部署
人間科学部
職名
准教授
学位
博士(社会学)(一橋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
高千穂大学 人間科学部 准教授
 
2018年4月
 - 
現在
慶應義塾大学 大学院社会学研究科 非常勤講師
 
2018年4月
 - 
現在
慶應義塾大学 法学部 非常勤講師
 
2017年4月
 - 
2018年3月
高千穂大学 人間科学部 助教
 
2016年4月
 - 
2018年3月
横浜国立大学 教育人間科学部 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
2008年3月
東京学芸大学 教育学部 
 
 
 - 
2010年3月
一橋大学 大学院社会学研究科 博士前期課程
 
2010年6月
 - 
2011年2月
ジュバ大学 平和開発研究センター 所属研究員
 
 
 - 
2015年3月
一橋大学 大学院社会学研究科 博士後期課程
 

受賞

 
2017年
第5回 若手難民研究者奨励賞(難民研究フォーラム)
 
2017年
第12回 日本文化人類学会奨励賞(日本文化人類学会)
 

書籍等出版物

 
Diversification and Reorganization of 'Family' in Uganda and Kenya: A Cross-cultural Analysis
Shiino, W., Shiraishi, S. and C. Mpyamgu(eds.) (担当:共著, 範囲:(Chapter 8) Transformation of Marriage and Kinship among Nuer Refugees in Uganda)
Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies   2018年3月   ISBN:987-4-86337-280-1
橋本 栄莉
九州大学出版会   2018年2月   ISBN:4798502227
Contemporary African Societies and Cultures
Y.Chang (ed.) (担当:共著, 範囲:Between Mystery and Trust: Moral Imaginations and the Emerging Issue of Prophecies among the Nuer of South Sudan)
Dahae Publishing   2017年6月   ISBN:9791155560228

論文

 
複数の像を生きる若者たち ――アフリカの「若者」研究の動向と新たな研究の視座――
橋本 栄莉
スワヒリ&アフリカ研究   29 1-17   2018年3月   [査読有り]
Prophecy and Experience: Dynamics of Nuer Religious Thought in Post-independence South Sudan
Eri Hashimoto
Nilo-Ethiopian Studies   22 1-14   2017年   [査読有り]
エ・クウォス:南スーダン、ヌエル社会における予言的出来事と拡張する想像力の民族誌
橋本 栄莉
一橋大学大学院社会研究科      2015年   [査読有り]
現代ヌエル社会における予言と経験に関する一考察
橋本 栄莉
文化人類学   80(2) 200-220   2015年   [査読有り]
独立後南スーダンの武力衝突におけるヌエルのホワイト・アーミーと予言者
橋本 栄莉
社会人類学年報   40 121-132   2014年   [査読有り]
Prophets, Prophecies and Inter-communal Conflict in Post-independence South Sudan
Eri Hashimoto
Nilo-Ethiopian Studies   18 37-44   2013年   [査読有り]
Reviving Powers of the Past with Modern Technology : Aspects of Armed Youth and the Prophet in Jonglei State
Eri Hashimoto
Sophia Asian Studies   31 161-173   2013年   [査読有り]
内戦、住民投票と『神話』の動態:南スーダン、ヌエル社会における予言の語りの分析
橋本 栄莉
アフリカ研究   81 31-43   2012年   [査読有り]
「真実」の転移と新たなリアリティ:南部スーダン、ヌエル社会における「予言の成就」の語りを事例に
橋本 栄莉
くにたち人類学研究   6 1-25   2011年   [査読有り]

Misc

 
南スーダン難民がつくる新たな「故郷」のかたち
橋本 栄莉
JOINT   23 24-25   2017年   [依頼有り]
書評:石原美奈子(編)『せめぎあう宗教と国家』
橋本 栄莉
コンタクト・ゾーン   7 295-301   2016年   [依頼有り]
新刊紹介:浜本満『信念の呪縛』
橋本 栄莉
JANESニュースレター   23 67   2016年   [依頼有り]
テントの入口に響く声――南スーダンでみた誘拐、民族紛争、武装解除のもう一つの顔
橋本 栄莉
SYNODOS      2016年   [依頼有り]
書評:Sharon Hutchinson著 Nuer Dilemmas : Coping with Money, War and the State
橋本 栄莉
くにたち人類学研究   5 80-88   2011年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
南スーダン難民と演劇:溶解する自他境界と「問題」への新たなまなざし
橋本 栄莉
日本質的心理学会   2018年11月24日   
Transformation of Marriage and Kinship among Nuer Refugees in Uganda: Rethinking the Potential for Reorganization of the Community
Eri Hashimoto
18th IUAES World Congress   2018年7月19日   
難民間の相互扶助組織の発展と新たな展開:ウガンダの難民定住地、南スーダン難民の事例から [招待有り]
橋本 栄莉
難民研究フォーラム・研究成果報告   2018年7月4日   
紙/神と国家:独立後南スーダン、ヌエル社会における政治秩序をめぐる想像力
橋本 栄莉
日本文化人類学会第52回研究大会   2018年6月2日   
Dealing with Vulnerable "Blood": Dynamics of Family and Kinship among the Nuer Refugees in Uganda
Eri Hashimoto
"Family Transformation in Rapidly Developing Asia-Africa Societies Faced with Economic Disparity, Urbanization and Post-war" symposium   2017年11月4日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
信念と危機的経験の相互生成に関する人類学的研究:ヌエル難民の予言信仰を事例に
日本学術振興会: 若手研究
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 橋本 栄莉
危機的社会状況から生まれる「オルタナティブ・コミュニティ」の調査と理論構築
日本学術振興会: 基盤C(研究分担者)
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 香川 秀太
難民間の越境的相互扶助ネットワークの歴史的形成に関する人類学的研究 :南スーダン、ヌエル人難民を事例として
難民研究フォーラム: 若手難民研究者奨励賞
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 橋本 栄莉
現代アフリカの紛争における信念編成に関する人類学的研究:ヌエルの予言を事例に
日本学術振興会: 特別研究員研究奨励費
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 橋本 栄莉
『エ・クウォス:南スーダン、ヌエル社会における予言と紛争の民族誌』
日本学術振興会: 研究成果公開促進費(学術図書)
研究期間: 2017年       代表者: 橋本 栄莉

社会貢献活動

 
南スーダンにおける紛争、難民と文化
【講師】  政友会  2018年8月11日
写真・映像を通して考えるアフリカ・南スーダン
【講師】  神奈川県立国際言語文化アカデミア  2014年12月20日
ジョングレイ州の現状と見通し
【情報提供】  南スーダン情報交換会  2014年1月16日
水たまりの村(南スーダン共和国)、旅人:石黒賢
【助言・指導, その他】  テレビ東京  所さんの世界ビックリ村4  2013年7月5日
吉田照美 飛べ!サルバドール
【出演】  文化放送  2013年4月20日